簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2017年02月


    ひな祭りの定番「ちらし寿司」は高カロリー! ヘルシーに食べるには? | ニコニコニュース



    画像提供:マイナビニュース
                            

    サニーヘルスはこのほど、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて、調査レポート「3月3日はひな祭り! ちらし寿司をヘルシーに食べる2つの方法」を公開した。

    色とりどりの具が美しい「ちらし寿司」は、ひな祭りのほか、お祝いやおめでたい席に供される料理。しかし、米が主体の料理であるため、どうしてもカロリーは高めであるという。一般的なちらし寿司は、平均的な1人前の量で、700キロカロリー前後になるとのこと。

    同サイトでは、ダイエット中でもヘルシーにちらし寿司を食べることができる、2つの方法を紹介している。

    ひとつ目は「酢飯のカロリーをオフする」こと。「お米=糖質」が主成分なので、これをカロリーオフすることで、ヘルシーに食べることが可能になるとのこと。米の量自体を減らすことが手っ取り早いが、それでは満足感が得られにくいため、低カロリーの食品でお米のかさ増しをすることがよいという。

    おすすめのかさ増し素材は、しらたき(糸こんにゃく)とえのきだけであるとのこと。カロリーオフだけでなく、血糖値の急上昇を抑えてダイエット効果を発揮する食物繊維が豊富に含まれている。

    しらたきを使うときは、水洗いし、フライパンでしっかり乾煎(からい)りをする。こうすることで、独特なにおいを減らすことができるという。しらたきは、米の大きさ程度にみじん切りにし、米と一緒に炊く。米1合に対して乾煎りする前のしらたき100~150g程度が入れる目安だが、好みに合わせて調整してもよいとのこと。

    えのきだけには、エネルギー代謝に必要なビタミンB群が含まれているだけでなく、うまみを増す効果もあるという。かさ増しに利用する際は、5mm幅に切り米と共に炊飯する。米との比率は、お米1合に対してえのき2分の2パックだが、好みに合わせて調整してもよいとのこと。

    ふたつ目の方法は「野菜をたっぷり使う」こと。五目ちらしの場合は、米のカロリーをかさ増しでオフしつつ、五目ちらしの具材には野菜をたっぷり使うことがポイントだという。定番の具材のれんこん、にんじん、ごぼう、しいたけ、絹さやなどは、美容に欠かせないビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富であるとのこと。

    なお、五目ちらしは、タンパク質が不足しがちになっているため、トッピングの玉子やえびは、少々多めにのせたほうがよいという。

    海鮮ちらしには、生の魚介が使われているため、タンパク質や体に良い脂肪として知られるオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を摂取できる。しかし、野菜が不足しがちになるため、きゅうりのほか、アボカド、ミニトマト、かいわれ大根、三つ葉、しそ、サラダ用の海藻などで彩るのがおすすめとのこと。

    海鮮ちらしで使われるマグロのトロやサーモンなど、脂肪分の多い魚のほうが高カロリーになるが、魚の脂はオメガ3脂肪酸であるため摂取しても体脂肪になりにくいという。それよりも煮穴子のように、甘く味付けされているものの方に注意が必要であるとのこと。

    外食でちらし寿司を食べる場合は、オーダー時に酢飯を減らしてもらうようにお願いするか、残すのもひとつの方法だという。また、小鉢やサラダなど野菜を使った副菜を付け、先に食べるようにするとよいとのこと。炭水化物(糖質)である米よりも先に副菜を食べることで、血糖値の急上昇を抑えることができるという。

    詳しい説明は、microdiet.netの最新の記事「3月3日はひな祭り! ちらし寿司をヘルシーに食べる2つの方法」で解説している。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    野菜たっぷり麺少なめ!低カロリーカップめん3種が新登場 | ニコニコニュース



    ヘルシーなのに食べごたえたっぷり!どっさり野菜シリーズ3種類
                         

    エースコックは、リニューアルされた「どっさり野菜」シリーズの「ちゃんぽん」「チリトマト味ラーメン」、新登場の「どっさり野菜 塩タンメン」(各税抜180円)を2月27日(月)より全国のコンビニ、スーパーなどで発売する。

    どっさり野菜 ちゃんぽん

    「どっさり野菜」シリーズは、具材と麺のバランスを一新した「野菜たっぷり麺少なめ」がコンセプトのカップ麺。不足しがちな野菜を手軽においしく味わえ、1食でレタス1個分の食物繊維を摂ることができる。また、ちゃんぽん234kcal、チリトマト味ラーメン243kcal、塩タンメン258kcalとカロリーも控えめなので、よりヘルシーな食事を楽しめる。

    「ちゃんぽん」は、豚と鶏をベースに魚介や醬油の旨味を利かせたちゃんぽんスープ。まろやかな白湯スープには胡椒がアクセントに。

    「チリトマト味ラーメン」は、香辛料を程よく利かせたトマトとオニオンをベースにした酸味と甘みを味わえるスープ。隠し味のチーズとバジルで豊かな風味に仕上がった。

    「塩タンメン」は、豚や鶏をベースに香味野菜の旨味がとじこめられたタンメンスープ。味付けされた麺との相性も抜群である。別添のゴマ油を加えることで、さらに味わい深い一品となる。

    ランチはもちろん、夜食にもオススメだ。シャキシャキとした食感と野菜の旨味がおいしいヘルシーなカップ麺を試してみては?



    (出典 news.nicovideo.jp)



    真っ白ケーキにハートがちょこん!ローソン「ホワイトチョコレートのロールケーキ」 | ニコニコニュース



    ローソン「ホワイトチョコレートのロールケーキ」
                      

    ローソン各店(一部の店舗をのぞく)で、スイーツの新商品「ホワイトチョコレートのロールケーキ」が2月28日(18時以降)に発売される。価格は210円(税込)。

    この商品は、ふんわりと仕上げた白いスポンジ生地に、コクのあるホワイトチョコレート入りクリームを組み合わせたロールケーキ。天面中央にハート形チョコプレートがトッピングされている。カロリーは242kcal。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    【日曜日の実験室】あと一品ほしい時に!「こんにゃくとネギの味噌チーズ焼き」 | ニコニコニュース



    こんにゃくとネギの味噌チーズ焼き
                       

    独特の食感が楽しめる、こんにゃく。おでんや豚汁などに使われることも多いので、寒い季節の食卓でよくであう食材のひとつです。

    今回紹介するのは、そんなこんにゃくを使った一品。面倒なアク抜きをレンジで済ませるお手軽レシピです。

    材料
    こんにゃく 200g

    長ネギ 1本

    とけるチーズ 2枚

    味噌 大さじ2

    しょうゆ 大さじ3

    砂糖 大さじ1

    七味唐辛子 適量

    作り方
    1.水洗いしたこんにゃくと長ネギをひと口大に切る

    2.耐熱容器にこんにゃくを入れ、ラップをしてレンジ(500W)で5分加熱

    3.こんにゃくと長ネギを竹串に刺す

    4.味噌、しょうゆ、砂糖を混ぜ合わせ、(3)に塗る

    5.チーズをのせてトースターで5分焼く

    6.七味唐辛子をふりかけて完成

    香ばしいみその味がついたこんにゃくに、まろやかな旨みのチーズがマッチ。そこに、加熱したことで甘みが増したネギが加わると、口の中が“甘じょっぱい幸せの味”で満たされます。ピリッと辛い七味唐辛子も良いアクセント。

    白飯のおかずにも、お酒のおつまみにもぴったり。食卓にあと一品ほしいという時にぜひ。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    モロゾフに風味豊かな「55th カスタードプリン」--“たまご”にこだわった記念商品 | ニコニコニュース



    モロゾフ「55th カスタードプリン」
                      

    モロゾフから、「カスタードプリン」が発売から55周年を迎えることを記念した商品の第1弾「55th カスタードプリン(こだわりたまご)」が3月4日に発売される。価格は378円(税込)。

    これは、「たまご」にこだわったカスタードプリン。 鶏に与える飼料にこだわった千葉県産たまご「燦然(さんぜん)」を使用し、コクがあり、たまごの風味豊かなプリンに仕立てられているそう。定番のカスタードプリンとの食べ比べも楽しめるとか。

    4月16日までの期間限定(なくなり次第販売終了)。店舗により取り扱いがない場合あり。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ