簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    毎日、献立を考え調理をするというのは、想像よりも面倒なこと。

    できあがった食卓を見て、「あと1品欲しい…」と思ったことはないでしょうか。

    そんなあなたを助けるかもしれない、簡単レシピをご紹介します。

    「ゆで卵界にニューウェーブ、来ました」

    レシピを投稿したのは、JA全農 広報部(@zennoh_food)のTwitterアカウント

    夕飯にもう1品欲しいけど、フライパンを汚したくない…。

    そんな時に役立つ、卵のアレンジレシピがこちらです!

    紹介されたのは、『たこ焼きゆで卵』。

    ゆで卵に、たこ焼きソースマヨネーズ青のりかつお節をかけるだけで完成し、「2個はペロリと食べられる」とのことです!

    夕飯のおかずだけでなく、お弁当の中身や、お酒のつまみなど、活躍する場面は多そうですね。

    簡単で、洗い物も少ない『たこ焼きゆで卵』には、絶賛のコメントが多数寄せられています。

    ・こ、これは絶対においしいやつ!

    ・悪魔の食べ物が爆誕している…。

    この発想はなかった…。天才!

    JA全農 広報部が『ゆで卵界のニューウェーブ』と呼ぶ本レシピ

    夕飯の献立に悩んでいる人は、食卓に並べてみてはいかがでしょうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)


     健康志向から、豆乳を飲んでいる方は多いのではないでしょうか。

    豆乳は大豆が原料で、豆腐に固める前の状態のものをいいます。

    大豆をすりつぶして液体を絞り、汁と「かす」に分けます。汁が豆乳で、かすはおからです。

    そのため、豆乳には食物繊維はほとんど含まれませんが、吸収されやすい状態になっていると考えられます。

    豆乳にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

    豆乳に含まれる栄養素


    大豆タンパク質
    最初に注目すべきはやはり植物性の大豆タンパク質です。

    大豆には植物性タンパク質が30%程度含まれており、そのほとんどが水溶性のため、豆乳に残っています。

    レシチン
    レシチンは卵黄にも含まれている成分で、血管の健康を保ち、脳の情報伝達をスムーズにし、記憶力や集中力にも影響するのではないかと考えられています。

    大豆イソフラボン
    女性ホルモンの代表であるエストロゲンに似た構造をしていることで注目されています。加齢に伴い減少する女性ホルモンの代替ホルモンとして、骨の健康維持にも期待されています。

    サポニン
    サポニンは植物の根や葉、茎などに含まれる成分です。大豆にはサポニンが豊富に含まれています。中性脂肪の吸収を抑えることも期待されています。


    オリゴ糖
    大豆由来のオリゴ糖は大腸でビフィズス菌や乳酸菌のエサとなり、これら善玉菌を増やし、腸内環境を整えるサポートになると言われています。

    その他ビタミン
    その他にビタミンB群、ビタミンEが含まれています。


    豆乳の種類


    このように栄養素を豊富に含む豆乳を食生活に取り入れたいと思っても、スーパーコンビニなどで目にする豆乳にはいくつか種類があり、どれを購入すればよいか迷う人も多いはずです。豆乳の種類を知って、自分に合ったものを選びましょう。

    豆乳は無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3つに分類されます。

    無調整豆乳
    豆乳に水以外のものを加えていない、大豆固形分が8%以上(大豆タンパク質換算3.8%以上)のものです。

    調製豆乳
    豆乳に砂糖、塩、油脂、香料などを加えて飲みやすくし、大豆固形分が6%以上(大豆タンパク質換算3.0%以上)のものです。

    豆乳飲料
    調整豆乳に果汁やコーヒーなどを加えた飲料で、果汁入りとその他に分けられます。

    果汁入りは大豆固形分2%以上(大豆タンパク質換算0.9%以上)、その他は大豆固形分4%以上(大豆タンパク質換算1.8%以上)です。

    減量中など高タンパク質、低脂質、低エネルギーとするために利用したい場合は無調整豆乳がおすすめです。

    調整豆乳や豆乳飲料は砂糖や果汁が入っている分、飲みやすくなります。

    しかし、飲みやすい分、エネルギーや糖質は高いことが多いです。

    目的とシーンに合わせてうまく使い分けましょう。

    タンパク質が補える身近な飲み物といえば牛乳ですが、牛乳と豆乳の栄養素の違いは何でしょうか?

    豆乳は牛乳と比べて低エネルギー、低脂質、低糖質で、ノンコレステロール

    大豆タンパク質の吸収速度は牛乳タンパク質に比べて遅いので、腹持ちが良いと言われています。

    豆乳は貧血に関わる鉄や銅も多く含みます。

    骨の健康などに関わるカルシウムは牛乳のほうが多く含有しています。

    豆乳と牛乳の成分の違いを知り、それぞれのメリットを活かして摂取していきましょう。

    最近、身体の調子はいかがですか?

    「まだ若いから大丈夫

    「忙しいから検査に行く時間が無い」

    健康に自信がある、働き盛りの世代こそ要注意です。

    全く自覚症状がないものは、知らず知らずのうちに病気が進行してしまっている場合もあります。
    ご自身の体が「今、どのような状態」であるかを定期的に知ることで防げる病気はたくさんあります。

    知るほど飲みたくなる?!豆乳の健康効果


    (出典 news.nicovideo.jp)



     「便秘解消には食物繊維の摂取が良い」というのよく知られていること。しかし、実はそれ以外にも便秘に効果のある飲み物・食べ物があることをご存知ですか?この記事では便秘解消に効く飲み物・食べ物を紹介します!

    コーヒーのカフェインとオリゴ糖は便秘を和らげる?


    コーヒー豆には、カフェインとオリゴ糖が含まれています。カフェインは腸の運動を促進するはたらきがあり、オリゴ糖は腸内環境を整える効果があります。そのため、一見、コーヒーは便秘解消に効果がありそうですが、実はコーヒーは便秘に悪いという説もあります。実際のところどっちが正しいのでしょうか?

    実は、コーヒーは便秘に対してプラス面とマイナス面があるため、コーヒーを便秘解消に役立てるためには、飲む人の体質と、便秘の原因をきちんと把握することが重要なのです。

    まず、カフェインによる「利尿作用」でかえって便秘になってしまう人や、弛緩(しかん)性便秘の人の場合、コーヒーマイナス効果、と言われています。弛緩(しかん)性便秘は便が硬く、コロコロしている人や、そもそも何日も便意を感じない人に起きている症状。運動不足の人や、ダイエットで食事制限をしている人がなりやすいと言われています。

    ただし、コーヒーの便秘に良い成分(カフェインとオリゴ糖)がきちんとプラスに働く人もいます。

    コーヒーが自分の便秘に、マイナスに働くのかプラスに働くのかを調べるには、実際に便秘のときにコーヒーを少量飲んでみましょう。そのときに体調が良くなったのか、悪くなったのか、便秘が改善されたのか、悪化したのかを確認してみてください。さらに、腸内環境を改善するラクトース(乳糖)を含む牛乳や、オリゴ糖でできた甘味料を入れてみるなど、コーヒーに他のものをプラスするのも便秘解消に更なる効果が期待できますよ。


    オリーブオイルのオレイン酸が腸を活発に!

    海外では、オリーブオイルは便秘を和らげる働きがあるとしておなじみの食材。オリーブオイルはオレイン酸を含んでおり、オレイン酸は大腸のぜん動運動を促進してくれます。ヨーロッパやその周辺では、昔からオリーブオイルは民間薬としても用いられてきました。

    オリーブオイルは簡単に入手しやすく香りも良いので、現代の私たちが便秘解消に役立てるならオリーブオイルを使うのがいいかもしれません。便秘を和らげるためには、毎朝オリーブオイルを大さじ1〜2杯摂取するのが良いと言われています。しかし、注意してほしいのは、オリーブオイルは消化されづらい食品なため、多く摂取するとかえって体調を崩してしまう原因になってしまうことも。パスタソースに使用したり、サラダにかけたり、スープに入れたりして、必要な分量だけを上手に摂るようにしましょう。


    ビタミンCを含む果物類を積極的に食べよう


    果物に豊富に含まれているビタミンCと水溶性食物繊維であるペクチンは、腸内の善玉菌を増やしてくれます。そんな果物の中でもおススメなのはレモンや桃などです。

    特にレモンビタミンCが豊富な果物として有名ですね。ビタミンCは身体の酸化を防ぐ役割もあり、コラーゲンの合成を助ける効果も持ちます。特に女性の方なら摂っておきたい栄養素です。

    とはいえ、レモンを毎日かじるのは大変。そんなときは、手作りのスムージードリンクにレモンを追加したり、ドレッシングにちょっとレモンを追加したりしましょう!そうすることでお手軽にビタミンCを摂取できますよ。

    自分にあった食べ物で便秘対策を

    便秘解消に効く食べ物や飲み物は、今回ご紹介したもの以外にもたくさんありますが、一番大切なのは自分の体調や体質に合わせて食べること。

    食べ物で色々試してみたけれど、思ったように改善されない場合は医師・薬剤師に相談したり、または、便秘に効くツボ押しを試してみてはいかかでしょうか。

    便秘が気になる方は必見!おすすめの食べ物と飲み物


    (出典 news.nicovideo.jp)

    このページのトップヘ