簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    糸こんにゃくを使ったカロリーカット術! お米に混ぜてもパスタの代用としてもOK | ニコニコニュース



    クリーミーだけどヘルシーな“糸こんにゃく明太子クリームパスタ”
                            

    年末から年始に向けて、クリスマス、忘年会、正月、新年会など、おいしいものがいっぱいでどうしても食べ過ぎちゃいますよね。でも、イベント続きの季節に太ってしまうのは絶対に避けたい! 今回は、そんなわがままを解決してくれる、ヘルシーフード「糸こんにゃく」について紹介します。



    こんにゃくは低カロリーでダイエットにも最適な食材
    こんにゃくの主成分は、グルコマンナンという水溶性食物繊維。ビタミンやエネルギー源となる成分は含まれないものの、とても腹持ちがいいのでダイエット食として使われることが多い食品なんです。

    グルコマンナンは水分と一緒に食べることで、お腹の中でゲル状の物質に変化し、少しの量でも満腹感を感じやすい食材。つまり、多くの量を食べ過ぎなくても満足してしまうので、自然と食べる量が減っていくのです!

    下処理が簡単で、パパッと使える糸こんにゃくがおすすめ!
    こんにゃくは、袋を開封した時に特有の臭みがありますよね。これは、こんにゃく内のアクが原因。しかし、熱湯で茹でることによってアクは取り除けます。
    このアクですが、板状のこんにゃくに比べて糸こんにゃくの方が取れやすいんです。ニオイもほとんど気にならないので、料理の風味を邪魔しませんし、糸こんにゃくなら味が染みやすく、いろんなメニューに使いやすいのもオススメのポイントです!

    手料理のおもてなしにもこんにゃくをプラス
    とはいえ、糸こんにゃくは、ダイエットメニューには向いているものの、彼ごはんやおもてなしメニューには難しいと思っていませんか?

    でも糸こんにゃくメニューは、しっかり下処理をすればクセもないし、麺として炭水化物の代用に使える万能な食材なんです!

    糸こんにゃくの使い方
    市販のパスタソースやうどん、ラーメンのスープと絡めるだけと超簡単! ぷりぷりの食感と、のどごしの良さが今までにない麺料理になります。ちょっと凝った料理にも見えて、彼氏にも料理上手と好感度も上がるかもしれません。

    麺のカロリー分を大幅に省けるので、ちょっとこってりした味付けにしたり、肉などの具材もたっぷり使うと、男子ウケもいいのではないでしょうか。これなら、あからさまにカロリーを気にしているとは気づかれないはず!

    定番ですが、これからの季節ならなべ料理にも糸こんにゃくは欠かせないアイテムですよね。野菜と一緒にたくさん食べておけば、シメの麺類やごはんを少な目にできて、ここでも食べ過ぎを死守できます。

    お米と一緒に糸こんにゃくを炊いて糖質カット!
    「お米を使ったメニューを食べたい」と言われたときも大丈夫! 米2合に対し、300gの糸こんにゃくを下処理し、米粒くらいの大きさまで細かく刻みます。そしてお米と一緒に炊けば、見た目も風味も普通のごはんなのに、炭水化物の糖質もカットできるんです!

    このように、工夫次第でいろいろ代用できるのが糸こんにゃくのいいところ。

    クリーミーだけどヘルシーな“糸こんにゃく明太子クリームパスタ”のレシピ
    市販のソースやスープと合わせても簡単でおいしいのですが、手作りソースを使った糸こんにゃくパスタで、さらにヘルシーにカスタマイズできます。その中でも私のお気に入りを紹介します。



    材料(1人分)
    ・糸こんにゃく 500g
    (普通の糸こんにゃくでもいいですが、色の白いしらたきの方が見た目がキレイに仕上がります!)
    ・明太子orたらこ 1腹
    (辛いのが苦手な人はたらこで代用してください)
    ・めんつゆ 適量
    ・バター 30g
    ・小麦粉 大さじ1
    ・豆乳 20cc
    ・顆粒昆布だし(昆布茶でも可) 少々

    作り方
    (1)明太子(たらこ)の筋をとります
    (2)大鍋いっぱいのお湯を沸騰させ、大さじ1杯の塩を入れます。そして、適当な長さに切った糸こんにゃくを茹でます
    (3)フライパンにバターと小麦粉を入れ、弱火にかけて混ぜます。混ざったら豆乳と昆布だしを加えます
    (4)とろみがつきすぎないようにヘラで混ぜながら、さらに明太子(たらこ)を加えます
    (5)茹でたしらたきを(4)に移し、フライパンの中で絡めたらめんつゆで味を調えます

    茹でたブロッコリーやホウレンソウなどを一緒に絡めても彩りが鮮やかでおいしいですよ!
    豆乳で代用したクリームソースなので、通常の生クリームや牛乳で作るクリームソースよりも乳脂肪分をカットでき、カロリーも低くヘルシーです♪

    また、糸こんにゃくにはもう一つ利点があります。それは、時間が経っても小麦を使った麺のように伸びないこと! 冷えても麺同士がくっついてしまう心配もなく、お弁当にもっていくのにもおすすめなんです。

    手軽にカロリーカットできて、いろんな食材に使っても風味を邪魔しないカメレオン食材『糸こんにゃく』。食べ過ぎて後悔するなら、糸こんにゃくメニューをとりいれて体型維持を頑張りましょう!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    冬に甘い物を食べたくなるのはなぜ? 女性の「冬太り」を防ぐコツとは | ニコニコニュース



                                       

    「ウーマンルネス研究会 supported by Kao」はこのほど、「冬太りに関する意識調査」の結果を発表した。同調査は10月14日~18日、首都圏在住の20~50歳代の女性420名を対象に、インターネットで実施したもの。

    冬太りの経験があるか尋ねたところ、57.1%が「ある」と回答した。体重が増える季節はいつかという問いに対しては、44.0%が「冬」と答えている。

    最も活動(運動)量が少ない季節について聞くと、47.6%が「冬」と答えた。甘い物が食べたくなる季節はいつか尋ねたところ、30.0%が「冬」、15.7%が「秋」と回答している。

    冷え・冬太りの経験者の割合について調べたところ、日ごろ身体の冷えを感じている人ほど、冬太り経験者の割合が高いことがわかった。また、身体の冷えを感じている人ほど、甘い物が「好き」と回答する割合が多かった。

    整形外科医でスポーツドクターの中村格子氏によると、冬太りの原因は「甘い物(糖質過多)」「冷え」「運動不足」であるという。冬は体温維持のためにエネルギー効率の良い糖質を好む傾向にあるため、甘い物を食べたくとのこと。

    また、寒さ(身体の冷え)から動くことがおっくうになり、運動(活動)量が低下するため、太りやすくなるという。「運動量が減ると、熱を産み出す筋肉量も減ってしまうため、さらに身体が冷えるという悪循環にも陥ります」。

    中村氏によると、冬は太りやすい時期でもあるが、代謝アップを狙える季節でもあるとのこと。やせる細胞と呼ばれる「褐色脂肪」も活性化するため、体温維持のために甘い物を食べるのではなく、自分自身で熱を産みだせる身体づくりを心がけることが大切だという。

    中村氏と管理養士・健康運動指導士の浅野まみこ氏によると、食事の際に"熱トレ食材"を選ぶのもよいとのこと。「着火→循環→吸収→燃焼」 の代謝サイクルに合わせ、着火系の「ゆる熱食材」、循環系の「じわ熱食材」、吸収アップ系の「スゴ熱食材」、燃焼系の「爆熱食材」を取り入れるといいという。

    浅野氏は、熱トレ食材を使用したおすすめメニューとして「おでん」を挙げている。おでんの具材は、着火系(じゃがいも、ちくわぶ)、循環系(大根、トマト、こんにゃく)、吸収up系(昆布、ゴボ天)、燃焼系(玉子、牛スジ、厚揚げ、がんもどき)の食材がバランス良く使われており、身体も温まる料理であるとのこと。

    また、タオルやトランプを使用したスクワットや、炭酸入浴剤を使った入浴も、基礎代謝のアップに効果的だという。




    (出典 news.nicovideo.jp)



    【太りにくいコンビニ飯の選び方】体を引き締めたいなら“たんぱく質”だけじゃダメ!プロレスラーYAMATOが指南 | ニコニコニュース



                           

    プロレスに魅せられて半年弱の筆者が、プロレス初心者の女性向けに素敵なレスラーをピックアップし、「太りにくいコンビニ飯の選び方」をテーマにインタビューする本連載。

    ダイエット女子必見!全日本プロレス中島洋平が実践する「太りにくいコンビニ飯の選び方」

    国内巡業、ときには海外遠征などで、日々「旅するように働く」レスラーの食生活とコンビニは、切っても切れない関係です。

    場合によっては朝昼晩の食事をすべて、コンビニで賄わなくてはならないときもあるといいます。

    第2回目に登場いただくのは、プロレス界屈指のイケメン・鍛え上げられた美しい体を持つ選手が集まる「ドラゴンゲート」に所属するYAMATO選手(35歳)。

    ワイルドかつセクシー、かつ観客の心に揺さぶりをかける絶妙なマイクパフォーマンスがたまらない、大人の魅力たっぷりの選手です。

    学生時代は調理師学校に通っていたYAMATO選手は、調理師免許・フードコーディネーター3級を持ち、栄養に関しても造詣が深い人物。

    いったいどんな食品を選んでいるのでしょうか。本日は2食分の食品を買ってきていただきました。

    食品を選びは「たんぱく質の含有量」がポイント

    「食品選びの大前提として、たんぱく質の量に気を使っています。

    ぼくは体重が約80kgなので、その2〜3倍、つまり1日160〜240g(*)のたんぱく質を摂るのが望ましいんですが、間をとって1日200g摂ることを目標にしています。

    とはいえ、1日200gのたんぱく質を摂るのって、けっこう難しいんです。

    卵の全卵Mサイズでも1個につき6g程度、サーロインステーキ100gで16g程度しか摂れませんから。

    たんぱく質って1つの食品に、そんなに多く含まれていないんです。

    ぼくは朝食・昼食・夕食・夜食と1日4回食事をしていますが、合間に一度で30gのたんぱく質を摂取できるプロテインを3回飲んでいます。

    すると90g摂取できる計算ですね。残り110gを食事で摂るようにしています」

    *1日のたんぱく質必要量は一般の人で「体重(kg)×1倍=()g」。一方、ハードに体を動かす人は「体重(kg)×2倍=()g」が目安。

    体重約80kgのYAMATO選手なら、1日に160g以上のたんぱく質が必要になる計算です。

    三温糖をプラス!?YAMATO選手流・納豆アレンジ

    たんぱく質と聞いてイメージしやすい食品のひとつに、納豆があります。

    YAMATO選手は大の納豆好きだそうで、「1食で3パック食べます」とのこと。

    それでもたんぱく質の量は1パックにつき7g程度。

    3パック食べても21gにしかならない、ということがわかります。

    ほぼ毎日食べている納豆、飽きないためのアレンジテクを聞いてみました。

    「巡業中はなかなか難しいですが、自宅ではできるだけ食べ方を工夫しています。

    たくわんやキムチと一緒に食べたり、『納豆卵かけごはん』にしてみたり。

    『納豆卵かけごはん』のキモはあらかじめ作った卵かけごはんの上に、納豆をのせることです。

    卵と納豆を混ぜ合わせてごはんにのせるのとは、全然食感が違うので試してみてほしいです。

    ほかの食べ方としては、納豆に小さじ1/2杯程度の三温糖を入れて、甘じょっぱくする方法もあります。

    『えーっ!?』と驚かれることが多いですが、一度やってみるとやみつきになっちゃいますよ(笑)。

    おすすめは白砂糖とは違い、ゆるやかに血糖値が上がる三温糖です」

    納豆はたんぱく質が豊富で、毎日でも摂りたい食材のひとつ。

    大豆イソフラボンが含まれているので、美容・健康を意識する女性にもおすすめです。

    頻繁に食べるなら、YAMATO選手のように、ちょっとしたアレンジを加えてみては?

    豆腐にはチョイ足しが◎

    豆腐にシーチキン缶をオン!ちょい足しで飽きない工夫を

    同じ大豆食品である豆腐も定番メニューだと話すYAMATO選手。

    「コンビニで売られている豆腐には、たいてい生姜がセットでついています。

    生姜には脂肪を燃焼させる効果が期待できるんです。

    アレンジとしては、豆腐の上にこのシーチキン缶をのせて、食べるようにしていますね。

    今回買ってきたのは油漬けのシーチキン缶。

    油漬けよりも水煮のほうがいいと思いますが、水煮だと味的にパサパサした感じなんですよね。

    なので、油を適度に絞ってから、のせるようにしています。

    昨今、オリーブオイルやココナッツオイルなど、良質な油は摂ってもいいという論調が目立つようになりましたが、ぼく自身も『脂質は悪』という考えはどうかなぁ、と思います。

    ある程度の脂質を摂ることで、力やスタミナを維持できるので。

    油の量をカットしすぎなくても、練習でしっかり汗を流せば、体は絞れると考えています」

    適度な油は体をきれいに引き締めるのには必要不可欠。

    無理にカットせず、うまく摂取したいものです。

    たんぱく質だけ摂っていても体はきれいにならない

    コンビニでの買い物には、大福やチョコもありました。

    これらは、いつ食べるのでしょうか。

    「大福は壊れた筋肉をリカバリーする目的で、試合後やウエイトトレーニング後に食べていますね。

    合間に飲むプロテインを飲んで体に吸収させ、筋肉を発達させるには炭水化物を摂って血糖値を上げて、インスリンの分泌を促しておく必要があります。

    炭水化物や脂質は太る、と毛嫌いするのではなく、あらゆる栄養素をバランスよく摂らなくてはなりません。

    ちなみに大福には小豆が使われているので、たんぱく質が摂れないこともない。

    加えて脂質はほとんどないんです。

    チョコは試合前に食べます。

    同じタイミングでエナジードリンク(0カロリー)を飲んでいるのは、やる気スイッチを押す役割がありますね」

    試合会場で「非日常感」を楽しんでほしい

    ここまで「太りにくい体の作り方」について具体的な話を聞いてきましたが、常に体の管理に高い意識を持ちながらプロレスラーとして戦い続けているYAMATO選手へ、プロレスビギナー女子向け「プロレスの楽しい見方」について聞いてみました。

    「ぼくたちドラゴンゲート所属の選手は、身長こそそこまで高くはありませんが、体は徹底して作り込んでいます。

    そこも観て楽しんでいただきたいな、と思います。

    加えて、選手のキャラクターが多岐に渡っているので、一度観ただけで『あの人は◯◯な選手』とわかりやすいのも特長ではないでしょうか。

    試合では遊園地に遊びにいったときのような、非日常を体感できると思います。

    口頭で説明するのは難しいので、騙されたと思って(笑)一度会場に足を運んでみてください!」


    THE FINAL GATE 2016(福岡国際センター)
    【開催日】12月25日(日)
    【開場時間】16:00
    【開始時間】17:00
    問い合わせ (株)ドラゴンゲート



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ