簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    野菜、備蓄してますか?非常時に役立つおいしい野菜レシピ--ポリ袋が大活躍! | ニコニコニュース



    非常時に野菜をとるためのポリ袋レシピ
                            

    備蓄している災害食では「野菜」を補えない――。そう指摘するのは、災害時に活用できるレシピ本などを執筆している今泉マユ子さん。


    4月の熊本地震、5年前の東日本大震災でも、避難所で配られる食事はおにぎりや菓子パンを中心とする炭水化物がほとんどでした。たんぱく質やビタミン、ミネラルが不足し、体調不良をうったえる方が多かったそうです。

    ただでさえ野菜が不足しがちな現代。非常時となればなおさらです。発災後、3日、1週間と経つうちに、野菜や果物への欲求が高まるといわれています。みなさんも、自宅や職場の備蓄を考えてみてください。水やカンパン、パンの缶詰はあっても、野菜をはじめとするおかず系はほとんど無いのではないでしょうか。

    では実際には、何を備蓄して、それをどう生かせばよいのでしょうか。今泉さんに、非常時でも効率よく野菜を食べられるレシピを教えていただきました。簡単なのはもちろん、これがとってもおいしいんです! あわせて、野菜を備蓄するコツもご紹介します。

    ◆ポリ袋レシピのメリット
    ポリ袋レシピとは、ポリ袋に材料を入れて混ぜてつくるレシピのこと。簡単でお手軽だし、洗い物を減らせたり、味がしみこみやすくなったり、といったメリットも。忙しい人を助けるライフハックとしても人気を集めています。

    非常時には、この方法がとっても役立ちます。材料を工夫すれば包丁もまな板も使わずにすみ、袋ごと器にかければお皿も要りません。

    ◆おいしいレシピたち
    それでは、今泉さんが考案した、非常時に役立つおいしい野菜レシピをご紹介します。普段の食事にも生かせるので、気になったものがあれば作ってみて。

    【コンビーフコレイチごはん】

    材料(2人分):無洗米160g(1カップ)、野菜ジュース200ml(足りない場合は水を足す)、コンビーフ缶(1缶)、黒こしょう(好みで)

    作り方:

    (1)ポリ袋に全材料を入れて混ぜる。それを水の中に沈めて空気を抜き、口をねじりあげ、固く結ぶ。そのまま30分ほど置いて浸水させる。

    (2)水を張った鍋に(1)を入れフタをしたら火をつけ、沸騰したら中火にして20分。火を止め、フタをしたまま10分間蒸らす。

    ケチャップご飯のような一品。コンビーフの塩気がご飯とよくあっています。子どもはもちろん、「お肉が食べられるのは嬉しい」とお年寄りも喜ぶメニューだそうです。

    ところで、ポリ袋を加熱するときに、破れてしまったら…と心配になりませんか? 鍋と直に接する底の部分はどうしても熱くなりやすいのです。そこで、鍋底に皿を1枚沈めておきましょう。そのうえでポリ袋を2重にするのも有効だそうです。

    とはいえ、火が使えるとは限らないし、水が無いかもしれません。そんなときでも活用できるのが、火も水も使わず混ぜるだけでつくれるレシピ。

    例えば、「イタリアン切り干し大根」。切り干し大根(30g)、鶏ささみ缶(1缶)、トマトジュース(100cc)、おろしにんにく、オリーブ油を袋に入れて、混ぜるだけで出来上がります。

    「ドライカレー」も混ぜるだけでOK。大豆のお肉のミートソース(1缶)、ミックスビーンズドライパック(1缶)、カレー粉(小さじ1)と、材料もシンプルです。温めなくてもおいしいし、普段の食事のときには、トルティーヤとあわせたり、レタスなどで包んで食べてもおいしいそうです。

    ◆かしこい野菜の備蓄方法
    「阪神淡路大震災から21年が経ちました、東日本大震災から5年が経ちました、ではなくて、震災が来る前だと思っていただきたいんです」と今泉さんは訴えます。

    では具体的に、何を備蓄すればよいのでしょう。野菜だと、野菜ジュースやトマトジュース、惣菜缶などがあげられます。しかし、味付け済みの惣菜缶は好き嫌いが分かれるので、ドライパックの豆やコーン、ひじきといった、素材缶(味がついていないもの)がおすすめだそう。ほかにも、レトルトのスープ、ピクルスやらっきょうなどの酢の物などなど、意外と多くの選択肢があります。

    これらを、「ローリングストック」のサイクルに組み込んでおくとマル。普段食べるものを少し多めに購入して、定期的に食べながら備蓄する方法です。

    例えば、棚の左から順に古いものを置きます。左側の食品を食べたら、右側に新しい(期限が先の)食品を足していくようにすると、常に期限の近いものが棚に残ります。

    これだと、普段食べているものをちょっと多めに買うだけでよく、わざわざ非常用のものを用意する必要はありません。バリエーションがぐっと広がるし、賞味期限が1年程度あればよいので自分の好きなものを置いておけます。

    月に1度「食べる日」を決め、「棚の食品と非常用設備(カセットコンロなど)だけで調理してみる」というふうに取り組めば、非常時のための立派な訓練になります。でも、堅苦しく考える必要はありません。以前、えん食べで掲載した「ごちぼうレシピ」も参考にしながら、楽しくつくって楽しく食べてみてください。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    岡山名物「えびめし」 自宅で作る簡単レシピ紹介 | ニコニコニュース



    岡山ではポピュラーな「えびめし」を自宅で
                           

    「ご当地の味」はおいしいもの。そんな地域料理を自宅で再現できたら最高だが、ここでは、岡山県名物「えびめし」を紹介する。

     戦後、カレー店の店主が考案したとされる。「もともとは、えびはひと皿にひとつだったそうです。現在はえびもたっぷり入り、付け合せはコールスローが定番です」(岡山県観光連盟・松野理絵さん)。

     では、えびめしの作り方を紹介しよう!

    【材料/2人分】
    ご飯…1合分 むきえび…150g 玉ねぎ…1/4個 マッシュルーム…3~4個 サラダ油…適量 塩・こしょう…各適量 卵…2個 イタリアンパセリ…適量

    A:デミグラスソース…40g ウースターソース …大さじ4~5

    【作り方】
    1:卵を溶きほぐして塩を加えて混ぜ、サラダ油を熱したフライパンに流し入れて薄焼き卵を作る。粗熱が取れたら2mmの細切りにする。

    2:フライパンにサラダ油を熱して薄切りにした玉ねぎとマッシュルームを炒め、火が通ったらえびを加えて塩こしょうする。

    3:えびに火が通ったらご飯を加え、全体を炒め合わせる。混ぜ合わせたAを入れ、全体に味と色がなじむように炒める。

    4:器に盛って、1の卵とパセリを飾る。

    ※女性セブン2016年10月6日号



    (出典 news.nicovideo.jp)



    料理イヤイヤ期にはこれ! ふだん着感覚の料理「気ぬけごはん」レシピ 【作ってみた】 | ニコニコニュース



    アレンジすると贅沢に変身する「めかぶごはん」
                            

     毎日料理を作ることは当たり前なのだろうか? そう感じて悩む人は少なくないだろう。毎晩同じような献立しか思いつかず嫌になる、仕事が忙しくて作る気にもなれない…。しかし、どうやら料理自体が嫌いではなく新鮮味を求めていたり、作る気力がなかったりするだけでもあったりする。そんな方にぜひ読んでもらいたいのが、「気ぬけごはん」(高山なおみ/暮しの手帖社)である。本書は連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、再び大きく注目された雑誌『暮しの手帖』にて連載されているエッセイを1冊にまとめたもの。料理家である著者の飾らない日常と、その中にある身近なごはんが紹介されている。その多くは非常にシンプルなのだが決して手抜きではない、しかし気を負わない「気ぬけごはん」なのである。そこで気になる3品を実際に作ってみることにした。

    1、具材のシンプルさがおいしさに「豆腐のポタージュ」

     1品目は「豆腐のポタージュ」。イメージできそうでできないこのポタージュは、読んだあとすぐに作りたくなった1品である。まず水気を軽くきった木綿豆腐をすり鉢ですりつぶし、水を加えて溶きのばす。それを鍋に移し入れたら、牛乳・固形スープの素・ローリエ・塩を加え火にかけ、最後に塩と黒こしょうで味を整えたら完成だ。

     味はとてもまろやかで優しく、大豆の香りが口の中いっぱいに広がる。具材は豆腐だけで本当に充分なのだと思わせてくれるスープだった。また体も温まるので、秋冬の食卓に欠かせない存在となることだろう。

    2、アレンジすると贅沢に変身する「めかぶごはん」

     2品目は「めかぶごはん」。まずこのネーミングに興味を持ったのだが、読み進めていると実にシンプルであるのに、贅沢なごちそうだと感じた。作り方は、パックに入っためかぶを小鉢に移し入れ、だししょうゆを加えよく混ぜ合わせる。粘りが出たらおろししょうがを加え、炊き立てのごはんにかけるだけだ。おいしいということは、もう誰もが想像できるだろう。

     しかし、ここにはアレンジが存在する。ボウルに、めかぶ・オニオンスライス・おろししょうが・みょうが・青じそ・かつお節・卵を入れグルグルかき混ぜ、だししょうゆを垂らす。それをごはんにかけていただくのだが、ねっとりした食感と薬味の香りがたまらないのである。基本のめかぶごはんを試したら、次はぜひとも「贅沢めかぶごはん」を味わってほしい。

    3、上品なクリーミーさとピリッが決め手の「明太子カルボナーラ」

     3品目は「明太子カルボナーラ」。著者が明太子スパゲッティを作ろうと思ったら、明太子がほんの少ししかなかったことから生まれた料理だという。もしも自分なら絶対に明太子を使うことを諦めただろう…。作り方は、ボウルに溶き卵・粉チーズ・オリーブオイル・塩・カイエンヌペッパーを入れて混ぜ合わせ、そこに茹でたパスタを加えたら完成。

     これは我が家の定番にしたいと思わせるおいしさだった。全体的にあっさりしているが、上品なクリーミーさと明太子のピリッと感がクセになるのだ。最後に明太子をトッピングしたが、刻んだ海苔でも風味が増しおいしくなるだろう。

     本書の魅力は、気持ちがほっこり温まるエッセイの中にレシピが存在するという点。ありふれた日常を読み進めていくと、自然にレシピに繋がっていく。それが非常に心地良いのである。さらに、不思議と気持ちがリセットされ、がんばり方を少し変えてみようと思いたくなるのだ。そう、良い意味で気が抜けるとはこのことなのだ。

     レシピの中には「アスパラガスの鍋蒸し」「きゅうりの塩水漬け」など、1つの食材を蒸したり漬けたりした超簡単料理が登場する。しかし、そこにはひと手間が加えられていることに注目してほしい。たとえ1品1品がシンプルな料理でも、数が並べば食卓を彩るごちそうなのである。自分の心だけでなく、食べる人の心をもほぐすという「気ぬけごはん」で料理イヤイヤ期から抜け出し、がんばりすぎない毎日ごはんをはじめることをおすすめしたい。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ