簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    骨がもろくなる「骨粗しょう症」はカルシウム摂取だけでは防げない? | ニコニコニュース



                                          

     骨量が減ることで骨が弱くなり、骨折しやすくなる「骨粗しょう症」。でも、概要は知っていてもなぜそうなるのか知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

    「骨量低下の主な原因は加齢によるものです。骨量を維持する働きがある女性ホルモンのエストロゲンの減少も影響していると言われていますね」と語るのは医療ライター。

     閉経後の女性にこの病気になる人が多いのは、そのためだと言われています。また、最近では若い人でも、ダイエットや運動不足が原因で骨粗しょう症になる人が増えているのだとか。

    「最近の調査では、国内の40歳以上の骨粗しょう症患者数は1280万人。そのうち980万人が女性で、男性は300万人と推測されています。

     少し前ですが、テレビ番組で『芸能人の骨年齢ランキング』が発表されました。そのなかで60代の女優である田島令子さんをおさえ、骨年齢が実年齢の“プラス25歳”と、一番弱っていると診断されたのがタレントの千秋さんでした。乳製品や魚などからカルシウムを摂っておらず、お菓子大好きと公言している通り、スナック菓子などの食べ過ぎも原因だと考えられます」(前出・医療ライター)

     骨量の維持にはカルシウムが欠かせない栄養素。しかし日本人は慢性的なカルシウム不足だと言われています。こんな話を聞くと、せっせとカルシウム入りの食品を食べようとしますが「実は、それだけでは予防になりません」と医療ライター。どういうことでしょうか。

    「厚生労働省が示す1日に最低摂取すべきカルシウム所要量は600mgですが、実際には達成できていません。また、骨粗しょう症のガイドラインでは、1日800mgの摂取を呼びかけています。でも、摂取した全てが吸収されるのではなく、一部は尿で排泄されます。だから、体内に残る量は少ないのです」(前出・医療ライター)

     そのほかにも次のような理由もあるのだとか。

    「骨はカルシウムだけでできていると思われがちですが、実はタンパク質の線維で形が作られ、そこにリン酸カルシウムが沈着することで構成されています。ですから、カルシウムだけを摂っても、土台になるタンパク質が不足していると、骨の代謝が悪くなって、どんどんもろくなっていくのです」(前出・医療ライター)

     骨粗しょう症を防ぐには、カルシウムだけでなく骨組みとなるタンパク質や、代謝や骨の形成を助けるために働くビタミン、ミネラルの摂取も大切だそうです。これらをバランス良く食べて、骨がもろくなるのを防ぎたいですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    安くておいしい! 大学生が好きなブルボンのお菓子Top5!2位ルマンド、1位は…… | ニコニコニュース



                            

    さまざまな商品を展開しているお菓子メーカー、ブルボン、コンビニやスーパーで手軽に買える、かつ味もおいしくて……大学生のファンもたくさんいるでしょう。そんなブルボンですがいままで発売された商品の中で特に人気のものはどれになるのでしょうか? 実際に大学生に話を聞いてみました。

    Q.あなたの一番好きなブルボンのお菓子はどれですか?

    ・1位 「アルフォート」……182人(45.16%)
    ・2位 「ルマンド」……53人(13.16%)
    ・3位 「エリーゼ」……26人(6.45%)
    ・4位 「チョコチップクッキー」……22人(5.46%)
    ・5位 「ルマンドホワイト」……20人(4.71%)
    ※6位以下省略、複数回答可

    何と半数近くの人が、「アルフォート」と答える結果となりました。ほかにもブルボンといえばの商品が並びました。さっそく理由を見てみましょう。

    ▶あなたの「女の子らしさ」をチェック! 女子力診断

    ■1位 「アルフォート」

    ・チョコとクッキーの相性がとてもよく、食べ始めると止まらないから(女性/19歳/大学2年生)
    ・チョコとビスケットのバランスが最高(男性/19歳/大学1年生)

    厚めのチョコレートとクッキーが合わさった「アルフォート」は、今ではめずらしくないものの、販売当初はかなりの話題を集めたみたいです。チョコレートは薄目にコーティングされているクッキーが多かったですものね。

    ■2位 「ルマンド」

    ・ぽろぽろ落ちる感じが何とも言えず好き(男性/18歳/大学1年生)
    ・小さいころからなじみある味だから(女性/20歳/大学3年生)

    クレープタイプのクッキーは、ルマンドが元祖といってもいいかもしれませんね。昭和49年に発売されていながらも、現在まで人気の高い商品です。

    ■3位 「エリーゼ」

    ・さくさくのウエハースにチョコが入ってるのがおいしいから(女性/18歳/大学1年生)
    ・昔から食べているから(男性/22歳/大学4年生)

    ウエハースにチョコレートの組み合わせは最強ともいえるのでは。「エリーゼ」を、子どものころは高級菓子と考えていた人もいるのではないでしょうか?



    ■4位 「チョコチップクッキー」

    ・チョコチップクッキーが好きで、このクッキーが1番食べた感じがあるから(女性/25歳/短大・専門学校生)
    ・チョコが好きだから(男性/21歳/大学3年生)

    ブルボンの中でも定番として人気の高いのがチョコチップクッキーですよね。たっぷりのチョコチップに満足度の高い人も多いのでは?

    ■5位 「ルマンドホワイト」

    ・とてもおいしい(男性/20歳/大学1年生)

    人気のルマンドシリーズの中でも、特に好評だったのが「ルマンドホワイト」のようです。ホワイトクリームの風味に、ついハマってしまいますよね。

    いかがでしたか? ブルボンの中にもいろんなお菓子があるものですが、中でも人気だったのは安くてたくさん入っているアルフォートでした。アルフォートも種類が豊富なのがうれしいですよね。さまざまな商品があるブルボン、あなたの好きなブルボン商品はどれですか?



    (出典 news.nicovideo.jp)



    「寝不足で甘い物」解明=脳の前頭前皮質が制御―筑波大 | ニコニコニュース



     寝不足で甘い食べ物が欲しくなるのは、脳の「前頭前皮質」と呼ばれる部分の働きによることが、マウスの実験で分かった。筑波大のミハエル・ラザルス准教授らが10日までに英科学誌イーライフに発表した。睡眠不足から肥満、生活習慣病に至る仕組みを解明し、健康的な食生活を促進するのに役立つと期待される。

     睡眠には寝入りばななどの深いノンレム睡眠と、体は休んでいても脳が活動しているレム睡眠がある。これまでの研究で、レム睡眠が不足すると、食べ過ぎて太りやすくなる傾向があることが知られていた。

     マウスのレム睡眠を妨げる実験を行ったところ、砂糖の主成分であるショ糖や脂質の摂取量が増加した。脳の前頭前皮質の活動を遺伝子操作などで抑制すると、脂質の摂取量は増えたが、ショ糖は増えず、糖分に対する欲求を担っていることが判明した。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ