簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    バレンタインに向けて、百貨店のチョコレートイベントがいっせいに開幕!「阪急うめだ本店」の独自の視点で“チョコレートの新しい価値や楽しみ方”を提案するチョコレートの祭典「バレンタインチョコレート博覧会2018」が、今年はさらにパワーアップ。魅力が盛り沢山な本イベントだが、今回注目はチョコレートの原料となるカカオに魅せられ、その探求に情熱を注ぐ“カカオティエ”。世界各地の産地を巡る人、カカオ農家と品質向上に挑む人など、情熱あふれる4人、また注目のそれぞれ4品をご紹介。<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

    ■ カカオ豆の力強い味わいがカカオポッドの陶器にぎっしり!

    土屋公二さんがてがける「ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ」の「カカオ デュ カカオ」(60g入り・2916円 ※阪急限定)。マダガスカルのカカオ研修生が育てたカカオ豆をローストし、ミルクチョコでコーティング。パッケージも印象的。

    ■土屋公二/新しいカカオを求めて世界各国のカカオ農家を巡る傍ら、現地の小規模農家に農法や発酵技術を指導するプロジェクトを展開。カカオ生産者の未来にも注力。

    ■ カカオの産地ごとに異なる個性的な味わいに衝撃!

    小山 進さんによる「パティシエ エス コヤマ」の「アンノウン!!オレ(上)、アンノウン!!ノワール(下)」(4個入り・各1620円)。ドミニカ共和国やコロンビアなど、カカオの個性あふれる4種をアソート。

    ■小山 進/数々の受賞歴を誇る実力者。世界各国のカカオ農園に足を運び、カカオの個性を引き立てるオリジナルの味を追求

    ■ 本来のカカオが持つ深いアロマにうっとり

    八木克尚さんがてがける「バニラビーンズ」の「ショーコラ&パリトロオリエンタルボックス」(4個入り・1620円)。ガナッシュをクッキーでサンドしたショコラと、濃厚クラシックショコラをチョコでおおったパリトロの2種セット。

    ■八木克尚/フェアトレードチョコのクーベルチュールをいち早く取り入れ、産地も訪問。売上の一部でガーナに学校を建設。

    ■ 故郷で育ったカカオの風味をドライフルーツが引き立てる

    マリベル・リーバマンさんによる「カカオマーケットbyマリベル」の「フルーツディップ量り売り」(100g当たり・1620円)。レーズンやイチジクなどのドライフルーツを、ホンジュラス産カカオを使ったチョコでディップ。好きな種類を好きなだけ。

    ■マリベル・リーバマン/2004年に故郷ホンジュラスでカカオ栽培をスタート。契約農園で作ったカカオを使った店をNYや京都で展開。

    ■イベントDATA/期間:1月24日(水)から2月14日(水) 会場:9階催場

    ■阪急うめだ本店<電話:06-6361-1381 住所:大阪市北区角田町8-7 時間:10:00~20:00、金土10:00~21:00、2月7日(水)から13日(火)のB1・B2と9Fは10:00~21:00、14日(水)のB1・B2は10:00~21:00、9Fは10:00~19:00 休み:不定休(期間中はなし)

    「カカオ デュ カカオ」(60g入り・2916円 ※阪急限定)/ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ


    (出典 news.nicovideo.jp)




    西鉄大橋駅・西口から徒歩5分ほどの場所にある、創業38年の「元祖どんたく」(福岡市南区大橋)。丼物とミニうどんが付くセットが650円~そろうコスパの良さから、周辺で働く会社員に重宝される庶民派のうどん店だ。

    店を切り盛りするのは、田苗さん夫妻。以前、中華料理店で働いていた店主が、旅行先の四国で食べた讃岐うどんのおいしさに衝撃を受けたのがうどん店を始めるキッカケだったという。その後、讃岐製麺所が営むうどん店で基礎を学び、現在の場所に店をオープン。今でこそ福岡で讃岐うどんを提供する店は少なくないが、当時は珍しく、地元の人に受け入れられるのには時間がかかったそうだ。

    そこで福岡人の好みに合わせて、本場の讃岐うどんをベースに独自改良。地元民に馴染みのある柔らかい麺に、讃岐うどんのコシを持たせた。昆布、うるめ鯖、カツオと、食材も福岡のうどん店でよく使用される食材を選んだそう。

    一番の人気は、「ごぼう天うどん」(550円)。細切りにしたゴボウ天は、注文を受けてから一つずつ揚げるため、できたてはサックリとした食感が楽しめる。食べ進めるうちに、衣からしみ出た油がスープに溶けだし、よりコクのある一杯に仕上がっていく。

    ミニうどんが付く、約12種の丼物も要チェック。なかでも「かつ丼」(770円)が好評で、ランチタイムには650円で味わえる。うどんダシをベースにした甘辛いタレと卵を絡めたトンカツは食べ応え十分だが、身がフワフワで柔らかいため、女性でもペロリと完食してしまう。

    ご飯メニューは丼物以外に、「かしわごはん」(250円)、「いなりずし」(3個250円)、「おにぎり」(2個250円)も用意。ランチタイムになると、一部うどんとセットで590円とリーズナブルな価格に。また、大橋周辺に限り、1000円以上の注文で宅配も行っている。

    店内には、カウンター席とテーブル席を配置。全20席とこじんまりとした空間で、30年以上地元で親しまれている老舗の味を堪能しよう。

    「肉ごぼう天うどん」(740円)。甘辛く味付けされた肉をトッピングした一杯


    (出典 news.nicovideo.jp)




    2018年最初のフェアは、ジョイフルのこだわりが詰まった「しんけんハンバーグ」を販売いたします。

    メニュー名の「しんけん」は、ジョイフル誕生の地である大分県の方言「しらしんけん」に由来しています。その意味は「一生懸命」。お客様の笑顔につながる、おいしいハンバーグに一生懸命こだわる、という想いを込めて名付けられました。

    【こだわりその1: 食感】
    牛肉100%を粗挽きにし、ハンバーグの柔らかさを持ちつつもステーキのような噛み応えのある食感に仕上げました。

    【こだわりその2: 配合】
    牛肉は、特徴の異なる4つの部位を配合。赤身肉の比率を多くし、牛肉本来の深い旨みが味わえるバランスを追求しました。

    【こだわりその3: サイズ】
    現在ジョイフルで販売しているハンバーグから、約10%増量した200gのビッグサイズ!(※ジョイフルハンバーグ(180g)との比較。香辛料と塩味を抑え、より牛肉の味を生かした「しんけんハンバーグ」は、ソースとの相性が抜群。牛肉とソースが絡み合い生まれる芳醇なうまさを、存分にお楽しみいただけます。

    【こだわりその4: ソースを3種類から自由に選べる】
    「オニオンソース」・「和風醤油ソース」・「デミグラスソース」の3種類から、お好みに合わせて自由にお選びいただけます。中でもおすすめなのは、ローストして玉ねぎの甘み・香りを引き出し、柑橘系の果汁と混ぜ合わせた「オニオンソース」。まろやかな甘みと爽やかな酸味で、飽きのこない優しい味わいです。

    この“こだわり”の詰まったハンバーグを、より多くのお客様に味わっていただけるよう、今回のフェアでは「和食セット付」「洋食セット付」にて販売いたします。通常グリル商品は、単品でしか販売していないため、大変お得になっております。
    【しんけんハンバーグ シングル】
    ・和食セット付 (税込646円)
    ・洋食セット付 (税込754円)
    ※写真はオニオンソース

    【しんけんハンバーグ ダブル】
    ・和食セット付 (税込970円)
    ・洋食セット付 (税込1,078円)
    ※写真はオニオンソース(左)、和風醤油ソース(右)


    【和食セット(左)】 通常セット価格 (税込214円)
    【洋食セット(右)】 通常セット価格 (税込322円)


    ぜひこの機会に、ジョイフル自慢の「しんけんハンバーグ」をお召し上がりください。

    販売開始日時:2018年1月30日(火)15時~
    対象店舗:全国のジョイフル
    ※一部店舗で販売していない場合があります。
    ※期間限定メニューにつき、商品がなくなり次第販売を終了させていただきます。
    ※食器が変更になります。

    配信元企業:株式会社ジョイフル



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ