簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    サラダなど、生野菜として食べる機会の多い『レタス』。

    レタスには、βカロテンやビタミンC食物繊維など、栄養素が豊富に含まれています。

    カリウムや水分を多く含んでいるため、『身体を冷やす野菜』といわれていますが、季節を問わず食べることができたら嬉しいですよね。

    簡単で温まるレシピを紹介!

    レタスは水分量が多く、加熱することでカサが減ります。

    すると、生の状態よりも、たくさん食べられるようになりますよね!

    レタスを加熱して、おいしくたくさん食べられるレシピを、食に関するライフハックレシピなどを紹介している、全国農業協同組合連合会(通称:JA全農)の広報部(@zennoh_food)が公開しました。

    寒い季節にピッタリな、しゃぶしゃぶレシピ。作り方は簡単です!

    まず、豚か牛の薄切り肉と、ちぎったレタスを用意します。

    レタスは、「これくらいでいいかな?」と思う量の、1.5~2倍の量を用意しましょう。

    次に、鍋でだし汁を沸かし、レタスを入れます。その後、お肉もだし汁に浸します。

    レタスのシャキシャキ感が残っているうちに、お肉で巻いたら、完成です!

    この投稿には、多くの絶賛の声が寄せられました。

    ・さっぱりしていて、食感も良くて、いっぱい食べられそう。

    ・加熱すると、よりレタスの甘さを感じる気がする!

    ・これよくやるけど、レタスが無限に食べられる。

    ・毎日鍋になりそう…!

    JA全農が『大満足』と謳うこのレシピ

    今日の夕飯に、作ってみてはいかがでしょうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


     今回はキクラゲについて書いていきます。

    キクラゲきのこの1種で、干したクラゲや海藻のようなコリコリとした食感が特徴です。

    中華料理によく使われる食材です。


    キクラゲの旬と産地

    キクラゲの旬は夏から秋にかけてですが、乾燥キクラゲは一年中出回ります。

    キクラゲの収穫時期は、地域により異なりますが、春から秋にかけての4月頃から10月頃までです。

    キクラゲの適温は25℃~30℃と高いため、温かい時期に見かけます。

    美味しくいただける旬の時期は、6月から9月の夏です

    主な産地は北海道熊本県鹿児島県で、生キクラゲは九州産のものが出回りますが、乾燥キクラゲはほとんどが中国産です。

    乾物はしっかり戻す

    生で売られるようになったと言っても、まだまだ乾物を使うことが多いと思います。売られている乾物のキクラゲは、中国産のものが大半です。しっかり水で戻してから軽く洗い、硬い部分の石づきを取り除いて使うようにしましょう。


    キクラゲの効果

    食物繊維

    キクラゲも他キノコ類と同じく、低カロリー食物繊維補給源と言える食材です。100gあたりの食物繊維総量はキクラゲ(ゆで)で5.2g、生キクラゲで5.6gとキノコ類の中でも食物繊維量がトップクラスに多いことがわかります。同グラムあたりの食物繊維量を比較した場合にはゴーヤの約2倍、レタスや大根の約3倍にもなります。

    食物繊維の内訳として見ると、キクラゲに含まれている食物繊維の大半は不溶性食物繊維。不溶性食物繊維は腸を刺激することで蠕動運動を促す働きや、腸内の有害物質を吸着して腸を掃除してくれる働きがあります。加えてキクラゲには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維両方の働きを持つとされる多糖類、β-グルカンも含まれています。β-グルカンには腸内の善玉菌を増やす働きも報告されているため、便秘を予防したり、お腹の調子を整える手助けをしてくれる食材と考えられます。

    ビタミンD

    キクラゲ食物繊維だけではなく、ビタミンD含有量もキノコ類の中でトップクラス

    ビタミンDは脂溶性ビタミンの一つで、主な働きとしては小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収促進・血中カルシウム濃度を保つなど骨や歯を丈夫に保つことが挙げられます。カルシウムの吸収を助けてくれるという性質から、高齢化に伴って増加している骨粗鬆症予防としても意識的に摂りたいビタミンでもあります。

    ・β-グルカン

    キクラゲにもキノコ類の特徴成分の一つとされる高分子多糖体のβ-グルカンが含まれています。β-グルカンには更にいくつもの種類に細分化されていますが、その中には免疫系に関わる細胞・因子を活性化させることで免疫力向上効果を持つことが報告されているものも多くあります。キクラゲにはトレハロースなど抗ウィルス作用が期待できる成分も含まれていることから、免疫力向上や風邪やインフルエンザの予防をサポートしてくれる可能性があると考えられています。


    ・鉄分・カリウム

    キクラゲは鉄分やカリウムなどのミネラルが豊富なキノコとして紹介されることもあります。しかし、実際に100gあたりのカリウム含有量を見てみると生キクラゲで59mg程度、乾燥状態で販売されているものを戻した場合でも100mg以下と豊富とは言い難い部類。カルシウムマグネシウムなども含まれてはいますが、補給源として優秀な食材であるとはあまり言えません。

    ミネラル類の中で比較的豊富であると言えるのは鉄分。と言っても100gあたりの鉄分量は生キクラゲ0.1mg、乾燥キクラゲをゆでたもの0.7mg。産地や加工法によっては成分表との間に差が生じることもありますが、キクラゲの種類や状態によって鉄分含有量には差があることがわかります。鉄分補給源として貧血・鉄欠乏性貧血の予防に役立つ可能性はありますが、キクラゲで日頃不足している鉄分を補えるとはあまり考えないほうがよいでしょう。

    ・低カロリー

    キクラゲは低カロリー食物繊維が豊富、コリコリした歯ごたえのある食感と合わせてダイエット中のお食事にも嬉しい食材。カロリーについては種類によっても異なりますが、生状態のキクラゲであれば100gあたり13kcal。同グラムで比較すればキャベツや大根よりもローカロリーな食材です。

    キクラゲカロリーが低いだけではなく、不溶性食物繊維を多く含んでいます。不溶性食物繊維は便通を促してくれるだけではなく、水を吸って膨らむ性質があるため、低カロリーながら満腹感が続くという利点もあります。便秘改善からぽっこりお腹の解消・代謝向上などに繋がる可能性や鉄分やビタミンB群の補給に役立つのもダイエット中の方には嬉しい効果です。ただしコレステロール排出促進や血糖値上昇を抑える働きがあるという説もありますが、こうした働きを持つのは水溶性食物繊維なので過度な期待は避けたほうが良いでしょう。

    キクラゲの驚くべき効果効能


    (出典 news.nicovideo.jp)


     「大戸屋ごはん処」では、テイクアウト限定で「大戸屋チキンBOX」2種を12月1日に販売開始しました。小790円、大1980円12月25日までの期間限定商品です。

    黒酢あんをつけて食べるクリスマスチキン

     大戸屋クリスマスチキンは“和テイスト”が特徴。⼤⼾屋不動の⼈気NO.1メニュー「鶏と野菜の⿊酢あん」の「黒酢あん」をつけて⼀味違う“和テイスト”のクリスマスチキンを楽しめます。

     チキンは、数種類のスパイスハーブを組み合わせた、サクサククリスピー感のある衣が自慢の骨なしチキン。「黒酢あん」をつけても、そのまま食べてもおいしくいただけるそうです。

     ⼤⼾屋オリジナルの⿊酢あんは、⽞⽶⿊酢と⿊糖にりんご酢で味を調えており、 絶妙なコクと⽢酸っぱさが特徴。

     BOXは、チキン(鶏もも+鶏ささみ)に、フライドポテトと黒酢あんが詰まっています。「大戸屋チキンBOX大」(鶏もも5個+鶏ささみ5個+フライドポテト160g+黒酢あん50g2個入)と、「大戸屋チキンBOX小」(鶏もも2個+鶏ささみ2個+フライドポテト80g+黒酢あん50g1個)の2種がラインナップ。

    ネット予約も受付中

     大戸屋ごはん処の店頭ほか、インターネットからも予約・購入が可能です。

     各店舗なくなり次第終了。今年のクリスマスは一風変わった“和テイスト”のチキンを味わってみては?

    ※記事中の価格は税込みです。

    そう来たか!大戸屋から和風クリスマスチキン 人気No.1位メニューの「黒酢あん」をつけた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    このページのトップヘ