簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    暑くて食欲が落ちがちなこれからの季節、ツルツルっと食べられる麺料理が大変おすすめです!大丸東京店デパ地下ほっぺタウンでは辛ウマ・冷ウマのイケてる麺が大集合。野菜もしっかりとれたり、辛さ調節もできたり、ひと手間かけてアレンジできたりとバリエーション豊かにご紹介。一皿でしっかり満足の「夏の麺」で暑い夏を乗り切りましょう!
    ◆辛ウマ!
    生麺、担担ダレ、肉味噌、麻辣油などがセットに。ご家庭で本格中華を!ゴマの濃厚かつ深みのある味わいと花山椒の爽やかな辛味が見事に調和!しびれと辛味の強さはお好みの分量の麻辣油で。
    パクチーやネギなどを追加でトッピングしてアレンジも。〈聘珍樓〉汁なし坦々麺(1食)518円

    ◆冷ウマ!
    和風だしと鶏だしを合わせたあっさりとしたスープは最後まで飲み干せる美味しさ!
    レタス、グリーンリーフ、大根、きゅうりなどたっぷりの野菜で食べ応えのある一品。
    〈RF1〉鶏だし藻塩スープのサラダ冷やし中華(1パック)723円(8月8日までの販売)

    ◆冷ウマ!
    追いかつお旨みスープをかけて食べる、野菜たっぷり、カラダよろこぶおうどんは227キロカロリー!
    〈RF1〉釜揚げしらすとおろしのさっぱりうどん(1パック)594円(8月8日までの販売)

    ◆辛ウマ!
    夏にピッタリのピリ辛ゴマダレに野菜もたっぷり。中華まん店プロデュースのオススメ麺料理!
    〈神楽坂 五十番〉汁なし坦々麺(1食)702円

    ◆冷ウマ!
    自家製ドライトマトとバジルの爽やかな香りが楽しめる冷製パスタ!
    〈西洋銀座〉自家製ドライトマトのカッペリーニ(1食)864円

    ◆冷ウマ!
    海藻、錦糸玉子、きゅうりと一緒にさっぱりと。
    〈いとはん〉具だくさんそうめん(1パック)680円(平日のみ販売)

    ◆冷ウマ!
    バジルの爽やかな香りがする夏の季節でも食が進む一品!サーモン、夏野菜のオクラ、パプリカで彩りも。
    〈西洋銀座〉サーモンとバジルのカッペリーニ(1食)864円

    配信元企業:株式会社大丸松坂屋百貨店



    (出典 news.nicovideo.jp)




     たびたびブームになってきた納豆が再び脚光を浴びている。見逃せないのはその効用の数々。大腸ガンから心筋梗塞、果ては脳血栓まで「万病に効く」最高の健康食なのである。中には「ニオイやネバネバが苦手」の人もいるだろうが、その対策もバッチリ。夏の5大レシピとともに、今日から始められる納豆生活を以下──。

     健康にいいイメージのある納豆だが、具体的にどんないいことがあるかは意外と知られていない。最初に、納豆に含まれる主な栄養素や成分、その効果について説明しておこう。

     納豆には、いわゆる6大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維)が全て含まれている。

     中でもビタミンは、A、C、D以外、ほぼ全てが含まれている。ふんだんに含まれるビタミンB2は糖質と一緒に摂取した際に血糖値の上昇を抑える効果があり、糖尿病を予防する力を持つとして注目を浴びている。

     日本人の摂取量減少が指摘されている食物繊維もたっぷりだ。食物繊維は便秘の予防・改善はもちろん、便秘に伴う肌荒れなどの改善にも効果がある。「腸に悪い14の習慣」(PHP新書)などの著書がある松生クリニック(東京都立川市)院長の松生(まついけ)恒夫氏はこう語る。

    「納豆には、不溶性の食物繊維が豊富で、100グラム中、4.4グラムも含まれます。不溶性の繊維は、胃で水分を吸って膨らみ、便の量を増やします。加えて、腸壁を刺激して便通を促す働きもある。水溶性の食物繊維も100グラム中2.3グラム含まれていて、便を柔らかくするのにも有効です」

     納豆にはポリアミン、イソフラボンという成分も含まれている。ポリアミンには老化防止、新陳代謝を促進する働きがあるため、くすみ、シミ・シワの予防効果が期待できる。

     一方のイソフラボンは、ポリフェノールの一種のため、強力な抗酸化作用があり、老化防止、アンチエイジング効果があると言われている。

     また納豆は、大豆が納豆菌によって発酵することで作られる。納豆菌の大部分は生きたまま腸まで到達し、大豆のタンパク質を分解する。この時できるブドウ糖や麦芽糖を餌にすることで、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が増えていく。その結果、腸内が善玉菌優勢となるのだが、松生氏が続ける。

    「腸にとって乳酸菌は好ましいものですが、その乳酸菌に動物性のものと植物性のものがあることは意外と認知されていません。動物性乳酸菌がヨーグルトやチーズといった動物由来の発酵食品に含まれるのに対し、植物性乳酸菌は納豆や漬物など植物由来の発酵食品に含まれています。現代人はこの植物性乳酸菌をもっと多く摂るべきだと、私は考えています。難病に指定されている潰瘍性大腸炎や大腸ガンの増加は、食の欧米化に伴い植物性乳酸菌の摂取量が減少していることと無関係ではないと思われます」



    (出典 news.nicovideo.jp)




    皆さんは、最近話題になっているローフードダイエットというものをご存知ですか? なんとあのイギリス王妃であるキャサリン妃も実践しているというんです! セレブたちの間で話題になっているというローフードダイエットとは、いったいどのようなものなのでしょうか? 今回は、食べて痩せることができるローフードダイエットについて、ご紹介させて頂きたいと思います♪

    ローフードダイエットって何?

     


    まず初めに、ローフードというのはどんなものなのか、ローフードダイエットとはどういうダイエット方法なのか…ということについて見ていきたいと思います!

     

    加熱加工されていないものを…

     


    ローフードというものがどんなものなのかを、皆さんはご存知でしたか?
    ローフードとは、加熱加工されていない生の食事のことなんですね。
    加熱をしないで食べることによって、酵素をしっかり摂取することができます。


    酵素はダイエットを成功させるために必要なもので、代謝をアップさせてくれる効果があるんですね。
    キャサリン妃は、妊娠中に増えてしまった体重を、このローフードダイエットを行ったことで出産前の体重まで戻すことに成功したそうです♪


    これは、かなり効果のあるダイエット方法なのかもしれませんね!

     

    ローフードダイエットのやり方って?

     


    身体に必要な酵素を摂ることができるローフード、このローフードを使ったダイエットというのは、どのように行えばいいのでしょうか?その方法をご紹介していきますね!

     

    生で食べるように!

     

     

    ローフードダイエットというのは、生で食べ物を食べるというもので、加熱したものを食べないようにするというものなんですね。
    ですから、基本的にはこのローフードをメインに食べるようにする…という事になります。
    加熱していないというもの…ということだけではなく、「加工されていないもの」を選ぶという事も大切になってきます。


    例えば、一見ダイエットに良さそうなヨーグルトも加工されているものなので、ローフードダイエットの時には除外します。
    どれだけ本格的に取り組むかによっても変わってきますが、大まかにいうとこのような感じになります。

     

    食べて良いものは?

     


    加熱していない生の野菜や果物なら食べても大丈夫です。
    その他には、海藻類、ドライフルーツ、発酵食品、生のナッツ類などですね。
    低温圧縮のオイルもローフードなので、取り入れると野菜を美味しく食べることができそうですね。

     

    ローフードダイエットの注意点は?

     


    生のものだけを食べるというローフードダイエット、このダイエット方法を取り入れる時に気を付けるべきことはどのような事なのでしょうか?

     

    栄養が偏りやすい

     

     

    どんなものでも食べられるというわけではないので、栄養のバランスが悪くなってしまう事もあります。
    特に、炭水化物・たんぱく質・脂質は不足しやすい栄養素です。


    他にも、カルシウム・鉄・亜鉛などもローフードから摂取するのは難しいので、注意が必要なんですね。
    栄養バランスが悪いままというのは健康に良くないので、身体の状態をチェックしながらローフードダイエットに取り組むようにしてみて下さいね!

     

    冷えが気になる…

     


    生のままで野菜や果物を食べるダイエット方法なので、どうしても身体が冷えやすくなってしまいます
    もともと冷え性だという方は、その状態を悪化させてしまうこともあるので、長期に渡ってローフードダイエットを行うのはやめておきましょう。

     

    いかがでしたでしょうか?
    あのキャサリン妃の行っているという、ローフードダイエット♪
    注意点を守って取り組めば、すっきりボディになれるというだけじゃなく、美肌にも効果抜群!
    気になるなぁという方は、ぜひこの記事を参考にしてローフードダイエットに挑戦してみて下さいね!

     

      
    キャサリン妃も実践!食べて痩せるローフードダイエットが気になる!


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ