簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    夏の出費を取り戻そう! FPオススメの超お得な「節約ランチ」メニュー | ニコニコニュース



    ランチを工夫して賢く節約を
                          

     海、山、川、友人や家族との旅行、実家への帰省。夏は楽しいイベントが多く、ついついお金を使い過ぎてしまいます。9月に入って「そろそろ節約しないと」という方も多いのではないでしょうか。節約において、まず重要なのは外食に頼りがちなランチのコストを抑えること。そこで、自炊してお弁当を作ることができればよいのですが、毎日となると大変です。

     筆者はファイナンシャルプランナー(FP)として、数多くのご家庭を訪問していますが、今回はそこで見聞きした、外食を利用してランチをできるだけ安く、おいしくするための知恵をいくつかご紹介したいと思います。

    ランチより安い朝食メニュー

     ランチは通常、ディナーよりもお得なことが多いですが、朝食はさらにお得です。多くの方のオススメはマクドナルドの「ソーセージマフィン」で、なんと1個100円。「普通のハンバーガーよりもマフィンの方が好き」という声も聞きます。

     ある方などは、これを持ち帰りで2個買ってランチとして食べるそうです。オフィスのレンジで温め、2個のソーセージマフィンを「分解・再構築」して「ビッグソーセージマフィン」にするというもので、その魅力はボリュームにあります。

     また、お店によっては午前11時まで朝食メニューを提供しているところもあり、これを早めの昼食としている人も多いようです。

     牛丼の「すき家」もその一つで、「まぜのっけごはん朝食」はご飯にミニサイズの牛小鉢、さらにオクラと温泉卵、冷やっこ、みそ汁がついて350円。通常の牛丼よりもお肉の量は少ないのですが、卵やみそ汁、小鉢がついて牛丼並盛と同価格はお得です。

     とんかつ専門店の「かつや」も午前11時までですが、こちらはなんと450円でとんかつ、ご飯、豚汁が楽しめます。しかも、会計時に100円オフクーポンがもらえるので、それを使えば次回以降は350円で食べられる計算。週1は350円でとんかつを食べる、という方もいるようです。

    お金がないならスマホを使え

     全国展開する飲食チェーンには、自社のスマホアプリを使ったサービスを提供している会社があります。

     丸亀製麺は、レシートに記載してあるQRコードを読み込むことで各種の割引クーポンがもらえます。また、毎月1日は釜揚げうどんが半額で並が140円、最も大きい特も240円に。この時、ほかのクーポンは使用できませんが、並と天丼用のご飯(120円)を注文して、そこに無料の天かすやネギ、天丼用タレを加えて「天丼風」にすれば、260円でおなかいっぱいになるという猛者もいます。

     マクドナルドのアプリは、ポテトS、M、Lサイズがすべて150円で買えるクーポンが手に入るので、ポテトLサイズと100円のハンバーガーで合計250円。コーヒーは社内の無料のもので節約している方もいます。マクドナルドのポテトが「たまに無性に食べたくなる」方にはうれしいランチです。

     職場近くに役所や大学があり、一般に開放されている場合は、そこを利用する方も多いようですが、市役所や区役所の食堂などは「そこまで安くもない」という意見もあります。逆に、大学の学食は安くてボリュームのあるメニューが多く、たとえば、日替わり定食が400円前後で販売されています。

     学生が好きなカレーなどは200円台で提供されていることも。筆者の会社の近くにある東京大学の銀杏メトロ食堂の250円カレーは有名で、学生の中に混じって近所の会社員とおぼしきおじさんが食べている姿を目にします。

     節約というと「我慢」「つらい」などのイメージがありますが、皆さんが開発している「オリジナル激安メニュー」の情報を聞くのは楽しいものです。少しでもお役に立てれば幸いに思います。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    肉じゃが革命!?実は足すとめちゃウマな食材があった! | ニコニコニュース



                                    

     肉じゃがは、どんな具を定番にしていますか?

    肉じゃがの具といえば、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、お肉、しらたきなどが思い浮かびます。でも、たまに具材が全部そろわないことってありますよね。そんなとき、肉じゃがに足したい具材が、あの意外な食材なんです。

     タレントの辻希美さんは、肉じゃがのにんじんがなく、代わりに入れたのがトマト! 肉じゃがとトマトは相性がよくないように思えますが、大丈夫だったのでしょうか。

     実はこの組み合わせ、料理番組「MOCO’Sキッチン」(日本テレビ系列)でも「もこみち流 トマトの肉じゃが」としてレシピが紹介されています。最後にトマトの水煮をつぶして入れてグツグツと煮込んででいます。

     また、NHKエデュケーショナル「みんなのきょうの料理」の公式サイトでも、イタリア料理店オーナーシェフの片岡護さんがトマト入り肉じゃがのレシピを紹介しています。甘辛しょうゆ味に、トマトが効いて、後味がさっぱりするのだそうですよ。

     紹介したレシピでは、違和感なく、当たり前のように肉じゃがに使わていたトマト。実は、肉じゃがを新領域に持って行く画期的な食材だったようですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    エ…サツマイモも!? 食欲の秋に「食べて痩せる」ダイエット食材3つ | ニコニコニュース



    エ…サツマイモも!? 食欲の秋に「食べて痩せる」ダイエット食材3つ
                       

    「痩せたい! でも食べたい!」というのは、いつの世も変わらぬ女性の心理。季節はこれから食欲の秋本番。そろそろ秋の豊かな味覚も出そろう頃。大しておなかも空いていないのに、口さみしくて何か食べたい欲求が抑えられないこともあるのでは?

    そこで今回は、ダイエット中でも嬉しい“痩せ効果”が期待できる食材を、『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。

    食事に「舞茸」をプラスしてみて!

    低カロリーなキノコ類。ダイエットの定番食材ですが、中でもオススメなのは、過去記事「細いのに…“やせ太り女子”急増中!肥満専門医オススメやせ食材で解消」によると、“舞茸“だそう!

    舞茸に含まれる“マイタケβ-グルカン”という成分は、中性脂肪、血中の悪玉コレステロールの分解を促す効果があるため、血液をキレイにし、代謝を高める効果が期待できると言われています。また、キノコ類がもつ“キノコキトサン”という成分は、脂肪の吸収を抑制してくれるのだとか。

    さらに、デトックス効果のある“不溶性食物繊維”と、糖質の吸収を緩やかにする効果のある“水溶性食物繊維”の両方が含まれているため、便秘予防&解消にも◎。カロリーも100gで約16kcal! 噛みごたえもあり満腹中枢を刺激してくれるので、食事に舞茸料理をプラスするだけで、「お腹いっぱい食べた!」という気分を高めてくれそう。

    スープや味噌汁に入れたり、レンジでチンしてポン酢をかけて食べたり……調理の手間がかからない食材なのもうれしいですね。

    意外!さつまいもには糖質の吸収を抑制する成分が…

    秋に食べたくなる、ホクホクの焼き芋。「さつまいもって甘いし、なんとなく太りそう……」と思っている人もいるでしょう。

    しかし、過去記事「痩せたい人は…食べるだけ!“脂肪燃焼をスルスル進める”意外食材3つ」によると、避けるべき食材ではないようです。

    実はさつまいもには、脂肪燃焼を促進するとされるビタミンB、糖質の吸収を抑えるというクロロゲン酸が含まれているので、ダイエット中のおやつにピッタリ!

    ただし、揚げてあるものはカロリーが高くなります。大学いもなどは避け、シンプルな焼き芋にするのがいいでしょう。

    主食が減らせない…ならば白米に大麦を混ぜて!

    主食=炭水化物を減らすというのはダイエットの定番ですが、秋は“ジューシーな焼き魚に炊きたての新米”や“松茸ごはん”など誘惑がいっぱい……。「減らすなんて無理!」という人は、大麦を混ぜてみるのはいかがでしょうか。

    過去記事「オヤツ食べても痩せボディ!食のプロがやってる“スリムキープ術”4つ」によると、大麦には、水溶性食物繊維の“大麦β-グルカン”が含まれています。

    この“大麦β-グルカン”は、糖質の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の急上昇を抑えるといわれているのだそう。これにより、インスリンの大量分泌を抑えてくれるので、内臓脂肪をつきにくくするのに役立つのです。

    食べて痩せられるだなんて、そんなに嬉しいことはないですよね。食欲に負けそうなときは、今回ご紹介した食材を積極的に取り入れて、ストレスフリーなダイエットを試してみてはいかがでしょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ