簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2017年09月


    「酒太り」の原因はお酒じゃない? お父さん必見、「太らない飲み方」のコツ | ニコニコニュース



    「酒太り」で注意が必要なのはお酒そのものではなくておつまみ【写真:photolibrary】
                        

    「酒太り」の本当の原因は? 公認スポーツ栄養士に聞く「上手なお酒の飲み方」

     9月になっても、まだまだ暑さが残る日々。そんな時、ついつい手を伸ばしてしまうのがお酒だ。お父さんなら晩酌のほか、仕事の付き合い、アスリートであっても練習後のリフレッシュなど……。そんなとき、気になるは体調面や酒太りだが、飲み方次第では健康的に太らない方法もあるという。Jリーグの横浜F・マリノスやラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツなどの栄養サポートを手がける、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に「上手なお酒の飲み方」について語ってもらった。

    —————————————-

     好きな方はもちろん、お付き合いの場で飲む機会も多いお酒。特にお好きな方は、年を重ねるごとに健康診断に戦々恐々とされる方も多いのでは?

     アルコールはメタボや内臓への影響も考えながらお付き合いしてほしいもの。好きだからと考えなしに飲み続けた結果、体調を崩し、楽しめなくなったら元も子もありません。健康に留意しながら賢く飲みましょう。

     アルコールは嗜好品にカテゴライズされます。栄養のバランスを崩さずに飲む場合には、総摂取エネルギー量の10%以内。一方、肝臓など内臓への負担を考慮する場合は、アルコール量にして20g以内であれば節度ある飲酒量と考えられています。これは、ビールに換算すると500ml、グラスワインだと2杯分に相当します。

     今は純アルコール量を計算できるアプリもあります。気になる方は好みのお酒をチェックしてみてください。

     また、帰宅後の晩酌が楽しみ、という方のなかには、健康を気にかけて飲まない日=休肝日を設けている方も多いと思います。実際、栄養学的観点からも観ても、休肝日を設けることで、アルコールで摂取する分のエネルギーを、良質のタンパク質やビタミン、ミネラルの豊富な食事で補うことが出来るため、栄養の偏りを防ぐことが出来ます。できれば週2日、アルコールを抜くとよいでしょう。

     さて、皆さんの頭を悩ませるもう一つのお酒問題が「酒太り」。でも、実は注意が必要なのはお酒そのものではなくておつまみ。居酒屋などのメニューは主に揚げものや油で調理したものが多く、好きなもの、ビールとの相性のいいものばかりを考えなしに選んでいると、摂取エネルギー量は限りなく膨れ上がります。逆に言うとおつまみの選び方次第で、エネルギーもかなり抑えられる。ちょっとした意識の差で、「酒太り」問題も解決できるのです。

    太らないおつまみ選びのポイントは2つ…メタボ対策に効果的なものとは?

     太らないおつまみや食事を選ぶポイントは以下の二つです。

    <1>できるだけ油分(脂質)の少ないものを選ぶ

     こちらは、メタボ対策に効果的。例えば「焼き鳥、冷ややっこ、お茶漬け」コースと「から揚げ、揚げだし豆腐、ラーメン」コースを比べると、合計700kclも後者のほうが、エネルギーが多くなります。700kcalは成人男性の1食分のエネルギーの目安に相当します。つまり、1回の飲み会で2食分食べていることになります。

    <2>糖質×脂質コンビに片寄らない

     ラーメンに代表する糖質と油(脂質)が合体した食事は、体のなかで脂肪に変換され、体脂肪として蓄積されやすい組み合わせ。焼肉、とんかつ、唐揚げに白飯とビール、今流行りのハンバーガーとビールなどは人気の組み合わせですが、習慣になってしまうと、どんどん脂肪が蓄積されるので注意しましょう。

     逆に積極的にオーダーしたいのはビタミンやミネラル、食物繊維を含む食材を使ったおかず。アルコールの分解を助け、二日酔い対策にも有効です。二つのNGポイントとも合わせると、湯豆腐、だし巻き卵、枝豆、つけもの、冷やしトマト、野菜サラダ(ドレッシングとマヨネーズのかけすぎに注意!)、刺身、焼き魚、焼き鳥がおすすめ。勿論、これだけを食べないとダメ、という厳しいものではなく、油分の少ない物も合わせて食べてほしい、ということです。

     さて、最初に1日に飲むお酒の適量についてお話ししましたが、たまの飲み会の日までセーブする必要はありません。大切なのはメリハリです。飲み会の日をはさみ前後1日、計3日間のスパンでエネルギーや純アルコール量を調整すればOK。お酒の好きなスポーツ選手も、トレーニングのある日はアルコールを断つ、飲んだ翌日はさっぱりした食事を摂るなど、調整しています。

     お酒の量、おつまみの内容、そして飲み会前後の過ごし方。自分はどこならば譲れるのかを考えると、「ガマン」によるストレスが少なくなり、健康的にお酒を楽しめますよ。

    ボール、日本酒、ワイン、焼酎、ウィスキー…最もカロリーが高いのは?

    【純アルコール20グラムに相当する酒の量とそのカロリー数の一例】

    ビール 中瓶1本(500ml)/200kcal
    日本酒 1合(160ml)/164kcal
    ワイン グラス2杯(200m)/146kcal
    焼酎 1/2合弱(70ml)/144kcal
    ウィスキー・ブランデー ダブル(60ml)/142kcal



    (出典 news.nicovideo.jp)



    成城石井のプリン4種を食べ比べ!新作「なると金時芋と沖縄産黒蜜プリン」など秋味が充実 | ニコニコニュース



    成城石井のプリン
                            

    成城石井で、プリンの新作「なると金時芋と沖縄産黒蜜プリン」「濃厚マロンプリン」が発売されました。前者は今年初登場、後者は秋冬の限定フレーバーです。

    定番の「成城石井特製焼プリン」「北海道かぼちゃのパンプキンプリン」と合わせると、現在4種がラインナップ中。こんなに揃うことはなかなかないので、一度に食べ比べてみることにしました!

    なると金時芋と沖縄産黒蜜プリン
    徳島県鳴門市産のブランドさつまいも・なると金時芋のプリンに、沖縄産黒蜜のカラメルを組み合わせ。

    プリンには粒入りのさつまいもペーストが混ぜ込まれ、なめらかな中に時折ホクっとした食感が楽しめます。濃密なお芋の甘みがたまらない!

    黒蜜カラメル部分はゼリーのようにぷるぷる。口どけとともに風味豊かでコクのある甘みを広げます。

    全体に口どけはサラッとしており、濃厚な甘さとのバランスがいい感じ。ほんのり和テイストな、素材の味わいが存分に楽しめるプリンです。

    濃厚マロンプリン
    マロンペーストを練りこんだマロンプリン。やや茶色みがかかった色合いです。

    口どけよく、まるでモンブランケーキのクリームのようなたっぷりとした栗感が特徴。深みのある甘く香ばしい味わいが広がります。こちらもカラメルはぷるんとしたゼリータイプ。ほろ苦さが栗の風味をいっそう引き立てる、秋らしい落ち着いた味わいです。

    北海道かぼちゃのパンプキンプリン
    ペーストのようになめらかで、かすかにサラッとしたかぼちゃの繊維を感じる口あたり。甘く似たかぼちゃをそのまま食べているみたいに濃厚な味わいです。ほろ苦いカラメルとの相性も抜群!

    個人的には史上最もかぼちゃ感が強いかぼちゃプリン。かぼちゃ好きはぜひ試してみて!

    成城石井特製焼プリン
    定番人気の焼プリン。原材料は牛乳、卵、砂糖、香料のみで、シンプルにタマゴとカラメルのハーモニーが楽しめます。他3種と比べると甘さは控えめな印象。毎日食べても飽きないおいしさです。

    口あたりはなめらかでやや硬め。近年とろとろ系が主流となりつつあるプリン界において、硬め派が安心して手に取れる数少ない理想的な一品です。

    まとめ
    いずれも素材の良さを活かし、それぞれ違った味わいに仕上げられた4種のプリン。その日の気分で秋のおやつに選んでみて下さいね!



    (出典 news.nicovideo.jp)



    上野の手土産ならこれ!イアコッペの絶品コッペパン、一押しは真っ黒な「ピスタチオ」♪ | ニコニコニュース



    上野イアコッペのコッペパン
                      

    コッペパン。シンプルを極めたような素朴なパンですが、組み合わせる具材によって七変化を起こす奇跡の食品だと私は思っています。ちなみに給食のコッペパンって、あのもっさり感だけで牛乳が無限に飲めましたよね、なつかしい。

    さて今回ご紹介したいのは、そんなノスタルジーと同時にモダンさも兼ね備えたコッペパンを販売する「iacoupe(イアコッペ)」。JR上野駅前の「上野の森さくらテラス」3Fにあるコッペパン専門店です。

    ◆おかず系もスイーツ系も
    イアコッペのコッペパンは、西日暮里にあるベーカリー「ianak!(イアナック)」のパンを使ってつくられます。

    自家製酵母で焼き上げられたパンに、お肉や魚といったおかず系から、クリームやフルーツなどのデザート系まで、色とりどりの具材をサンド。毎月メニューは更新されており、筆者が買いに行った日は14種類のコッペパンが並んでいました。

    1つ1つ個包装されているので、持ち帰って家で食べてもよし、上野散策をしながら食べ歩くのもまたよし。公園へ持って行って、ピクニック気分のランチを楽しむのもオススメです。

    ◆注目の5種類を食べ比べ
    編集部が注目した5つのコッペパンを食べ比べてみました!ラインナップは定番の「あんバタ」(235円、税別、以下同じ)をはじめ、「ステーキ」(320円)、「アスパラサーモンクリームチーズ」(320円)、「タラモ」(250円)、「ピスタチオ」(280円)の5種類です。

    1、あんバタ

    こしあんとホイップバターをしぼった、シンプルながらもちょっとしたこだわりを覗かせるコッペパン。デザート系の一番人気です。

    パンは表面さっくり、中ふんわりな口あたり。しっかり塩気のきいたホイップバターと、しっとりなめらかなこしあんの甘みが絶妙にマッチして最高なバランス!

    2、ステーキ

    オーストラリア産ナチュラルビーフをレタスとともに挟んだコッペパン。オーロラソースで味付けされています。こちらはおかず系の人気ナンバーワン。

    ミディアムレアなお肉はサクッと歯切れよく、やわらかな噛みごたえ!噛むほどにうまみが出てきて、いわばローストビーフですね、すごく上質な。満足感高し。

    3、アスパラサーモンクリームチーズ

    ブリオッシュパンを使ったコッペパン。スモークサーモンとクリームチーズの鉄板コンビです。ほかにアスパラガス、レッドオニオン、ケイパーがサンド。

    コクと酸味のあるクリームチーズにスモーキーなサーモンが重なり、さらにシャクシャクのアスパラが添えられて、なんとも贅沢なサンドイッチ的コッペパン!ブリオッシュパンはしっとり・もっちりとした食感で、噛むほどに広がるバターの香りがさらにリッチな味を演出してくれます。

    4、タラモ

    明太子味のポテトサラダをぎっしり詰めたコッペパン。外から見えませんが、インゲンが入っています。

    ごろごろ入ったじゃがいもはホクホク。ほんのりピリッと感じる明太子の辛みとプチプチ感・塩気が、じゃがいものおいしさを引き立てます。インゲンはシャキッと食感のアクセントに。

    5、ピスタチオ

    真っ黒なブラックカカオのコッペパンに、ピスタチオクリームをたっぷりしぼり、さらにピスタチオの実を贅沢にトッピング。色のコントラストが目を引きます。

    ほんのりビター(よーく噛んで味わうと分かるくらい)なふわふわのパンと、まろやかでナッティーなピスタチオクリームの相性は抜群。ピスタチオの実はカリッとした歯ごたえでほのかな塩気があります。まるでケーキみたいな贅沢感!個人的にイチオシです。

    ひとつひとつ違った個性を持つ、色とりどりのコッペパン。その日の気分に合わせてお好きなものを選んでみては?



    (出典 news.nicovideo.jp)



    繊細にして絶品!麻布十番「天のや」の玉子サンドが和のごちそう--だし巻きを使った関西風 | ニコニコニュース



    麻布十番 甘味処 天のや 玉子サンド
                        

    たまごサンド好きなら一度は行きたい。東京・麻布十番の名店「天のや」をご紹介。

    天のやって?
    天のやは、昭和初期に大阪で創業した甘味処。人気を博したのち、2002年に現在の東京・麻布十番に移転してきた。

    天のやのたまごサンド
    人気メニューは「玉子サンド」。だしをたっぷりと使用しただし巻きたまごを使った関西風だ。価格は1080円(税込)。

    ひと口サイズが12切れ。2段に盛り付け、彩りにパセリが添えられている。

    指が沈み込む柔らかなパンに、パンよりも分厚いだし巻きたまご。口にすると“じゅわん”とだしが温かくあふれ、たまごと絡み合ったやわらかな味わいが広がる。パンとたまごの分量のバランスが完璧で、口どけが心地よい。

    どぎつさのない、身体にしみいるような穏やかなおいしさはまるで和食のよう。ほんのり効いたマヨネーズとマスタードがアクセントを加え、飽きのこない味わいとなっている。

    冷めるとたまごの味わいがよりくっきりと際立ち、また違ったおいしさに。テイクアウトも可能(事前予約推奨)。手土産としても喜ばれるだろう。

    天のやの小倉サンド
    甘党なら小倉トーストもおすすめ。きつね色にこんがり焼き上げられたホットサンド風のメニューだ。価格は865円(税込)。

    サクッと香ばしいパンの中に、ホクッとした小倉あんがたっぷり。

    丹波大納言小豆がゴロゴロと入ったあんは、風味豊かで甘さ控えめ。ほんのり効いた塩が味の輪郭をくっきりと浮かび上がらせ、バターの風味が奥行きを作っている。

    食べごたえ充分で身体も温まる、これからの季節におすすめのメニューだ。こちらもテイクアウト可能。

    このほか「フレンチトースト」「ミックスサンド」などの軽食メニューに加え、あんみつやわらび餅などの甘味も充実している天のや。気候の心地よい秋、麻布十番の街歩きと合わせて訪れてはいかが。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    ペットボトルの水を炭酸水にするソーダマシン「BubbleCap」 | ニコニコニュース



    ペットボトルの水を炭酸水にする「BubbleCap」
                        

    「BubbleCap」は、手軽に炭酸水を作れるソーダマシン。フィンランド ヘルシンキに本拠をおくBubble Capが開発した。

    市販されているソーダマシンの多くは、ノズルとボトルで構成されている。だが「BubbleCap」は、ノズルのみという構成。ボトル部分は、ペットボトルを利用する仕組みだ。

    使用するには、ペットボトルに水を入れて「BubbleCap」を取り付ける。次に、「BubbleCap」に炭酸カートリッジを差し込めば、水が炭酸水となる。

    従来のソーダマシンと比べ、サイズが小さいのが特徴。キッチンにおいても邪魔にならない。また、キャンプ場などに持ち込み、炭酸水を飲むことが可能だ。

    ペットボトルに入った飲料を、そのまま炭酸飲料に変えてしまうことも。例えばリングジュースをアップルタイザー風のドリンクにすることも可能だ。従来のソーダマシンでは、作業後のボトル洗浄が面倒だったが、「BubbleCap」であれば、より気軽に作業ができるだろう。

    Bubble Capは現在、クラウドファンディングサイトIndeigogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、20ドルの出資+送料で「BubbleCap」を1個入手可能だ。出荷は2018年2月に予定されている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ