簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2017年03月


    スナック菓子で野菜炒めを華やかに!? 菓子の新しい可能性を探ってみた | ニコニコニュース



    画像提供:マイナビニュース
                       

    コンビニで酒を買うときは、おつまみを探すのも楽しみの1つ。ビールを選んだ後に、スナック菓子や総菜も一緒にチェックする人は多いのではないでしょうか? そこで今回は、コンビニで手に入るスナック菓子と総菜を使って、新感覚のおつまみメニュー「スナック菓子炒め」を作ってみました!

    ○食感のコントラストが良い! 「とんがりコーンの焼きもろこし風野菜炒め」

    まずは、使い勝手のよさに定評があるローソン「キャベツ野菜炒め」(税込108円)と、ハウス食品「とんがりコーン コーンポタージュ味」を使ったスナック菓子炒めに挑戦。たっぷりのキャベツで、野菜不足の解消にもなるかもしれない、ボリューム感のあるおつまみを目指します。

    はじめに、油をしいてフライパンが温まったら、野菜を1袋ドサッと投入! カット野菜なので、洗わずそのまま使えるのが便利です。そして塩コショウで軽く味付けし、野菜がしんなりとしてきたころに、「とんがりコーン」を1つかみ分入れましょう。味付けの仕上げには、醤油をちょこっと。醤油を垂らした瞬間、キッチンいっぱいにとんがりコーンと醤油の香ばしい匂いが漂います!

    ついつまみ食いしたくなりますが、まだ完成ではありません。炒めた「とんがりコーン」と野菜をお皿に移したら、ここでもう一手間! 砕いたとんがりコーンをトッピングすれば、できあがりです。

    それでは、食べてみましょう! サクッ、シャキッ、モチッ、さまざまな食感が口の中を駆け巡ってきました。 炒めることでしっとりと仕上がり、「とんがりコーン」にモチっとした食感が生まれるのは新たな発見です。甘味のあるコーンポタージュ味と醤油が合わさったことで、焼きもろこしのような味わいに。コーンポタージュ味自体が濃厚なので、少しの塩コショウ、醤油だけでご飯のおかずにもなりそうな一品に仕上がりました。

    ○酸味がクセになる!「さっぱりポン酢仕立ての柿ピーもやし炒め」

    続いては、この冬に期間限定で復活した、さっぱりレモン仕立ての亀田製菓「亀田の柿の種 ソルト&ペッパー」(税込282円)を使った一品。これにファミリーマートの「もやし野菜炒めセット」(税込103円)を加えて、さっぱりとしたおつまみを作ります。

    まずは、1袋分のもやしセットから炒めましょう。味付けは、後から入れる柿ピーの「ソルト&ペッパー」味を引き立てるため、同じように塩コショウのみ。野菜全体がしんなりとしてきたら、柿ピーを2袋分投入します。

    柿ピーと野菜がよく混ざり合ったら、ここで今回の味の決め手となる調味料"ポン酢"の登場! ポン酢をひと回し分入れて、全体をささっと混ぜたら完成です。

    どんな味に仕上がっているのか、早速食べてみましょう。う~ん、なんて爽やかな香り! ポン酢のかんきつ果汁と、柿ピーのレモンパウダーのおかげで、炒めものなのにとってもさっぱりとした味わいです。ほどよい酸味と柿ピーの香ばしさが後を引き、お箸がどんどん進みます。柿の種はぬれ煎餅のような食感に変化しているのも新鮮です! 「ちょっと食欲がないな」というときでも、これならパクパク食べられるかも?

    ○全米No.1の味を再現!?「ドンタコスとウインナーのマスタード炒め」

    最後は、全米No.1といわれるソーセージ「ジョンソンヴィル」の中でも、特に人気の高い「ベダーウィズチェダー」の味わいを表現した、湖池屋「ドンタコス ジョンソンヴィル ベダーウィズチェダー味」と、セブン-イレブンの「ポークビッツ」(税込198円)で作るおつまみレシピです。ポークビッツで肉感を加えて、よりリアルな全米No.1の味を再現してみたいと思います!

    まずはポークビッツから炒めていきます。パチパチと音を立てながら焼けていくポークビッツは、見ているだけでおいしそう! ほんのり焦げ目がついてきたところで、あらかじめ細かく砕いておいたドンタコスを入れます。

    肝心の味付けは、潔くマスタードのみ! ソーセージの相棒としては欠かせない存在です。マスタードが全体によく絡まったら、お皿に移して完成。ちょっと彩りがほしいときは、サニーレタスを添えてみるのがオススメです。

    では、ビール片手にいただきま~す。ドンタコスとポークビッツが一緒に食べやすいよう、サニーレタスに包んでパクリ。口に入れた瞬間、パリパリっとかみ砕いたドンタコスからはソーセージをいぶしたようなスモーキーな匂いが! 濃厚なチェダーチーズの塩気で、ビールもグビグビ飲めちゃいます。油で炒めてジューシー感が増したポークビッとマスタードのおかげで、まるで本当に「ジョンソンヴィル」を食べているような感覚に。肉感があるから満足感も十分です。

    炒め料理にもアレンジできるなんて、スナック菓子のポテンシャルの高さに驚きです! 最近、おつまみがマンネリ気味になってきたという人は、ぜひ試してみてくださいね。意外なおいしさに、思わずハマってしまかも!?



    (出典 news.nicovideo.jp)



    ダイエット後のリバウンド防止には「食物繊維」が役立ちそう! | ニコニコニュース



                                         

     ダイエットや腸内環境を整えるには、食物繊維を多めに取ること。よく言われることですが、実は「痩せ体質になれるかもしれない」という実験結果がカナダのカルガリー大学の研究班から報告されていたのでお知らせしておきます。

     この研究はラットを2グループに分けて行われました。エサは同じ「高脂質・高炭水化物」の食物。ただ一方には、食物繊維のサプリメントを加えて与えるというもの。すると、食物繊維を与えられたラットのグループは、高脂質・高炭水化物のエサだけのグループよりも、体重の増加が平均で3分の1に抑えられたということです。

     このラットたちの中には、太りやすい遺伝子を持つものも混ぜられていたようですが、そのラットも同様に体重の増加傾向が抑えられたということです。

     また、Oligofructose(オリゴフルクトース)というバナナやタマネギ、ニンニクなど、野菜類に自然に含まれる食物繊維の一種を与えられたラットでは、腸内の環境が痩せたラットと同じように変化したということも記述されています。

     オリゴフルクトースというのは、別名「フラクトオリゴ糖」とも言われ、腸内細菌のエサになる成分が含まれています。それによって、腸内の善玉菌が増えて食物の吸収率に関与し、痩せやすい体質になると考えられるそうです。 

     あくまでもラットでの実験ですが、この結果からわかるのは、「やっぱり普段の食生活で意識して野菜類を取るようにすれば太りにくい体質になれる」ということ。生野菜はもちろん、温野菜や、取れないようであればサプリメントなどで補給してもいいかもしれません。また、ダイエット後のリバウンドの防止としても、食物繊維は役立ちそうです。できるだけ自然な食品から摂取するようにして、太りにくく痩せやすい体質にしていきましょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    大満足節約レシピ!「豆腐とレタスの豚バラステーキ」の作り方 | ニコニコニュース



    大満足節約レシピ!「豆腐とレタスの豚バラステーキ」の作り方
                            

    ここでは、「豆腐とレタスの豚バラステーキ」の作り方をご紹介します。豚の塊肉の代わりに、お豆腐とレタスを豚バラ肉で巻いてかさ増ししました。甘辛だれでボリューム満点。なおかつヘルシーな大満足の節約レシピです。

    【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

    ■ 材料(4人分)

    ◎ 豚バラステーキ用

    ・豚バラ薄切り肉:250g
    ・豆腐:1丁
    ・レタス:2枚
    ・片栗粉:適宜

    ◎ 調味料

    ・酒:大さじ1
    ・醤油:大さじ1
    ・純米酢:大さじ1
    ・はちみつ:大さじ1
    ・しょうが:小さじ1
    ・和風出汁:50cc

    ■ 作り方(調理時間:15分)

    ◎ STEP1:下準備をする

    レタスは洗ってザクザク細切りに、豆腐はよく水切りして縦横から切り4等分にします。

    ◎ STEP2:具材を巻く

    肉を8枚くらい豆腐の幅に合わせて並べ、豆腐、レタスの順にのせて巻いていきます。同様に4つ作りましょう。

    ◎ STEP3:焼く

    全体に片栗粉をまぶし、サラダ油を薄く熱したフライパンに並べ、中火で焼いていきます。片面3分くらいずつ、こんがりするまで焼きましょう。その間に調味料を全て混ぜておき、肉に焼き色がついたらフライパンに加えます。

    ◎ STEP4:完成

    煮からめたら、お皿に盛り付け完成です。ドーン!とそのまま置いても、お好みで切り分けてもよいでしょう。

    ■ 作り方のコツ

    豆腐は崩れたり味がボヤけないよう、しっかり水切りするのが美味しさのポイントです。また、熱してもシャキシャキなレタスが食感もプラスしてくれます。柔らかいのでお箸で切れますよ。甘辛だれがご飯によく合いオススメです。ぜひ参考にしてくださいね。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    “スイーツ賢人”溺愛イチゴスイーツ3選【野山苺摘編】 | ニコニコニュース



    「PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI」の「季節のショートケーキ」(648円)
                          

    今回は、東京を代表するスイーツ識者たちが、街にあふれる“イチゴスイーツ”の中から、彼らが本当に愛するとっておきの3品をこっそり教えてくれました!

    フードアナリストと調理師の資格を持つグルメライターで、「たびねす」などに執筆するイチゴマニア、野山苺摘(いつみ)氏が教えてくれた“イチゴスイーツ”は…!?

    ■ ■「PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI」の「季節のショートケーキ」(648円)

    同店のシェフが独学で作り上げた洋菓子は、独自の感性で表現されており、素材の色や形を生かした、自然を彷彿とさせるデザインが特徴。カフェでは明るさを絞った照明が芸術作品のごとく、ケーキを照らす。

    そんな同店で、「季節のショートケーキ」を野山氏はチョイス。「今まで食べたショートケーキのなかでも特に思い出に残っている味。口の中ですぐ消えてなくなるふわふわのスポンジに、上品な甘さのクリームもたっぷり!」。イチゴのコンポートのまろやかな甘味にも注目したい。

    ■ ■「グラッシェル」の「いちごのパフェ」(1728円)

    イチゴのコンポート入りクリームチーズアイスをはじめ、多彩な素材が入るパフェ。生クリームとビスキュイシャンパーニュで仕上げられている。野山氏は「糖度が高いうえに酸味もある、愛媛県産のイチゴを使用しています。パフェ、タルト、チーズケーキの3つの味が楽しめるのも魅力です」とコメント。春までの限定商品だ。

    ■ ■「AVRANCHES GUESNAY(アヴランシュ ゲネー)」の「タルト オー フレーズ ブランシュ」(702円)

    洋ナシに近いジューシーな味わいを放つ、長野県産白イチゴ、白雪小町を用いた同タルトは、アーモンドクリームを混ぜたカスタードクリームと、パイ風生地も使用。「他のお店ではなかなか出合えない品種の白イチゴを使った貴重なタルトです。小粒でも糖度が高く、一度食べたら忘れられません」と野山氏は話す。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    “スイーツ賢人”溺愛イチゴスイーツ3選【真壁刀義編】 | ニコニコニュース



    「ナカタヤ」の「スペシャルショート」(615円)
                        

    今回は、東京を代表するスイーツ識者たちが、街にあふれる“イチゴスイーツ”の中から、彼らが本当に愛するとっておきの3品をこっそり教えてくれました!

    人気プロレスラーの真壁刀義氏は、リング上では極悪でも、甘いものを目にすると突如「スイーツ真壁」に変身する…。今年はデビュー20周年記念大会「戦国炎舞-KIZNA- Presents 真壁刀義 20th anniversary」も開催した同氏が教えてくれたとっておきの“イチゴスイーツ”は…!?

    ■ ■「ナカタヤ」の「スペシャルショート」(615円)

    同店は、地元の親子3代が通い続ける老舗の洋菓子店。ローカルな魅力あふれるホッとする佇まいで、定番ケーキがそろう。

    そんな同店で、スイーツ真壁は「スペシャルショート」をチョイス!「これはオレの中で殿堂入りしたイチゴショートケーキ。口どけのいい生クリームとふわっふわのスポンジ、ジューシーなイチゴ、三者のバランスが最高!老若男女が好きな味だ」と解説する。

    ■ ■「FOUR SEASONS CAFE」の「あまおうのパフェ」(1728円)

    旬の果物を使うパフェは月替り。「あまおうのパフェ」は2016年12月までに提供終了したが、希望により「苺のパフェ」(3月31日まで)のイチゴをあまおうに変更可。スイーツ真壁は「オレの中のイチゴの王様、あまおうの甘味や風味を見事に引き出しているぞ。一度食べたら、また食べたくなること必至のパフェだ」とコメント。

    ■ ■「果実園リーベル 目黒店」の「フルーツサンドウィッチ」(1166円)

    イチゴ、バナナ、マンゴー、キウイなど数種のフルーツが入る「フルーツサンドウィッチ」。「フルーツのウマさを引き出すために生クリームの甘味を控えているから、何個でもイケる!イチゴがまた全体をまとめてて最高だ!!」とスイーツ真壁。添えられる旬の日替りフルーツもおいしい。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ