簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    味の染みたおでんのしらたきは美味しいけれど、おでん味に飽きちゃったという時や、量が多くて持て余しがちなおでんのしらたきを上手くリメイクしたひと品です。寒くて元気が出ない日に食べれば、牡蠣の燻製とオイスターソースというダブルの牡蠣パワーをチャージできます。あっという間に作れちゃうのに味わい深く、うま味もたっぷりで、お酒の進むおつまみに。ごはんのお供にもピッタリです!

    切って、温めて、混ぜるだけで簡単!

    【W(ダブル)オイスターしらたき】

    材料(1人分)
    ・おでんのしらたき(味のしみ込んだおでんの余りでOK) 70g ※普通のしらたきをおでんスープで煮たもの、コンビニのおでんのしらたきでも作れます。
    ・おでんの汁 大さじ2
    ・牡蠣の燻製(市販品、缶詰) 2個
    ・オイスターソース 小さじ1/2
    ・味噌 小さじ1/3

    作り方

    1・牡蠣の燻製を切る。


    牡蠣の燻製缶を利用。
    1個は細かく切り、もう1個は半分に切る。

    2・しらたきは、食べやすい長さ(8cm程度)に切る。

    3・小鍋にしらたきとおでんの汁を入れ、火にかけて温める。オイスターソースを加えて全体を混ぜたら、火を止める。味噌を溶き、1を加えてひと混ぜする。

    4・皿に盛り付ける。

    賢人のまとめ

    高たんぱくで低脂肪、そして、アミノ酸やビタミンA、B1、B2、さらにミネラル類(亜鉛、鉄、カルシウム)など、女性に嬉しい栄養成分を豊富に含む牡蠣。肝臓の機能を高め、疲労回復に役立つとされるグリコーゲンも豊富です。そして、冷蔵庫の片隅に追いやられがちなオイスターソースは旨みの宝庫。おでんスープやトマトソースなどに、隠し味的に少量加えれば味の深みが増すお役立ち調味料です。

    プロフィール

    時短レシピの賢人 はまだふくこ

    料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

    フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    ◆酵素ってどんな種類があるの?



    ◎酵素とは

    私たちの体の中では、生きていくにあたって色々な化学反応が起こっています。化学反応を早く進めたり、遅くしたりといったように、反応の速さをコントロールしてくれる物質を酵素と言います。もちろん、食べ物の消化もちゃんと化学反応で、酵素によってコントロールされています。

       ◎消化酵素と代謝酵素

    食べ物は、消化酵素によって体のなかで、細かく分解されます。酵素は、最適温度とPhによって働きが左右されます。体の中で食べ物を分解するのに働く酵素は、酵素によって何度くらいが一番働きやすいとか、酸性またはアルカリ性の時に働きやすいといったように、それぞれ適した条件があります。消化酵素によって分解された栄養は、代謝酵素によって体を動かしたり、脳を機能させたりといった、人間が生きていくための働きをします。

       ◎熱に弱い酵素

    酵素は、肉や卵などにも含まれている、たんぱく質で出来ています。人間は、皮膚、髪、爪など体本体が、たんぱく質で出来ています。体を構成しているたんぱく質で出来ている酵素が、食べ物を分解しているのです。そのため酵素は、卵同様に加熱や酸に弱く、60℃くらいの加熱で壊れてしまいます。壊れない限りは、ずっと体内で反応を早めてくれるので、体内で非常に役に立っているのです。

       ◎加齢により減少

    酵素が反応出来るのは、1種類につき1つだけとなっています。人間の体には、色々な反応が起きていますが、その反応一つ一つに酵素が関わっているのです。しかし、消化酵素と代謝酵素は、加齢により減少していきます。酵素が減少すると、太りやすくなったり、風邪を引きやすくなったりするなど、体に不調が現れます。二つの酵素は、体調を崩して代謝酵素を多く使うと、消化酵素も減ってしまいます。逆に、食べ過ぎて消化酵素を消費し過ぎると、代謝酵素も減って太りやすくなります。

       ◎消化酵素

    ・アミラーゼ

    唾液の中に多く含まれています。米などに含まれているでんぷんを分解して、糖にする働きをします。体温と同じ37℃でよく働きますが、42℃を超えると壊れてしまいます。ご飯をよく噛んで食べると、ご飯が甘く感じるのはアミラーゼの働きによるものです。

       ・プロテアーゼ

    プロテアーゼは、たんぱく質をアミノ酸に分解します。同じ仲間に、胃液に含まれているペプシンや、膵臓で分泌されるトリプシン、膵液中に存在しているキモトリプシンなどがあります。

       ・リパーゼ

    脂肪を脂肪酸とモノグリセリドに分解する酵素で、膵液に含まれています。脂肪を分解し、エネルギーに変える働きをしますが、過剰摂取された脂肪酸やモノグリセリドは、蓄積されてしまいます。


     ◆効果を実感!酵素青汁の選び方のポイント

       青汁といっても、色々な種類があるので、「目的に合った酵素青汁」を選ぶ事が大切になってきます。原料となる葉の種類によって、少しずつ効果が変わってきます。

       ◎明日葉→美容やダイエット

    明日葉には、カルコンというフラボノイド系ポリフェノールと、クマリンといいう抗酸化物質が含まれています。カルコンは、デトックス効果のある抗酸化物質なので、血液サラサラ効果や血管年齢を若く保つアンチエイジング効果があります。また、利尿作用があるので、むくみを改善する効果もあります。しかも、カルコンは、アディポネクチンという脂肪燃焼をサポートするホルモンの生産をサポートする働きもしてくれます。クマリンは、認知症に効果があります。

       ◎ケール→健康維持

    ケールは、アブラナ科の緑黄色野菜で、キャベツやブロッコリーと同じ仲間です。ビタミン、ミネラル、カロテノイドなどを豊富に含み、非常に栄養価の高い野菜です。ケールに含まれているHSPという成分は、ストレスで破壊された異常たんぱく質を修復して、老化を抑制することが出来ると言われています。それから、ケールにはカルシウムが、100g中に220mgも含まれていますが、その量は大麦若葉の5倍以上となります。カルシウムは、骨を丈夫にするだけでなく、コラーゲン生成をサポートするので、美肌効果も期待出来ます。また、カロテノイドによって、眼精疲労を軽減する効果も得られます。因みに、食物繊維は、100g中3.7gしか含まれていません。

       ◎大麦若葉→健康維持、便秘改善

    大麦若葉には、活性酸素を除去するSOD酵素が多く含まれています。空気の2%が活性酸素と言われています。活性酸素は、体内に入ってくるウイルスを攻撃してくれます。しかし、活性酸素が体内で増え過ぎると、体をサビさせてしまいます。他にも、GIVというポリフェノールや、ビタミンC、Eといった強い抗酸化力を持つ成分が含まれていますので、美肌やアンチエイジングにも効果があります。食物繊維は、100g中約47gと青汁の中で一番多く含まれているので、便秘改善効果が期待出来ます。他にも、造血効果のある葉酸や、カルシウム、鉄、亜鉛なども含まれています。

       ◎産地・栽培方法

    購入する際には、必ず原料となる青汁の産地を確認しましょう。安くても、産地の分からないものや、農薬や化学肥料を使用して栽培されたものだと、長期間飲み続けているうちに、体に農薬などが蓄積されてしまいます。国産で、無農薬の青汁が安心ですね。

       ◎添加物

    酵素青汁には、飲みやすくするために、デキストリンなどの人口甘味料が添加されているものや、食物繊維を増やすために、ガラクトマンナンや、フラクトオリゴ糖などが添加されてることが多いです。これらは、体に悪影響を及ぼす添加物ではありませんが、人によってはお腹が緩くなりますので、気を付ける必要があります。

       ◆酵素青汁に期待できる効果

       ◎足りない酵素を補う

    青汁に酵素が添加されているので、普段の食事では補えない食物酵素を補給することが出来ます。酵素が無ければせっかく摂取した青汁の栄養を体内で機能させることが出来ません。毎日何種類もサプリメントを飲んでいるのに、今一つ効果を実感することが出来ないという場合は、体内酵素が不足していることが原因かもしれません。

       ◎基礎代謝が上がる

    体内酵素は、20代をピークに減少していきますが、40代になると急激に減少し、60代になると半分以下になってしまいます。また、若くてもストレスや睡眠不足、偏った食事などをしていると酵素は減少します。酵素青汁を飲むことによって、基礎代謝を上げると、元気に活動することが出来るようになります。食ベ物から摂る酵素よりも、青汁酵素の方が酵素の種類が多く、吸収しやすいように熟成された酵素が配合されているので、体への作用が早いというメリットがあります。

       ◎免疫力アップ

    風邪を引きやすくなったり、花粉の季節になって急に花粉症の症状が発生する場合は、代謝酵素が減少していることが原因です。それから、花粉症になって免疫力が低下すると、鼻呼吸が出来なくなって、口の中が乾燥し、虫歯や歯周病になりやすくなります。

       ◎野菜不足を解消

    青汁だけでなく、何種類もの酵素が配合されているので、自分で野菜や果物を買ってきてスムージーを作ったりするよりも手軽に酵素を摂ることが出来ます。買ってきた野菜や果物は、カットしたりミキサーにかけたら、すぐに食べないと酵素が減少してしまいます。また、一般的なミキサーだと、ミキサーの熱で酵素が減少してしまうといったデメリットもあります。ですが、水で溶かすだけで飲める酵素青汁であれば、そのような心配なく、野菜と酵素を補給することが出来ます。

       ◆さいごに

     青汁酵素は、青汁と酵素を一緒に摂ることで、青汁の栄養を最大限に体に吸収することが出来ます。

       体内酵素が不足している年代の人は、毎日酵素青汁を飲むだけで、体のだるさが取れたり、痩せやすくなるのでお勧めです。

    女子の味方!”酵素系青汁”で体の中からきれいになる!


    (出典 news.nicovideo.jp)




     中国メディア・今日頭条は22日、「納豆とは一体何なのか どうして中国人は日本人に倣って納豆を食べ始めたのか」とする記事を掲載した。

     記事は、納豆が歴史的に中国と深い関わりを持つ食べ物であることを紹介したうえで、その作り方を説明。「伝統的な作り方では、蒸した大豆を稲わらで包む。稲わらは摂氏100度の沸騰したお湯を使って殺菌消毒するが、納豆菌は高温でもすぐには死なず、他の菌だけ殺すことができる。そして、稲わらに包んだ大豆を摂氏40度の環境で1日放置する。そうすると大豆が発酵し、粘り気のある糸状の物質が生じる。これは主にアミノ酸でできており、納豆のおいしさの源になるのだ。納豆は粘りがあり、やや臭く、味は微かに甘い」としている。

     そして、納豆には醤油とからしを加えてかき混ぜ、白いご飯の上に乗せて食べるのが基本であり、さらに生卵、ネギ、みょうが、大根おろし、かつおぶしを一緒に混ぜる人もいるほか、北海道や東北地方では砂糖を混ぜるなど、地域によって独特の食べ方も存在することを紹介。ネギやからしなどの薬味は「慣れない人は腐った大豆の水煮のように感じる臭い」を和らげる効果があると説明した。

     さらに、納豆にはサポニン、イソフラボン、不飽和脂肪酸、レシチン、葉酸、食物繊維、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンや多くのクエン酸、ミネラルが含まれており、長期的に食べ続けることで健康維持の一助となるとした。また、胃腸の消化吸収を助け、血圧の安定なども期待できると伝え、「それゆえ、中国人も納豆を食べ始めているだ」としている。
    日本の不思議な食べ物・・・納豆とはいったい何なのか、何でみんな食べ始めているのか=中国メディア 


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ