簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    オートミールダイエットでスッキリ痩せる!成功のポイントとは | ニコニコニュース



    オートミールダイエットでスッキリ痩せる!成功のポイントとは         

    【オートミールダイエット/モデルプレス】ダイエットしたいけれどなかなか炭水化物がやめられないという人。特にお米好きな方にオススメしたいのが「オートミールダイエット」です。日本ではまだ馴染みの薄いオートミールですが、アメリカではダイエッターの定番とも言えるヘルシー食。

    ◆オートミールって何?

    オートミールとは、お米や玄米と同じ炭水化物の仲間となるオーツ麦を食べやすく加工した穀物で、ミネラルをはじめ不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方を含んでいる穀物の中でも栄養価のとても高い食品。

    オートミールの特徴としては、食物繊維が豊富でその量はなんとゴボウの1.5倍。便秘改善の効果があると言われています。

    ◆オートミールが太りにくい理由

    ダイエットの敵と言われる炭水化物ですが、オートミールは炭水化物にも関わらずダイエット効果は抜群。その理由は、GI値の低さにあります。

    食べ物には血糖値上昇率を示すGI値というものがありますが、要するにGI値が高い食べ物ほど太りやすく低い食べ物は太りにくいといとされています。

    GI値の低い炭水化物には、玄米や蕎麦などがありますが、その中でもオートミールは炭水化物の値も低くタンパク質も高めで太りにくさではピカイチです。

    ◆オートミールがもたらす痩せ効果

    ・お腹に溜まりやすく食べ過ぎを防止できる

    ・お通じを良くして代謝を上げる

    ・脂肪や糖質の吸収を抑える

    栄養価も高く、食物繊維も豊富なオートミールは、カロリーコントロールに適しているだけでなくデトックス効果も期待できます。

    ◆オートミールでカロリーコントロール

    オートミールは一食、約50g程をお湯で煮たりしておかゆのようにして食べます。カロリーは200弱なので、1日3食白ご飯を食べてた方がオートミールに置き換えると、それだけで300カロリー以上カットできるというわけ。

    1ヶ月にすると9,000ものカロリーダウンとなり、脂肪1kgを減らすのに7,000カロリーは必要なので、1ヶ月で最低でも1kgは痩せる計算となります。

    ◆オートミールの美味しい食べ方

    オートミールの食べ方としては上記にもあるようにお湯で煮ておかゆのようにして食べるのが一般的。レンジで調理もできるので忙しい日の食事にもピッタリです。

    和風や中華のだしで煮て雑炊のようにして食べたり、お茶漬けの素を入れても食べやすいです。

    ミルクで煮てフルーツやハチミツをかけてスイーツ感覚で食べるのも良し、ダークチョコレートと合わせてヘルシーなクッキーを作るなんていうのも◎

    ◆オートミールダイエットを長く続けるコツ

    夕食を完全にオートミールに置き換えるのはもちろん効果的ではありますが、ストレスが溜まって暴飲暴食に走ってしまえば努力も水の泡。

    そうならないためにも無理しないことが一番。和食のおかずを中心に、白米をオートミール粥にチェンジしたり、食べすぎてしまった朝食はオートミール&フルーツだけにしてみたり、自分のペースでカロリーコントロールすることが無理なく続けるコツかもしれません。

    ◆まとめ

    このようにダイエットのメリットが盛りだくさんのオートミールですが、たくさん食べれば痩せるという訳ではありません。

    どんなダイエットでも適度な運動はマストな条件。栄養価が高くかつ食物繊維も豊富なオートミールで、食べ過ぎで重くなった体をリセットしてみてはいかがでしょうか?



    (出典 news.nicovideo.jp)



    タバコにも含まれる「あの発がん物質」を発生させる朝食の定番メニューとは! | ニコニコニュース



    タバコにも含まれる「あの発がん物質」を発生させる朝食の定番メニューとは!
                           

    気温が下がってくると“温かい料理”が恋しくなりますよね。暑い夏よりも、グラタンやホットパイなどといった“グリル料理”を食べる機会が多くなります。

    しかし、そんなアツアツ料理から、発がんリスクの可能性がある物質が発生すると、知っていましたか?

    今回は、発がん性が指摘されている“アクリルアミド”を発生させる料理について、管理栄養士の筆者がご紹介します。

    ■アツアツ料理や朝食の定番に発がん物質が発生する可能性が!?

    オーブンで焼いたアツアツのグラタンなど、香ばしいグリル料理は食欲をそそりますよね。しかし、これらの熱々料理は、“アクリルアミド”という化学物質が調理中に発生します。

    もちろん、朝食の定番でもあるカリカリに焼いたトーストやサクサクのクロワッサンにも……!

    聞きなれないこの化学物質は、動物実験で“発がん性”が確認されているものですが、人体における発がんの影響はまだ明確にはなっていません。

    しかし、“おそらく発がん性がある”物質として農林水産省から報告されており、あの、“百害あって一利なし”のタバコにも含まれている成分です。

    ■アクリルアミドの発生原因は?

    では“アクリルアミド”は、どのようにして発生するのでしょうか。

    それは、ブドウ糖などの糖分と、特定のアスパラギンというアミノ酸(アスパラギン酸とは異なります)を多く含む原材料を、120℃以上の高温で加熱することによって発生します。

    なので、糖質が多いジャガイモを高温の油で揚げる“ポテトチップス”や“フライドポテト”、砂糖をたっぷり使って高温で焼く“ビスケット”や“おせんべい”などの焼き菓子やパンからも発生することになります。

    意外なことに、コーヒー豆やほうじ茶葉も、高温で処理されるためにアクリルアミドが含まれています。

    もちろん、糖質の多い人参やかぼちゃのような野菜も高温で調理する“グリル料理”にすればアクリルアミドが発生しやすくなります。

    ■アクリルアミドを極力摂らない食べ方

    アクリルアミドを1回食べたからといってすぐに“がん”になるということではなく、長期にわたって摂取を続けると、“健康に悪影響が起こる”とされています。

    アクリルアミドを全く摂らない食事では、旨味や楽しみがなくなり、偏食になる恐れがあります。そのためには、全く摂らないのではなく、“減らす”ように工夫することが大事になります。

    以下、アクリルアミドの摂取を減らす食事方法をご紹介いたします。

    (1)アクリルアミドが発生しやすい調理法を避ける

    焼く、揚げる、炒める、焙るなど120℃以上の調理はアクリルアミドが発生しやすくなります。

    しかし、煮る、茹でるなどの方法ではアクリルアミドはできにくいとされています。また、生の状態であれば、アクリルアミドは含まれていないので、生野菜やお刺身などを食べる機会を多くするといいですね。

    焼きすぎがダメで、生の状態が良いからといって、炙る程度にして加熱不足で食中毒にならないように気をつけましょう。

    (2)下処理を行う

    トーストのように、食品の水分量が少なく、さらに高温で長時間調理した時、一番アクリルアミドが発生しやすくなります。

    下処理で水にさらしたり、下茹でしたりして水分量を増やす、材料を小さく切って加熱時間を短くすることも、アクリルアミドの発生を減らす方法になります。

    (3)火力を弱くして調理をする

    火力が弱ければ弱いほど、食品の温度が高温になりすぎず、食品中にアクリルアミドが発生しにくくなります。

    (4)その他

    通常加熱して食べるジャガイモは、長期間冷蔵庫で保管するよりも常温で保管した方が糖分が減り、調理中のアクリルアミドの発生が抑えられます。

    また、パンを全体が焦げ茶色くらいになるまでトーストしたり、野菜をしっかり焦げ目がつくくらい炒めたりすると、アクリルアミドの濃度が高くなるので、焦げ目をつけすぎないように、薄い焼き色を目安に加熱するといいですね。

    いかがでしたか?

    今回は、まだあまり名称の浸透していない、“アクリルアミド”についてご紹介いたしました。

    ただ本文にも記載しましたが、アクリルアミドを避けた食事にこだわりすぎてしまうと、食事内容が偏り、それで健康を損なうこともあります。

    食事の基本は色々な食品を色々な調理法でまんべんなく摂ること。健康志向になりすぎず、食事の役割の1つ、食べることを“楽しむ”ことを忘れずに!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    「沖縄人、海ぶどう食べない」説は本当か...地元出身の記者が解説します | ニコニコニュース



    サラダなんかにも使われる海ブドウ(pelicanさん撮影。flickrより)
    Jタウンネット

    沖縄と言えば、他の地方では見られない料理、食材が多数ある地だ。生活に密着した食材かのように思われているが、実はその中には地元民からは若干距離のある食材もある。その1つが海ぶどうである。

    「沖縄ではそれほど海ぶどうは食べられていない」というツイートがされると、多くの同意と驚きの声が寄せられ、2万回近くリツイートされて注目を集めた。独特の食感で人気を集める沖縄ならではの海藻なのだが、実体は「観光客向け」なのだ。

    「これマジ? 僕海ぶどう大好きで、アンテナショップとかでもしょっちゅう買ってるのに!」と編集部で聞かれたので、沖縄出身の筆者が、自分の経験を交えながら沖縄の海藻事情について解説する。

    海ブドウことクビレズタ(括れ蔦)は、沖縄県を中心に収穫される海藻で、ぷちぷちとした食感が特徴だ。その見た目からグリーンキャビアと呼ばれることもある。沖縄では昔から食べられてきた食材だ。

    ......にも関わらず、現在の沖縄ではあまり食べられていない。

    産まれも育ちも沖縄県な筆者だが、海ぶどうを食べた経験は数えるほどしかない。観光客向けのお店に行ったときや居酒屋で刺身の付け合せとして提供されることはあるが、自分で買って、自宅で食べたことは皆無だ。

    だが、アーサやもずくは良く食べていたし、給食でも出された記憶がある。アーサとは沖縄のホテルでの朝食のみそ汁に入っている緑色のあの海藻で、天ぷらにして食べることもある。

    ツイッター上には沖縄在住のユーザーからの同意が多く投稿されており、海ブドウは沖縄ではあまり食べられていないという説はかなり信ぴょう性が高いと言えるのではないだろうか。

            


    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ