簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


     ダイエット中でも晩酌がしたくなることってありますよね。そんな気持ちを我慢した結果、嫌になって、健康維持のためのダイエットを投げ出してしまうのはもったいこと。そうならないためにも、晩酌をする日は夕食を控えめにしたりおつまみを工夫したりするなどして我慢することなく、堂々と晩酌をしちゃいましょう!

     そこで、ダイエット中でも晩酌できるオススメのおつまみを紹介していきましょう。ポイントは代謝アップ。そのために、肌や筋肉を作る材料の一つ「たんぱく質」や、食べ過ぎを防ぐのに役立ち腸内環境を整える効果が期待できる「食物繊維」が豊富で、カロリー控え目な食材を選ぶとよいでしょう。

    ■湯葉のお刺身

     生湯葉はわさび醤油につけてそのままいただいても美味しいですし、和え物やサラダスープなど、さまざまな料理に活用しやすい食材です。キャベツアボカドなどと合わせてサラダにすると、代謝を高めるビタミンミネラルなどを合わせて摂取することが可能。湯葉を入れた和風スープで水分とともに取り入れ、満足感を高めるのもよいですね。

    そら豆の丸焼き

     そら豆は植物性たんぱく質が豊富。一粒ずつ食べることで、ドカ食いを防ぐことにもつながります。一番オススメの食べ方は、さやのまま焦げ目がつくまで両面を焼き、中の豆を蒸し焼きにすること。茹でて水に栄養素が溶け出すことがなく、ふっくら仕上がります。味付けをしないことで、余分なカロリーを追加せず食べられることも魅力の一つです。

    きのこ

     しっかり食べたい!という場合にオススメなのが、椎茸やしめじ、舞茸などのきのこをたっぷり炒め、卵でとじる「きのこ卵」。卵には動物性たんぱく質が、きのこには食物繊維が豊富です。塩・コショウを適量入れて炒め、最後に溶き卵を回し入れて混ぜ合わせます。しっかり混ぜ合わせて炒り卵状にしたり、ふんわりオムレツのようにしたり、卵の形状を好みに合わせて変えることも可能。最後にダシ醤油で味を整えれば完成です。

     脂分の多い炒め物や味付けの濃い煮物などのメニューは、高カロリーになりがちです。夕食はご飯やパン、麺類などの炭水化物を控え目にし、晩酌のお供は少しずつ楽しむのがよいでしょう。

     ダイエットを成功へと導くには、食事を楽しむことも大切です。カロリーオーバーにならないよう、週に1度など「ご褒美DAY」を決めて、おつまみと晩酌を取り入れてはいかがでしょうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    [みみよりライブ 5up-広島ホームテレビ]2019年10月10日放送「ランキンGood!」のコーナーでは、「進化系お好み焼き」のベスト3を紹介していました。

    ベスト3を選んだのは、年間300枚を食べ歩くという「お好み焼き博士」細井謙一さん。広島経済大学の教授である傍ら、県内の業界関係者が集まる、お好み焼きアカデミーの理事をされています。

    さて、気になる結果の方は...。

    お好み焼き博士が絶賛!アツい進化系メニュー

    10月10日は、ジュウジュウ、ということでお好み焼きの日。オタフクソースが記念日として制定したそうです。

    この日の番組では、新たな魅力を放つお好み焼き、ということで、進化系お好み焼きベスト3を発表していました。

    ここ10年以内にオープンしたお好み焼き屋の中から、細井さんが思わずうなった進化系メニューを教えていただきました。

    第3位は、南区宇品にある「鉄板こうさか」。

    肉玉そばという基本を根本から覆す斬新なアイデアが魅力の「野菜畑のお好み焼き」。


    見た目はシンプルなのですが、色とりどりの野菜がたっぷり。キャベツの量を減らし、季節に応じて旬の野菜やキノコを使用しています。いろんな野菜が入るので見た目の彩りがよく、食べた時の味わいが深いということです。

    第2位は、安佐南区緑井にある「宮」。

    宮の進化系お好み焼きは、ソースではなく、塩で味付けするありそうでなかったお好み焼き「塩肉玉」。


    塩にこだわりがあり、海塩、岩塩、黒コショウガーリックチップなどを独自にブレンドし、美味しい塩を作っているとのこと。塩だけでは物足りない部分があるので、ごま油で香りを引き立て、白菜漬けを入れているんだそう。うま味アップし、美味しいということです。

    第1位は、安佐南区緑井にある「大人のお好み焼きkate-kate」。

    厚切りステーキゴロゴロとトッピングされた「カテカテ焼きプレミアム」。


    中落ちカルビが乗っていて、全体のバランスがスゴイということです。自家製赤ワインソースを使い、お好み焼きとの相性も抜群。ビジュアルも良く、食べた時の印象も良い、ということです。

    進化系お好み焼き。とても美味しそうでした。

    野菜畑のお好み焼き(鉄板こうさかの公式フェイスブック


    (出典 news.nicovideo.jp)



     飽きないサラダ作りのコツ、教えます。



     最近、都心のオフィス街を中心に増えている「サラダ専門店」。野菜をたっぷり食べさせてくれる工夫は、お店ごとに違い、そこから学ぶことは多いように感じます。そんな中で、私が最もお気に入りなのが、シンガポール発のサラダバー専門店「SaladStop!(サラダストップ)」。一昨年日本に上陸し、現在は都内のオフィス街に4店舗を構える、まだまだ新しいお店なのですが、他のサラダ専門店と比べると、どこか違う感覚を体験することができるんです。



     そこで今回は、サラダ作り&サラダ選びの参考にしていただくべく、「おいしい!飽きない!自宅でも簡単に実践できる!ダイエットサラダのコツ」として、5つのポイントをご案内したいと思います。


    ◆①「見た目重視」で具材を選べ



     サラダの具材は、頭でじっくり考えるより、その日の気分や自分の「直観」を信じて、楽しく選ぶことが重要です。サラダボウルをキャンバスに見立て、カラフルなもの(緑黄色野菜やもちろん、様々な豆類など)、ビジュアル的にかわいいもの(例えばミカンの缶詰など)を入れていくと、サラダ作りが「楽しい体験」となるでしょう。


    ◆②ダイエット食材をアップデートせよ



     ちょっと前まで”健康サラダ“のイメージは、「緑黄色野菜をしっかり選ぶ」、「オリーブオイルをたっぷりかける」などでしたが、最近ではすぐに使える「スーパーフード」が登場したり、目新しい美容野菜が身近に手に入るようになっています。


     例えば、「ケール」や「ゆで黒豆」は、スーパーでも購入可能。紫大根などの「カラフル野菜」や、すぐに焼いて乗せられる「味付けプルコギビーフ」、気分が変わる「チェダーチーズ」などもオススメです。これまでのマンネリサラダから脱出して、自身が本当においしいと思える美容食材を探してみましょう。


    【オススメの美容食材】
    ブロッコリースプラウト、紫ニンジン、紫大根、紫キャベツ、ゆで豆、キヌア、干イチジク、リンゴ、柿、ベビーほうれん草、海藻類


    ◆③アジアテイストを楽しめ



     このお店は前述した通り、シンガポールで生まれたこともあり、ドレッシングや食材使いの端々に“アジアン”を感じることができます。例えば、ドレッシングであれば、シンガポールチリクラブ、韓国チリビネグレット。トッピング食材としては、プルコギビーフカニカマ、枝豆などなど。


     エスニック系ドレッシングはカルディなどでも豊富にそろいますから、自分の定番味から脱却して、冒険をしてみてください。固定観念から解放されれば、飽きずに楽しめるダイエットサラダがどんどん生まれることでしょう!


    ◆④「刻んでよく混ぜる」を実践せよ



     サラダ作りの後半で聞かれるのが、「刻み具合」と「混ぜ具合」について。きっと多くの人は、あらかじめ切ったりちぎったりした食材をポンポンと乗せ、ドレッシングをかけることでしょう。でも、この刻んでドレッシングでしっかり和える工程こそが、サラダで食べる具材達に丁寧な出逢いを与え、野菜のおいしさ(香りや食感)を覚醒させてくれるのです。その日の気分で、刻む大きさやドレッシング量を決め、濃厚サラダを完成させましょう。


    ◆⑤「ラップサンド」で楽しめ



     サラダと並んで人気なのが、「ラップスタイル」。これは、混ぜ合わせたサラダを、柔らかい「トルティーヤ(トウモロコシ小麦粉などを主原料として作られる、クレープ状の薄いパン)」で包んだもの。見た目もかなりのボリューム感で、食べ応えもバッチリです。


     トルティーヤ1枚分(約25g、70~80kcal、糖質量12g程度)なら、ごはんやパンなどの主食を食べるよりも低糖質に抑えることができるため、無理をしない、長続きするダイエットメニューとしては最適かもしれません。トルティーヤは輸入食材店やコストコなどの海外スーパーで購入することができます。大きめのスーパーであれば、置いてあるところもあるのでぜひ、探してみてはいかがでしょうか?
     



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ