簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    代替テキスト

    SNS上で勃発したポテサラ論争に終止符! 食べる人が自分で仕上げる「串カツ田中」方式なら、作る側と食べる側、両者にとっていいことずくめ。名づけて「すり鉢ポテサラ」、家庭の新定番にしてみてはーー。

    世代や男女による価値観の差を浮きぼりにした“ポテサラ論争”。さまざまな論点があったが、ここまで盛り上がった一因には、見かけによらず、ポテトサラダが手間のかかる料理だったことにある。

    そもそもこのポテサラ、おなじみの料理なだけに、じゃがいものつぶし具合や具材、味つけなど、意外と好みが分かれるところ。それぞれが自分の好みに仕上げることが基本になれば、みんなが笑顔になれるはずだ。

    ポテサラという料理は不思議で、つぶしたじゃがいもマヨネーズベースにすれば、どんな具材を加えてもなぜか味がまとまる。争うことの不毛さを感じるほど、多様性を受け止める料理なのだ。

    料理家のほりえさちこさんに、作り手の手間がかからず、ポテサラの可能性が広がるアイデアをうかがった。

    ■全ポテサラ共通のベース

    ・ゆでたじゃがいも
    マヨネーズ、塩、こしょう
    ・すり鉢&すりこぎ

    じゃがいもは熱いうちに皮をむくのが大変なら、皮をむいてから粉ふきいもにしても。具材や調味料の分量はお好みでOK。ただし、塩、こしょうは味をみてから仕上げに加えて。

    【1】<共通ベース>+サバ缶+きゅうりの輪切り+韓国のり+食べるラー油

    サバ缶、韓国のり、食べるラー油と、風味の濃い食材をてんこ盛りにした、ぜいたくなポテサラ。なにより、サバ缶の汁とマヨネーズがしみたポテトがあとを引くおいしさ! きゅうりは塩もみするひと手間で、食感よく仕上がる。

    【2】<共通ベース>+ツナ缶+青じそ&みょうがのせん切り+わさびしょうゆ

    かむほどにさわやかな夏の香りが広がり、わさびキリッと味を引きしめる大人のポテサラ。ツナ缶を水煮にするかオイル漬けにするかで、印象がぐっと変わる。しょうがや長ねぎのせん切りを加えて、薬味づくしにするのもオツ。

    【3】<共通ベース>+ちくわ青のりめんつゆ

    ちくわはあらかじめ輪切りにしても、豪快に混ぜながらつぶして存在感を出してもOK。青のりが加わることで、磯辺揚げのような味わいになるのがおもしろい。さらに、天かすを加えて「悪魔のおにぎり」のポテサラ版にしてもいい。

    【4】<共通ベース>+塩昆布+梅肉+枝豆+いりごま

    夏バテで食欲がないときにぴったりの、あっさり和風ポテサラ。塩昆布のうまみが時間とともに広がり、箸がすすむ味だが、塩味が強くなりすぎてしまうこともあるので、まずはひかえめに。ちりめんざんしょうや、しそ昆布も合う。

    【5】<共通ベース>+バター+岩のり+オニオンライス

    うまみが強く、岩のりとバターをからめたねっとり感が、食べすぎ注意のポテサラオニオンライスが箸休め的な役割を果たし、さらに止まらなくなる。岩のりが入るので、マヨネーズはひかえめでも。ざっくりより、しっかり混ぜたい。

    すり鉢とすりこぎを用意して、マイポテサラを作ろう。



    (出典 news.nicovideo.jp)




     食生活に身近な「大豆」。健康に良い食材としても知られています。豆腐、豆乳、納豆、味噌など大豆を原料とする食品はたくさんありますが、今回は「大豆」を使ったレシピについてご紹介します。


    大豆の健康効果

    大豆は、良質なたんぱく質と脂質を含む「畑の肉」と言われています。

    苦味成分のサポニンには抗酸化作用があり、細胞の老化防止や血中コレステロール値の低下、がん抑制、肥満防止といった効果が期待されているそうです。

    また豊富に含まれているリノール酸やレシチンは、血中コレステロール値を下げたり脂肪肝の抑制に作用するとされています。

    女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンは、更年期障害の予防や改善、また抗酸化作用、抗がん作用があるとされています。

    大豆の活用レシピ


    『カリカリじゃこ大豆』
    【材料(2人分)】
    蒸し大豆…1袋(100g)
    ちりめんじゃこ…15g
    ねぎ…10cm
    小麦粉…大さじ1
    サラダ油…大さじ3
    塩…小さじ1/3
    こしょう…少々

    【作り方】
    ①ねぎは縦半分に切ってから幅5mmに切る。ボールに大豆、小麦粉、水大さじ1/2を加えて混ぜる。フライパンサラダ油を加えて中火で加熱し、大豆を入れでほぐしながら約3分揚げて一度取り出す。

    フライパンの油を拭い、じゃこを入れて中火で約1~2分加熱する。大豆を戻し入れて、塩とこしょうを入れて混ぜ合わせ、完成。

    『大豆とソーセージトマト煮込み』

    【材料(4人分)】
    ホールトマト缶詰(400g入り)…1缶
    ダイスの水煮缶(150g入り)…2缶
    ウインナーソーセージ…12本
    サラミソーセージ…50g
    玉ねぎみじん切り…1/2個分
    にんにくみじん切り…1かけ分
    パセリのみじん切り…少々
    固形スープの素…1個
    サラダ油…大さじ2
    トマトケチャップ…1/3カップ
    塩…少々
    こしょう…少々

    【作り方】
    ウインナーソーセージの数か所に斜めに切れ目を入れておく。サラミソーセージは縦に切ってから薄切りにし、大豆の水煮は缶汁を切る。

    ②鍋にサラダ油を加えて強火で加熱し、玉ねぎみじん切りを入れて透き通るまで炒める。にんにくみじん切りを加えて、薄く色づくまでさらに炒める。

    ウインナーソーセージとサラミソーセージを入れてひと混ぜし、缶汁も一緒にホールトマトを2回に分けて加えて木べらでつぶす。大豆の水煮とトマトケチャップ、水200cc、固形スープの素、塩、こしょうを加えて、中火で約20分煮込む。
    煮汁が2/3ほどになったら消火し、器に盛りつけてパセリをふり完成。



    『大豆とにんじんひじきの和風サラダ

    【材料(2人分)】
    ゆで大豆…100g
    にんじん…1/2本(70g)
    ひじき…大さじ3(9g)
    グリーンリーフの葉…2枚
    〈A〉
    しょうゆ…大さじ1
    ・酢…大さじ1
    みりん…大さじ1
    ごま油…大さじ1
    ・塩…少々

    【作り方】
    ①芽ひじきは水でさっと洗い、水2カップに約20分つけて戻してざるに上げ、水気を切る。
    にんじんは、斜め薄切りにした後千切りにする。

    ②鍋で1リットルの湯を沸かし、芽ひじきと大豆を加えて30秒ゆでる。ざるに上げて水気をよく切る。

    ボールにAの材料を加えてよく混ぜ、にんじんと②を入れて約20分漬けこむ。
    ちぎったグリーンリーフを入れて混ぜ、完成。

    『大豆の炊き込みご飯

    【材料(作りやすい分量)】
    ゆで大豆…150g
    米…2合(360ml)
    ごぼう…1/2本(80g)
    にんじん…50g
    しいたけ…3個(45g)
    〈下味〉
    しょうゆ…小さじ5
    みりん…小さじ2
    ごま油…小さじ1
    青のり…適宜
    塩…
    しょうゆ

    【作り方】
    ①米を研いでざるに上げ、30分放置しておく。

    ごぼうはささがきにし、約5分水にさらす。にんじんは粗いみじん切りにし、しいたけは石づきを取り除いて薄切りにする。

    ごぼうの水気を切ってボールに入れ、大豆とにんじんしいたけを入れて下味の材料を加えてあえる。

    炊飯器に米を入れて、水1と1/2カップ、塩、しょうゆを加えて注ぎ入れる。③を下味ごと広げてのせ、炊飯する。炊き上がったらかき混ぜ、盛り付けて青のりをふる。

    大豆を食事に活用して、その健康効果を得てみてはいかがでしょうか。


    大豆の驚くべき効果効能


    (出典 news.nicovideo.jp)




     一見、脂質とお聞きすると、ダイエットの強敵・身体に悪いものと思われがちですが適切に適量!必ず摂取して頂きたい、栄養素です。


     主な働きとしては

    ・身体のエネルギー

    ・体温の調整、保持(免疫力に関与)

    ・細胞膜、ホルモン構成(栄養の吸収や排泄、脳、月経に関与)

    ・脂溶性ビタミンの吸収(ビタミンA,D,E,K)

    と、私たちにとってとっても重要な栄養素ってこと、お分かりいただけましたでしょうか?

    そして脂質にはたくさんの種類があります!大きく分けて3つですが、その中でも…様々なものに分類されます。



     見たことや聞いたことがあるものもあるかと思いますが、今日は低糖質ダイエット中摂取して頂きたいおすすめの脂質をご紹介させて頂きます。

    天然の魚に含まれるオメガ3(EPA・DHA) にはダイエット効果、血圧低下、血液をサラサラにし動脈硬化アレルギーの予防、脳の活性化によるアルツハイマー予防など様々な効果があります。養殖ではなく天然のものが良いですね。

    EX)アジ・サンマ・ブリ・真鯛・サバ・カツオ など

    a-リノレン酸が豊富なアマニ油、エゴマ油には、EPA・DHAのもとになるa-リノレン酸が豊富で、天然の魚の油と同じような効果が得られます。魚が摂取できないときなどはおすすめです。

    中鎖脂肪酸100%のMCTオイル体脂肪になり難くエネルギーになりやすいので、低糖質ダイエット中は必ず摂取して頂きたいとーってもおすすめの油です。脳の活性化、細胞修復、中性脂肪現象、ダイエット効果、食欲減退といった効果があります。無味無臭のため、コーヒーサラダプロテインなど何にでも入れてしまいます。わかりやすいと思いますが…効果も凄まじく個人的に必要不可欠です。

    ポリフェノール豊富なEXバージンオリーブオイルには、善玉コレステロール増加、悪玉コレステロール減少、抗酸化作用、腸活動活発化などの効果があります。酸化防止のため、黒い瓶の物がおすすめです。

    これらの良質な脂質を適切に適量摂取しなければ、せっかく低糖質ダイエットを行っていても、上手く脂肪が燃えずに、リバウンドの原因ともなってしまいます。一日一食は魚を摂取することや、毎食時にMCTオイルを使用する、またお料理の際はEXバージンオリーブオイルを使用するなど心がけてみてください。


    実は、脂質がダイエットで活躍??


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ