簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    コレは押さえておきたい! 最旬「スーパーフード」3選 | ニコニコニュース



                        

    毎年ココナッツオイル、えごま油、タイガーナッツ、アサイー、キヌアなど、様々な食品がスーパーフードとして話題を呼んでいます。

    毎年新たな食品がでてきますが、今年はどんな食品が注目されるのでしょうか。

    管理栄養士の筆者が、日本スーパーフード協会が発表した2017年のスーパーフードランキング予測を元に、ベスト3のスーパーフードについてご紹介いたします。

    そもそもスーパーフードって?

    スーパーフード、言葉からしてなんだかすごい食品の感じがしますよね。

    一般的にはバランスのとれた栄養分があり、その中でも普通の食品よりも栄養価が長けているものであったり、美容によい成分、健康によい成分などの突出した栄養価があったりするものがスーパーフードと呼ばれています。

    2000年代頃アメリカで健康志向、美容志向の方たちの中で話題となり、今や日本でもスーパーフードは市場を賑わかせる、社会現象を起こす食品となっています。

    今年人気を呼ぶとされているスーパーフード3つ

    では、日本スーパーフード協会が予測した今年の流行はどんなものでしょうか。選ばれたベスト3をご紹介していきます。

    3位:酸化しないスーパーオイル<米ぬか油>

    数年前から“アマニ油”、“えごま油”などオメガ3が多い油が人気を呼んでいます。今までは油=揚げもの、炒めものなど調理の際に使うことがほとんどでしたが、生のまま野菜や魚、ごはんにかけたり、そのまま飲んだりするなど活用されています。

    そんな健康に良いと言われるオメガ3の油は熱に弱く、酸化しやすいのが欠点でもありましたが、今年は酸化しにくく、熱にも強い“酸化しないオイル”として米ぬか油の人気が高まりだしています。

    米ぬか油は玄米や精米をする際にできる糠から抽出して作った油。糠の成分「γ-オリザノール」はポリフェノールの1つで、抗酸化作用が強く、血行促進コレステロールを低下させる、また脳の機能に働きかけることがわかっています。

    カロリーは通常の油と一緒なので、摂り過ぎれば肥満の元に。便秘がちだったり、コレステロールが気になる方は日頃の油を米ぬか油に変えるといいですね。

    2位:青いスーパーフード<進化系スピルリナ>

    クロレラ、スピルリナは聞いたことある方も多いですよね。藍藻類の一種である“スピルリナ”は、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維、不飽和脂肪酸などたくさんの栄養成分を含むスーパーフード。

    そして、そのスピルリナには緑、橙黄、青の色素成分が含まれていますが、その青色素である“フィコシアニン”が健康へ働きかけると注目を浴びています。

    主な働きは抗酸化作用。加えて抗炎症作用免疫機能の増強作用などの報告があります。さらに乳酸菌増殖をさせたり、肝機能を高めたりする働きから、デトックス効果も期待されています。

    今まで青色は人工着色料が主でしたが、天然色素であるフィコシアニンの活用が世の中に広まってきています。

    野菜不足の生活だったり、食生活が乱れやすかったりする人にオススメの成分です。

    いま最も注目されているスーパーフードはコレ!

    1位:レッドフルーツ<アセロラ、ゴジベリー>

    そして、1位は青色に続き、赤色と、色でくくられたもの。レッドフルーツ、つまり赤いフルーツといえば、アセロラ、カムカム、ざくろ、ドラゴンフルーツなど、暖かい地方で、太陽を浴びて育つものが多くあります。

    これらは美容成分が豊富なため、特に女性に人気となっています。アセロラに関してはレモン果汁の約34倍のビタミン が、またカムカムには現在知られている植物の中で最もビタミンCを多く含んでおり、アセロラの約2倍に含まれています。

    さらに数年前から注目を浴びているのが“ゴジベリー”。ゴジベリーというと聞きなれないかと思いますが、正体は杏仁豆腐や中華料理でよく出てくるクコの実。β‐カロテンやゼアキサンチンなどを含んでおり、美容サポートのスーパーフードで注目を浴びています。

    他にもドラゴンフルーツはミネラルが多いだけでなく、赤い色素はベタシアニンというポリフェノールの1つで抗酸化力があります。“ピタヤ”とも呼ばれ、アサイーボウルに続きピタヤボウルとして人気になっています。

    紫外線が強いこれからの季節や、肌荒れが気になるときに、美容ケア成分として摂り入れるといいですね。

    日常でもトマトの赤はリコピン、鮭の赤はアスタキサンチン、といったように赤い色の食品は美容に嬉しい成分がたっぷり入っています。

    知らずに摂っていた?日本食はスーパーフードの宝庫

    スーパーフードが人気の昨今は、ダイエットのサポートとしてチアシードを、体質改善のためのヘンプオイルを、血行促進のためにタイガーナッツを など、それぞれ自分自身の健康維持のために様々なスーパーフードを摂り入れています。

    しかし、話題となっているものをわざわざ買わなくても、いつも食べているものがスーパーフードのことも。

    というのも、日本の食事にはスーパーフードがいっぱい。納豆、味噌、梅干し、あずき、ぬか漬け、玄米、枝豆、甘酒なども、栄養バランスが整っており、突出した栄養価がある食品。日本らしい食事をすると、自然とスーパーフードを摂り入れることになります。

    スーパーフードを食べれば健康になるというものではありませんが、外食ばかり、偏食ばかり、つい食生活が乱れてしまう、という方はスーパーフードを活用してみてください。

    また、日常の食事を見直して、和食を食べる習慣をつけるのもオススメです。自分にあったスーパーフードを見つけ、上手に生活に摂り入れられるといいですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    吉野紗香さんも愛食!お肉の代用「大豆ミート」ってどこまでヘルシー? | ニコニコニュース



                                    

    「大豆ミート」という大豆の加工食品を知っていますか?

    「ミート」といっても肉は一切使っておらず、でも、肉のような食感が楽しめるというもので、大豆の油を搾った後、整形して乾燥させたものがその正体。

     女優の吉野紗香さんは、この大豆ミートをお肉に見立てて、手作りカレーに使っていました。そのお味は「これはこれでいける」と吉野さん。カレーには一般的に豚肉が使われますが、この大豆ミートも肉のような食感があるため、おいしく味わえるようです。

     ところで、この大豆ミート、果たしてダイエットフードになるのでしょうか?

     インナービューティープランナーの木下あおいさんの著書『大豆ミートDEダイエット』(TBSサービス)によれば、大豆ミートは「低カロリー&低脂質&ノンコレステロール」で、しかも食物繊維や新陳代謝促進のビタミンB群、脂肪燃焼をサポートする大豆サポニンなど、ダイエット中にもおすすめの要素が満載なんだとか。

     おいしく食べごたえを残しながら、カロリーが抑えられるだけでなく、さまざまなヘルシー効果も期待できる「大豆ミート」、早速有効活用しちゃいましょう!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    連日行列の名店「中華ソバ 伊吹」の味わいをカップめんで再現! | ニコニコニュース



    連日長蛇の列をつくる「中華ソバ 伊吹」の看板メニューをカップめん化
                          

    エースコックは、「一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ」(税抜205円)を4月17日(月)より全国のスーパー、コンビニにて新発売する。

    「一度は食べたい」と思う有名店は数多く存在する。そんな「食べたい」気持ちを満たすことのできるコラボシリーズ「一度は食べたい名店の味」。第六弾は、連日長蛇の列をつくる東京の「中華ソバ 伊吹」の看板メニューをカップめんで再現した。ポークをベースに煮干しをガツンと利かせた苦みの中に旨みをしっかり感じる濃厚スープに仕上げた。さらに煮干しオイルの香味がクセになる味わいで、店舗の臨場感を味わえる一杯となっている。

    めんは歯切れの良さと適度な硬さが特長の角刃の中細めん、適度な味付けをおこない、ポークをベースに煮干の旨み・醤油のコクが加えたクセになるスープと相性良く仕上がっている。製法の異なる2種の玉ねぎ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いねぎを加えたかやくも特長。

    長蛇の列に並ばないと味わえない名店の味。カップめんで好きな時、好きな場所で食べよう!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ