簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


     一般的に海苔と呼ばれているものはあまのりのことで、最もポピュラーな浅草のりは、日本近海に約20種あるあまのりの代表とされます。

    海苔のほとんどが養殖によって生産されており、育った海によって少し風味や性質が異なるといわれています。

    ●タンパク質、ビタミン、ミネラルがぎっしり

    海苔は、俗に「海の牛肉」といわれるほどタンパク質に富み、100g中に41.4gも含まれ、大豆をもしのぐとされます。

    また、カルシウム280mg、鉄が11.4mgと、ミネラルも豊富とみられています。さらに、100gあたり2700μgのカロテンは、ニンジンの3倍。ビタミンB群、C、E、K、食物繊維などの、含有量も全食品のなかでトップレベルといわれています。


    ●美肌を作り、がん予防にも


    非常に豊富なカロテンは、体内に入ると必要に応じてビタミンAに変わり、抵抗力をつけウイルスや細菌から体を守るとともに、健康で潤いのある肌を作るといわれています。

    血行を良くして若さを保つビタミンE、色素の沈着を防ぎみずみずしい肌を作るビタミンCも豊富とされます。

    これらのビタミンは、抗酸化作用が強く、活性酸素の除去に力を発揮するといわれています。また、がんと闘う機能を強化し、体をがんから守る働きがあるとされています。特に粉のりで摂ることが勧められています。


    ●血圧降下、生活習慣病予防にも



    海苔に含まれるペプチドは、血圧を上げる作用がある酵素の働きを抑え、血圧の上昇を防ぐとされています。

    また、海苔には余分な塩分を排出する作用があるカリウムタウリン食物繊維なども多く含まれ、これらの相乗効果で高血圧を強力に予防するといわれています。

    このほか、骨粗しょう症、貧血などの予防や治療にも有効。コレステロールを減らし、動脈硬化心筋梗塞、脂肪肝、脳梗塞などを防ぐ効果もあるとされています。

    【簡単なレシピ

    〜大根と海苔のスープ

    材料(2人分)

    大根・・・5cm
    ガラスープ・・・小さじ1/2
    紹興酒・・・大さじ1/2
    焼き海苔・・・1/2枚
    塩・・・小さじ1/4
    こしょう・・・少々

    作り方

    ①大根は細めの短冊切りにする。

    ②鍋に水400ml、鶏ガラスープ、紹興酒を入れて煮立て、大根を入れて3~4分煮る。

    ③大根に火が通ったら、塩を加え、こしょうで味を整え、細かくちぎった海苔を加える。

    大切な栄養素がもれなくたっぷり含まれている海苔ですが、1回に摂れる量が少ないのが難点。できるだけ頻繁に食卓にのせ、海苔の力を取り込んでいきましょう!

    「たったの1枚」に含まれる、海苔の凄さ!


    (出典 news.nicovideo.jp)




     おからとは、豆腐を作る時に出来る大豆の搾りかすのことです。おからには大豆のタンパク質食物繊維など、さまざまな栄養素が含まれており、ダイエット食材としては最適です。おからを料理にとり入れることで、少量で満腹感が得られるようになります。

    おからダイエットの方法


     おからダイエットは、普段の食事におからをとり入れるというダイエット法です。

     作り置きできる卯の花だけでなく、ハンバーグのたねにおからを入れたり、おやつカップケーキおからを混ぜたりと、いろんな形でおからを食べるようにします。

     おからカロリーが低いのにボリューム感があるので、満腹感を感じやすくなります。

     おからは生のままでも、乾燥したパウダーを使用しても構いません。生おからはボリュームが出やすく、乾燥おからはクセがないのでいろんな料理にアレンジできます。必要な分だけ取りだして、残りを冷蔵庫で保存できることも便利です。


    おからダイエットの効果



     おからに含まれる栄養成分にはレシチン・イソフラボン・サポニン・食物繊維などがあります。

    満腹効果
    カロリーであり、食物繊維がお腹のなかで膨らむので、少ない量でも満腹感が得ることができます。

    脂肪の吸収を抑える
    食物繊維はカラダへの脂肪の吸収を抑える働きがあります。また大豆レシチンは、血管に付着したコレステロールを溶かし、血流の流れを良くする効果も期待できます。

    美容効果
    大豆イソフラボンによって肌荒れやシミの改善、美白や保湿効果も期待できます。

     おからは料理だけでなくお菓子などにも活用されている健康食材です。お肉や小麦粉の代用として使うことで、カロリーを抑えつつ満腹感を感じられるので、ダイエット中は積極的に活用していきましょう。

     ただし、カラダに良いと言っても食べ過ぎはNG。100gでカロリーは111kcalあり、脂質も多少含むため、食べ過ぎると脂質を摂り過ぎてしまう可能性があります。小鉢の場合は、小鉢1~2皿程度(おから100g)で抑えましょう。

     ちなみにイソフラボンの上限量は1日75㎎ですが、おからのイソフラボン量は10㎎/100g程度。2皿食べたとしても過剰にはならないので、安心してください。
    ※イソフラボンの摂取過剰は、子宮内膜症や女性ホルモンの乱れを招く可能性があるといわれています。

    ヘルシーで満腹感もアップ!おからを使ったダイエット法


    (出典 news.nicovideo.jp)





    トロリと溶けたチーズは、炭水化物や糖質と一緒に食べると特に、楽しくおいしいものになります。チーズをとろけさせる方法はいくつもありますが、ワッフルメーカーを使うのが一番楽しいです。誰でも今すぐ楽しく使えると思います。

    焼きチーズにあう種類は?

    ワッフルメーカーでは、チーズはとろけつつもカリッとした、イタリア料理のフリコのような食感になったり、ブリーチーズを使った場合は、外の皮が軽く茶色に焦げて洗練された香ばしさが出ます。

    また、心地よいシズル感と、心躍る美味しそうな香りに包まれ、最後には「うまくいった、成功したぞ」と頭の中でつぶやくような、心が落ち着くひとときになります。

    しかし、チーズワッフルはどんなチーズでもうまくいくわけではありません。私は9種類のチーズワッフルにしてみましたが、お察しの通り、水分の少ないものが一番うまくいきました。

    モッツァレラ、オアハカ、フェタのような水分と油分が多いものは失敗しましたが、

    ブリー パニール ハルーミ パルミジャーノ・レッジャー チーズカード

    などは見事に成功しました。

    ブリーのような皮のあるチーズの場合、室温でもしっかりと固いものを選ぶことが大事です(冷蔵庫から取り出した途端に柔らかくとろけるようなブリーではないということです)。

    また、事前にチーズ冷やしておくと、皮はこんがりで中はとろりと溶けつつも、ワッフルメーカーからチーズが溶け出したりしません。

    ブリーチーズ

    ブリーのワッフルチーズは、焼いたブリーと似たような感じですが、ワッフルチーズにはワッフル型のくぼみができて、その中に垂らしたはちみつが溜まるところが大きな違いです。

    パニールやハルーミ

    パニールやハルーミは、少しきしむような食感が楽しいので、好きなだけ焼いても、すべてが溶けてしまわずにカリカリとした面もできます。網などで直火で焼いても同じようになります。このワッフルチーズタコスにぴったりです。

    チーズカード

    チーズカードは少し違います。最初は、モッツァレラと同じように、至るところに油分が出ると思いましたが、油分は最初だけでした。

    溶けるのが一段落すると、溶けた外側がカリッとなり、平たくなって、伸びのあるフリコのようになります。衣をつけずに揚げたチーズカードのような感じです。とてもいいスナックになります。

    パルミジャーノ・レッジャーノ

    パルミジャーノ・レッジャーノは、ワッフルマッシュポテトのコーティングにピッタリですが、パルミジャーノ・レッジャーノの塊をいくつか直接ワッフルメーカーに入れて焼くと、分厚いフリコのようになります。

    長時間ワッフルメーカーで焼けば、それだけカリッとなりますが、真ん中が柔らかくてとろりと伸びる状態も楽しいです。

    ここで紹介したチーズはどれも、中火で温めるのがベストです。チーズを切って、ワッフルメーカーの中に入れ、チーズが溶けてこんがりするまで温めます。

    1分もかからないほど短時間でできることもあるので、目を離さないようにしてください。チーズが溶けたらすぐに食べましょう。できたての熱々を食べるのが一番です。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ