簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    タリーズ銀座三越コミュ店限定!アパレルブランドとコラボしたスイーツドリンクが1週間限定発売 | ニコニコニュース



    タリーズから期間、店舗限定のスイ-ツドリンクが登場!
                       

    タリーズコーヒージャパンは、銀座三越コミュ店限定ドリンク「Pink vaniller frozen(ピンクヴァニレフローズン)」を8月16日(水)より、1週間限定で発売する。

    「タリーズコーヒー 銀座三越コミュ店」は、銀座三越3階婦人服フロアにある「Le PLAYCÉ(ル プレイス)」という場所にあり、おもに、ショッピングの合間のオトナ女子に利用されている。「タリーズコーヒー 銀座三越コミュ店」は、その立地を活かし、これまでもデザイナーとの限定コラボレーション商品や限定メニューなどを販売してきたが、この夏は、中田絵里奈さんがプロデュースする「le reve vaniller」とコラボレーションし、限定ドリンクを8月16日~21日の期間限定で販売する。ドリンクの名前は「 Pink vaniller frozen(ピンクヴァニレフローズン)」(価格 700円)。ミルクベースとストロベリーベースの2層のフローズンドリンクに、バニラ風味のかき氷とザクロゼリーを合わせホイップクリームとフランボワーズをトッピングした。シャリシャリ食感とぷるぷる食感の異なる食感や、ほんのりした甘みとザクロやフランボワーズの酸味で味わいのコントラストが感じられる、スイーツドリンクだ。

    この機会にしか飲めない限定ドリンクを味わってみては?



    (出典 news.nicovideo.jp)



    アメリカのチョコミント!アンデス「ミントパフェ シン」と「クリームミント シン」が爽やかうまい | ニコニコニュース



    アンデス「ミントパフェ シン」と「クリームミント シン」
                            

    アメリカで親しまれているアンデスのミントチョコレート。「ミントパフェ シン」と「クリームミント シン」をカルディで見つけたので購入してみました。

    ミントパフェ シンは、さわやかなミント色のパッケージが目印。開けるとさっそくミントの香りが鼻腔をくすぐってきます。包み紙の中には、ミントチョコでミルクチョコをサンドした3層構造のチョコレート。

    はじめに感じるのは爽快なミント風味。続いてチョコがまろやかな甘さを広げ、最後にその甘さをミントが包んでスッキリとした後味を残します。ミントタブレットを食べた時みたいに舌がスースーする!眠気覚ましにも使えるかも…?

    クリームミント シンは深い緑色のパッケージが目印。こちらはミルクチョコでミントチョコがサンドされています。

    ミルクチョコの分量が多いため、ミントパフェ シンよりもミント風味は弱め。でもあと口に清涼感のある味わいをしっかりと残します。アメリカのお菓子ってブラックコーヒー必須のめちゃくちゃ甘いものもありますが、これはミントのおかげで甘すぎないのもいい!甘さと爽やかさのバランスが絶妙で、チョコミン党ならずともクセになるおいしさです。

    どちらも一箱に28個入りの大容量なのもうれしいポイント。ひとりで存分にチョコミントを堪能するのはもちろん、チョコミン党でシェアするのも楽しいかもしれませんね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    「和食中心の日本人」には欧米のダイエット法は不要 | ニコニコニュース



                           

    次から次へと、よくわからない欧米発の横文字の健康法が乱立する昨今。とりあえず健康によさそうだと思って取り入れると、実は恐ろしいことになる可能性も……? そんな”健康オタク出羽守”に警鐘を鳴らす!

    ◆代謝の低い日本人の減量は和食が最も適している

     日本人は代謝が低い人種だが、欧米人より基礎代謝が約150kcal少ない原因は、体質や肥満遺伝子も関係している。その理由は、日本の自然災害などにあるという。遺伝子検査を駆使したダイエットに詳しい、医師の林博之氏は言う。

    「日本人は災害のたびに食糧難に陥ったため、基礎代謝を落とし、摂取したカロリーを体内に保持できる体質になったと考えられます」

     このことからも、人間の体質が環境的な要因によって長期的に変化していくことがわかる。

     だからこそ、欧米発のダイエット法に関しても、うかつに取り入れるのは危険だと林氏は警告する。日本人の体質に適した健康法やダイエット法を取り入れようとするならば、和食を食べることが最も理にかなっているのだと言う。

     特に和食の基本である一汁三菜(主菜1品、副菜2品+ご飯)は、ダイエットに不可欠な要素が奇跡的に揃っているのである。

     オクラ、納豆、メカブなどのネバネバ食材はタンパク質の吸収を助け、血糖値上昇を抑える。また、きのこ類は低カロリーで食物繊維が豊富で水分を含むと膨れるため、満腹感を得やすく、老廃物をスムーズに排泄する効果もある。

    「和食中心の生活をしていれば欧米のダイエット法を取り入れる必要はないはず」(林氏)

     欧米の健康ブームに飛びつくより、日本の食文化を見直したほうがよっぽど体に良さそうだ。

    ◆日本人に効かない薬がある!?

     日本人は薬が効きすぎることがあるのたが、逆に効果が出にくい薬も存在する。

     薬剤師の田中涼子氏(仮名)は言う。

    「人間の体には、CYP(シップ)という薬物を代謝するための酵素があり、この酵素の働きは人種によって異なります。欧米でつくられた薬は、欧米人のCYPの活性率に基づいて開発されているため、日本人には効きにくいんです」

     単に成分が強いだけでなく、酵素量も合わないのである。逆もまたしかり。例えばバファリンは、日本人用に開発された薬であるため日本人のCYPに則った用法用量になっている。

    「ただし、CYPには個人差もあるので、日本人用につくられた薬であっても全員に効くわけではありません。“自分に合う薬”という目線を持つことが大事です」



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ