横浜らしいパッケージ!山手「えの木てい」の横濱レモン | ニコニコニュース



情緒ある港町の風景に心躍るパッケージ
                    

山手の西洋館「えの木てい」は、横浜を代表する洋菓子店。昔から変わらぬレシピのスイーツを味わえると、今も昔も人気だ。洋館の1階はティーサロン、2階がスイーツショップになっており、菓子や紅茶葉などの手みやげは2階で購入できる。不動の1位は「チェリーサンド」(6個入1652円)だが、そのほかにも横浜らしい菓子があるのだ。

■ 「横濱」の風が吹く爽やかなレモン風味

「横濱レモン」(4個入り540円)は、取っ手付きで手渡しするには最適なパッケージ。イラストは港町・横浜らしい景色が描かれている。「山下公園」、「横浜マリンタワー」、「横浜赤レンガ倉庫」、「横浜ベイブリッジ」、青い海と船が行きかう港など、誰もが持っている横浜のイメージそのまま。

レモン果実のような形のチーズケーキで、ほんのりとした酸味が鼻を抜ける。コロンとしたひと口サイズなので食べやすいのも高ポイント。レモンの爽やかさで、港町・横浜の風を感じることができるお菓子だ。

渡す相手が違えば、手みやげ選びも変わってくるもの。今回紹介した「横濱レモン」は、横浜を訪れたことがない人、横浜をよく知らない人にもオススメ。ポップなチーズケーキは、話題も彩ってくれることだろう。「えの木てい」は、1店舗でTPOに合わせた手みやげをそろえることができる。



(出典 news.nicovideo.jp)