簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2017年07月


    市販カレーが一瞬で美味くなる“ちょい足し”食材をプロが厳選――バーモントには唐辛子、ジャワには蜂蜜 | ニコニコニュース



    「ルウで作る時に間違えがちなのは、ルウを入れた後に長時間煮込んだり、隠し味を加えること。隠し味は基本ルウを入れる前に入れて味を調えます」(同)
                            

     最近、カレーを中心としたスパイスを使った料理がちょっとしたブームだ。スパイスは健康面での注目のみならず、普段あまり料理をしない男性の趣味心と研究心を刺激するサブカル的な奥深さもあり、Instagramのハッシュタグでは「#カレー部」が105280件(2017年7月27日現在)と、大人気。また、いまや街のスーパーでも世界各国のスパイスを手軽に買えるようになっている。

     その例として一つ象徴的なのが、2011年より開催されているインド料理ファンのイベント『Love India』の人気ぶりだ。

     インド料理の名店のシェフたちが一堂に会し、ターリーに舌鼓を打ちながら彼らのカレートークが楽しめるというこちらのイベント。ディープな内容ながら1000人限定のチケットはこの数年完売続き。全国からカレーマニアの老若男女が集まっている。

     日刊SPA!では、そんな『Love India』の発起人である水野仁輔氏にカレーにかんする気になることを聞いてみた。

     まずは、すぐ試したいチョイ足しカレーレシピ。家のカレーが一瞬で美味くなる様々な食材を紹介しよう。

    ◆「チョイ足し」には何がよい?

     水野氏によれば、SB・ハウス・グリコというカレールウ市場におけるメジャー三社の商品は、味わいの方向性で以下の4つに分かれるという。

    1:甘口路線(バーモントカレー、ハピファミ、カレーの王子さま)
    2:スパイシー路線(ジャワカレー、ゴールデンカレー)
    3:コク路線(熟カレー、とろけるカレー、こくまろカレー)
    4:高級路線(ザ・カリー、ディナーカレー、ZEPPIN)


    「辛いカレーが当たり前だった時代に、女性や子供へのマーケティングから生まれ爆発的にヒットしたバーモントは、おそらく日本で一番売れたルウです。甘口で小麦粉の量が多いのがウリで、バランスをとる意味でスパイシーなものやピリ辛のものを合わせたいですね。最初に玉ねぎと一緒に唐辛子や鷹の爪を炒めるのがグッド。唐辛子は辛味のイメージが強いですけど、実は香りもすごくいいんです。あとは煮込みの時にタバスコで辛味と酸味をつけると、ルウカレーの特徴でもあるコクの強い、全体的にボンヤリした味が引き締まります

    ジャワはスパイス感が強いので、逆に甘みを加えたいですね。一番ダイレクトなのは砂糖やハチミツ。フルーツのフレーバーを入れたい時はジャム系で、肉との相性で豚肉や鶏肉ならマーマレード、牛肉はブルーベリージャムという感じで使い分けます」

     続いて、“ひと晩寝かせたあのうまさ”のフレーズで有名な『熟カレー』が切り開いたコク路線。

    有名なちょい足し食材はバターや生クリームといった乳製品系。生クリームは最後の火を止める寸前、バターは最初に具材を炒める段階で油の代わりに使います。インド料理屋で定番のバターチキンカレーは、バターと生クリームでできた旨味の塊なんです。高級路線は完成度が高いのでどういう方向に持っていくかによりますが、例えば玉ねぎを炒める前にニンニクのみじん切りを炒めるのはオススメ。加熱されたニンニクの香りは食欲をそそります」

    ◆「今後、カレーレシピのオープンソース化を進めたい」

     “国民食”となっているルウカレーに比べ、多く人にとってスパイスはまだまだ馴染みの薄い未知の存在だ。

    「私は、スパイスはこれからハマる人がますます増えると睨んでいます。例えば、四川料理の山椒は10年前の日本人は苦手だったのに、あのビリビリくるシビれが流行って、いまやコンビニのカップ麺でも使われています。同様に、いまインド料理などスパイスの効いた料理が外食産業で広く流通し始めています」

     日本人の食体験が拡張してきた中で、スパイスが一般家庭に普及する流れはある意味必然なのかもしれない。だが、レシピによっては2種類のカレーを作るのに17、8種類のスパイスを買わなければならないことも珍しくないため、ややハードルを高く感じる人も多いだろう。

     そこで現在、水野氏が特に注力しているのが、『AIR SPICE』というスパイスの通信販売サービス。カレーレシピと一緒に4人分のスパイスが使い切りの分量でセットされ毎月届くというサービスで、スパイスカレーへのハードルが格段に低くなっている。

     しかもカレー屋の生命線となるスパイスの配合は企業秘密なのが普通だが、『AIR SPICE』では全てグラム単位で公開しているので、気に入ったレシピは自前でスパイスを用意してもよい。

    「『あのお店のカレーを再現』的な記事がグルメ雑誌でもありますが、たいてい大事なところは隠しています(笑)。でも僕は囲っても楽しくないというか、スパイスカレーを外食産業で終わらせず、今後はもっとカレーレシピを“オープンソース化”したいんです。

     ネットでレシピを公開すると色んなフィードバックもあるし、試しに作って美味しかったらいつかお店にも来てくれるはず。レシピで言語化できないところにこそ、お店の本当の実力があるんです。玉ねぎを10分炒めるか15分炒めるかは極論どっちでもいい話。たとえば、木ベラの回し方で火の入り方も変わるんだから、その木ベラの回し方がシェフの実力、そのお店の味と考えるのが普通なんですよ



    (出典 news.nicovideo.jp)



    混ぜて冷やすだけ! おうちで作れる「簡単アイスレシピ」3選 | ニコニコニュース



    混ぜて冷やすだけ! おうちで作れる「簡単アイスレシピ」3選
                           

    夏といえば、みんな大好きアイスクリーム! コンビニやスーパーでも買えますが、実は自宅でアイスクリームメーカーを使わなくても、手軽に作れるって知っていましたか? 今回はフードコーディネーターの須賀いづみさんに、混ぜて冷やすだけの「簡単アイスレシピ」3つを教えてもらいました!

    ■やっぱり定番「濃厚バニラアイス」

    アイスクリームといえば、やっぱりバニラ味が定番ですよね。子どもから大人まで楽しめる濃厚バニラアイス、さっそくおうちで手作りしてみましょう!

    ◇材料(4人分)

    ・卵……2個
    ・砂糖……40g
    ・生クリーム……150cc
    ・バニラエッセンス……2~3滴

    ◇作り方

    1.ボウルに卵2個を割り入れて、湯煎にかける。砂糖を半量に分けて加え、混ぜながら溶かす。人肌(36~37度くらい)になったら湯煎から外し、卵をやや粘り気が出るまで混ぜ続ける。

    2.別のボウルで、生クリームを8分立て(やわらかいツノが立つ状態)になるまで泡立て、バニラエッセンスを加える。

    3.1と2を合わせて、ヘラでさっくりと混ぜたら、保存容器に移して冷凍庫で3時間以上冷やす。お好みでナッツを散らすと華やかに!

    ◇ポイント

    シンプルな材料でできるバニラアイス。牛乳ではなく生クリームを使うので、リッチで濃厚な味に仕上がります。冷凍庫で少し固まってきたら、一度取り出してフォークなどで空気を入れるように混ぜると、より柔らかいアイスになりますよ。

    ■ヘルシーでおいしい「フローズンヨーグルトアイス」

    続いてご紹介するのは、さっぱりとした味わいの「フローズンヨーグルトアイス」。低カロリーなので、ダイエット中の女性にもおすすめです!

    ◇材料(4人分)

    ・プレーンヨーグルト……250g
    ・牛乳……100cc
    ・ハチミツ……大さじ1
    ・キウイ……1~2個

    ◇作り方

    1.キウイは1cm角に細かく刻んでおく。

    2.すべての材料を保存容器に入れ、よく混ぜ合わせ冷凍庫で3時間以上冷やしたら完成。お好みでハーブやフルーツなどで飾りつけてみて!

    ◇ポイント

    ヨーグルトと牛乳で作るさっぱりとした味のアイス。暑い日にもぴったりです。キウイに限らず、ほかのフルーツと合わせるのもおすすめ。バナナ・ベリー・桃……など、どんなフルーツとも相性抜群です。何も入れないと、シンプルなフローズンヨーグルトに♪

    また冷凍庫で少し固まってきたら、1~2時間置きに取り出してフォークなどで空気を入れるように混ぜると、シャリシャリとした食感のフローズンヨーグルトに仕上がります。

    ■リッチで大人な味わい「赤ワインシャーベット」

    お酒好きな女性にぴったりなのが、赤ワインを使ったシャーベット。高級感あふれる、大人の味わいを堪能することができます。

    ◇材料

    ・赤ワイン……300cc
    ・オレンジジュース……200cc
    ・砂糖……大さじ4
    ・レモンの絞り汁……大さじ1
    ・シナモンパウダー……適量

    ◇作り方

    1.すべての材料を保存容器に入れ、よく混ぜ合わせて冷凍庫で3時間以上冷やしたら完成。お好みで冷凍ベリーを飾るのもおすすめ!

    ◇ポイント

    少量の赤ワインでできるので、飲み残しの赤ワインでも作ってみるのもいいでしょう。甘さを控えめにし、スパイスを足すことで、甘いものが苦手な人でも楽しめるシャーベットの完成です。

    また冷凍庫で少し固まってきたら、1~2時間置きに取り出してフォークなどで空気を入れるように混ぜると、シャリシャリとした食感のシャーベットに仕上がります。

    ■「手作りアイス」をもっとおいしく楽しむコツ

    最後に、おうちで「手作りアイス」をもっと楽しむコツをご紹介します!

    ◇アイスがすぐに溶けるのを防ぐには?

    アイスは空気に触れている時間が長くなると、どんどん溶けていきます。食べる直前まで冷凍庫で冷やしておくのは基本ですが、使用する食器やスプーンもすべて冷凍庫で冷やしておきましょう。「ちょっとオシャレに盛りつけよう」というときにも、食器を冷やしておけば、焦らずに盛りつけができますよ。

    ◇写真映えする盛りつけのコツは?

    大きめのスプーンを使ってアイスを丸く盛りつけるようにすれば、お店で売っているアイスのような見た目に。またインスタでは、色味があると目を引きます。今回のバニラアイスやフローズンヨーグルトは、お皿に盛りつけただけでは、ちょっと華やかさに欠けがち。フルーツやハーブを添える、ナッツやチョコチップを散らす……など、ちょっとした飾りを用意しておくといいでしょう。

    ◇余ったアイスを冷凍庫で保存したい! 保存期間や注意点は?

    通常なら、1カ月ほどの冷凍保存は問題ない範囲ですが、手作りのものはフレッシュさも大事。1週間で食べきれるくらいの量を作るようにしましょう。また、自宅の冷凍庫は臭いがつきやすいことも。保存容器で保存する際に、落としラップ(ラップを食材の表面に密着させること)をして、さらに保存容器でしっかり蓋をすれば、においや霜がつくのを防いでくれます。

    ■まとめ

    手間がかかりそうに見えて、実はとっても簡単に作れるアイスクリーム。自分の好みに合わせて何種類か作り置いておけば、休日のおやつや食後のデザートなど、食べたいときに冷凍庫からすぐに取り出して楽しむことができます。手作りアイス、ぜひチャレンジしてみてくださいね!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    【休日レシピ】ガス不使用で作る「ゴーヤのマヨ焼き」--ゴーヤにとろ~りチーズ&マヨを合わせて | ニコニコニュース



    ゴーヤのマヨ焼き
                          

    時間のある休みの日に作りたいメニューをご紹介する、休日レシピ。今回は、夏が旬のゴーヤを使ったおかずです。

    おなじみのゴーヤメニューと言えば、やっぱりゴーヤチャンプル。キンキンに冷えたビールと合わせると最高ですが、たまには洋風のおかずにもチャレンジしたい…。ということで「ゴーヤのマヨ焼き」を作ってみました。

    材料(2~3人前)
    ゴーヤ 1本

    ミニトマト 5個

    サラダかまぼこ 5本

    コーンマヨネーズ 適量

    とけるチーズ 2枚

    作り方
    1.ゴーヤを半分に切って、種とわたを取る

    2.塩をもみこみ、レンジ(500W)で4分加熱

    3.カットしたミニトマト、ほぐしたサラダかまぼこ、コーンマヨネーズを混ぜ合わせる

    4.ゴーヤに(3)を詰める

    5.その上にとけるチーズをのせる

    6.トースターで3分加熱

    7.お好みでコショウをかけて完成

    クッキングシートで包むとおしゃれな雰囲気に。手の込んだ料理っぽく見えるので、このままホームパーティーにも出してもいいかも。

    ひと口目に広がるのはゴーヤのさわやかな苦み。その苦みを、加熱することで甘みが増したトマトや、コクのあるマヨネーズとチーズがまろやかに包みこんでくれます。夏野菜の弾けるようなうまみに、サラダかまぼこの海の風味が加わった夏らしいおいしさ!ビールはもちろん、すっきりとした白ワインなんかも合いそう。

    暑い夏のキッチンでガスを使わずに作れる「ゴーヤのマヨ焼き」。今回はコーンマヨを使いましたが、ノーマルなマヨネーズや明太マヨなどでもOK。アレンジも楽しんでみて!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    キュンと甘酸っぱい8月のパブロミニ「夏みかん」--凍らせるとまるでアイスに!? | ニコニコニュース



    焼きたてチーズタルト専門店PABLO mini「PABLO mini-夏みかん」
                        

    焼きたてチーズタルト専門店PABLO mini(パブロミニ)とPABLO(パブロ)のカフェ併設店舗で、「PABLO mini-夏みかん」が8月1日に発売される。価格は300円(税込)。

    これは、サクサクのタルトにチーズ生地を流し込み、ほんのり焦げ目がつくまで焼き上げたもの。中心にヨーグルトクリームを入れ、その上から国産の夏みかんジャムをたっぷりトッピングしてある。

    夏みかんのほどよい苦みとキュンとした甘酸っぱさ、ヨーグルトクリームの爽やかな酸味が夏らしい味わいとか。冷蔵庫で冷やすとジューシーな香りが広がり、冷凍庫で冷やすとアイスのような食感が楽しめるそうだ。

    PABLO miniでは9月30日まで、PABLOでは8月31日まで、テイクアウトおよびカフェメニューとして提供される。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    この夏はフォトジェニックな「スモア・アイス」が流行りの予感 | ニコニコニュース



    トッピングやソースが自由に選べるところが楽しい「スモア・アイス」
                          

    ロサンゼルス発のチョコレートブランド「COMPARTES(コンパーテス)」は、ボリューミーな焼きマシュマロが特徴のカスタマイズソフトクリーム「ラブスモア」、さらにゼリーとホワイトチョコレートのミルクプリンが層になった涼やかなカップスイーツ「ストライプゼリー」を8月4日(金)より期間限定販売する。

    ■ まるでパフェみたいなソフトクリーム「ラブスモア」(594円)

    こちらは青山店限定のスイーツ。濃厚な味わいのチョコレートソフトクリームがベース。そこに、ピスタチオやマカデミアナッツなどのナッツ類、ベリー類のフリーズドライフルーツなど全8種類のトッピングと、全5種類のソースから好みのものをカスタマイズできる。さらに、表面をかるく炙って外はカリカリ、中はトロッとした食感の温かいマシュマロを飾り付け、フォトジェニックに仕上げた。マシュマロとチョコレートアイスを一緒に食べると、まるでスモアのような味わいがたまらない。

    ■ 夏にぴったりのさわやかなカップスイーツ「ストライプゼリー」(378円)

    こちらは青山店とルミネ新宿店にて販売予定。フレーバーゼリーとホワイトチョコレートミルクプリンを合わせた目にも涼しいスイーツだ。味は3種類で「アップル&ホワイト(写真中央)」「トマト&ホワイト(写真左)」「マンゴー&ホワイト(写真右)」とそれぞれ異なった味わいを楽しめる。

    ■ 待望の新フレーバーが登場「ブラウニーサンド」(378円)

    取扱店は、青山店、ルミネ新宿店、渋谷店、横浜店。カフェラテのみ青山店限定だ。「ラズベリー」はホワイトチョコレートにラズベリーピューレとラズベリーパウダーの2種を使用した甘酸っぱいガナッシュをサンド。色鮮やかで華やかなピンクの見ためも可愛い新フレーバー。「カフェラテ」はコーヒーの香ばしさとミルクのまろやかな甘みが感じられるやさしいフレーバーに仕上げた。

    かわいらしい見た目が、暑い季節でもテンションを上げてくれること間違いなし。この夏は周りとは一味違うスモア・アイスを食べてみては。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ