簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    夏野菜の代表・トウモロコシには「夏バテ」へのスゴイ薬効があった! | ニコニコニュース



                                      

     今年の夏はスカッとした真夏日が少ないのに、凄まじい蒸し暑さに悩まされてきた。かと思えば梅雨に戻ったのではと思わせる天気が続き、体力の消耗がひどい。しかし夏のお馴染みのあの食べ物が効果抜群だと言う。

     夏の野菜を代表するトウモロコシ。生産量は毎年全国で約25万トンだが、このうちの約半分の生産量を占めるのが北海道。中でも十勝平野のほぼ中央に位置する芽室町は面積・生産量とも日本一の産地。JAめむろは「十勝めむろのスイートコーン」を“最高のスイートコーン”と自慢しているが、健康効果についてもこう強調している。

    「スイートコーンの主な成分は炭水化物で、ビタミン・ミネラルなどの栄養成分もバランスよく含まれている。スイートコーンの糖質は消化吸収が早く、夏場のエネルギー補給や疲労回復にも効果的。また、食物繊維も多く含まれているので、便秘の改善にも最適です」

     これを裏付けるように料理教室を運営している川田節子管理栄養士が言う。

    「糖質が多く含まれていて、消化吸収が非常に良いので、夏バテで食欲がない時や胃腸の調子が悪い時などには、すりつぶしてスープにすると栄養補給ができる。また、アスパラギン酸も含まれていて、エネルギー代謝を良くして、疲労に対する抵抗力を高めてくれる。他にもビタミンB1、B2、B6、カリウム、食物繊維も豊富で疲労回復には最適です」

     さらにトウモロコシの効能を高める方法として、みんなが捨てているあのトウモロコシのひげをお茶にして飲むのだという。勧めるのは韓国人料理家の朴英姫さん。

    「トウモロコシは、粒の部分だけでなく、茎や葉、軸や皮に至るまで、栄養豊富な食べ物。特にとうもろこしのひげをお茶にしてのむとよい。利尿作用があり、血圧、血糖値を下げる効果が期待できる。韓国ではよく飲んでいます」

     作り方も簡単。トウモロコシのひげをとり、洗ったら1日天日干しする。次にこのひげをフライパンで弱火で乾煎りし、焦げ茶色になったらできあがり。このひげを、お茶パックなどに入れて熱湯を注ぎ、15分ほど蒸して飲む。好みで生姜やレモン汁、ハチミツ、メープルシロップなどを入れて飲んでもいい。ひげ茶を作るのが面倒な方は韓国食材売り場などで求めてもいいだろう。簡単にできるのがいい。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    日焼けしちゃったら…食べて美白!色白美肌を叶える食材&レシピ | ニコニコニュース



    日焼けしちゃったら…食べて美白!色白美肌を叶える食材&レシピ
                         

    夏は灼熱の空の下、海やプール、BBQなどのレジャーを満喫した人も多いでしょう。楽しい思い出と一緒に残ってしまうもの……それは日焼け。どんなに気をつけていても、完全防御は難しく、多少は焼けてしまいますよね。

    美白美容液を塗るなど外からのケアも大切ですが、食べ物にも気を遣ってシミを防ぎ、透明感のある白い肌を取り戻しましょう! 『美レンジャー』の過去記事より、美白のために積極的に摂りたい食材をお伝えします。

    リコピン吸収アップ!トマトは加熱して朝食に

    美白に効果がある“リコピン”を多く含む食材として知られているトマト。調理法や摂り方により、リコピンの吸収率が変わることをご存知でしたか? 過去記事「知らなきゃ栄養台無し!食べる美白コスメ“トマト”の正しい食べ方は」からご紹介します。

    カゴメ株式会社の研究によると、トマトは加熱すると生で食べるよりも約2倍リコピンの吸収がよくなるのだそう。

    また、細かく粉砕する&昼や夜よりも朝に食べることでも吸収率はグンとアップします。つまり、朝食にトマトスープを飲んだり、細かく刻んで調理したトマトを食べるといい、ということです。

    忙しい日もサッと用意できる朝食メニューとスープのレシピをご紹介します。

    トマトとバジルのスクランブルエッグ

    (1)トマトを小さくカットし、卵をといておく

    (2)熱したフライパンにオリーブオイルをひき、トマトと卵を炒める

    (3)バジルと塩・コショウを好みの量入れて混ぜたら完成

    トマトスープ

    (1)カットトマトを1缶(約400g)、玉ねぎを半玉~1玉用意する

    (2)玉ねぎはみじん切りにし、オリーブオイルをひいた鍋でよく炒める

    (3)続いてカットトマトを加えて混ぜ、ブイヨン1包(4g程度)とローリエを1枚入れる

    (4)牛乳を好みの量入れます。コショウで味を調えて完成

    活性酵素を除去してくれる…鮭の「アスタキサンチン」

    過去記事「うっかり日焼け…なかったことに!? “最強の美白食材”で作る簡単レシピ」によると、鮭も美白効果アリの食材だそう。

    鮭には、老化の原因にもなる活性酸素を除去する“アスタキサンチン”が含まれているためです。なんとビタミンEの1,000倍もの抗酸化力を持つのだそう。鮭の鮮やかなオレンジ色はアスタキサンチンの色なんですよ。

    先ほど紹介したトマトのほか、ビタミンC・Eを多く含むアボカドと一緒に摂取できるレシピをご紹介します。

    鮭のソテーとアボカドトマトソース

    【材料・2人分】

    ・鮭の切り身・・・2切れ

    ・薄力粉・・小さじ2

    ・オリーブオイル・・・適量

    ・トマト・・・1/4個

    ・アボカド・・・1個

    ・レモン汁・・・小さじ2

    ・たまねぎ・・・1/6~7

    ・塩コショウ・・・少々

    【つくり方】

    (1)鮭に薄力粉をまぶし、オリーブオイルを熱したフライパンで両面を焼く

    (2)トマトは1cm角に切り、たまねぎはみじん切りにする

    (3)ボウルに皮をむいたアボカドを入れてフォークでつぶし、レモン汁を加えてよく混ぜる

    (4)(3)にトマト、たまねぎ、塩コショウを加えザックリ混ぜ合わせる

    (5)(4)を鮭の傍に盛り付けたら完成

    柑橘類の「ビタミンP」が美白効果アリ!

    果物では、レモンやグレープフルーツ、みかんなどの柑橘類も美白に効果があります。

    過去記事「トマトも“食べる日焼け止め”だった!シミに強い肌を作る食材5つ」によると、柑橘類はビタミンCの働きを安定化させる“ビタミンP”を含んでいます。

    ビタミンPは、血行を促進させて新陳代謝を高める働きも期待されており、肌の生まれ変わりに大きく関係している栄養素と言えるでしょう。

    朝食に摂りがちな柑橘類ですが、“ソラレン”という紫外線の感受性を高める成分が含まれるため、朝の摂取は控えたほうがよいかもしれません。

    ここまでご紹介した食材は、どれもスーパーで気軽に手に入り、値段もお手頃な身近なもの。積極的に食生活に取り入れ、美白に役立ててくださいね!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    カルディで見つけた「凍らせて食べるしるこバー」がシャリとろで美味い!あずきバーと食べ比べてみた | ニコニコニュース



    カルディで見つけた「凍らせて食べるしるこバー」
                          

    カルディをパトロールしていたら、「凍らせて食べるしるこバー」なるものを発見。谷尾食糧工業(岡山県)から販売されているものです。シリーズ商品は「小豆味」と「抹茶味」、そしてしるこではなく「甘酒バー」の3種類。

    冷たいおしるこや、アイスをアレンジしてつくるぜんざいはこれまでにもありましたが、シャーベットにして食べるというのは珍しいかも?9月になってもまだ夏を諦めきれないわたくし、買って食べてみました。

    つくり方は単純明快。ただパウチごと冷凍庫で凍らせるだけです。がっつり凍らせたいのでひと晩おいてみました。

    ガチガチに凍ってるよっしゃあ!というわけで食べてみます。

    まずは王道の小豆から。北海道産あずきのつぶあんが使われています。

    ほくほく甘いあずきの味!シャーベットですが、口の中で体温を得るとまさに「おしるこ」のような、まったりとろける舌ざわりに。あずきの粒もたっぷり入っていていいですね。

    となると、気になるのはやっぱり「あずきバー」との違いですよね。食べ比べてみました。

    硬度はあずきバーの圧倒的勝利。あずきバーとしるこバーでそれぞれ剣をつくって戦わせたら、たぶん一瞬でしるこバーやられると思います。

    味を比較してみると、しるこバーがあずきバーよりも1オクターブ高い味…という印象だったのですが伝わるでしょうか。あずきバーはあんこのホクホク感が強くどっしりした味なのに対し、しるこバーのほうが甘く、ライトな味。あずきバーはあずき推し、しるこバーはおしるこ推し、それぞれ商品名どおりの味でした。当たり前みたいな感想ですみません。

    さて気を取り直して、愛知県・西尾の抹茶を使ったしるこバー抹茶味をほお張ります!

    苦みのあるキレのいい味!あと味もすっきりしています。もっと抹茶ラテみたいに甘い味を想像していたのですが、思った以上にクールな抹茶味でした。渋みを感じる抹茶の香りもちゃんとあります。

    そして最後は国産米100%の米こうじを使った甘酒バー。最近は夏に飲む“冷やし甘酒”も流行っていますが、果たして。

    うん、まろやか~!甘酒独特の香りやお米の甘みが、サクッと軽いシャーベットの歯ざわりとともに訪れます。くせが弱いので食べやすい。のどが渇いているとき猛烈に欲しそう。

    ちなみに、凍らせたしるこバーを砕いて牛乳に入れても美味。バーがじわじわと牛乳に溶けこみ、まろやかなおしるこミルクができあがります。のどをひんやり流れていく、甘くて冷たいおしるこは最高です。

    また、凍らせずにグラスに入れ、氷を入れて冷やしながら飲むという賞味方法もあるようです。一瞬「本末転倒じゃん!」と思いましたが冷静に考えたら間違いなくおいしいですよね。次に買ったらやってみようと思います。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ