簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2017年02月


    可愛すぎる!バレンタイン限定の「どうぶつドーナツ」が登場 | ニコニコニュース



    今回発売される「バレンタインどうぶつドーナツ」(350円)
                          

    ドーナツ専門店「フロレスタ」は、バレンタイン限定商品の「バレンタインどうぶつドーナツ」(350円)、「どうぶつシェルドーナツ」(390円)、「オレンジとベリーのショコラ」(200円)、「ショコラシュトーレン」を、2月14日(火)まで全国の店舗にて販売する。

    「フロレスタ」は、北海道産小麦粉や北海道産大豆の無調整豆乳など、素材にこだわったドーナツを、お店で一つひとつ丁寧に手づくりしている専門店。ホワイトチョコレートや有機抹茶で色付けた「ネイチャードーナツ」に、有機アーモンド等で耳をつけた動物のような見た目がかわいい「どうぶつドーナツ」が人気を集めている。

    今回は、そんな「どうぶつドーナツ」がバレンタインのよそおいになって登場。小さな「どうぶつドーナツ」とハートがのった「バレンタインどうぶつドーナツ」(350円)と、チョコレートドーナツの中から小さな「どうぶつドーナツ」が顔を出した「どうぶつシェルドーナツ」(390円)の2種を発売する。

    また同時に、オーガニックチョコレートを入れたショコラ生地にオレンジとベリー、くるみを練りこんだ「オレンジとベリーのショコラ(ホワイト/ビター)」(200円)と、グランマルニエを効かせたオレンジとベリーのショコラをバニラシュガーで包んだ「ショコラシュトーレン」(2個入り600円、4個入り1100円)も発売される。

    美味しく見た目もかわいいドーナツは、バレンタインの贈り物にぴったり!毎日種類がかわる「どうぶつドーナツ」をお見逃しなく。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    減塩しても血圧下がらぬ「低感受性の人」は減塩の必要ある? | ニコニコニュース



    食塩感受性の高い人と低い人の差とは?(写真/アフロ)
                            

     塩分の摂りすぎが、胃がんや骨粗しょう症、尿路結石などの原因になるというが、塩分摂取の影響を受けやすい人と受けにくい人がいるという。

     塩分摂取の影響で血圧が変動しやすい“食塩感受性の高い人”もいれば、塩分摂取や減塩の影響を受けない“食塩感受性の低い人や食塩非感受性の人”もいる。つまり、同じ高塩分の料理を食べたとしても、血圧が上がりやすい人とそうでない人がいるのだ。日本高血圧学会の減塩委員会協力員でもある渡辺尚彦さんは次のように解説する。

    「食塩感受性タイプの人は、腎臓でのナトリウム再吸収が多くて排泄機能があまり働かず、塩分の影響を強く受けます。これに対し、食塩非感受性タイプの人は腎臓でナトリウム排泄機能が働くため、血圧が塩分摂取の影響を受けにくいのです」(渡辺さん)

     つまり、減塩で血圧低下が期待できる人と、減塩しても改善できない人がいる。大阪大学寄附講座教授で高血圧治療のエキスパートの森下竜一さんが説明する。

    「日本人の場合、正常血圧者の15~26%、高血圧患者の30~50%が食塩感受性といわれており、日本人は世界的にみて、食塩感受性の割合が高い国民性とされています」(森下さん)

     欧米より食塩感受性の比率が高いとはいえ、それが高血圧の人の5割以下と聞けば、「減塩しても、あまり意味がないんじゃない」と思う人がいるだろう。しかし、決してそうではない。

    「そもそもあなたに食塩感受性があるかどうかを、知ること自体難しい。それに、遺伝的に両親のどちらかから食塩感受性を受け継いでいる人も多く、特に高血圧の人は、可能性が高いのです。

     一方の食塩非感受性タイプの人でも、塩分摂取過多を続けると、アルドステロンというホルモンが活性化し、心臓や血管、腎臓に障害をもたらします。また、胃がんや腎臓病、骨粗鬆症は、高血圧でなくても、食塩摂取それ自体でリスクが上がることを忘れないで」(森下さん)

     日本人の死因のトップは胃がんを含む悪性新生物だが、高血圧系疾患は全体の約4分の1を占める。その点からも、減塩するにこしたことはない。

    「また、食塩感受性は体調や年齢によって変化します。メタボや加齢、腎臓が悪くなった場合は食塩感受性が高まります」(森下さん)

     食塩感受性が高い人は、減塩で最高血圧を2mmHg下げるだけで、脳卒中や循環器疾患での死亡リスクが低減できる点も忘れないで。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    今こそ食べたい!風邪予防に疲労回復…「葉菜類」の食べ合わせ8つ | ニコニコニュース



                         

    食卓への登場率が高い“葉菜類”。生で食べればシャキシャキとした食感を楽しめ、加熱をすればカサが減りたくさん量を食べられるため、ダイエットの味方にもなってくれますよね。

    そんな葉菜類なのですが、ちょっとした食べ合わせによっていくつかの嬉しい効果が得られることをご存じでしょうか。

    ■1:キャベツ

    これから旬を迎えるのは葉が硬く、加熱しても煮崩れしにくい冬キャベツ。代表的な栄養素は、美肌づくりや免疫力アップに欠かせないビタミンC・β-カロテンなのですが、そのほかにも注目したいのが、ビタミンU(キャベジン)。

    胃酸の分泌を抑え、粘膜の修復を助ける働きがあるため、暴飲暴食してしまいがちな今の時期、消化器官の健康維持に役立ちます。そんなキャベツのオススメの食べ合わせは、下記のとおり。

    【キャベツの食べ合わせ】

    (1)キャベツ+にんじん・かぼちゃ・モロヘイヤ(ビタミンU+β-カロテン)・・・胃腸強化

    (2)キャベツ+豚肉・レバー・豆類(ビタミンC+ビタミンB1)・・・風邪予防

    (3)キャベツ+牛乳・小魚・大豆製品・緑黄色野菜(ビタミンK+カルシウム)・・・骨粗しょう症予防

    ■2:白菜

    約95%が水分である白菜は、今が旬です。豊富なビタミンCが免疫力を高めてくれることから、“風邪予防の養生食材”として親しまれています。

    白菜の栄養素はそれだけではありません。むくみを改善する利尿作用を持つカリウムや腸内環境を整える食物繊維、生活習慣病の予防に役立つミネラル類も豊富。

    葉芯の黄色っぽい部分にビタミンCが豊富に含まれているので、スープにしたり鍋の具材にしたりして活用しましょう。

    【白菜の食べ合わせ】

    (1)白菜+豚肉(ビタミンB1)・・・風邪予防・疲労回復

    (2)白菜+にんにく(硫化アリル)・・・抗菌作用・抗酸化作用

    ■3:レタス

    今の時期は、シャキシャキ感と甘みが増した冬レタスが市場に出回っています。レタスもまた約95%が水分なのですが、しっかりとした食感がお腹を満たすのに役立ちます。

    代表的な成分は、ラクチュコピクリンというポリフェノールの一種。新鮮なレタスの茎を切ったときに出る白い液体です。この成分には、メラトニンと似たような働きがあり、入眠作用や睡眠維持作用があるといわれています。芯の付近に含まれるため、刻んでスープにしてもいいですよ。

    【レタスの食べ合わせ】

    (1)レタス+牛乳(カルシウム)・・・不眠症予防

    (2)レタス+かぼちゃ(β-カロテン)・・・老化予防

    (3)レタス+トマト(リコピン)・・・風邪予防

    以上、葉菜類のオススメの食べ合わせを8パターンお伝えしました。健康を維持・増進したいときや献立に迷ったときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    プルーン摂取が高齢女性の骨量減少を抑制する可能性が明らかに | ニコニコニュース



    画像提供:マイナビニュース
                            

    国際ナッツ・ドライフルーツ評議会はこのほど、プルーンの骨量減少防止効果について発表した。

    プルーンにはビタミンKをはじめ、食物繊維や銅などが多く含まれている。さらに、独特の組み合わせのポリフェノール類を含有し、その量が豊富なことも特筆される(。

    プルーンの研究については、骨粗しょう症の動物モデルを用いて、骨密度の維持と骨量減少の防止の可能性など、多くの研究が進められてきた。

    実験結果によると、骨質量および骨梁(こつりょう / 海綿骨)の量、数および厚みが増加するとのこと。骨梁間隔が増大すると、骨粗しょう症のリスクにつながると言われているが、プルーン摂取により骨形成が促進し、骨梁間隔が狭まることもわかった。また、骨再吸収が抑制され、骨強度の増加がみられたという。

    骨を守る効果は、抗酸化経路もしくは抗炎症経路、およびその下流シグナル伝達メカニズムを介して発揮され、骨芽細胞の石灰化と破骨細胞の不活性化につながると考えられている。

    2016年に公表されたランダム化比較試験によると、プルーンの摂取が骨量が減少した閉経後の高齢女性において、全身の骨密度(BMD)の減少を抑える可能性があることがわかった。

    同試験では、骨量が減少した65~79歳の女性48名を3つのグループ(「プルーン50グラムを摂取するグループ」「プルーン100グラムを摂取するグループ」「対照群」)に割り当て、6カ月間の実験を実施。骨密度測定(DEXA)法によって、スタート時と6カ月後における全身、大腿骨近位部、腰椎の骨密度を測定した。加えて実験中に、いくつかの骨代謝マーカーも判定された。

    研究データより、プルーンを摂取したいずれのグループの女性も、対照群の女性と比較して、全身の骨密度の減少が抑制されたことが明らかになった。この効果は、部分的にはプルーンに骨再吸収を抑制する力があるためだと説明されている。そして同研究結果は、プルーンが特に閉経後の高齢女性の骨量減少を防ぐ役割を果たす可能性を示す、従来のデータを裏付けているとしている      

    (出典 news.nicovideo.jp)



    ワイン香る大人のティラミス!ローソン「とろけるティラミス」--北海道産マスカルポーネ使用 | ニコニコニュース



    ローソン とろけるティラミス
                            

    ローソン各店(一部の店舗をのぞく)で、新商品「とろけるティラミス」が1月31日に発売された。価格は280円(税込)。

    この商品は、とろける食感と濃厚な味わいが特徴のティラミス。ティラミスクリームには北海道産マスカルポーネチーズ、クリームチーズ、北海道産生乳を使用。コーヒーをたっぷりしみ込ませたビスキュイを合わせ、香り付けにマルサラワインを加えて仕上げてある。カロリーは288kcal。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ