簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。


    冬の寒さも本格的になり、底冷えするような日が続いています。こんな時期は、温かい食べものが恋しくなりますよね。

    温かい食べものというと、うどんもそのひとつ。会社帰りにお店を目にすると、つい寄ってしまいたくなります。

    でも、うどんは家でも簡単に作れます。スーパーコンビニで冷凍のものを買ってきて、レンジにかけるだけ。ただ、3個入りのパックで売られていることが多く、余らせてしまう場合があります。それに、いつも同じ調理法ではすぐに飽きてしまうでしょう。

    そこで簡単にできておいしい、ちょっと目先の変わったうどんのレシピを3つご紹介します。

    スプラウトの色も食欲をそそる。うま味が麺に絡む「納豆卵かけうどん」

    Photo: 大崎えりや

    ▼材料

    冷凍うどん……1玉

    ブロッコリースプラウト……1パック

    納豆……1パック

    納豆の付属のタレ……1つ

    卵……1個

    醤油……適量

    オリーブオイル……小さじ1と1/2

    ▼作り方

    STEP1.

    ブロッコリースプラウトは2cmくらいの長さに切る。飾り用に少し残して、そのほかをボウルに入れる。

    STEP2.

    1のボウルに納豆、付属のタレ、卵、醤油、オリーブオイルを入れてよく混ぜあわせる。

    STEP3.

    ボウルに、パッケージに記載されている手順通りにレンジで解凍したうどんを入れ、よくあえて皿に盛りつける。

    STEP4.

    飾りのスプラウトを添えて、できあがり。

    卵の黄色にブロッコリースプラウトの緑が映える、彩りの良い一品。うどんに卵と納豆がよく絡み、サラッとしてとても食べやすいです。ブロッコリースプラウトの爽やかな香りが鼻に抜け、清涼感も感じられます。

    さらに、お好みで粗挽き黒コショウをふると、いっそう味が引き締まります。

    ピリ辛があとを引く。「ラー油あえうどん」

    Photo: 大崎えりや

    ▼材料

    冷凍うどん……1玉

    ラー油……小さじ1と1/2

    ポン酢……大さじ1弱

    鳥がらスープの素……小さじ1/6

    チューにんにく……小さじ1/4

    パクチー……適量

    ▼作り方

    STEP1.

    うどんとパクチー以外の材料をボウルに入れ、よく混ぜあわせる。

    STEP2.

    パッケージに記載されている手順通りにレンジで解凍したうどんを入れ、よくあえる。

    STEP3.

    皿に盛り付けて、パクチーを添えてできあがり。

    赤い麺に添えたパクチーの緑と、色の対比が鮮やか。視覚的に食欲をそそられる一品です。口に含むと、けっこうな辛さで、ピリッと舌を刺激します。辛いのが苦手な人は、ラー油の分量を減らしたほうがいいかもしれません。とはいえ、あとを引く辛さとなっていて、ビールとの相性が良さそうです。

    あれば中国山椒である花椒の粉花椒の油を入れると、よりいっそう本格的な味に。なくても十分おいしいので、まずはレシピ通りでお試しください。

    とろける見た目も間違いのないおいしさ。「味噌バターラーメン風うどん」

    Photo: 大崎えりや

    ▼材料

    冷凍うどん……1玉

    バター……10g

    冷凍コーン……大さじ3

    味噌……小さじ2

    めんつゆ……大さじ

    チューブ生姜……少々

    チューにんにく……少々

    粗挽き黒コショウ……適量

    ラー油……適量

    水……200ml

    ▼作り方

    STEP1.

    うどんバター以外の材料を鍋に入れて、加熱する。

    STEP2.

    冷凍うどんは、パッケージに記載されている手順通りにレンジで解凍する。

    STEP3.

    どんぶりに入れて、1のスープをかけ、バターをのせてできあがり。

    味噌バターコーンの組み合わせは、定番かつ鉄板。おいしくならないはずがありません。バターゆっくりと溶けていく様子にも食欲がかきたてられます。

    濃厚でまろやかなスープに、生姜やにんにくの風味、粗挽き黒コショウのピリッとしたアクセントが加わって、みつきになる味に仕上がります。

    冷凍うどんを使うときの注意点

    冷凍うどんは、商品によって解凍方法が異なります。なので、必ずパッケージに記載されている手順を確認してから調理しましょう。

    どのレシピも簡単なので、お酒を飲んだあとにもう少し食べたいとき、朝の時間のないときなどに作ってもいいかもしれません。

    お腹を満たしながらカラダも温めて、まだしばらく続く寒さに立ち向かっていきましょう。

                 


    (出典 news.nicovideo.jp)




    今回はミキサーで混ぜるだけの簡単レシピのチーズケーキを作ります。クリームチーズに豆腐を加えて、からだに負担の少ない、ヘルシーナチュラル、おいしい抹茶のチーズケーキです!

    あずきや黒豆、黒蜜を加えて

    今回は和風の定番、そして相性抜群の抹茶とあずきを使用したレシピをご紹介します。抹茶の渋みと甘み、ゆであずきの甘みがクリームチーズと調和して、お茶にもとっても合うチーズケーキです。

    ゆで小豆を使えばとても簡単なので、ぜひ活用してくださいねあずきがない場合には入れなくても構いません。他には黒豆に替えたり、黒蜜をかけて食べるのもおすすめです。

    抹茶は余りがちで食品棚に眠ってしまう…そんな時にもぜひ作ってみてくださいね

    生クリーム不使用。さらに水切り豆腐を加えてヘルシーに

    クリームは使わずに、クリームチーズに水切り豆腐を加えることでヘルシーチーズケーキになります。さらに、そのなめらかな舌触りは、まるでテリーヌのよう。言わないと、一見豆腐が使われていると気づかれないことも。

    水切り豆腐の作り方はお皿に木綿豆腐を置き、その上から重しをのせて一晩置くか、または時間がない時にはキッチンペーパーに豆腐を包み、耐熱皿にのせてレンジで数分加熱してください。キッチンペーパーが水分を吸収したら一度絞って、再度様子を見ながら加熱すると良いでしょう。

    水切り豆腐を用意したらあとは材料をフードプロセッサーまたはミキサーに入れて混ぜるだけ!

    抹茶とあずきの簡単チーズケーキレシピ

    【材料】(18cm丸型)
    クリームチーズ 150g
    水切りした豆腐 150g
    卵 2個
    砂糖 60g
    薄力粉 大さじ3
    抹茶 大さじ1と1/2
    レモン汁 大さじ1
    ゆであずき 50g

    【作り方】
    1.オーブン180度に予熱。あずき以外の全ての材料をフードプロセッサーまたはミキサーに入れ、混ぜる。

    混ざりにくい場合は全体が混ざりきるまでゴムベラなどを使って何度か混ぜる。

    2.全体がクリーミーになり、混ざったらOK。

    ここで味見!甘さが足りなかったり、抹茶感が欲しければ追加して再度混ぜる。

    3.型に移してあずきを入れて混ぜる。表面を均一にならす。

    少しの生地とあずきを混ぜ、底に敷いてから生地を流したり、黒蜜をひと回し加えて竹串でマーブル状にしても。

    4.180度で40分焼く。竹串を刺してみて、生地がたくさんついてこなければ大丈夫

    焼きあがったら型のまま冷ます。粗熱が取れたら型から外して一晩寝かせる。

    食べたいのを我慢してここでちゃんと寝かせることが重要!出来立ては柔らかめの豆腐感が少し残りますが一晩置くと味、質感ともに、チーズケーキになります。

    5.表面に分量外の抹茶を茶こしでふるって出来上がり。

    ゆであずきや黒蜜、生クリームアイスクリームを添えて食べてもおいしい。

    今回使用したオーガニック&ナチュラル食材

    チーズケーキのキモはクリームチーズ。よつ葉のクリームチーズ北海道十勝の生乳からつくられた乳原料を100%使用、コクと酸味のバランスが良く、とてもおいしいです。

    写真は1キロの業務用ですが、150gのものも。今回のチーズケーキの分量と同じなので計る工程が不要で使いやすいですね。

    その他には有機の抹茶やレモン汁を使っています。材料選びに迷ったらオーガニックのものを選ぶと、お子様にも安心。

    時間とともに味も馴染み、美味しさも増していくチーズケーキなので、味の変化を楽しめます。

    計って、ミキサーで混ぜて、焼いて一晩おくだけ。の、お手軽簡単レシピのおいしいチーズケーキ。次の日を楽しみに、ぜひ一度作ってみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)




    寒くなると身体を動かすことが億劫になるので運動量が減り、体重の増量にますます拍車がかかります。そんな時は食事コントロールダイエットサポートしていきましょう。
    そこで今回は冬のダイエットで味方につけたい旬食材を、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。しっかり食べて、キレイ痩せを目指しましょ。

    [冬のダイエットサポート!旬の食べ痩せ食材3つ]
    むくみ対策や美肌作りに「大根」

    冬が旬の大根は、低カロリーで満腹感も得られやすいので冬ダイエットの強い味方。うっかり増えてしまった体重のコントロールや、肌荒れ対策におすすめ。
    特にむくみ予防に嬉しいカリウムや美肌作りに欠かせないビタミンCが豊富です。カリウムは水溶性なのでスープなど汁物で。加熱に弱いビタミンCサラダなど生食がおススメです。
    腸活の強い味方「キノコ
    年中手に入るキノコ類ですが、やはり秋から冬が最もおいしい時期。どんなお料理にも合わせやすい食材です。
    なんといっても低カロリー食物繊維が豊富なのが嬉しいポイント。美腸美肌作りやダイエットの強い味方です。

    年末年始の暴飲暴食で乱れた腸内環境を整え、便秘を解消したい方にピッタリ。他の食品には少ないビタミンDも豊富。カルシウムの吸収をサポートするので、白身魚と一緒にクリーム煮込みやグラタンなどにすると◎。
    ひとつで栄養満点「タアサイ」
    濃い緑色でツヤのある葉が特徴のタアサイも冬が旬。抗酸化作用が高いといわれる栄養素「ビタミンA(β-カロテン)」「ビタミンC」「ビタミンE」をはじめ、様々な栄養素をバランスよく含んでおり、むくみ予防に嬉しいカリウムや、骨の形成をサポートするビタミンKも含みます。
    肉類や小魚と一緒に炒めるほか、味噌汁や煮物などどんなお料理にもよく合いますよ。β-カロテンが豊富なので、冬の乾燥対策にもおススメです。
    定番のダイエット食材
    季節に関係なくおすすめのダイエット食材もご紹介します。ぜひ、旬の食材と一緒に摂り入れてみて。
    大豆製品

    代謝をサポートするビタミンB群が豊富。満腹感も得られやすいです。大豆の水煮は煮物の具材に、卯の花おからハンバーグに、豆腐は味噌汁の具材やサラダに。
    しらたき

    麺状のこんにゃくしらたき。麺の代わりに鍋の〆にするのもいいですし、肉じゃがすき焼きなど煮物の具材にもぴったり。ヘルシーで満腹感が得られやすいのでダイエット中に欠かせません。
    選ぶなら「生芋」タイプがおススメ。普通のこんにゃくに比べて保湿成分が豊富といわれているので、冬の乾燥肌予防にも◎。
    いかがでしたか? 満腹感が得られやすいのに低カロリーで栄養満点な旬食材を上手に取り入れ、内側から美しい健やかな体作りを叶えましょう!

     

    むくみ対策や腸活に。冬に食べたい旬のダイエット食材3つ


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ