簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    京都屈指の観光地、嵐山に「和×リラックマ」をテーマにした「りらっくま茶房」という和カフェがあるのをご存知ですか?

    昨年2017年10月のオープン時には、リラックマファンの間で話題になりました。ウワサを見聞きして「すぐにでも行ってみたい!」と興味を持った女子は少なくないのでは?

    ただ京都となると、首都圏など関西以外の地域からは、そう気軽に遊びには行けませんよね。

    そこで今回は、「りらっくま茶房」を訪ねたライターが体験レポート。外観からインテリアまで徹底された“和”とリラックマのコラボぶり、かわいいメニューやグッズをたっぷり紹介します!

    まずは2階の茶房へ!

    「りらっくま茶房」は、JR「嵯峨嵐山」駅から徒歩約9分、世界文化遺産「天龍寺」の正門の真ん前という場所にあります。建物は、2階建ての蔵をイメージしているという渋めの和風建築。1階がグッズやテイクアウトスイーツのショップ、2階が茶房(カフェスペース)になっています。

    お店全体のコンセプトが「はちみつ」ということで、のれんなどにプリントされたロゴマークには、はちみつを手にした和服姿のリラックマやみつばちが描かれています。

    今回はお昼どきということもあり、まずは食事をしようと2階の茶房へ。階段の入り口では、はちみつ壷の上に乗ったリラックマとコリラックマ、キイロイトリが迎えてくれます。

    階段を上がった踊り場で、リラックマらしくだらだらゴロゴロとくつろぐぬいぐるみたちを発見。さっそく和みます。

    この踊り場を通り抜けるとカフェスペースです。

    店内は落ち着いた和の空間。でもよく見ると、テーブルの上のカゴにリラックマのぬいぐるみが置かれていたり、インテリアのそこかしこにロゴやシルエットが施されていたり……。空間づくりの隅々まで「和×リラックマ」のテーマが貫かれています。

    この記事にはお客さんの姿が映っていない内観写真を掲載していますが、実際に訪れた日は、平日にも関わらず、観光客や子連れママのグループなど、多くの人で賑わっていました。

    メニューやナプキンにもリラックマが。和食処のような大人っぽいデザインが新鮮です。

    京都っぽさ満点のごはん&デザート

    ランチとデザートをオーダー

    食事メニューは、おむすび、お茶漬け、茶そばなど、和食のセットメニューが中心です。あれこれ目移りして迷いましたが、今回は、ごはんでコリラックマの姿をかたどった「コリラックマの京風カレー」(1,380円)をチョイスしてみました。

    しばし待つと、カレーがお目見え。カレーの海に浮かぶ(寝そべる?)、つやつやした真っ白いごはんのコリラックマ。シンプルなかわいらしさがたまりません。

    スプーンで形を崩すのはもったいない限りですが……お腹もすいたし、味も気になる!しばらく眺めて愛でたり、写真を撮ったりした後、遠慮なくいただくことに。

    カレーは、ダシのきいた甘みのある和風味。生野菜の下からは、タケノコ、オクラ、パプリカ、こんにゃくなどの具材がごろごろ出てきました。お味噌汁もついていて、意外と食べごたえがあります。

    けっこうお腹は満たされたのですが、「せっかく来たからには甘いものも」と、デザートにスイーツをオーダー。今度は迷わず、お店のサイトをのぞいたときから一番気になっていた「リラックマと竹林の道抹茶パフェ」(1,180円)をチョイスしました。

    メニューの説明書きによると、嵐山の竹林をリラックマが散策しているイメージのスイーツだそうです。たしかに、ほわほわのマシュマロでできたリラックマの後ろには、竹を思わせる抹茶味のウエハースが。ミニミニサイズの三色団子もいい味出してます。

    そのほか、リラックマのマシュマロを囲むように、抹茶アイス、生クリーム、あずきなどが盛りつけられています。さらにグラスの下の部分からは、わらび餅のようなモチモチ食感の寒天と、抹茶ソースがとろ~り。

    りらっくま茶房を運営する「株式会社 寺子屋」によると、メニュー開発時には、「和」というテーマはもちろん、「京都らしさ」を感じられるメニューにこだわったそう。「さらに、メニューによっては、紅葉や南天の葉などを添えることで、季節感を感じていただけるよう工夫しています」(同社広報)。

    よく考えてみたら、京都の“はんなり”した雰囲気と、リラックマのほんわかした“ゆるかわ”テイストが合わないはずがありません。なんともほっこりした気分にさせてくれるランチ&デザートタイムでした。

    ちなみに、りらっくま茶房では、ほかに、笹に包まれたリラックマ&コリラックマのおむすびにキュンキュンさせられる「一緒にごろん♪手まり寿司とおむすび弁当」(1,650円)や、リラックマ型のごはんでいただく「リラックマのごゆるり京茶漬け」(1,580円)、リラックマのマシュマロを浮かべたラテとスイーツのセット「ふわふわ雲の上のマシュマロセット」(1,580円)なども人気だそうです。

    和雑貨やおやつが揃うショップへ

    1階はグッズ天国!

    ランチが終わったら、1階のグッズショップへ。右端に雑貨などのグッズショップ、中央にスイーツやドリンクのテイクアウトショップ、左端にはちみつを使った食品・お菓子のショップと、計3つのショップが入っています。

    グッズの品数も充実していて、一歩足を踏み入れると圧倒されるほど。同社広報によると、全部で約1,500品もあるといいます。

    うち、雑貨103、食品50、コスメ10品が、ここ嵐山りらっくま茶房限定のものなのだとか。

    西陣織のがま口、和装のリラックマが描かれた清水焼、和菓子柄のトートバッグなどなど…ここでしか買えない和テイストの雑貨は、店内でも目立っていました。

    自分へのお土産にしたいアイテムが満載なので、リラックマ好きな人は、買い物用に、ある程度おこづかいを用意して行くことをおすすめします。

    もちろん、友達や家族へのお土産にピッタリなおやつ類も豊富に揃っています。缶入りの野菜ボーロは、小さい子どものいる友達にあげてもいいですね!

    1階中央にあるテイクアウトショップでは、ソフトクリーム(各種509円)やドリンク類、カップ入りのリラックマ型カステラ饅頭(はちみつレモン味、抹茶味の2種、各種4個で509円)が販売されていました。

    中庭にはリラックマ像も

    1階には、イスやテーブルが置かれた中庭があり、テイクアウトショップで買ったものをここで食べることもできます。竹林をイメージした空間にはリラックマの石像がいて、人気の記念撮影スポットになっています。

    次回は、ぜひ、この中庭でソフトクリームなどのテイクアウトスイーツを食べてみたいです。

    以上、嵐山りらっくま茶房のレポートをお届けしました!

    細部まで徹底した和とリラックマのコラボぶりに感心しつつ、すっかり癒されたひとときでした。建物もインテリアもかわいすぎない落ち着いたデザインで、大人でも気後れせずにいられるのもよかったです。

    「リラックマが好きで好きでしかたない」という人も「かわいいものが好き!」という人も、京都旅行の際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

    ただし2階の茶房は、桜の時期や紅葉の時期などの観光シーズンには、順番待ちになる可能性大。

    運営会社「株式会社 寺子屋」に「なるべく待ち時間をラクに過ごす方法はないですか?」と聞いたところ、こんなアドバイスをいただきました。

    「予約は受け付けていませんが、店頭に電話によるお知らせサービス機能を搭載した自動受付機があるので、こちらをご利用ください。登録しておくと、順番が近くなったタイミングで自動音声の電話連絡が入ります。先に受け付けを済ませてから、グッズショップをゆっくりご覧になってはいかがでしょうか」(同社広報)

    食事をしたい人は、待ち時間を考慮して、少し早めに来店するといいかもしれません。

    観光シーズンを外せば、待たずに入れることもあります。あえてオフシーズンに嵐山への旅行やお出かけを計画して、かわいいメニューをゆったり楽しむのもおすすめですよ。

    ※メニュー価格はすべて税抜き表示

    「リラックマと竹林の道抹茶パフェ」 ©2018 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.


    (出典 news.nicovideo.jp)




    コンビニや自販機で買える缶の飲み物なんて、けっしてカフェの飲み物に敵うことはない。そう思っていた時期が僕にもありました…ポッカサッポロから発売される『ジェリーツ』を飲むまでは。

    ■普通のゼリーと思っていたが…

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    最初は「どうせフツーのゼリードリンクやろ…」とたかをくくっていたが、しらべぇ編集部にサンプルとしていちはやくもらったジェリーツを飲んだところ、その美味しさにビックリ。

    缶のコーヒーゼリーはドロッとしたゼリーとミルクが完全に混ざったもので、コーヒーの風味はあまり楽しめないと思い込んでいたのだが、コレはコーヒーの味がしっかりとするのだ!

    ■独自の二層ゼリー製法

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    缶からも「名称 コーヒー」とまぎれもなくコーヒーがたっぷり入っていることがわかるのだが、秘密は他にもあった。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    なんと缶を振ってくずすまではゼリーとソースが完全に分離しており、シェイクすることではじめてふたつが混ざり合い、飲むコーヒーゼリーとなる。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    そのため、最初から混ざっているものとくらべ、コーヒーとソースそれぞれの味が際立ち、缶なのにフレッシュさを感じるほど味・香りともに高まるのだ。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    フタには7回以上タテに振ってから飲むように書かれているが、少しゼリーを大きめに残したい人は振り方を弱めたり、よりまろやかに飲みたい場合は少し多めに振るなど調節できるところもうれしい。

    ■まるでこだわりの喫茶店のコーヒーゼリー

    完全にこだわり喫茶店のコーヒーゼリーの味! 缶ゼリー『ジェリーツ』が激ウマ


    (出典 news.nicovideo.jp)




     洋食好きの人を絶対連れて行きたいお店が、渋谷にあります。看板メニューはオムライス。「今まで食べたオムライスの中で一番うまい」。同行を頼んだ友人が、ひと口食べるなり発した言葉です。

     この友人のように洋食好きで、なかでもオムライスに目がない。そんな人にぜひおすすめしたいお店がここ『おまかせ亭』なのですが、この店を洋食屋さんとくくってしまっていいものか悩みます。

     なぜならオムライスだけでなく、正統派の洋食からサーモンの昆布〆など和テイストまで豊富なアラカルトも、お店のサービス精神とシェフの遊び心がたっぷり詰まったコースも、どれも絶品だからです。特に「おまかせコース」に至っては、何が運ばれてくるか直前までわからないドキドキ感まで楽しめます。

     一度味わったら何度も足を運びたくなる洋食店なんです。

    ソースをかける前の状態。見てください、このとろふわ感!
    ソースをかける前の状態。見てください、このとろふわ感!
    シェフの山崎精一さん
    シェフの山崎精一さん

     22年前、キッコーマン直営レストラン出身の4人が集ってはじめたこの店は、渋谷郵便局の裏手にあります。にぎやかな宮益坂を登り郵便局の先を左に折れて路地に入ると、いかにも洋食屋さんらしい看板が。その入口を地下へと降りると、アットホームな雰囲気の空間が広がっています。

     シェフの山崎精一さんが「4人揃って歳をとってきました」と言う通り、見事な連携を見せるスタッフ、近所の小さなお店のような親しみやすい接客、手頃な価格に油断(?)していると、料理を口に運んだときに驚くかもしれません。なぜなら、あまりに本格的だからです。

     山崎さんは、昭和天皇の晩餐会の料理も手掛けていた丸の内ホテルで料理人を務め、その後、キッコーマン直営の高級レストランで腕を振るってきました。フレンチをベースに、イタリアンや和食、エスニックまで、旬の食材を自在にアレンジします。たとえば3月のランチには韓国料理の「サムゲタン」まで登場するから驚きです。

    「その季節においしい食材であること。数日前にご相談いただくこと。この2点が叶えば、たいていのお料理はお出しできますよ」と、サービス係の大澤昌吾さんは胸を張ります。

    不動の人気メニュー、ふわふわの「オムレツライス」

     看板メニューである「オムレツライス」は、刻んだトマトと玉ねぎをバターで炒め、タイム、ローズマリー、チキンブイヨンで米を炊いています。脂っぽくなるのを避けるため、ご飯は炒めないのがポイント。いわばトマト味のピラフです。

     ほんのりオレンジのピラフの上に、生クリームの入ったふわふわの半熟オムレツをのせ、ナイフを入れると卵がとろりと流れ落ちてライスを包み込んでいきます。「オムライス」ではなくオムレツとしても本格的な「オムレツライス」がこだわりなのです。

     ランチの鉄板メニューであり、ディナーでも頼まない人のほうが珍しいくらい。「おまかせコース」「特別コース」にも含まれています。コースの場合は数人分を一皿で運び、テーブルでそれぞれの皿に分けてくれます。

     小鍋で提供されるトマトソースは、あまりのおいしさにどんどん追加でかけたくります。たっぷり入っているので最初は使いきれないと思うのですが、食べ終わる頃には鍋の底が見えているかも。

     このソースは、トマトケチャップにチキンブイヨン、バター、スパイスなどを加え、酸味を調節しながらマイルドに仕上げているそうです。食べ進む間に口の中で弾けるホールペッパーの香りがいいアクセント。

    何が出るかはお楽しみ? まかせて美味しいコース料理

    取材時のコースの肉料理。リブロースステーキはすべてのバランスが◎
    取材時のコースの肉料理。リブロースステーキはすべてのバランスが◎

     看板メニューに心ひかれますが、コースのバリエーションも多彩です。スープと温野菜が中心の「ヘルシー野菜コース」、サラダ、スープに加えオムレツライスやオニオンカレーライスなど、定番4種から選べる「カジュアルコース」、フルコースの「スペシャルコース」と、お腹の減り具合や気分によって選べるコースが平均5コースほど。

     プラス1,000円で赤白ワインとソフトドリンクがフリードリンクになるコースもあり、絶大なコストパフォーマンスの良さ。スタッフにそう伝えると「我々も、ちょっとサービスしすぎかなと思いますが(笑)、お店をはじめた理由が、本当においしい本格的な洋食を、多くの人に身近に食べてほしい、という思いからなので」とのこと。

    自家製パンの食べすぎにはくれぐれもご用心
    自家製パンの食べすぎにはくれぐれもご用心

     さて、オムレツライスは食べたい。でも店名にもなっている「シェフのおまかせコース(5,000円)」も食べてみたい…というそこのあなた。迷うことはありません。おまかせにはオムレツライスも入っています。

     オードブルに始まり、魚、肉、サラダ、オムレツライス、デザート、コーヒーまで大満足のフルコース。ボリューム的にもサービスが良すぎる傾向があるので、チョット少なめ(4,500円)の設定があるのもうれしい。

     苦手なものなどを最初に伝え、あとは何が出るかお楽しみだからワクワク。日々、提供した料理を書き留めておき、同じ料理は極力出さないようアレンジを加えるシェフの手腕と気配りに、月に何度も訪れるファンも少なくないとか。確かに、回を重ねるごとに「今夜はどんな味を経験できるのだろう」と楽しみになります。

    「おまかせコース」のオードブルの一品、ワカサギのフリット
    「おまかせコース」のオードブルの一品、ワカサギのフリット

     取材時のオードブルは、ワカサギのフリットやローストポーク。絶妙に効いた酸味、エスニックな香りの風味づけ、つけあわせの卵サラダの優しい食感……一皿ごとにまったく違う味わいが口に広がります。

     注意すべきはアンチョビ入りの自家製パン。ひそかな人気パンで、ついつい食べすぎそうになりますが、ここで欲望のままおかわりすると、コースの最後には満腹でパンパンになっちゃいます。

    サーモンのふき味噌のせ。確かな技術に基づいた自在なアレンジ力がリピーターを飽きさせない
    サーモンのふき味噌のせ。確かな技術に基づいた自在なアレンジ力がリピーターを飽きさせない

     本日のスープをはさみ、次はサーモンのソテーが登場。上に乗っているのは、なんとふき味噌。鼻に抜ける日本の春の香りが、洋風コースに違和感なく溶け込みます。

     ヤーコンやタピオカ入りの多種野菜のサラダから、いよいよ肉料理へ。リブロースのステーキはとても柔らかく筋っぽさも脂っぽさもなし。それでいて適度な脂と肉の旨みに惚れ惚れする焼き加減。ついついワインが進み、ものすごい贅沢をしている気分になってきます。

    ティラミス(手前)とチーズケーキ。最後に出されるデザートもたっぷりで、これを目当てに通う常連さんも
    ティラミス(手前)とチーズケーキ。最後に出されるデザートもたっぷりで、これを目当てに通う常連さんも

     肉料理の後、コースで出される「オムレツライス」はちょっと少なめ。そうでないと到底食べきれません。さらに満腹感に満たされながらデザートを。2人で行けば2種類、大勢で行けば数種類のデザートが出されます。濃厚なデミタスコーヒーのカップが空になると、すかさず注いでくれるのがうれしい。

    「これも人気だから食べてみて」と、緑色のグラニテを出してくれました。口にしてみると、香り高く、さっぱりおいしい。でもグリーンの正体が何だかわかりません。教えてもらった答えは大葉。言われてみればその通りなんですが、。食べている時は「大葉」が主張しすぎず、すごくセンスのいいデザートでした。

    「次はいつ来よう」。口福感と満腹感の中で、ついついそんなふうに考えてしまう『おまかせ亭』。ぜひ絶品オムレツライスを食べに行ってみてください。

    おまかせ亭

    店名:おまかせ亭

    住:東京都渋谷区渋谷1-9-5 高橋ビルB1
    TEL:03-3409-7369
    営:11:30~14:00(L.O.)
      17:00~21:00(L.O.)
    休:日



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ