簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


     40代後半から50代の閉経期にかけて起きる更年期障害。さまざまな不定愁訴が起こるといわれていますが、この時期の食事はどんなことに気を付ければいいのでしょうか。

     更年期で一つ知っておきたいのが、「セロトニン」のこと。主婦の友社編集の「効く!食事療法大全 大満足レシピベスト400」(主婦の友社刊)によると、セロトニンには、麻酔のように痛みをやわらげる「鎮静効果」が認められているそうです。また、ストレスに直接作用する、ノルアドレナリンをコントロールする役割も担うとか。イライラを抑えるというのはありがたいですね。更年期では、ぜひともセロトニンを増やしたいものです。

     セロトニンを増やす一つの方法が、朝日を浴びながら朝食を取ることだそう。もし、屋外で食べられるならそれが一番。でも、なかなか難しいと思いますので、カーテンや窓を開けて、爽やかな朝の空気を取り入れながら過ごすとよさそうです。

     また、食材はセロトニンの原料となるトリプトファンが豊富な、大豆、乳製品、卵などがオススメ。プロスポーツ栄養士である川端理香さんの「仕事のパフォーマンスが劇的に上がる食事のスキル50」(かんき出版刊)では、セロトニンを増やすにはソーセージ、焼き鮭、鮭のほぐし身(サケフレーク)、魚、大豆、卵、乳製品などが勧められています。他にも、豆乳や牛乳などもよいのだそう。

     女性にとって、更年期はつらい時期かもしれません。でも、ちょっとした工夫を積み重ねることでセロトニンが増え、快活に生活ができるかもしれません。試してみる価値はありそうです。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    日本とは全く違う文化が生んだ、異国の情緒漂う外国料理。そのなかでも中華料理とカレーは日本人の胃袋をガッチリと掴んでいるジャンルだ。油や香辛料を駆使して作られる数々の料理には特有の魅力がある。今回は、そんな中華料理&カレーの食べ放題楽しめる店を5つ厳選してご紹介。

    ■ 手作り小龍包&本格中華料理をカジュアルに!

    「上海スパイス 栄本店」(名古屋市中区)では、自慢の小龍包はもちろん、麻婆豆腐、カニ玉、青菜炒めなど、多彩な本格中華のオーダー式ランチブッフェ(2689円)が楽しめる。なかでも鶏を使った料理は、小龍包と並ぶ看板メニューで、銘柄鶏、地鶏、若鶏など料理ごとに吟味して使い分けるこだわりようだ。

    【食べ放題データ】「ランチオーダーブッフェ」(60分)

    時間:11:00~14:00/料金:2689円、小学生1393円、幼児637円、3歳以下無料/スタイル:オーダー式/メニュー数:約25種(小龍包、エビ蒸しギョーザ、フカヒレ入り蒸しギョーザ、青菜炒め、かに玉ほか)/予約可

    ■ こだわりの手作り餃子と80種類以上の中華料理

    北京風や四川風、香港風など、中国各地の料理や手作り餃子が自慢の「餃子王 錦店」(名古屋市中区)。この店では3時間、食べ放題&飲み放題プランが1人3000円で楽しめる。メニューは、回鍋肉、酢豚、エビチリをはじめ、台湾ラーメン、フカヒレ飯など、麺類・飯類も充実。個室があるので、宴会にもぴったりだ。

    【食べ放題データ】「食べ放題&飲み放題」(180分、土曜は120分)

    時間:17:00~25:00(LO24:30)/料金:3000円、土曜は2500円、中学生1780円、4歳~小学生780円、3歳以下は無料※注文は2人~可/スタイル:オーダー式/メニュー数:80種類以上(油淋鶏、回鍋肉、酢豚、エビチリほか)/予約可

    ■ 香港点心師による本格点心

    「ホテルアソシア豊橋」(愛知県豊橋市)内にある中華レストラン「中国料理 梨杏」。正統派の中国料理から広東料理をベースに上海風にアレンジした料理など、メニューのバリエーションが幅広い。ランチのバイキングは出来たての味を堪能できるオーダー式。香港飲茶を中心に、海老チリ、麻婆豆腐、酢豚など、多彩な料理が楽しめる。土曜・日曜・祝日には北京ダックが登場することも!

    【食べ放題データ】「香港飲茶ランチオーダーバイキング」(制限時間なし)

    時間:11:00〜14:00(LO)/料金:3200円、土曜・日曜・祝日は3300円、ネット予約特別価格3000円(平日のみ)、小学生1700円、幼児4歳以上1100円/スタイル:オーダー式/メニュー数:40種類以上(ふかひれ入り蒸し餃子、スペアリブのブラックビーンズ蒸し、広東風春巻、胡麻揚げ団子、海老チリソースほか)/予約可※ネット予約特典あり

    ■ 自分だけのオリジナルナン・ピザが作れる

    35周年を迎えた本格インド料理店「アクバル 栄店」(名古屋市中区)では、アニバーサリービュッフェを実施中だ。カレーは3種類で、ナンは注文してから職人が作る焼きたてが味わえる。自分でナンを切ってトッピングするオリジナル「ナン・ピザ」が一風変わっておもしろい。自分で作るカレードリアも人気だ。

    【食べ放題データ】「アニバーサリービュッフェ」(制限時間なし)

    時間:17:00~22:00(LO21:30)、土曜・日曜・祝日は 11:00~22:00(LO21:30)/料金:1296円、小学生1080円、幼稚園児以下は無料※35周年価格は2018年12月31日(月)まで/スタイル:ブッフェ式※一部オーダー式/メニュー数:約20種(3種類のカレー、ナン、ライス、ヨーグルト、パパドほか)/予約可

    ■ 1500円以上もお得なキャンペーンバイキング

    本場インド・ネパール料理の店「モティ,マハール」(愛知県豊橋市)のバイキングも魅力!通常3780円のものが、今ならキャンペーン価格の2160円で楽しめる。内容はカレー3種、ナン10種、タンドリーチキン、シークカバブなどの一品料理に加え、アルコール類を含むドリンクまでが飲み放題というから驚きだ。

    【食べ放題データ】「キャンペーンバイキング」(制限時間なし)

    時間:17:00~22:00(LO21:30)/料金:2160円、小学生1080円、5歳以下無料/スタイル:ブッフェ式/メニュー数:約25種(カレー、ナン、タンドリーチキンなど一品料理、パパド、アルコール類ほか)/予約可

    バイキングはオーダー式なので、出来たてを味わえる/中国料理 梨杏


    (出典 news.nicovideo.jp)




    毎年晩冬から春にかけて実施される「ヤマザキ春のパンまつり」。山崎製パン(東京都千代田区)が1981年からスタートし、春の風物詩となっている。

    対象のパンに貼付された点数シールを集めて応募すると、もれなく皿が当たるキャンペーンだが、実は「パン以外」も対象だった――。

    「パンとは何か?という哲学的な問い...」

    2018年の「パンまつり」は、2月1日~4月30日の期間行われている。

    キャンペーン名の通り、対象商品の多くは山崎製パンが販売する食パンや菓子パンで占める。だが、キャンペーンサイトを見ると、

    「魚介だし香る醤油ラーメン」
    「大きなチキンカツ弁当」
    「具たっぷり手巻おにぎり(紅鮭)」

    とパン以外の対象商品が多数紹介されている。これらは山崎製パンが展開するコンビニエンスストア「デイリーヤマザキ」「ヤマザキショップ」で販売するものだ。

    とあるツイッターユーザーが18年4月初旬、この事実について呟くと、

    「パンってなんだったっけ?穀物類の...何か......?」
    「パンとは何か?という哲学的な問い...」

    と頭を抱える人や、

    「これ、パンまつりちゃうやろ?」
    「もう山崎パンの春祭りじゃん」

    といったツッコミが続出した。

    ヤマザキに狙いを聞くと...

    一方で、

    「し、知らなかったーーーー!!今まで欲しいお皿のある年も『息子が食べられないから』って諦めてた。(アレルギーっ子あるある)」
    「おにぎりの方がポイントコスパ高いのよね」

    と好意的にとらえる向きも少なくない。

    それでは、なぜ「パン以外」も対象にしたのか。

    山崎製パンの広報・IR室担当者は4月20日、J-CASTトレンドの取材に、

    「多くのお客様に喜んでいただけるよう対象商品を拡大して、より点数を集めやすくしています。また、『デイリーヤマザキ』や『ヤマザキショップ』などの当社系列の販売店をご利用いただいているお客様に、ヤマザキグループが製造しているおにぎり、麺類などのおいしさにもふれていただきたいという思いから対象としました」

    と話す。おにぎりや麺類など主食系は2015年から対象になったという。

    今後、「パンまつり」の名称を変える可能性があるかとの問いには、

    「1981年から長きにわたり、お客様に愛され、浸透しているキャンペーン名ですので、名称を変更する予定はございません」
    デイリーヤマザキのキャンペーンサイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ