簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    カロテノイドは、ヒトにとって必須の成分ではないものの、摂取することでさまざま効果が得られると期待されている成分です。カロテノイドを含む食品にはどのようなものがあるのか、またカロテノイドの効果について詳しく見ていきましょう。

    カロテノイドってどんな成分?

    カロテノイドは、現在では600種類もの数が見つかっています。ヒトの体内ではカロテノイドを生成することができないため、摂取するためには野菜や果物を摂らなくてはなりません。

    カロテノイドは機能性成分であり、生きていくために必要不可欠必須栄養素ではないものの、健康に対する有用性が示されているデータが多くあります。カロテノイドばかりを意識して摂る必要はありませんが、体によい効果が期待できる成分として知っておくに越したことはないでしょう。

    カロテノイドの基本的な効果は?

    カロテノイドには多くの種類があり、それぞれ含まれる食品が異なります。それぞれのカロテノイドには、独自の作用を持つものもありますが、ここではまずカロテノイド全体の共通効果について解説していきます。

    カロテノイドの共通効果には、主に抗酸化作用が挙げられます。抗酸化作用とは、がんや生活習慣病の原因となる活性酸素を消去する働きのことです。 活性酸素は、過剰に生成されると体を構成する組織を傷つけてしまいます。例えば、活性酸素によって酸化された脂質は、血管の壁を傷付けて動脈硬化を促進させ、脳血管疾患や心疾患といった重大な病気のリスクを上昇させるのです。

    私たちの体には、もともと活性酸素を除去する機能が備わっていますが、これは加齢とともに衰えていきます。そのため、健康のためにはカロテノイドを含め、ビタミンやポリフェノールといった抗酸化物質をとり入れることが大切だとされているのです。

    カロテノイドにはどんな種類がある?

    ひとまとめにカロテノイドといっても種類はさまざまです。それぞれ独自の効果を持っているものもあるので、カロテノイドを含む食品と期待される効果について紹介していきます。

    人参、かぼちゃ…β-カロテン

    β-カロテンはビタミンAの前駆体で、体内に入るとビタミンAになります。視覚や皮膚・粘膜を正常に保つ機能、免疫機能の維持に効果が期待されています。

    トマト、すいか、柿…リコピン

    トマトの赤い色素はリコピンによるものです。β-カロテンよりも抗酸化作用が強く、動脈硬化の進行を防ぐと考えられています。リコピンはオリーブオイルと併用し、加熱することで吸収率が高くなります。

    みかん、とうもろこし…β-クリプトキサンチン

    β-クリプトキサンチンは、β-カロテンと同様に体内でビタミンAに変換されます。みかんを食べて手が黄色くなるのは、このβ-クリプトキサンチンによるものです。肺がんや骨粗しょう症糖尿病などの多くの疾患に対して高い効果を示しているという研究報告があります。

    ほうれん草、卵黄、豆類…ルテイン

    ほうれん草の茎にある、赤い部分に含まれる成分です。ルテインは目の網膜の黄斑部に存在し、紫外線を吸収して黄斑変性や白内障を予防すると考えられています。

    鮭、エビ、カニ…アスタキサンチン

    抗酸化力が強く、美容効果が期待されており、化粧品の成分として使われることもあります。

    まとめ

    カロテノイドには多くの種類があり、共通の効果である抗酸化作用の他に独自の効果を持ちます。野菜や果物を摂取していれば、ポリフェノールやビタミン類を含めて抗酸化作用を持つ成分は自然と摂れるはずです。カロテノイドを摂ろうと無理に構えず、毎日の食事のなかで自然に野菜と果物をとり入れていくとよいでしょう。

    β-カロテンにリコピン…カロテノイドの種類と効果とは?


    (出典 news.nicovideo.jp)




    1月20日は一年で一番寒いといわれる二十四節気の大寒(だいかん)です。寒さに負けず鶏がこの頃に産んだ卵は滋養に満ち、食べると一年間健康に過ごすことができ、また金運もアップするといわれています。今年の大寒は、卵料理を食べて一年の健康と金運アップを願ってみませんか?

    つるんときれいな茹で卵、ゆで方むき方のコツ

    煮卵を作りたいけれど、新鮮な卵に限って殻がきれいにむけずに、ガタガタと月のクレーターのようになってがっくりした経験はありませんか? でも大丈夫、茹で卵を作る時、ちょっとしたコツがあります。

    まずは卵を室温に戻します。そしてゆでる前に、卵のとがっていない方の端っこに小さな穴をあけます。

    包丁の付け根で数回、やさしくコンコンと叩くと簡単です。あれば目打ちでもよいですね。

    こちら側は、殻と薄皮の間にある空気室の部分なので、ここに穴をあけてあげることにより、殻と白身の間に水が入り、茹であがってむく時にきれいにむけるというわけです。

    穴をあけている間に、鍋に湯を沸かします。卵4個で1リットルくらいあるとよいですね。

    ここに酢小さじ1~2杯を入れ、沸騰したら卵を入れます。中火で卵がかるく踊る程度に加減し、時々転がすようにしながら、卵黄がトロトロなら6分、半熟で7~8分、固ゆでなら10分ゆでます。

    好みの時間茹でたら湯から取り出し、氷水につけましょう。一気に冷やすことでこれ以上の加熱も止められますし、氷水の中で冷やすことで殻と卵白の隙間に水が浸入し、つるんときれいな美肌の茹で卵になります。

    しっかりと冷めたら、氷水を下1cm程度残して捨て、鍋に蓋をしてガシャガシャとゆすります。殻全体がひび割れることで、ペリペリと気持ちよくむけますよ。

    作り置きにも便利な煮卵の味付け

    調理時間各15分、漬け込み時間を除く。

    基本の煮卵、和風味

    【材料】2個分
    卵 2個(上記方法で好みに茹で、殻をむいておく)
    <たれ>
    めんつゆ 100cc(濃縮タイプは規定の分量で薄めておく)
    しょうゆ 大さじ1
    みりん 大さじ1

    ラーメンにもおすすめ!中華味

    【材料】2個分
    卵 2個(上記方法で好みに茹で、殻をむいておく)
    <たれ>
    しょうゆ 大さじ4
    みりん 大さじ2
    酒 大さじ1(あれば紹興酒)
    にんにく・しょうが 各1かけ(鍋や包丁でたたいてつぶしておく)
    鷹の爪 1/2本
    八角(あれば) 1/3個
    シナモンスティック(あれば) 1/2本

    サラダにも使える!ピクルス卵

    【材料】2個分
    卵 2個(上記方法で好みに茹で、殻をむいておく)
    <たれ>
    酢 500cc
    水 25cc
    砂糖 大さじ1
    塩 小さじ1
    たかのつめ 1/2本
    ローリエ 1枚

    【作り方】

    1. <たれ>の材料をひと煮立ちさせ、保存容器やファスナー付き保存袋に茹で卵とともにつけて冷蔵庫で保存する。
    2. 半日以上置いて味をしみ込ませる。

    コハク色で美しいべっ甲卵は、おつまみやごはんに!

    調理時間15分、漬け込み時間を除く。

    【材料】2個分
    たまご 2個
    味噌 大さじ3(合わせ味噌または赤味噌、お好みで)
    みりん 大さじ1.5~2
    酒 少々
    ガーゼ 1枚(またはキッチンペーパー。ただし破れにくいもの)

    【作り方】

    1. 味噌、みりんをボウルに合わせ、よく練り混ぜる。
      ※みその種類により硬さが違いますマヨネーズよりも少し硬めくらいに調整してください。
    2. (1)の半量を保存容器に入れ、酒で湿らせたガーゼを敷く。間隔をあけてスプーンの背などで卵黄の形にくぼみを作っておく。

    3.卵黄を取り出し、(2)のくぼみにそっと並べ、上からガーゼをかぶせる。

    4.(3)の上に残りの味噌をのせ、冷蔵庫で半日~1日漬け込む。

    5.卵黄に透明感が出て、箸でつまめる程度に固くなれば完成。

    なぜ大寒に卵を食べるとよいの?

    2019年1月20日二十四節気の大寒(だいかん)です。旧暦の行事が載っているカレンダーを見ると書かれている場合がありますね。一年を24で割り、その季節ごとの気温、季節の移り変わりを表す日本古来の表現方法のうち、一年で一番寒い時を表す言葉です。

    大寒は、旧暦の一番最後の一節。本来は一日だけを示す言葉ではなく、次の立春、つまり節分までの約二週間をさします。この寒い時期、生き物はみんな生命活動が低下し、冬眠するものもいます。たとえ冬眠しなくても、あまり活発には活動しなくなりますね。

    にもかかわらず、気力体力に充ちあふれた鶏が産んだ卵は、とても貴重で力強いものの象徴だったのでしょう。そのような卵を食べることで、卵の「気」をいただき、一年の健康と金運を祈ったといわれています。

    幸せなことに、ものにあふれている現代ですが、卵は価格の優等生とも言われていますし、栄養も満点です。おいしく頂いて今年一年の健康を祈りたいものですね。

    <注>
    べっ甲卵及び煮卵を半熟に仕上げた場合は、食中毒予防のためにもお弁当には入れないでくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)




    春の始まりにはイチゴが安くなり、そのまま食べたり加工したりして楽しみたくなりますよね。しかし、イチゴジャムは時間をかけて加熱する必要があって面倒… 今回はそのようにお悩みの人のために、火を使わずにできるイチゴジャムのレシピを紹介します。
    ポイントスーパーフードの一種である「チアシード」を使うことです。お子さんに人気のイチゴジャムを手作りすれば添加物を気にする必要がなく、甘さ控えめにするなど自分好みにアレンジできます。材料を混ぜるだけで簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね

    チアシードの特性を利用して火を使わずに作れる

    スーパーフードでお馴染みの「チアシード」は水を吸うことで強い粘りを持ちます。この特性を利用して、火を使わずに簡単にイチゴジャムを作っていきましょう。では、早速レシピと作り方を紹介しますね。

    【材料】(2人分)
    生のイチゴ 100g
    メープルシロップ 小さじ1杯
    砂糖 小さじ1杯
    レモン汁 小さじ1杯
    チアシード 小さじ2杯

    【作り方】
    1.イチゴを水洗いしてからヘタを取り、小さなさいの目に切っておく。

    小さく切るほど水分が出やすくなって短い時間で作れます。イチゴの食感を楽しみたい場合は、もっと大きく切ったり、大きさをあえて揃えずに切ったりしてもいいですね。

    2.切ったイチゴレモン汁と砂糖、メープルシロップを混ぜて水分を出すために30分~1時間ほど放置する。

    放置した後の様子。浸透圧によってイチゴから水分が出ます。

    ここでは甘みをつけることに加えて水分を出すことが目的なので、時間がない人はメープルシロップと砂糖、レモン汁を混ぜた後に軽くレンジにかけると時間短縮できるでしょう。

    3.水分がしっかりと出たらイチゴフォークで潰し、チアシードをよく混ぜ込んで保存容器に移す。冷蔵庫で一晩おいたら完成。

    必ず一晩以上おいてから食べましょう

    イチゴフォークで潰すことでさらに水分を出し、チアシードの粘性を助けます。水分が多すぎるとサラッとしたイチゴジャムに、水分が少ないとかなり粘りが強いイチゴジャムになるので、次回以降はチアシードの量や水分をお好みで調節してみてください。

    水分を含んでいないチアシードは体によくないといわれているので、必ず一晩以上おいてから食べましょう。

    チアシードを使ったジャムの場合、イチゴが少量でも上手に作れて失敗する心配がありませんし、フレッシュな味わいを楽しめます。

    イチゴ以外の果物でもおいしい

    今回は季節のフルーツということでイチゴジャムを紹介しましたが、ラズベリーオレンジブルーベリーマンゴー、洋梨などでも同じ方法で簡単においしく作れます。

    チアジャムはレモン汁なしでも作れますが、味が引き締まってフレッシュさが出るためレモン汁ありの方がおすすめです。加熱しないので、フルーツは甘みが強いものを選ぶとよいでしょう。

    イチゴジャムを手作りしておけば朝食のトーストヨーグルトはもちろん、パンケーキクレープなどのデザートにも使えてとても便利です。添加物が入っていないので市販のジャムより日持ちしませんが、体に優しく季節の味をそのまま楽しめますよ。

    スーパーや青果店などでイチゴが大量に売られている時期なので、ぜひ今回のチアジャムを試してみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ