簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    1月もいよいよ終わりに近づき、寒さもいっそう厳しさを増す季節。新型コロナウイルスオミクロン株の感染拡大もあり、なかなか平常運転とはいかない日常です。ここはしっかりと食事をとって体力養い、乗り切っていきたいものです。自炊に疲れた時に便利に利用できるコンビニの店頭にも、多くの新商品が並んでいます。
    2022年1月の新作5品まとめ(1月25日1月31日)

    本記事ではファミリーマートで購入できるお弁当や麺類、お惣菜などの新作情報をご紹介。エスニックカレーやボリューミーなパスタなど、様々なメニューが登場しています。
    「コク旨!バターチキンカレー」(460円)

    価格 : 460円
    販売地域 : 北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、中国・四国、九州

    コクのある味わいのカレーに、スパイスをきかせたチキントッピングしたバターチキンカレー。なお、九州地方の一部では取り扱いがありません。
    「大盛 豚肉のバター醤油スパゲティ」(498円)

    価格 : 498円
    販売地域 : 北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、中国・四国、九州

    だしや醤油などで和えたパスタに、豚肉やバター、ねぎなどをトッピングした和風パスタ。豚肉はしょうが、にんにく、醤油などで炒めています。麺は大盛の約300g入りと、お腹を空かせて食べたい一品です。なお、宮崎県鹿児島県では取り扱いがありません。
    「1/3日分の野菜が摂れる豚キムチ鍋トック入り」(498円)

    価格 : 498円
    販売地域 : 北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、中国・四国、九州

    キムチ鍋トック(お餅)をトッピング。甘辛くコクのあるスープが美味しさのポイントの、1日の野菜の必要量の3分の1が摂れる嬉しいお鍋です。なお、宮崎県鹿児島県では取り扱いがありません。
    Highlandバナナ(パック)」(228円)

    価格 : 228
    販売地域 : 関東、東海

    標高500m以上の園地で時間をかけて育った甘みのあるバナナ。栄養が偏りがちな時のビタミン補給のためのサイドメニューとして、あるいは小腹が空いた時の軽食として気軽に食べられます。1本入りの「Highlandバナナ(1本)」(118円)も販売しています。
    バター香る ホットケーキまん」(150円)

    価格 : 150
    販売地域 : 北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、中国・四国、九州、沖縄

    森永製菓とのコラボ商品。生地には発酵バターを使用し、中身に森永ケーキシロップを使用。まるでホットケーキのような中華まんに仕上がっています。こちらは数量限定の商品となります。
    まとめ

    1月25日発売の新商品は、本格的な味わいの「コク旨!バターチキンカレー」、大盛の約300gの麺が入った「大盛 豚肉のバター醤油スパゲティ」、不足しがちな野菜が補える「1/3日分の野菜が摂れる豚キムチ鍋トック入り」など、バリエーション豊かなラインアップが揃いました。

    また、小腹が空いた時にありがたい「Highlandバナナ(パック)」や、数量限定の、まるでホットケーキのような中華まんバター香る ホットケーキまん」など、疲れた体を癒してくれるメニューも充実しています。

    その他商品はこちらをチェック : ファミリーマート【来週の新商品】

    ※画像は公式ホームページより引用



    (出典 news.nicovideo.jp)


    ロッテ1月28日2月14日、銀座コージーコーナーとのコラボレーションによる「紗々ミルクレープ」(453円)を全国の銀座コージーコーナー生ケーキ取扱店にて期間限定で販売する。

    同商品は、昨年の9月にロッテの商品「紗々」の約17年ぶりのリニューアルを記念して店舗・期間限定で発売したコラボスイーツ。今回は、数多く寄せられた要望に応えるべく、販売店舗数を拡大しての再登場となる。

    「紗々」の見た目や味わいの特徴を取り入れたミルクレープで、上面には2種のソースで"繊細な織りの美しさ"を、4層にサンドしたパリパリチョコで"パリパリ食感"を表現。ココアクレープ生地とクリームを一層一層ていねいに重ね上げ、クリーミー感やしっとり感も楽しめる一品とのこと。



    (出典 news.nicovideo.jp)


     ビタミンDは、カルシウム濃度を調整し、骨や歯を健康に保つ働きをしています。動物性の食品に多く含まれますが、紫外線を浴びることによって肌でも生成される栄養素です。日光に当たる機会の少ない人は不足しないよう食事でしっかりと摂取しましょう。

    ビタミンDの働き


    ビタミンDの働きには主に以下のようなものがあります。

    骨形成・骨の石灰化を促進させる
    カルシウムの吸収に必要なタンパク質の合成を活発にさせ、小腸からのカルシウムやリンの吸収をアップさせます。さらに、骨にカルシウムが沈着するのをサポートし丈夫な骨や歯の形成に働きます。

    カルシウム濃度を調整
    カルシウムは、骨や歯を健康に保つほかに、神経伝達や筋肉収縮に重要な役割のあり、血液や筋肉に一定濃度で存在することでカラダの機能を調整しています。ビタミンDは、甲状腺ホルモン副甲状腺ホルモンといっしょになって、血液中のカルシウムの濃度を安定させる働きがあります。


    ビタミンDの推奨摂取量

    ビタミンDの目安量は、男女(18歳以上)ともに8.5μg/日です。

    過剰摂取が続いた場合
    吐き気を伴う高カルシウム血症のほか、動脈硬化や腎機能障害の原因になります。通常の食生活で摂りすぎる心配はありません。

    不足が続いた場合
    カルシウムの吸収が妨げられ、成人では骨量が減り、骨軟化症や骨粗鬆症の原因になります。成長期の子供ではくる病という病気を引き起こす原因になります。


    ビタミンDが多く含まれる食材・食事



    ビタミンDを多く含む食材は以下の通りです。

    あんこうの肝(一切れ30g) 33μg
    鮭(1人前80g) 26μg
    さんま(1人前100g) 16μg
    シラス(1人前10g) 6μg
    いわしの丸干し(2尾50g) 25μg
    うなぎの蒲焼(1人前100g) 19μg
    カレイ(1人前100g) 13μg
    イクラ(10g) 4μg
    乾燥きくらげ(1人前2g) 2μg
    ししいたけ(5g) 1μg
    ※特に記載のないものは、食品100gあたりの含有量を表示しています。

    ビタミンD摂取のポイント

    ビタミンDカルシウムと一緒に摂取することによって働きが発揮されます。例えば、シチューグラタンなどカルシウムが豊富な乳製品を使った食材と組み合わせるのがおすすめです。

    また、ビタミンDを多く含む丸干しの魚や小魚は骨ごと一緒に食べるとカルシウムも同時に摂ることができます。

    その他、ビタミンDは油脂に溶けやすいので油でいためたり、ごま、ピーナッツなどの種子類と一緒に食べると吸収が良くなります。

    丈夫な骨や歯に!ビタミンDの働きとは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    このページのトップヘ