簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    みょうががメインになるレシピは?ベトナム料理講師が伝授 | ニコニコニュース



    みょうががメインになるレシピは?ベトナム料理講師が伝授
                           

    夏が一番の季節となる野菜のひとつにみょうががある。深い紅色と強い香りから薬味に使われることが多く、「教えて!goo」にある「みょうがを使ったレシピ」を見ても主役級になるチャンスはなかなか巡ってこないようだ。パクチーをはじめ香りの強い野菜が好まれる東南アジアならどうだろうか。専門家にレシピを考案してもらった。

    「近年は日本料理店もたくさんあるので、もしかすると今は栽培や流通しているかもしれませんが、伝統的なベトナム料理の食材に、みょうがはないと思います」

    京都で「料理教室Nam Bo」を主催するベトナム料理講師の高谷亜由さん。本場ベトナムの伝統料理にはみょうがはないと言いつつも、紫蘇や青ネギなど日本でなじみのある香味野菜がベトナムでも結構使われていることから「個人的にはみょうがもレシピによく取り入れる野菜です」とのこと。

    そこでベトナム野菜としてポピュラーな空心菜とのダブル主役となる「みょうがと空心菜のベトナム風ごま和え」のレシピを教えていただいた。

    ■みょうがと空心菜のベトナム風ごま和え

    【材料(2人分)】
    みょうが 2個▽空心菜 1束
    A(白すりごま=大さじ3、ヌックマム〔ベトナムの魚醤〕大さじ=1/2、砂糖=ひとつまみ、ごま油=大さじ1)
    【作り方】
    1.みょうがは縦半分に切ってから、斜め薄切りにする。空心菜は葉と茎に二等分に切り分ける。
    2.Aを大きめのボウルに混ぜ合わせる。
    3.鍋に湯を沸かして塩少々(分量外)を加え、空心菜を茎、葉の順に入れてサッとゆでる。緑色が鮮やかになったら冷水にとって水気をしぼり、5cm長さのざく切りにする。
    4.2のボウルに1のみょうがと3を入れ、ざっくりと和えて器に盛る。

    涼しげな料理でいまからの季節にぴったり。ぜひトライしていただきたい。

    ■調味料だけでは出せない深い味わい

    前述の通りベトナム料理では香りの強い料理が多く使われるが、高谷さんは「香味野菜やハーブ、味の強い野菜類などをうまく取り入れることで、調味料だけでは出せない独特の風味や味わいが生まれ、料理自体に奥行きを出してくれます」と解説する。みょうがを前面に出しことで新たな風味の料理が生み出されるわけだ。

    また「みょうがは、レシピに書かれている分量のとおりに入れなくてもいい香味野菜です」とし、「その日の料理に合わせ、今日は1個だけにしようとか、1パック全部切ってしまおうとか、おおらかな気分で使うと楽しく調理できるのではないでしょうか」とも提案する。

    みょうがを使い、料理を楽しんでみては。




    (出典 news.nicovideo.jp)



    野菜を使ったベジヌードルで置き換えダイエット 簡単なおすすめレシピも公開♡ | ニコニコニュース



    にんじん麺のトマトソース
                         

    高カロリーで糖質たっぷりな麺類はダイエットには不向きと言われていますが、それでもたまには食べたくなってしまいますよね。そんなダイエッター方には「ベジヌードル」がおすすめです。ベジヌードルとは、ベジタブルとヌードルを掛け合わせた料理。野菜を麺のようにスライスして作られるメニューなのでとってもヘルシーなんです♪
     
    今回は、ダイエットインストラクターの資格も持つわたしがベジヌードルの魅力とおすすめのレシピをお届けします♡


    ベジヌードルでおいしくダイエット!

    最近では、自宅で簡単に野菜をベジヌードルにできるカッターも販売されています。ベジヌードルカッターがないという方は、ピーラーで野菜を薄切りにしたり、包丁で細切りにして作ることも可能です。通常の麺レシピをベジヌードルで置き換えれば、それだけでカロリーの大幅カットにつながります!

    たとえば、パスタ一人前のカロリーは約375kcal。ズッキーニ麺一人前のカロリーは約21kcalなので、パスタをズッキーニ麺に置き換えれば約340kcalもカロリーをカットできます! にんじん麺一人前のカロリーは約30kcalなので、パスタよりもはるかに低カロリーだということがわかりますね!

    さらに、麺類をベジヌードルにおきかえると炭水化物もおさえられるので、低糖質メニューへと早変わり! ダイエット中は炭水化物が敵になってしまいますが、ベジヌードルであればその心配もなくなります。

    ベジヌードルは彩りよく、栄養満点!
    ズッキーニ麺ならカリウムやカロチン、ビタミンB群も豊富に含まれているのでアンチエイジングやむくみ解消に効果的です。また、にんじん麺ならビタミンAやカリウム、食物繊維が豊富なので、冷え性や便秘解消、美肌効果が期待できます!

    そしてうれしいのが、ベジヌードルは歯応えがあるので満腹感をしっかり得られるというところ! ダイエット中でも十分満足できます。
    材料が野菜ということで、彩りもとってもキレイ♡ ダイエット中だけでなく、普段の麺レシピに加えて取り入れたいですね! あまり野菜をとらないという方の栄養不足も補ってくれますよ♪

    ベジヌードルのおすすめレシピ

    ベジヌードルの作り方はとっても簡単♡ お好みの野菜をベジヌードルカッターやピーラー、包丁などで麺状にしたら、パスタやそばの代わりに使って料理するだけなんです!

    私がよく作るベジヌードルのレシピをいくつかご紹介しますね♪

    ズッキーニ麺のアボカドジェノベーゼ

    <材料:1人前>
    ズッキーニ 1本
    ジェエノベーゼペースト 大さじ1
    アボカド 1/3個
    チーズ お好みで
    塩こしょう 適量

    <作り方>
    (1)ズッキーニを麺状にしてオリーブオイルで軽く炒めます
    (2)ジェノベーゼペーストを加えて少し混ぜ、なじんだらカットしたアボカドとチーズを加えて軽く炒めます
    (3)塩こしょうで味を調えたら完成です!

    ズッキーニ麺のペペロンチーノ

    <材料:1人前>
    ズッキーニ 1本
    エリンギ 1本
    シーチキン 1/2缶
    塩こしょう、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、パセリ 適量

    <作り方>
    (1)ズッキーニを麺状にしてオリーブオイルで軽く炒め、一度フライパンから取り出します
    (2)同じフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、ある程度火が通ったら鷹の爪とエリンギを入れて炒めます
    (3)油を切ったシーチキン、炒めたズッキーニ麺を加えて軽く炒め、塩こしょうで味を調えます
    (4)お皿に盛り付けてパセリを振ったら完成です

    にんじん麺のトマトソース

    <材料:1人前>
    にんじん 1本
    シーチキン 1/2缶
    ホールトマト 100g
    サラダビーンズ お好みで
    塩こしょう、オリーブオイル、ニンニク、パセリ 適量

    <作り方>
    (1)にんじんを麺状にしてオリーブオイルで軽く炒め、一度フライパンから取り出します
    (2)同じフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて炒めます
    (3)ホールトマトを加えてつぶしながら炒め、少し水分が飛んだら塩こしょうでお好みの味付けに!
    (4)油を切ったシーチキン、お好みでサラダビーンズ、炒めたにんじん麺を加えて軽く炒めます
    (5)塩こしょうで味を調えたらお皿に盛り付け、パセリを振ったら完成です

    ナス麺の納豆キムチ

    <材料:1人前>
    ナス 2本
    納豆 1パック
    卵黄 1個
    キムチ お好みで

    <作り方>
    (1)ナスを麺状にして、ラップをふわっとかけてから500wで1分加熱します
    (2)かき混ぜた納豆、キムチ、卵黄を乗せたら完成です!

    アイデア次第でいろいろなベジヌードルが楽しめます。ズッキーニやにんじんは、オリーブオイルで軽く炒めてからお好みの味付けをするのがポイント!
     
    ヘルシーでおいしいのに大満足できちゃうベジヌードル♡ ぜひ試してみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)



    シェアして食べられる!コリコリ軟骨!絶品BIGつくね | ニコニコニュース



    シェアして食べられる!コリコリ軟骨!絶品BIGつくね
                            

    焼き鳥のつくねもおいしいですが、これは丸い鉄板、スキレットで作る大きな丸いつくねです。軟骨が入るのでその食感はコリコリとうまさ倍増!家飲みで作ればみんなでシェアしながら、ご飯のおかずにもぴったりのBIGつくねです。お試しあれ!

    【 写真と動画入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

    ■ コリコリ軟骨!絶品BIGつくね

    鶏軟骨は積極的に食べたほうがいい食材だってご存じですか?その栄養素は、高たんぱく質、ビタミン、ミネラル、なんといってもコラーゲンが多く含まれる食材なのです。その上、低カロリーです!コラーゲンは美肌をつくり、関節軟骨の維持に役立ちます。つまり、健康的に痩せるダイエット食材でもあるわけです。ぜひ、いろいろなレシピに挑戦して鶏軟骨を積極的に摂取しましょう。では、コリコリ軟骨!絶品BIGつくねを作っていきましょう。

    ■ 作り方

    ◎ 材料(2から3人分)
    ・ 鶏ミンチ…200g
    ・ 鶏軟骨…90g
    ・ 酒…大さじ1
    ・ チューブ生姜…小さじ1
    ・ 醤油…大さじ1
    ・ 片栗粉…大さじ3
    ・ 卵(卵白・卵黄)…1個
    ・ 青ネギ…3本

    ◎ たれ用調味料
    ・ 麺つゆ(2倍濃縮)…大さじ2
    ・ みりん…小さじ2
    ・ ごま油…小さじ1
    ・ 砂糖…小さじ2
    ・ 水溶き片栗粉…適量

    ◎ Step 1 つくねの元を作る

    ボウルに材料を順番に全ていれて、ねばりが出るまでヘラで混ぜます。

    ◎ Step 2 落とし卵用のくぼみを作る

    スキレット(丸い鉄なべ)にできたつくねの元をいれ、平にして、真ん中にくぼみを作ります。オーブンは200度に予熱をしておき30分焼きます。

    ◎ Step 3 たれの準備

    鍋に調味料の材料をすべて入れ合わせておきます。

    ◎ Step 4 つくねにたれをかける

    焼きあがったつくねにたれを上から回しかけます。

    ◎ Step 5 くぼみに卵黄をおとす

    先ほど作ったくぼみに卵黄の部分のみを落とします。

    ◎ Step 6 卵をくずす

    温かいうちに卵をくずして全体に回るようにすれば、できあがりです。

    ■ 卵の黄身をくずした瞬間に幸せを感じるコリコリ軟骨!絶品BIGつくね

    つくねを引き立たせるのはたれもそうですが、卵の黄身ですね!とろりとたれと混ざり合い、そして軟骨のコリコリ食感で幸せを感じる瞬間ですね。家飲みで重宝しそうなメニューです。ご飯にも合うBIGつくね、鶏軟骨はお肌にも関節にも良いダイエット食材ですから、たくさん食べましょう!




    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ