簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


      ホクホク美味しい温野菜、ブロッコリー。通年購入できるようになりましたが、旬は冬です。ボリューム満点で食べ応え抜群なうえ、栄養も豊富となれば食べないのはもったいないですよね。

     特に、「絶対に風邪をひきたくない」という人にはうれしい栄養が含まれているんです。

    ビタミンCとβ-カロテンの相乗効果

     ブロッコリーに含まれる代表的な栄養は、ビタミンC。免疫力アップに期待される栄養で、可食部100gでおよそ一日分のビタミンCを摂取できると言われています。

     そして、β-カロテンの存在も忘れてはいけません。β-カロテンは、粘膜の強化に働く栄養でウイルスから体を守ることでも知られており、ビタミンCとの相乗効果で「風邪をひきたくない」という人の味方になってくれるでしょう。

    つぼみが開きすぎないうちに

     ブロッコリーは、つぼみを食べる緑黄色野菜。このつぼみが開いていくと、せっかくの栄養がそこから減っていきます。栄養を逃さないようにするには、房ごとに小分けにして硬めに茹で、ジッパー付きビニール袋などに入れて冷蔵・冷凍しましょう。

     一度に使い切れるのであれば、調理をするまでは0度前後を保った場所で保存をしてください。新鮮さを保てますよ。

    ◆オススメの食べ合わせ

     最後はブロッコリーを食べるときの“食べ合わせのヒント”です。献立の参考にしてみてくださいね

    1. 冷えが気になる/血行促進・・・にんにくたまねぎなど

    玉ねぎ


    2. 若々しさを保ちたい/抗酸化作用・・・トマト・なす・赤パプリカなど

    3. パワフルに過ごしたい/スタミナ強化・・・レバー・あさり・イカ・ほうれん草など

     ブロッコリーは、和・洋・中などさまざまな味付けや食材とも相性がよいので、いろいろな食べ方を楽しみながら、健康管理に役立ててみてはいかがでしょうか。

     ただし、ブロッコリーを食べているから風邪をひかないというわけではないので、睡眠や栄養バランスを考えた食事など日頃から予防対策を取るようにしたいものです。
     



    (出典 news.nicovideo.jp)




    山梨県を代表するうどんといえば、農山漁村の郷土料理100選にも選ばれている『ほうとう』と、富士吉田市発祥の『吉田のうどん』が有名だ。

    どちらも絶品のうどんだが、人気の観光地である河口湖周辺にはほうとうの店が山ほどあり、吉田のうどんはやや地元向けでその裏に隠れてしまっている印象がある。

     

    ■川口湖そばの吉田のうどんの名店


    かし、ほうとうを食べるよりも先にぜひ優先してほしい絶品の吉田のうどんを提供する店が、河口湖の南に存在する。

    その店『はちまうどん』は味だけでなくコスパも非常に優れていることで知られ、もっとも高いメニューはちまうどん』ですら600円と非常にリーズナブル。

     

    ■きんぴらと漬物はサービス

    さらにきんぴらと漬物はセルフサービスでついており、うどんが来る前にちょっとつまむのに最適。

    ほどよい塩加減で漬かった漬物と、シャキシャキのきんぴらは無料とは思えないウマさ。コレだけで普通に売れそうなレベルである。


    ■はちまんうどんはボリューム満点

    こちらがもっとも高い『はちまうどん』のつけ(600円)。わかめと肉、野菜がたっぷり入ったつけ汁と巨大な野菜のかきあげにうどんの構成だ。

    うどんの量は並でもかなり多く、食べきれない女性や子供のために100円引きの小も用意しているところが嬉しい。

     

    ■肉と野菜を絡めてズズッと

    肉や野菜を絡めてすする歯ごたえ満点の麺は、野趣あふれる田舎うどんの良さがたっぷり詰まった絶品。コレで600円は良心的すぎて儲かるのか心配になってしまうほど。

    吉田のうどんの店はほとんどが昼間の営業しかしていないため、行くなら少し早めに家を出ておくことをおススメする。昼は吉田のうどん、夜はほうとうというコースも悪くないぞ。

     
    ほうとうより優先すべき? 河口湖の激ウマ吉田のうどん『はちまんうどん』がコスパ最強


    (出典 news.nicovideo.jp)




     自己流のダイエットを頑張り過ぎると、便秘を招いて体重が減りにくくなり、モチベーションが低下してしまうことがあります。そんな、ダイエットの大敵「ダイエット便秘」の原因と対策について栄養士が解説します。

    便秘の原因に!NGダイエット4パターン


    1.食べないダイエット
     食事を抜いたり、食べる量を極端に減らしたりするダイエットはおすすめできません。というのは、食事の栄養素を吸収した後に生じる残りカスが、便の材料になるから。極端に食事量を減らすと、便を作り出せずお通じが滞るだけでなく、老廃物をうまく排出できないことによる肌荒れの原因にもなりかねません。
     とくに、朝食を抜くと排便のリズムが狂いやすくなり、便秘になりやすいとされているので注意してくださいね

    2.偏食ダイエット
     生野菜ばかり、ダイエット食品ばかりなど、偏った食品ばかり食べ続けている人は食事の見直しが必要です。理由は、便秘改善に効果的な食物繊維が不足しやすくなってしまうから。加えて、腸内環境を整える水溶性食物繊維と、便のカサを増やす不溶性食物繊維とをバランスよく補うことが難しくなるので便秘を引き起こしやすくなります。

    3.脂質抜きダイエット
     摂取カロリーを制限するために、脂質を全く摂らないのは困りもの。脂質は、腸内で便の滑りをよくして、スムーズに排泄させる働きがあるからです。また、腸の動きを活発にする作用もあるので、良質な油を適量摂ることが大切です。

    4.便秘薬ダイエット
     ダイエット便秘の解消と痩せる目的で便秘薬を常用するのは止めましょう。
     腸が便秘薬の刺激に慣れてしまい、自然な便意が起こりづらくなってしまいます。


    ダイエット便秘を防ぐコツとは?



    炭水化物を減らし過ぎない
     ご飯やそばといった主食の炭水化物には、食物繊維や便を軟らかくする水分が含まれています。したがって、炭水化物を減らし過ぎないようにすることが大切。また健康を害さないためには、最低でも1日130g以上の糖質を摂るようにして下さい。この量をご飯に当てはめると、お茶碗半分のご飯(120g)で約3杯分に相当します。

    良質の油を上手にとり入れる
     一日の摂取エネルギーの約20%を脂質から補うのが理想のバランス。とはいっても、ダイエット中は蒸し料理やホイル焼きなど、ヘルシーな調理を心がけている人も多いはず。
     そんなときは、亜麻仁油・ココナッツオイルオリーブオイルなどの良質の油を適量とり入れてみましょう。これらのオイルは大さじ1杯あたり約106110Kcal。あすけんを使って、自分にあった「オイルの適量」を見直すのもよい方法です。

    野菜をたっぷり食べる
     便秘解消に欠かせないのが食物繊維
     さまざまな野菜・きのこ類・海藻類を食べると、水溶性と不溶性の食物繊維バランスよく摂ることができ、お通じが整いやすくなります。いろいろな野菜を1日350g食べることを目標にしてみましょう。

     とくにきのこ類・海藻類はローカロリーで食事のカサましにもぴったり。ダイエット中の物足りなさを解消しつつ、ダイエット便秘を遠ざけてくれる優れものですよ。

     栄養バランスを整えた賢い方法で、ダイエット便秘知らずのカラダを目指しましょう。

     
    悩んでない?ダイエット便秘を解消するには


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ