簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    バーガーがシェイクに仮装!?面白ドリンクが登場 | ニコニコニュース



    バーガーがシェイクに仮装したハロウィン限定シェイク「ハロウィン シェイクハンズ」(単品1230円)が登場
                           

    アメリカンスタイルのハンバーガーショップ「J.S.BURGERS CAFE」では、10月31日(月)までの期間、バーガーがシェイクに仮装したハロウィン限定シェイク「ハロウィン シェイクハンズ」(単品1230円)を展開する。

    「ハロウィン シェイクハンズ」の名前の由来は、11月8日(火)まで同カフェで展開中の米国大統領選挙をテーマにしたバーガー総選挙“AMERICAN ELECTION”によるもの。

    旬のパンプキンを使ったシェイクに豪快にトッピングするのは、最終候補者2名の出生地であるNYとシカゴにゆかりのあるスイーツ。濃厚なニューヨークチーズケーキと、チェダーチーズ&キャラメルフレーバーが特徴のシカゴスタイルポップコーンを、まるで候補者同士が手を組むかのように合わせて仕上げている。頂点にのったブラックココアバンズもインパクト大だ。

    また、同カフェでは、NYとシカゴへのオマージュを込めたバーガー「Mr.BURGER」と「Mrs.BURGER」を11月8日(火)まで展開中だ。これらを食べた人の投票により、バーガー総選挙“AMERICAN ELECTION”のプレジデント・バーガーが決定する。プレジデント・バーガーに当選し、抽選で当たった人にはバーガーのフリーチケットが贈られるというので、是非総選挙にも参加してみては?



    (出典 news.nicovideo.jp)



    チャチャッと作りたい!500名のママに聞いた実践している「料理の時短テク」TOP5 | ニコニコニュース



    チャチャッと作りたい!500名のママに聞いた実践している「料理の時短テク」TOP5
                            

    家事、育児、仕事……と、ママの毎日は大忙し。限りある時間だからこそ、可能なかぎり“家事”を時短したいと思いますよね。

    家事の中でも、食事作りは特に大変です。仕事に行く前や、仕事から帰ってきてからの時間は短く、「チャチャっと時短クッキングできたらいいのに……!」と願う女性は少なくないでしょう。

    では、世のママたちは、どんな時短テクを駆使しているのでしょうか?

    今回『WooRis』は、既婚女性500名に“料理をする際に取り入れている時短テクニック”に関する独自アンケートを実施。アンケートから得られた結果を参考に、みんなが実践している“時短料理テクニック”をランキング形式でお伝えします。

    ■第5位:「キッチンバサミを使う」(24.8%)

    24.8%の得票率で第5位になったのが、「キッチンバサミを使う」で、およそ4人に1人が実践している時短ワザ。皆さんは“キッチンバサミ”を使っていますか?

    キッチンバサミを使えば、まな板を使わずに、野菜や肉、魚などの食材をガシガシ切れてしまうので、優れた“時短”アイテム。

    フライパンで炒めたり、鍋で煮たりしている途中で、ベーコン、ネギなどを切って投入するといったことができますね。さらに、調理器具を洗う手間も省けるのが嬉しいポイント。

    まだキッチンバサミを使ったことがない人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

     

    ■第4位:「野菜はあらかじめ全部切ってしまう(下ごしらえ)」(25.4%)

    25.4%の得票率で第4位になったのが、「野菜はあらかじめ全部切ってしまう(下ごしらえ)」で、こちらも4人に1人が実践しているようです。

    野菜を切るのは、案外手間や時間がかかります。その都度切っていると、調理時間がどんどん伸びてしまうことに……。

    献立を決めたら、献立に使う野菜を一気に切ってしまうことで時短しましょう! なお、加熱時間を短縮するためには、「野菜や具材を小さくカットする」(6位)のもオススメです。

    ■第3位:冷凍食品・缶詰・「○○の素」を活用する(25.6%)

    第4位と僅差で第3位になったのが、得票率25.6%で「冷凍食品・缶詰・『○○の素』を活用する」でした。

    缶詰を使った時短レシピは結構ありますので、ツナ缶やコンビーフなどを常備している人も多いことでしょう。また、野菜が足りないな……というときに冷凍野菜があれば、チャチャっと一品完成しますね!

    「○○の素」は筆者もよく利用しますが、具材を用意するだけで、美味しいおかずが作れてしまうのが嬉しいですよね。時間がないときは、これらを上手に活用しましょう!

    ■第2位:あらかじめ何を作るか計算してから作りだす(30.2%)

    続いて第2位は、「あらかじめ何を作るか計算してから作りだす」でした。3人に1人(30.2%)の方が実践している時短テクです。

    第4位に、「野菜はあらかじめ全部切ってしまう(下ごしらえ)」が挙がりましたが、その前に、「あらかじめ何を作るか計算しておく」ことで、第4位の内容に具体性が出てきますね。2位と4位はセットで実践してみてください。

    ■1位:「かたい野菜は電子レンジでチンをしてから調理する」(31.4%)

    31.4%の得票率で、堂々の1位となったのは、「かたい野菜は電子レンジでチンをしてから調理する」でした。電子レンジは、いまや“なくてはならない存在”ですが、時短料理にも欠かせないもの。

    かたい野菜をいちから茹でていると時間がかかるだけでなく、ガス代もかかってしまいます。そこで、電子レンジの登場! 電子レンジで加熱したり、シリコン鍋を使って蒸したりすることで、調理の時間を短縮することができますよね。

    ■番外編

    以上、ランキング形式で5位~1位までの時短料理テクニックをご紹介しました。参考までに6位以下も紹介します。6位以下に、あなたのまだ知らない“時短のヒント”が隠されているかも……!?

    同率6位:「火が通りやすいように、野菜や具材を小さくカットする」(21.4%)

    同率6位:「同じ野菜を使いまわして一気に2~3品作る」(21.4%)

    第8位:「麺やゆで卵など一緒にゆがく(同時にゆでる)」(17.6%)

    第9位:「圧力鍋の利用」(17.0%)

    第10位:「野菜は手でちぎる」(15.8%)

    第11位:「休日に日持ちがするもの・常備菜などを作っておく(作りおき)」(15.6%)

    第12位:「炊飯器を活用した料理」(9.8%)

    新しく発見した“時短テク”はありましたか? 上記のなかで取り入れられそうなものがあれば、今日から試してみてくださいね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    トリック・オア・トリート!見た目で選んだハロウィンスイーツ4選 | ニコニコニュース



    JOYJOYハロウィン パンプキンケーキ(ミッキーマウス、2160円)
    東京ウォーカー

    この季節限定のハロウィンスイーツ。思わず撮影したくなる、見た目もかわいくておいしいスイーツを紹介しよう。

    ■ 銀座コージーコーナー

    ディズニー・キャラクター・デザインのハロウィン限定スイーツが今年もお目見え。旬のカボチャを使ったデコレーションケーキやプリンなどがラインナップ。

    「JOYJOYハロウィン パンプキンケーキ (ミッキーマウス)」(2160円)は、ジャック・オ ー・ランタンをイメージした、ミッキーのカボチャケーキ。

    「JOYJOYハロウィン パンプキンプリン (ディズニー)」(378円)は、カボチャプリンに生クリームをトッピング。仮装したミッキーのピック付き。

    ■ グランスタ

    手みやげにぴったりなスイーツをピックアップ。フォルムがユニークな菓子パン「ピコおばけ」や、キュートなケーキ「ベイクドハロウィン」など喜ばれること必至!

    「ピコおばけ (ブランジェ浅野屋)」 (216円)。 竹炭入りの真っ黒な生地の中には、カボチャ入りあんとペーストがかくれんぼ。

    「ベイクドハロウィン (フェアリーケーキフェア)」(5個入、1500円) は、グランスタ限定で販売されるハロウィン仕様になったベイクドカップケーキ。

    いずれも販売は10/31(月)まで!人気のかわいいスイーツで、ハロウィンパーティを盛り上げよう!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ