簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    『あずきバー』なぜ固い? 井村屋が明かす3つの理由「実は昔よりも固い」 嗜好の変化・原料にこだわり… | ニコニコニュース



    確かに固い「あずきバー」
                            

     その固さがたびたび話題となる『あずきバー』。実は、昔よりも固くなっていることに気付いていましたか? そもそも、なぜこんなに固いのかを井村屋グループ(本社・津市)の担当者に聞いたところ、「3つの理由があるんです」と教えてくれました。

    あずきバーの歴史
     1896年、井村和蔵氏が和菓子屋「井村屋」を三重県松阪市で創業。戦後間もない1947年、2代目の井村二郎氏が株式会社化し、「肉まん・あんまん」や「氷みつ」などのおなじみのヒット商品を、次々と生みだしてきました。

     あずきバーが生まれたのは1972年。「あんの消費が落ち込む夏場に、あえてあんのお菓子を食べてもらう」というコンセプトで誕生しました。

     今ではグループを代表する商品となり、2013年には「あずきバー」として商標登録も認められました。

    こんなに固い
     井村屋のホームページで、あずきバーの商品ページを見ると、こんな文言が書かれています。「固く凍っているため、歯を痛めないようにご注意ください」

     昨夏には、刃物で知られる岐阜県関市のふるさと納税の返礼品にも選ばれました。あずきバーと日本刀に共通する「かたさ」が取り持った縁で、ツイッター上での交流がきっかけで実現したものです。

     今年6月には、「持っていたあずきバーで万引きの容疑者を撃退した」という内容の真偽不明なツイートが話題になるなど、「あずきバー=固い」といったイメージは、すっかり定着しています。

    3つの理由とは
     そんなあずきバーですが、実は昔と比べると固くなっています。その理由について、井村屋グループ経営戦略部の担当者は、こう説明します。

     「昔と比べて甘さが求められなくなり、甘さを抑えた結果、水分量が増えたんです。その水分が氷になる割合が増え、以前と比べると固くなったんです」

     ただし、甘さを抑えたことだけが固さの理由ではないといいます。その秘密は以下の3つだそうです。

    ・乳化剤や安定剤といった添加物を使用していない
    ・乳固形分が入っていない
    ・空気の含有量が少ない

    「ぜんざいをそのままアイスに」
     もともと「ぜんざいをそのままアイスにする」という発想で作られているため、原材料は小豆・砂糖・コーンスターチ・塩・水あめの5種類のみで、乳製品や添加物を使っていません。

     シンプルな原料で作ることにこだわり、素材をぎっしり詰め込んだ結果、空気の泡が少なくなって固くなっているんだそうです。

     「あえて固くしているわけではなく、安心・安全を追求した結果、そうなっているんです」と担当者は話します。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    カキの驚愕の効能…内臓疾患や疲労に効果!究極のおいしいカキを食べる方法 | ニコニコニュース



    産地表示のある生ガキ
                           

     都会のオイスターバーで新鮮な生ガキとワイン……「俺ってオシャレじゃない?」と思っている、そこのあなた。そのライフスタイルは、数万年前から進化していない可能性があります。

     人間は、古くから森の恵み、海の恵みに生かされてきました。今は高級食材になってしまったカキも、数万年前の貝塚からは大量に発掘されます。これは、私たちの遠い祖先が栄養豊富でおいしく、しかも動かないので捕まえやすいカキを貴重なたんぱく源としていたことを示しています。

     カキの魅力といえば、なんといってもそのうまみです。海中で生きる魚介類は、体内の水分を海水中に吸い出されないように、体内にミネラルや化学物質を蓄えることによって海水と自身の体の浸透圧とのバランスをとっています。

     魚やイカ、タコは味のない化学物質で浸透圧を調節していますが、カキなどの二枚貝は、うまみ成分のグルタミン酸を体内に蓄えることによってバランスをとっています。そのため、二枚貝は魚とは異なる独特のうまみを持っているのです。

    ●なぜ広島、三重のカキはおいしいのか?

     お店で席に案内され、「さぁ、カキを注文しよう!」と思ってメニューを見ると、日本地図や世界地図と共にさまざまなカキの名前が書かれていて、何をどう注文すればいいのか戸惑うことはありませんか?

     外国産と日本産では見た目も味も大きく異なりますが、日本産でも産地によって味が驚くほど異なります。食用に供されるカキは数種類しかないため、メニューに大量のカキが並んでいても生物学的な種としてはほぼ同じものです。

     また、海外産といっても味のいい日本固有種が海外で養殖され、それが輸入されていることも多いのが実態です。前述の浸透圧との関係から、生息環境の海水の塩分濃度によってグルタミン酸の蓄積量が異なることが味に大きく影響しており、一般には塩分が濃い海水で育つほどうまみが強くなるといわれています。それは、広島や三重、長崎などの湾で育ったカキがおいしい理由のひとつでもあります。

     味は生息環境のプランクトンの種類や食べる人の好みにもよるので、「とにかく塩分濃度が高ければおいしい」というわけではありませんが、「今年はエルニーニョの影響で南米近海の海水温度が高いらしいので、今日は南米産を食べてみようか」「北米西部で熱波の被害が出ているので、カリフォルニア産を選んでみよう」などと、科学的根拠に基づいて塩分濃度の高そうな地域で獲れたカキを食してみるのも楽しいものかと思います。

    ●カキの殻は超万能薬!心身ともに健康増進

     カキはしばしば「海のミルク」と呼ばれますが、それはクリーミーな食感とアミノ酸やミネラルを豊富に含む食品であるためです。それにもかかわらず、カロリーは身4~5個分の100グラムで60キロカロリー程度と牛肉の数分の一しかない低カロリー食品です。

    「牡蠣よりは海苔をば老の売りもせで」(松尾芭蕉)

     これは、老人の行商人にとっては重いカキよりも海苔(「法=守るべき行いやその教え」との掛詞)のほうが商売をするにはいいのではないか、という芭蕉の句です。

     殻付きカキの重さは百数十グラムもありますが、身の重さは20グラム程度しかないので、殻付きカキを手にしたときのずっしりとした重量感は、ほぼすべて殻の重さです。それもそのはず、カキの殻は炭酸カルシウムが主成分でリン酸やケイ酸からなる岩のような物質なのです。ですが、この殻は単なる岩ではなく、古くから生薬として用いられてきました。

     カキの殻は「ボレイ」と呼ばれ、漢方薬として服用すると、制酸作用による胸やけや慢性胃炎の抑制、食欲不振の改善、不眠症や液晶ディスプレイの見すぎによる眼精疲労、仕事のストレスで高ぶった神経を鎮めることにも効果があります。ボレイだけで現代のビジネスパーソンが抱える体の悩みの多くに対処できるわけで、優れた生薬なのです。

     カキの殻を薬として利用していた歴史は古く、6世紀に成立した中国の医薬品事典『神農本草経』にも収載されているほどです。ボレイは市販の漢方胃腸薬に含まれているので、生ガキとワインを楽しんだ後に漢方薬を飲めば、まさにカキを丸ごと楽しんだことになり、仕事の疲れを癒して心身ともに健康増進につながるのではないでしょうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    雪だるまがかわいい! 資生堂パーラーカフェの上品Xmasスイーツ | ニコニコニュース



    「資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ」に雪だるまが乗ったキュートなデザートが登場
                            

     「資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ」では、25日までの期間限定でクリスマススイーツを展開。真っ白いプレートの上にツリーや雪だるまをモチーフにしたスイーツがキュートに飾られ、クリスマス感あふれるカフェタイムを過ごせる。

     クリスマスツリーをイメージした『ノエル・ド・フロマージュ』は、ベリーのジュレが隠れているフロマージュムース。白いムースの上には、笑顔の雪だるまが飾られていてかわいらしい。プレートには、ベリー果肉などをクリスマスのオーナメントのようにカラフルにデコレーションしている。

     限定スイーツは、そのほかにも『クリスマスルージュ パフェ』や『12月の資生堂パーラー物語』がラインナップ。『12月の資生堂パーラー物語』は、同店定番のストロベリーパフェ、チョコレートパフェ、プリンに旬のスイーツ3品とフルーツを盛り合わせた一皿となっている。今年は、カフェで上品なスイーツと共にクリスマスを過ごすのもおすすめ。

    【商品詳細】※すべて税込
    『ノエル・ド・フロマージュ(コーヒーまたは紅茶のカップサービス付)』(1980円)
    『クリスマスルージュ パフェ』(1980円)
    『12月の資生堂パーラー物語(コーヒーまたは紅茶のカップサービス付)』(2450円)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ