簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


     日本の定番調味料のひとつで味噌は栄養価も高く世界でもスーパーフードの一つとして注目されています。
    健康に良いのはもちろん、実は美容やダイエットにも効果があると注目されています。

    ではどのような効果があるのでしょうか?


    アンチエイジング効果
    過酸化脂質と呼ばれる物質が体内で増えるといわゆる老化が促進されますが、味噌に含まれるビタミンEやイソフラボンの抗酸化作用により、老化を防ぐことが出来ると言われています。

    また、味噌に含まれるサポニンや味噌の褐色の色素には、酸化を抑える働きがあることが分かっています。

    ダイエット効果
    食物繊維は腸内を綺麗にしてくれるので便秘解消につながり、ダイエット効果が期待されます。

    他にもコリンという成分が含まれ、コリンには肝機能を高める働きがあり、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。

    また、大豆に含まれるタンパク質のひとつであるβコングリシニンには、血中の中性脂肪を低下させる働きがあるとも言われています。

    コレステロールを抑制
    味噌の主原料である大豆にはサポニンが含まれています。このサポニンはコレステロールの上昇を抑制する効果があると言われています。

    また不飽和酸であるリノール酸と大豆レシチンにも、血中コレステロールの上昇を抑える効果が期待できます。

    美白効果
    味噌に含まれるリノール酸には、しみ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあると言われています。

    その他アミノ酸の作用による消化促進、微生物による整腸作用、リノール酸による美肌効果、糖尿病高血圧などの生活習慣病予防が期待できます。

    味噌に含まれるメラノイジンという成分は赤味噌の色素のことで、食後の血糖値の急上昇を抑える働きがあるため糖尿病予防効果が期待されています。



    ダイエットに効果的な味噌の摂取方法
    せっかく摂取するなら、種類や飲み方など、よりダイエット効果が高い方法で取り入れたいものです。 日本で使われている味噌は「白味噌」「赤味噌」「合わせ味噌」の3種類に分けられます。
    この中でダイエットにおすすめなのは赤味噌です。

    赤味噌はメラノイジンが抗酸化作用として働き、アンチエイジングや脂肪燃焼を促してくれるのです。

    ただ、白味噌や合わせ味噌に効果がないわけではないので、気分に合わせて飲みましょう。

    ダイエットとして味噌を上手く取り入れるために、摂取する順番も注目してみましょう。

    味噌汁は食事の最初に飲むのがおすすめです。
    血糖値の上昇を抑えられ、インシュリンの大量発生を防ぐ効果も期待されます。

    栄養豊富でダイエットや美容にも効果がある味噌。

    スーパーフードとして注目されているのも納得ですね。

    ぜひ皆さんも味噌を取り入れた食生活を続けてみてはいかがでしょうか。

    あなたに心当たりはありませんか?

    ・健康診断の結果が悪く、生活習慣を変えたので、数値が下がってるか気になる。

    ・友人が病気になり、自分の身体も心配になった。

    ・会社の健康診断が無い。

    ・最近なんとなく体調が悪い気がする。

    わたしたちが定期的な検査が大切だとお伝えするのは、自分の平常値から大きく数値に変化があったときです。

    大きな変化や変動は、何らかの体からのサインかもしれません。

    「あの時、検査を受けていれば…」

    「もっと普段から健康に気を付けておけば…」

    そう後悔することがないように、年に4回の検査で健康管理、始めてみませんか?

    異常値だったら、早めに病院へ。
    早期発見、早期治療が大切です。
    自覚症状がなければ、大丈夫は大間違いです!

    毎日の健康と、その先にある未来のために・・・

    指先一滴の自己採血をはじめてみませんか。

     
    知られざる「味噌」の健康パワー!


    (出典 news.nicovideo.jp)




    寿司だけでなく、ラーメンや丼もの、さらにスイーツまで扱うという幅広いライナップが魅力の回転寿司チェーン店「無添くら寿司」。

    これだけ豊富なメニューがあれば、寿司×「?」の掛け合わせで魅力的な料理になるのでは……? と考えたガジェット通信編集部スタッフ

    参考記事こちら:
    【秘技】くら寿司にきいた! やみつきになる旨さの“食の裏ワザ”5パターン紹介
    https://getnews.jp/archives/1765129

    メニューの組み合わせを至高錯語しつつ、絶品アレンジを試してみました。

    くら寿司の寿司を「くら出汁」で湯引くと絶品「出汁寿司」に!

    今回、スタッフが挑戦してみたのは「出汁」を使ったアレンジテクニック

    使うのは「くら出汁」というサイドメニュー

    この「くら出汁」が万能なのです。湯気をモチーフにした「くらだし」のフォントも素敵。お洒落なカップに入っています。

    「はまち」「生えび」「たまご」を出汁寿司に!

    まず寿司メニューはまち」を出汁の中へぽちゃり。

    しゃぶしゃぶ……」とネタを湯引きします。

    すると、はまちに熱が加わって、半生の「出汁はまち」に。

    その出汁に浸かった寿司をシャリへ戻して、

    ポン酢

    七味をトッピングすれば……。

    「出汁はまち寿司」の完成! 一皿に2貫あるので、一貫を「出汁寿司」に、もう一貫をフレッシュな寿司そのままでいただくと、一皿で二度美味しくいただけます。

    はまち」以外にも「生えび」「たまご」の寿司を湯引きしてみました。

    「生えび」も「出汁えび」に。

    たまご」も出汁へチャポン!

    すると「出汁たまご」に。

    食べてみると、出汁の味が寿司に染みこみ、さらに熱を加えたネタの味は風味がキュッと引き締まっていい感じ~! なお、くら出汁はそのまま飲んでも美味。

    寿司ネタを湯引きする「出汁寿司」。ぜひ試してみてはいかが。

    「出汁」で湯引きすると絶品! くら寿司の寿司を激ウマ「出汁寿司」にする裏ワザ方法


    (出典 news.nicovideo.jp)




     今日はsuper foodについて書きます。

    スーパーフードは、バランスの取れた栄養素が含まれ一般的な食品と比べて非常に高いことから、 ハリウッド女優や歌手がこぞって食事に摂り入れていると話題の食品です。

    ◆スーパーフードの定義◆


    ・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
    ・あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
    ・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、
    ・料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

    スーパーフードの一部をご紹介。

    ◆枸杞子(クコの実)
    中国原産のナス科クコ属の植物。中国では、3000年以上も前から薬効の高さで知られています。日本には、平安時代に中国から伝わり、自生するようになりました。最近では必須アミノ酸の豊富さからも注目を集めています。

    期待できる効能
    視力改善・アンチエイジング・滋養強壮・血圧低下・肝機能保護作用など



    ◆チアシード
    メキシコ南西部などが原産。シソ科サルビア属ミントの一種です。古代マヤ、アステカ文明の人々には主食として大切な食糧でした。水分で膨張作用のあるグルコマンナンが最大の特徴で、少量でも満腹感が得られます。

    期待できる効能
    動脈硬化予防・炎症抑制作用・整腸作用・代謝促進・骨粗しょう症の予防など

    ◆キヌア
    南米のアンデス山脈が原産のアカザ亜科です。1990年代アメリカ航空宇宙局NASA)がキヌアの栄養価を称賛し、「宇宙空間での長期滞在に適した食べ物」とし発表。2013年には、国連によって「国際キヌア年」と制定されたほど。

    期待できる効能
    代謝促進・疲労回復・高血圧予防・動脈硬化予防・貧血予防など

    食卓にぜひ取り入れてみてくださいね

    健康の味方♥️スーパーフードとは


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ