簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。



    暑い夏、日本酒の売上は落ち込むが新しい飲み方も増えている

    いよいよ全国的に暑い夏の季節となってきました。

    皆さんも暑気払いで飲む機会が増えているのではないでしょうか。こうなると、がぜん消費が落ち込むお酒は残念ながら「日本酒」です。圧倒的にビールの消費と缶酎ハイなどのリキュールが勢力を拡大します。それでも日本酒業界も近年は「夏」の名前を入れた夏酒を数多くリリースしています。どれも青色のボトルを中心とした清涼感満載の日本酒です。

    若者のアルコール離れが加速している昨今、特に日本酒はやられっぱなしです。それゆえ飲み方の提案も含めて新しい日本酒需要の掘り起こしに業界も取り組んでおります。それが、スタイリッシュな日本酒の飲み方です。オヤジ臭いイメージのお酒からなにやらかっこが良いぞと思われる日本酒の飲み方。ワイングラスで飲んでみたりカクテル感覚で飲んでみたりと多様性が増してきています。

    それでは日本酒を冷(ひや)若しくは燗(かん)で飲む以外にどんな飲み方があるのでしょうか。特に日本酒の消費が落ち込む夏に照準を合わせてお話ししたいと思います。

    冷・燗以外での日本酒の楽しみ方3パターン

    1.カクテル感覚で飲む!

    以前から、世界中のカクテルバーで飲まれている有名な日本酒カクテルは「サムライロック」です。

    これは日本酒をベースにライムを加えてロックスタイルで飲む超シンプルなカクテルです。飲んでみると爽やかな柑橘系の味わいに甘みを感じさせる日本酒とのコントラストが調和しており世界で支持される理由がわかる、納得のレシピです。

    他のレシピでお勧めなのが「サケティーニ」と言われるこれまた有名なカクテル。世界のカクテルの定番「マティーニ」の日本酒版です。日本酒にドライジンを五分五分で割り、粒オリーブを入れて飲むカクテルです。なんだかドライ感もしっかりして大人の味わいがします。

    それから、意外とお勧めなのはお好きな量のトマトジュースと日本酒で割る飲み方です。ビールとトマトジュースで割る定番カクテルの日本酒ヴァージョン「レッドサン」です。

    他には、炭酸やジントニック、ジンジャエールのソーダ系と割るのも手軽です。柑橘系の果物スライスを添えるだけでおしゃれな飲み物に変化します。ソーダ系はドライ感やすっきり感がますのでほんとに夏向けの飲み方と言えます。

    使う日本酒はフルーティーな吟醸系と芳醇系の純米酒のどちらでもそれぞれの個性が生かせます。

    2.ロック&水割りで飲む!

    夏はロックでぐいぐいと日本酒をと言う方々も最近は増えてきました。また水割りもそうです。もともと日本酒は20度近いアルコール度数を水で割り度数を低くしています。

    水割りと言う飲み方はむしろ違和感のない優しい口当たりでしかも体にも優しい飲み方と言えます。度数が下がることで酔いも緩やかです。

    日本酒をロックで飲む?と不思議に思われる方がいると思いますが飲み方としてはかなり昔からあります。洋酒を飲む際に出される「チェイサー」いわいる「お水」ですが日本酒飲む際に出されるお水は「和らぎ水」と呼ばれています。ロックで飲む時にお水で多少割られていると思えば不思議でも何でもありません。むしろ清涼感満載で飲むことが出来ます。

    使う日本酒の種類はアルコール度数の高めの原酒やずっしりとした味わいの「生酛(きもと)」「山廃酒(やまはいしゅ)」などがお勧めです。水で薄まった感があまりしない力強い酒質だからです。

    3.凍らせて飲む!

    いわゆる「ミゾレ酒」と言われるものでアルコール度数により凍る温度は様々です。日本酒で度数が15度位でしたらマイナス7度ほどで凍らせることが出来ます。度数が高くなればなるほど凍る温度は低くなります。

    ちなみにアルコール度数20%くらいですとマイナス11度で40%位のウイスキーならマイナス30度以上必要です。シャーベットみたいな感覚で日本酒を楽しんでください。アイスの様でアイスではないので、食べるとちゃんと酔うことだけはお忘れなきように!

    夏の飲酒、脱水しないよう十分な水分補給を

    色々と夏の日本酒の飲み方がありますが飲む際に注意して貰いたいことがあります。お酒を飲むと必ず脱水が加速します。ただでさえ夏場は常に脱水気味の季節です。十分なお水と共にアルコールを飲んでください。ビールは水分ではなく利尿作用が強いアルコールですので大量にビールを飲んでも脱水は進みます。

    そして意外と知られていないのが、アルコールの体内で吸収され始める温度です。体温に近い状態に摂取したアルコールが体内で温度が上昇してからアルコール吸収が始まります。つまり冷たいアルコールはタイムラグが飲み始めから吸収されるときまであることを知っておいてください。酔わないからといってがぶがぶ飲むと、一気にくらくらと酔いが回って来ます。

    充分な水分補給を心掛け、ゆっくりと焦らずに味わって飲みを楽しんでください。二日酔いにもならず元気いっぱいの酒ライフで今年も「夏バテ」を吹き飛ばしてください!

    夏でも日本酒!暑い時期に楽しむ新しい飲み方・トレンドを解説


    (出典 news.nicovideo.jp)




    暑くて食欲が落ちがちなこれからの季節、ツルツルっと食べられる麺料理が大変おすすめです!大丸東京店デパ地下ほっぺタウンでは辛ウマ・冷ウマのイケてる麺が大集合。野菜もしっかりとれたり、辛さ調節もできたり、ひと手間かけてアレンジできたりとバリエーション豊かにご紹介。一皿でしっかり満足の「夏の麺」で暑い夏を乗り切りましょう!
    ◆辛ウマ!
    生麺、担担ダレ、肉味噌、麻辣油などがセットに。ご家庭で本格中華を!ゴマの濃厚かつ深みのある味わいと花山椒の爽やかな辛味が見事に調和!しびれと辛味の強さはお好みの分量の麻辣油で。
    パクチーやネギなどを追加でトッピングしてアレンジも。〈聘珍樓〉汁なし坦々麺(1食)518円

    ◆冷ウマ!
    和風だしと鶏だしを合わせたあっさりとしたスープは最後まで飲み干せる美味しさ!
    レタス、グリーンリーフ、大根、きゅうりなどたっぷりの野菜で食べ応えのある一品。
    〈RF1〉鶏だし藻塩スープのサラダ冷やし中華(1パック)723円(8月8日までの販売)

    ◆冷ウマ!
    追いかつお旨みスープをかけて食べる、野菜たっぷり、カラダよろこぶおうどんは227キロカロリー!
    〈RF1〉釜揚げしらすとおろしのさっぱりうどん(1パック)594円(8月8日までの販売)

    ◆辛ウマ!
    夏にピッタリのピリ辛ゴマダレに野菜もたっぷり。中華まん店プロデュースのオススメ麺料理!
    〈神楽坂 五十番〉汁なし坦々麺(1食)702円

    ◆冷ウマ!
    自家製ドライトマトとバジルの爽やかな香りが楽しめる冷製パスタ!
    〈西洋銀座〉自家製ドライトマトのカッペリーニ(1食)864円

    ◆冷ウマ!
    海藻、錦糸玉子、きゅうりと一緒にさっぱりと。
    〈いとはん〉具だくさんそうめん(1パック)680円(平日のみ販売)

    ◆冷ウマ!
    バジルの爽やかな香りがする夏の季節でも食が進む一品!サーモン、夏野菜のオクラ、パプリカで彩りも。
    〈西洋銀座〉サーモンとバジルのカッペリーニ(1食)864円

    配信元企業:株式会社大丸松坂屋百貨店



    (出典 news.nicovideo.jp)




     たびたびブームになってきた納豆が再び脚光を浴びている。見逃せないのはその効用の数々。大腸ガンから心筋梗塞、果ては脳血栓まで「万病に効く」最高の健康食なのである。中には「ニオイやネバネバが苦手」の人もいるだろうが、その対策もバッチリ。夏の5大レシピとともに、今日から始められる納豆生活を以下──。

     健康にいいイメージのある納豆だが、具体的にどんないいことがあるかは意外と知られていない。最初に、納豆に含まれる主な栄養素や成分、その効果について説明しておこう。

     納豆には、いわゆる6大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維)が全て含まれている。

     中でもビタミンは、A、C、D以外、ほぼ全てが含まれている。ふんだんに含まれるビタミンB2は糖質と一緒に摂取した際に血糖値の上昇を抑える効果があり、糖尿病を予防する力を持つとして注目を浴びている。

     日本人の摂取量減少が指摘されている食物繊維もたっぷりだ。食物繊維は便秘の予防・改善はもちろん、便秘に伴う肌荒れなどの改善にも効果がある。「腸に悪い14の習慣」(PHP新書)などの著書がある松生クリニック(東京都立川市)院長の松生(まついけ)恒夫氏はこう語る。

    「納豆には、不溶性の食物繊維が豊富で、100グラム中、4.4グラムも含まれます。不溶性の繊維は、胃で水分を吸って膨らみ、便の量を増やします。加えて、腸壁を刺激して便通を促す働きもある。水溶性の食物繊維も100グラム中2.3グラム含まれていて、便を柔らかくするのにも有効です」

     納豆にはポリアミン、イソフラボンという成分も含まれている。ポリアミンには老化防止、新陳代謝を促進する働きがあるため、くすみ、シミ・シワの予防効果が期待できる。

     一方のイソフラボンは、ポリフェノールの一種のため、強力な抗酸化作用があり、老化防止、アンチエイジング効果があると言われている。

     また納豆は、大豆が納豆菌によって発酵することで作られる。納豆菌の大部分は生きたまま腸まで到達し、大豆のタンパク質を分解する。この時できるブドウ糖や麦芽糖を餌にすることで、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が増えていく。その結果、腸内が善玉菌優勢となるのだが、松生氏が続ける。

    「腸にとって乳酸菌は好ましいものですが、その乳酸菌に動物性のものと植物性のものがあることは意外と認知されていません。動物性乳酸菌がヨーグルトやチーズといった動物由来の発酵食品に含まれるのに対し、植物性乳酸菌は納豆や漬物など植物由来の発酵食品に含まれています。現代人はこの植物性乳酸菌をもっと多く摂るべきだと、私は考えています。難病に指定されている潰瘍性大腸炎や大腸ガンの増加は、食の欧米化に伴い植物性乳酸菌の摂取量が減少していることと無関係ではないと思われます」



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ