簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    2018年のボジョレー・ヌーヴォー11月15日に解禁となりました。お世話になっているワイン業者の方からも、今年のボジョレーは良い年でビックビンテージになる予感!と伺いました。そこで今回はボジョレー・ヌーヴォーにおすすめの、手軽にできるおつまみや料理のレシピ、アイディアをご紹介します。秋の夜長にほっと一息つかれたい方も、今年はボジョレーと一緒においしいお料理やおつまみを楽しんでみてはいかがでしょうか?

    スペアリブグリル バルサミコ酢とローズマリー風味 魚焼きグリルでもできる!

    スペアリブは、フライパンを使わなくても魚焼きグリルで焼くことができます。調味液に浸して冷凍しておけば、味も浸透していてそのまま焼くだけで食卓に出せるので、非常に重宝します。以前の記事でご紹介したように、肉類などは下味をつけてから冷凍保存をしておくと大変便利なのでおすすめ。

    今回はローズマリーを一緒に漬け込んで香りをつけました。冷蔵庫の残り野菜も途中からグリルに入れて一緒に焼くと、お野菜のグリルも同時に調理ができます。

    <材料>(2人分)
    スペアリブ 約600g
    A:にんにく(包丁で潰す) 1片
    A:はちみつ 小さじ1
    A:バルサミコ酢 小さじ4
    A:ローズマリー 少々

    <作り方>

    1. スペアリブは骨と肉の境に切り込みを入れ、Aをよく揉み込む。
    2. アルミホイルをしいた魚焼きグリルに(1)を並べ、中火で約15分〜20分焼く。

    焦げ付きそうな時は途中でアルミホイル被せます。また、片面だけの火力の場合は、途中で裏返して焼き上げましょう。

    冷凍保存する場合は作り方の(1)の工程の段階で、小分けに分けて保存します。

    たことじゃがいものガルシア風 手軽でシンプルだけどおいしい!

    スペインガルシア地方での料理と言われているたこのガルシア風。茹でたこがメインシンプルなお料理ですが、ワインとの相性は抜群。ボジョレーのような軽快な赤ワインにもおすすめです。

    生たこから茹でると時間や手間がかかってしまうので、お刺身用のたこを使えば手軽に作ることができます。玉ねぎと一緒に鍋で柔らかくなるまで煮て、温かいうちにお皿に盛りつけます。

    今回はじゃがいもと一緒に。じゃがいもレンジで加熱をすればより手軽に。レンジ加熱の目安は100gあたり電子レンジ600wで約2分です。

    皮は剥かずに泥をよく洗い落とし、耐熱皿に入れてラップをふんわりとかけ、加熱をします。粗熱が取れたら皮をむいて食べやすい大きさに切りましょう。

    オリーブオイルエクストラバージンオリーブオイルがおすすめ!)、パプリカウダーをかけていただきます。お好みでアイオリソースを添えても。

    カプレーゼアレンジ 火も使わずに忙しい時でも簡単にできる

    トマトとモッツァレラチーズバジルが定番のカプレーゼですが、そこに生ハムプルーン、ナッツを加えてちょっと豪華にしたカプレーゼアレンジはいかがでしょうか? 食物繊維が豊富なプルーンを使ったヘルシーおつまみです。火も使わず、より手軽にできる一品です。

    プルーンが入ることで甘みが増してトマトの酸味を和らげ、生ハムの塩気、プルーンの甘み、ナッツの食感も楽しめます。

    モッツァレラチーズトマトは薄切りに、生ハムは食べやすい大きさに切り、プルーンやナッツは荒く刻んでお皿に盛りつけます。

    エクストラバージンオリーブオイルをかけ、塩、こしょうをふっていただきます。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    寒い時期は体の中から温まるお鍋がやっぱり一番! 特にダイエット中でも安心なヘルシー食材や、乾燥肌対策に嬉しい食材を使ったお鍋ならなお良し! 
    そこで今回は、食べ応え抜群なのにとってもヘルシー。しかも簡単に作れる満足度の高い鍋レシピを、インナービューティー料理研究家の筆者が2つご紹介します。

    [nextpage title="【洋風・和風】ヘルシーなのに美味しい!簡単鍋レシピ"]
    ヘルシー鍋を作るポイント
    (1)かさがあり低カロリーな野菜をたくさん使う
    キノコ類、ブロッコリーもやし、豆苗、人参など
    (2)メインヘルシーな具材をチョイス
    …タラなどの白身魚や、肉なら鶏肉や豚肉
    (3)あつ揚げや豆腐など食べごたえのある食材を取り入れる
    【洋風ヘルシー鍋レシピ】鶏肉と厚揚げトマト

    <材料> 1人分
    厚揚げ 70-80g
    ・鶏もも肉 100g ※むね肉ならよりヘルシーに!
    しめじ 1/4株
    ブロッコリー 1/8株
    ・酒または白ワイン 大さじ1
    ・水 200ml
    トマト缶(カットタイプ) 200ml
    コンソメキューブ 1個
    <作り方>
    1.厚揚げと野菜類を食べやすい大きさに切る。
    2.小さめの鍋に水と酒を入れて中火にかけ、湧いてきたら鶏肉を加える。
    3.鶏肉に火が通り色が変わってきたら1とトマト缶、コンソメキューブも加え、蓋をして中火で約5分煮込む。
    <インナービューティーポイント
    ・抗酸化力が高いビタミンCやリコピンが豊富なブロッコリートマトをたっぷり摂れる、美肌作りやエイジングケアにも嬉しいレシピ。
    ・鶏肉はむね肉ならより低脂肪・低カロリー。鶏もも肉なら旨みも食べ応えも増します。カロリーが気になる場合、皮は食べずに残して。
    ・低カロリーで満腹感が得やすい厚揚げを加えることで、〆なしでも大満足!
    【和風ヘルシー鍋】豚肉としらたきヘルシー野菜のさっぱり鍋

    <材料> 1人分
    ・豚肉(こま切れまたはしゃぶしゃぶ用) 100g
    ・生芋しらたき 約80g
    もやし 100g
    ・豆苗 約20g
    しめじ 1/4株
    ・人参 約1㎝分
    すだち 1/2個
    ・出汁 400ml
    -A-お好みでなべに加えてアレンジを楽しむ
    ・柚子胡椒 少々
    ・味噌 大さじ1
    ポン酢 適宜
    <作り方>
    1. しらたきは熱湯をかけてアク抜きし、キッチンばさみで数か所ザクっと切って食べやすい長さにする。もやし、豆苗はよく洗い、根や髭を切り落とす。しめじは石づきを落として手で裂く。人参は皮を剥いて薄切りにする。
    2. 鍋に出汁を入れて中火にかけ、湧いてきたら豚肉を入れ火が通ってきたら残りの材料も加え、蓋をして約5分煮込む。
    3. そのままでも出汁の風味でおいしいですが、お好みでAをいろいろ加えてアレンジも楽しめます。
    <インナービューティーポイント
    ・低カロリーなのに満腹効果が得やすい「もやし」「豆苗」はお値段も安く、お財布にも優しいのが嬉しいポイント
    豆苗や人参には、お肌を乾燥から守る「カロテン」が豊富に含まれています。ダイエットモチロン、冬の乾燥肌対策にもおすすめです。
    ・豚肉には疲労物質「乳酸」の代謝をサポートする働きがあるビタミンB群が豊富。糖質や脂質の代謝もサポートするのでダイエットにも欠かせません。
    しらたきは「生芋」タイプチョイス。お肌の潤い成分のもとになるセラミドが豊富です。食物繊維が多く満腹感が得られやすいので、〆なしでも大満足!
    いかがでしたか? 低カロリー、高たんぱくなヘルシー食材をたっぷり使ったお鍋なら、ダイエット中でも安心。しかもうどんや雑炊など鍋の〆がなくても満腹に、気持ち的にも大満足。
    〆がない分カロリーを抑えられるので、残業などで帰宅が遅くなった夜でも安心。具材さえ用意すれば後は鍋に入れて煮込むだけで簡単に作れます。
    キノコ、人参、ブロッコリー、肉類などは予め冷凍保存しておくとさらに時短になって便利ですよ。冬のダイエット乾燥肌対策に、ぜひお試し下さい!
     

    ダイエットや乾燥対策に◎簡単ヘルシー鍋レシピ2つ


    (出典 news.nicovideo.jp)




    スーパーなどでは、1年中手に入るレモンではありますが、実は国産レモンの旬は「冬」。

    【画像】寒い季節にピッタリ!疲れた時にも効くレモン鍋レシピ

    というわけで、この11月からレモンが旬なんです!

    レモンというと唐揚げなど、ちょっと何かに絞って使うような脇役的なイメージも強いかもしれません。でも、もっと主役として扱われてもいいのかもしれません。

    もっとレモンを食べるべき理由と、レモンを活用できるレシピもご紹介します。

    旬だけではない、レモンに注目する理由

    旬のものを食べるという事以外にも、レモンに注目する理由があります。それは、レモンの生産量日本一を誇る広島県の離島、大崎上島の島民のみなさんが取り入れているレモン健康法

    生産地でもあり、よくレモンを食べる島民の方々は、平均に比べて、健康だということがわかったそうなんです。

    レモンは健康にいい!?

    瀬戸内海に面した、急斜面の多い「大崎上島」はレモン栽培に適した、まさにレモンの島。

    県立広島大学保健福祉学部 理学療法学科 教授/レモン健康科学プロジェクト研究センター長である飯田忠行先生によると、レモンをよく食べる大崎上島町の人たちは、骨が丈夫で平均寿命より長生きだというのです。

    5日に1個レモンを食べる

    飯田先生が2017年2月~2018年2月に実施した島民90名を対象にした健康調査によると、島民のレモン平均摂取量は約5日に1個という結果でした。全国平均が年間に5個なのに対し15倍多いことがわかりました。

    平均寿命が高い

    大崎上島町の平均寿命は、平均80歳と全国平均よりも7歳も高いのです。性別で見ると、男性は、全国平均が72.14歳に対し、レモン島民は76.4歳と4歳高く、女性は、全国平均74.79歳に対しレモン島民は83.7歳と約9歳も高いという結果に。

    骨が丈夫

    女性では、同年齢平均の骨密度よりも、島民の方の骨密度の方が高い傾向が見られました。さらに、レモンを多く摂取している島民は、骨密度が高いこともわかりました。

    飯田先生は、レモンに含まれるクエン酸が、カルシウムミネラルを腸から吸収しやすい形に変える「キレート作用」が関係しており、そのため、血中カルシウム濃度が維持され、骨密度を維持することにつながると考えられるとのこと。

    島民の皆さんは、普段から多くのレモンを摂ることで、自然とカルシウムが体内に吸収されやすくなっており、平均よりも骨密度が高くなった理由の一つにレモンの摂取が考えられるとコメントしています。

    血圧が低くなる

    レモンを定期的に摂取している方の方が、最高血圧が低く抑えられていることがわかりました。

    飯田先生は「レモンが血圧を下げる理由は皮に含まれるレモンポリフェノールと、果汁に含まれるレモンフラボノイドが関係しています。高血圧自然発症ラットを用いた研究でも、レモン果汁やレモンフラボノイド類が血圧に影響を及ぼす可能性が示唆されています」とコメントしています。

    このように、レモンは健康によい影響を与えることがわかりました。

    冬にもってこいのレモンレシピ!

    レモンを活用したレシピ

    それでは、この冬、レモンをたっぷり食べることができるレシピをご紹介します。寒い季節にピッタリで、疲れた時にも効くお鍋です。

    もやしレモンタワー

    【材料/2人分】

    スープ

    • 味噌:大さじ2
    • 豆板醤:小さじ1
    • 砂糖:小さじ1
    • にんにく(すりおろし):小さじ1/2
    • ガラスープ:800cc

    レモンごまだれ(作りやすい分量)〉

    〈具材〉

    【作り方】

    1. レモンごまだれ〉を作る。〈レモンごまだれ〉の材料を上から順に混ぜ合わせる。
    2. 豆苗をざく切りにし、トッピング用に少量残しておき、残りは子大豆もやしと混ぜ合わせる。しめじは手でほぐす。にらをざく切りにレモンを2~3mm厚の輪切りにし、半分にする。
    3. 鍋に〈スープ〉の材料を上から順に混ぜ合わせる。子大豆もやし、豆苗、にら、しめじを山盛りに鍋に盛り付け、まわりに豚バラ肉を巻きつける。輪切りのレモンを散らす(ポッカレモン100の場合は、スープの中に入れる)。
    4. 3を中火にかけ野菜を崩しながら鍋の具材全体を温める。お好みで〈レモンごまだれ〉をかけていただく。

    もやしレモンタワー鍋」は、この時期気になる免疫力アップに役立つレシピです。レモンに多く含まれるビタミンCウイルスの侵入を防ぐなど風邪対策に欠かせず、疲労回復などの効果が期待できます。

    お肉に隠れている子大豆もやしは、アスパラギン酸という疲労回復成分を豊富に含んでいます。その量はにんにくの2倍も! また、カリウムマグネシウムなどのミネラルが緑豆もやしに比べ3~4倍多く含まれています。

    さらに、にらや豆苗には、免疫力を高めるβ-カロテンが豊富。きのこに含まれるβ-グルカンをはじめとした食物繊維は、味噌などの発酵食品と一緒に摂ることにより腸の働きを促し免疫力を高める効果が期待できます。

    レモンとごまを使用したたれは、レモンビタミンCとごまのビタミンEのWの抗酸化作用があり、たれをかけることで疲労回復効果が期待できます。

    骨や血圧など、健康によい影響を与えてくれるレモン。もう少し主役として扱ってもいいかもしれませんね。これからの季節の家族みんなの風邪対策や疲労回復にも、今が旬のレモンを主役にしたお料理を作ってみてください!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ