簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    今回は春になると食べたくなる食材の一つ、新じゃがいもの簡単おかず「一口ガレット」をご紹介します。
    「新じゃがいもの季節だなぁ」と思ってたくさん食べようとウキウキしていても、いつの間にか日が経ち、スーパーの店頭から新じゃがいもが消えている! なんていう経験、ありませんか? そんな方のために、新じゃがいもの簡単おかずレシピをご紹介します。
    子どもに旬の春野菜を食べさせたいけど時間がない!という忙しいママでもすぐ作ることができる、簡単かつ、おいしいおかずです。

    粉チーズで味付けの手間なし!一口サイズでお弁当にも

    味付けに粉チーズを使うと、簡単に味が決まって時短になります。さらにじゃがいもと好相性のベーコンを加えることで、次から次へとお箸が止まらないおかずになります。ママ友の家に持ち寄り料理として持っていった時は、子どもたちがパクパク食べてくれて、すぐ“完売”になりました!

    【材料】(2~3人分)
    じゃがいも 2~3個
    ベーコン 1枚
    チーズ 大さじ2
    塩 小さじ1/4
    コショウ 少々
    片栗粉 大さじ2
    オリーブ油 大さじ2
    乾燥パセリ 適量

    【作り方】
    1.新じゃがいもはよく洗って縦半分に切ってから、スライサーでせん切りにする。(水には浸さない)ベーコンみじん切りにする。

    じゃがいもを半分に切ってからスライサーを使うことで、より小さいせん切りになり、あとで焼いた時に具材がばらけにくくなります。ただスライサーを使う時は、手をケガしないように気を付けましょう。

    2.ボウルに(1)の新じゃがいもベーコンを入れて、粉チーズ・塩・コショウ・片栗粉を加えて混ぜる。

    使用する粉チーズによって塩分量が違うので、お好みで塩の量を調節してください。

    3.フライパンオリーブ油を引いて熱し、(2)をスプーンで一口大にすくって落とし、平らに広げる。

    4.片面に焼き目が付いたら、スプーンと菜箸などを使って、形が崩れないように裏返す。カリカリに焼きたいので、蓋はしない。

    5.両面焼けたらお皿へ取り出して、乾燥パセリを散らして完成。

    じゃがいもをスライサーで千切りにして、フライパンに薄く広げて焼くのですが、この時に具材がバラバラにならないように、一口サイズで作ることがポイントです。これで具材同士がくっつきやすくなるため失敗しにくく、またお弁当にも入れやすいサイズになります!

    フライパン一面に広げて作るような大きいガレットも見栄えがして素敵なのですが、ひっくり返す時に生地が割れてしまったり、具材がばらけてしまったり…という失敗も。でもこのレシピなら一口サイズなので、ひっくり返す時も簡単です!

    「手の込んだ料理は作る時間がないけど、少しでも栄養があっておいしいおかずを食べさせたい」そんな考えを持っているママは多いはずです。でも、旬の野菜を使うことで、味を作りこまなくてもそのままの素材の味でおいしくなります! 栄養も豊富なので、時短と栄養摂取の両方がかなって、いいことづくめですね。

    小さくて薄いので、お弁当にも入れやすい

    一口サイズなのでお弁当にも入れやすいです。お弁当として食べる場合は、焼き立てよりもカリカリ度は少ないですが、食感がモチモチとなり、また違うおいしさです。冷めても、粉チーズベーコンでしっかり味が付いているので、おいしく食べられますよ。

    簡単おかずなので、夕飯の付け合わせにも

    子どもってポテト大好きな子が多いですよね。でも揚げ物のおかずは手間がかかって、そんなにひんぱんには作れないし、油の量も気になります。

    そんな時、このレシピなら揚げ物よりも少ない油で済むし、何より薄くて小さいので早く焼き上がり、時短になるのでおすすめです。

    簡単おかずなので、夕飯が少し寂しいなという時もパッと作って、メインの付け合わせとして使うこともできますよ。

    また新じゃがいもは皮が薄いので、剥かずにそのまま料理できるのも簡単で魅力的です。そして何より、旬の食材はみずみずしくておいしいですよね。私は春になると、新じゃがいもの時期が終わらなければいいのにと毎年思います(笑)

    ぜひこの簡単おかずレシピで、春の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    「もち麦」といえば、水溶性の食物繊維をたっぷり含むだけでなく、血糖値の上昇と糖の吸収を抑えると言われ、ダイエットの味方、また健康な腸活の救世主として人気急上昇中の食品です。もっちりとプチプチした食感と豊かな香りがあり、その味の面からの愛好者も増加中なんです。

     そんなもち麦ですが、朝食で食べることでより太りにくい体が作れる、というメリットもあることをご存知でしょうか? そもそも太る理由は、血糖値が急上昇することで、糖質を脂肪に変えるインスリンが分泌されてしまうことが原因。なので、いかに血糖値を急激に上げないようにするかが、太らないためのカギ、ということができます。

     そして昨今、注目されているのが「セカンドミール効果」。これは「その日、最初にとった食事が、2回目の食事後の血糖値にも影響を及ぼす」という効果を指します。この法則を応用したのが、「セカンドミール・ダイエット」です。これは、1回目の食事で食物繊維が豊富な低GI値の食品を摂ることで、2回目の食事の後の血糖値上昇を抑える、という方法。そして実はこのセカンドミール・ダイエットに、もち麦は最適なんです。

     例えば、1回目の食事(朝食)にもち麦を摂ると、食物繊維が腸内細菌によって発酵し、糖代謝や満腹感に関連する消化管ホルモンの分泌量を増加させます。すると、その次に摂る2回目の食事(昼食)後の血糖値上昇も抑えてくれるわけです。

    おしい大麦研究所(食後血糖値を抑える賢い食べ方「セカンドミール効果」)
    おしい大麦研究所(食後血糖値を抑える賢い食べ方「セカンドミール効果」)

     こちらのグラフは、朝食(第1食)に「白米」「大麦を50%混ぜた麦ごはん」を食べてもらい、昼食(第2食)はどちらも同じ栄養調整食品を食べた人たちの血糖値を表したもの。白米だけを摂取した朝食後の血糖値と、朝・昼ともに大麦を混ぜて食べた場合の昼食後の血糖値を比べると、後者のほうが圧倒的に低いことがわかります

    実践! 簡単&お手軽「3割もち麦ごはん」朝食!

     では、実際どのようにして、朝食にもち麦を取り入れるか?

     その摂取法は簡単。白米7、もち麦3の割合で炊く「3割もち麦ごはん(150g)」を食べるだけ。白米だけのごはん1膳(150g)に含まれる食物繊維は0.5gなのに対し、「3割もち麦ごはん(150g)」の場合の食物繊維は、その4倍位以上の2.3g(※)。このもち麦ごはんを2膳食べれば、現代日本人食物繊維摂取量の不足分である5g近くが補えるといいます。

     朝食に食物繊維が多いもち麦を食べておけば、付き合いや接待により自分で選びにくい昼食や夕食の後も血糖値を急上昇させず、脂肪を付きにくくしてくれます。

    オススメのもち麦は?

    「そのまま使えるもち麦」40g 120円(税別)
    「そのまま使えるもち麦」40g 120円(税別)

     茹でたもち麦をレトルトパックにした一品。ごはんとしてはもちろん、サラダスープ、炒めものなどにも簡単に利用できる使い切りサイズのもち麦です。

    「もち麦ごはん」50g×12袋 450円(税別)
    「もち麦ごはん」50g×12袋 450円(税別)

     食物繊維が玄米の4倍も含まれたもち麦です。洗ったお米にそのまま混ぜて炊くだけで、おいしいもっちプチプチ食感が気軽に楽しめます。

     食べ方は通常の米に混ぜて炊くだけとシンプル。美味しくてカラダに嬉しいもち麦の朝食で、これからの健康習慣にぜひ取り入れてみてください。

    DATA

    はくばく

    TEL:0120-089890
    http://www.hakubaku.co.jp/



    (出典 news.nicovideo.jp)




    時短、時短っていうけれど、普通に調理をしていたらそれにも限界がある! でも上手に時短料理をこなしている働くママさんたちには、ちゃ~んと“コワザ”があるんです。まとめ買い・下ごしらえ・調理器具をフル活用…などなど、そんなワザを学んで、あなたも時短料理の達人に♪

    野菜をまとめ買いして冷凍保存

    平日は、仕事帰りに買い物がなかなかできない! というご家庭も多いのではないでしょうか。そうなると土日にまとめ買いすることになるかと思いますが、「肉や魚は冷凍できるからいいけど…野菜はまとめ買いすると傷んじゃうから」なんて、とんでもない!

    ほら、スーパーの冷凍食品売場には「冷凍野菜」がたくさん売っているじゃないですか。ということは、自分でも冷凍野菜にして保存することができるということ。

    しかも、切って冷凍しておくので、使いたい時は取り出してそのまま鍋やフライパンにイン。仕事から帰って野菜を切る…意外とこれが手間に感じたりするときもあるんですよねぇ(私は特に)。

    そんな時に、「冷凍庫に冷凍野菜があったんだ♪」って思えるだけで、なんと幸せなことか。ニンジン・玉ネギ・ピーマン・ネギ・青物野菜・キノコに根菜…あ、もやしまで! ゆでてから保存したほうがいい野菜もあるので、チェックしてみてくださいね

    キャベツ1玉を自家製カット野菜に

    キャベツは丸ごと買って、使う時に一枚ずつはがして使うというのが一般的。ただそうすると、日が経つにつれて茶色っぽく変色してしまうことも…。それなら買って新鮮なその日のうちに、1玉全部を切り分けてしまおう! というのがこちらの提案。

    さまざまな切り方で「自家製カット野菜」を作っておけば、調理するのだって楽チン♪ 冷蔵保存に冷凍保存、さらにはザワークラウトのような発酵保存までご紹介しています。いつもキャベツを買ってもダメにしちゃう…という方は特に必見です。

    鶏肉を漬け込み冷凍して常備

    野菜のあとはお肉編もご紹介。比較的リーズナブルだし子どもも好んで食べてくれる鶏肉は、我が家の冷凍庫にも常備されているお肉ですが、実は鶏肉って日持ちがしないんですって!

    そこで参考にしたいのが、肉の表面の乾燥を抑え、調理したときにパサつかずにしっとりと仕上げてくれる「漬け込み冷凍」方法。

    これだと下味もつけられるので、“調理前に塩をふってしばらくおく”とか“酒を揉み込む”なんて手間は一切不要! すぐに調理に取りかかれます♪

    肉を調味液に浸して冷凍

    もちろん鶏肉だけではありません。豚肉や牛肉だって調味液を浸した状態で冷凍しておくと、味も馴染んでおいしくなり、さらに劣化も防いでくれると一石二鳥♪

    ところが驚いたのは、一度ゆでた肉を調味液に浸してから冷凍する方法もあるみたい。こうすることで調理時間まで短縮できる! いざという時のために、これも冷凍庫に用意しておくと便利かも~。

    電子レンジでサバの味噌煮

    火の通りをよくするために、電子レンジを使って野菜を軟らかく下ごしらえしてから使う…なんて、時短料理にはもはや当たり前。それ以外にもレンジを使った時短ワザがあるんです!

    それが、「サバの味噌煮」。…え、味噌煮がレンジだけでおいしく作れるわけがないじゃないの~! と思いましたが、いえいえ、本当にできちゃうんです。耐熱容器につけダレとサバを入れて、レンジで6~7分加熱+余熱10分置けば完成。

    サバの味噌煮といったら、落し蓋をして優しく煮て…って煮魚の基本を知らないと作れないイメージが強いですが、レンジでこんなに簡単にできるなら挑戦してみたくなる♪

    炊飯器で野菜を加熱

    ジャガイモニンジン玉ねぎをまとめて加熱したいなら、電子レンジでなく炊飯器を活用してみるのはいかがでしょう? まとめて加熱し密閉容器に保存しておけば、翌日以降もいろいろ使えて便利。ニンジン玉ねぎにいたっては冷凍保存も可能。

    炊飯器で加熱すると野菜の甘みもたつので、そのままディップにつけて食べてみたい気もするけど、これをアレンジして時短料理に。

    コロッケグラタンスープ、手作りドレッシングバラエティーに富んだレシピもご紹介しています!

    グリルで簡単副菜づくり

    料理をしているときに「コンロがもう1口欲しいな」って思うことありませんか?煮物を火にかけつつ、汁物も作って、さらにもう1口!っていうときなど。「あるある~!」と思った方、コンロに常設されている「グリル」の存在を忘れていませんか?

    魚を焼くこと以外に使ったことない~という方は必見! グリルなんだから魚以外だって焼けるわけですが、すっかりここはお魚さんの定位置みたいになっていました。

    グリルを使った料理はほどよく水分が抜けて味が引き締まるため、素材の味が濃厚になるみたい。だから魚もおいしく焼けるのね♪

    圧力鍋で豚角煮

    圧力鍋は、ずーっと欲しいなぁ~と思いながらも、「なんとなく爆発しそうだし…使い方もよくわからないし…」といった理由で購入を後回しにしてきましたが、時短を叶えてくれておいしく仕上がる調理器具としての威力を目の当たりにすると…う~ん、やっぱり魅力的かも?!

    使い方さえわかれば働くママの大いなる味方になる! という圧力鍋は、塊肉のメニューだって10分~15分程度で完成。煮込み料理はさらにおいしくなるそうで…。やっぱり欲しい~!

    耐熱ガラス容器で時短調理

    作り置きや常備菜を作るときに、あると便利なグッズを発見しました! それが大きめの耐熱ガラスボウル。我が家にあるボウルは金属製なので電子レンジにはかけられません。なので、耐熱皿やラップにくるんだ食材をチンしてからボウルに移して…とひと手間かかるのですが、この耐熱ガラスボウルならそのままチンして混ぜられるので手間が省ける!

    さらに大きめサイズなので食材を混ぜ合わせやすく、もっと嬉しいのが肉や油を使った料理の後でも簡単に油汚れが落ちるので、洗い物が苦にならないらしい。

    そしてもうひとつが、耐熱ガラス保存容器。我が家では100均プラスチック製保存容器を使っていますが、色の濃い料理を入れると色移りしちゃうんですよねぇ。それに耐久性の問題もあり。

    でもこのガラス容器なら色移りやにおい移りせず、ボウルと同様、洗うのも簡単。そして四角い形に統一性があって、収納性もアップ冷蔵庫の中がなんだかキレイ♪

    耐熱ガラス保存容器に材料を入れて電子レンジにかけるだけで料理が完成。残ってもそのまま保存可能というのも魅力的!

    100均グッズで小麦粉まぶし

    ムニエルホワイトソースを作るときなど、料理の過程で「小麦粉をまぶす(ふりかける)」というとき、みなさんはどうしていますか? 袋にスプーンを突っ込んで必要分の小麦粉を取り出す? この方法だと、どんなに丁寧にやっても粉が飛び散ることがありますよね。

    細かく飛んだ小麦粉を掃除するのって意外と面倒! それに、必要以上に小麦粉を使ってしまう…。

    この煩わしさを解決してくれるのが、ダイソー100均グッズ小麦粉ふりふりストッカー」。飛散防止、節約にもつながるこのアイテムはまさに神アイテム!! 一度使ったらやめられないこと間違いなしです。

    時短の達人になって有意義な自分の時間を作ろう

    時短ワザ10選をご紹介しました。調理器具や道具をうまく使ったり、保存方法を考えてみたり。気軽にできる小ワザは多数ありますよね! ちょっとした工夫で、仕事から帰ってからの料理時間短縮につながれば、子どもとの時間も取れるし、さらには自分のための時間も確保できるかも!

    時短の達人になって有意義な夜の時間を過ごし、また翌日、仕事に家事・育児にがんばりましょうね♪



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ