簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    残業が続いて、夕食を食べる時間が遅くなる、飲み会が続いているなど、仕事が忙しいと不規則な生活になってしまうことがあります。食べ過ぎやお酒の飲み過ぎは、体調を崩す原因にもなってしまいます。今回は、胃もたれなど胃腸の調子が悪いときにおすすめの食べ物をご紹介しましょう。

    ○食べ過ぎ、飲み過ぎで胃はどうなる?

    胃の中にたくさんの食べ物が入ってきたとき、食べ物を十分に消化することができないために、胃もたれの症状があらわれることがあります。胃がすっきりしない、ムカムカする、お腹が膨れた感じがするといった感じがあり、消化に時間がかかります。この症状は、脂肪の多い食事をとる、ストレスによって胃の運動機能が低下する、辛い物の食べ過ぎ、タバコなどが原因となって起こります。

    また、食べ過ぎると、消化を頑張ろうとして胃酸が大量に分泌されて、胃の粘膜が荒れたり、アルコールの場合は胃の粘膜を傷つけてしまうことで、胃もたれの症状が起きることもあります。
    ○症状が長く続くときは注意

    胃がもたれる、吐き気がする、胃が痛いなど胃腸の調子があまりよくなくても、そのまま様子をみる人も多いのですが、長く続くときは病気の可能性があります。

    胃の粘膜にただれや出血などを起こす急性胃炎、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染による慢性胃炎などが疑われます。なかなか改善しない、気になる症状がある場合は、消化器内科や内科を受診するほうが安心です。
    ○胃に優しい食事を!

    胃腸の調子が悪いときは、できるだけ胃に負担をかけない消化のよい食事がおすすめです。油を多く使う食べ物、冷たい物、辛い物は刺激になりますので、できれば避けた方がよいでしょう。

    食べ過ぎはよくありませんので、腹八分を心がけ、よく噛んで、ゆっくり食べるようにしましょう。なかなかよく噛めない、時間がないという方は、一口サイズを小さめにする、会話しながら食べる、一口食べたら箸を置く、飲み物で流し込まないようにお茶やお水は食前、食後に飲むなど、食べ方を工夫することで早食いや食べ過ぎの予防になります。
    ○胃もたれには、キャベツの千切り

    キャベツは、ビタミンUを含み、傷ついた胃腸の粘膜の修復に役立つといわれています。また、キャベツを噛みつぶしたり、細かく切ることで、キャベツの中にある酵素が働き、胃の修復を促す働きのあるリゾホスファチジン酸ができるため、胃の修復に役立つ働きがあります。

    ただし、熱に弱いため、生で食べることが大切になります。芯に近い内側の葉は、ビタミンUも多く含まれています。サラダキャベツの千切りにして、よく噛んで食べるようにするとよいでしょう。
    キャベツは煮て食べても免疫力が上がる!

    キャベツは、免疫力や解毒力の効果があるといわれています。この働きは、加熱をしてもほとんど効果が変わらないことがわかっています。食べる量としては、1日あたり葉1枚の30~50g程度です。免疫力は、長時間続かないため、週に数日続けて食べると効果が期待できます。煮物、炒め物、スープなど火を通して食べると、かさも減り、多くの量が食べられますので、毎日少しずつ食べることを心がけてみましょう。

    胃がちょっと疲れているなと感じたら、早めに対処することで、慢性化を防ぐことができます。食事は、キャベツを取り入れながら、胃に優しい物を選びましょう。また、ストレスが症状を悪化させる原因になることもあります。散歩、自転車こぎ、ストレッチなど適度な運動を行い、ストレス解消につなげましょう。不規則な生活から、睡眠不足が続く場合も胃もたれが起こりやすい原因になります。睡眠をしっかりとる、昼間は太陽を浴びるようにするなど生活リズムを整えるように心がけましょう。
     



    (出典 news.nicovideo.jp)




    日本人なら、食卓には欠かせないお味噌汁。毎朝一杯のお味噌汁は、体を温め、頭をスッキリと目覚めさせてくれます。さらに、味噌には体の中からキレイにしてくれるトレ女にもうれしい働きがたくさんあるんです。しかし、毎朝ダシを取り、具材を切ってお味噌汁を作る時間はなかなか取れないという人も多いかもしれませんね。

    味噌は日本伝統のスーパーフード

    味噌は大豆や米、麦などの穀物に塩と麹を加えて作られる、伝統的な発酵食品。昔から貴重なタンパク源として日本の食文化の中心にありました。それだけではなく、味噌は腸を活性化させて、美肌や便秘解消、免疫力アップなどの効果も期待できる、言わばスーパーフードの一つ。味噌の栄養を一番手軽に取れるのは、やっぱりお味噌汁。体にいいことづくしのお味噌汁を、もっと手軽にスープ感覚で取れたらうれしいですよね。

    お湯に溶くだけの簡単“あったか味噌スープ”

    オーガニックひよこ豆みそスープペースト」は、ペースト状の味噌がパックに入っていて1杯分でもお手軽に“あったかみそスープ”を作れます。朝の忙しい時間帯でもお湯に溶くだけなので楽チン。ダシを取らなくてもコクがあっておいしくできるので毎日続けられます。美腸と健康のために新しい食習慣をスタートしてみてはいかが?

    「オーガニックひよこ豆みそスープ」3つのポイント

    01:女性にうれしい栄養素がつまったひよこ豆
    ひよこ豆は、高タンパク・低脂肪なので、トレーニングやヨガの前後に取るのにもピッタリ。さらにビタミンB群、食物繊維、葉酸など、ダイエット、疲労回復、美肌に効果的と言われる女性にうれしい栄養素も豊富。

    02:老舗の製法でおいしい味噌だから続けられる
    いくら簡単に作れたとしても、おいしくなかったら続きませんよね。ひよこ豆みそは、手軽なペースタイプなのに、その製法は100年近く味噌を作り続けてきた「マルカワみそ」伝統の本格的なもの。味噌を加熱せず、天然醸造にこだわった木桶仕込みで、味噌本来の深い味わいが楽しめます。トレーニングスタジオや職場で、手軽においしいみそスープをどうぞ。

    03:ダイエットが気になる人も安心のグルテンフリー
    ダイエット中の人にもうれしいグルテンフリー。大豆など、アレルギー特定原材料等27品目が不使用で安心。さらに、「保存料・化学調味料」「合成香料」「合成着色料」「動物性原料・乳製品」「砂糖」も無添加にこだわっています。

    スープだけでなくこんな使い方も

    ■簡単レシピ「焼きおにぎり

    <材料2人分>ごはんお茶碗2杯 、ひよこ豆味噌大さじ2 、みりん大さじ1
    <作り方 >
    1  温かいご飯を好みの形のおにぎりにする。
    2. ひよこ豆みそペーストをみりんでのばし、おにぎりに塗る。
    3. トースターで焦げ目がつくまで焼く。

     

    「ベジキッチン オーガニックひよこ豆みそスープペースト」

    有機玄米麹とオーガニックひよこ豆を使用。福井県の老舗味噌蔵「マルカワみそ」の蔵付き麹菌で仕込んだ味噌で作ったペースト。おいしく手軽に発酵・麹の力を取り入れられる“あったかみそスープ”習慣を始めてみませんか?

    2018年12月16日(日)より、数量限定で発売(2018年11月16日(金)よりBiotope by CosmeKitchenにて先行発売)。200g /¥690>

    商品についての問合せ先:株式会社ビーバイ・イー
    Tel:0120-666-877

    話題の食材「ひよこ豆みそ」で目指す、美腸&美肌のモテ習慣


    (出典 news.nicovideo.jp)




    株式会社サラダクラブ東京都調布市)は、キャベツの芯をお米感覚で食べる「キャベツライス」(130g/100 円)と、カレーソースが付いたトレータイプの「キャベツライス de カレー」(200g/276 円)を、関東・中部・関西・中四国・九州エリアで発売しました。糖質が気になる方に、米や麺などの主食を野菜に置き換える「野菜の主食化」を提案する商品です。



    糖質はご飯の約1/16

    キャベツライス」は、キャベツの芯をお米サイズカットした新感覚のパッケージサラダです。加熱後もほのかな甘みと、シャキシャキとした食感が残るため、チャーハンオムライスといった主食メニューのお米の置き換えとして使用できます。同時発売する「キャベツライス de カレー」は、「キャベツライス」に中辛のカレーソースが添付された、電子レンジで温めて食べるトレータイプの商品です。手早く、手軽に小腹を満たしたい方におすすめです。



    キャベツライス」、「キャベツライス de カレー」の糖質はそれぞれ3gと11.9g、「キャベツライス」と同量のご飯の栄養成分を比較すると、糖質は約1/16、カロリーは約1/8、食物繊維は約9.5 倍となっており、健康や美容に関心の高い方や、糖質が気になる方の注目を集めそうです。


      
     
    キャベツの芯をお米感覚で食べる「キャベツライス」発売


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ