簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年01月


    大阪・中之島にあるホテル「コンラッド大阪」では、2月1日(木)から2月14日(水)まで期間限定で、バレンタインにぴったりなコース「『バレンタイン・スウィート』ランチ&ディナーコース」が味わえる。そこで、一皿ごとにシェフのセンスとこだわりが詰めこまれた、目でも口でも楽しい7品とその魅力を紹介。

    ■ 「C:GRILL」山田智樹シェフが贈るロマンチックなコース

    会場は、大阪の絶景が望める同ホテルの40階にあるレストラン「C:GRILL(シーグリル)」。バレンタイン限定の特別なコースは、料金は1人1万5000円(※税・サービス代別)で、全7品のコース料理と、乾杯グラスとして「ヴーヴ・クリコ ローズラベル」も楽しめる。味・見た目、雰囲気まで満足できること間違いなし。

    ■ シェフのセンスとこだわり満載の7皿

    【1皿目】「3層アミューズ パルメザンクッキー添え」から始まるこのコース。一口サイズのが女性にもうれしい。鮮やかな赤色が映えるハイビスカスのアガーや、スペイン産フォアグラのムース、ホテルメイドのブリオッシュを3層に重ね、マリネした苺をトッピングされたアミューズはとても華やかな一皿だ。パルメザンクッキーの上にトッピングされたアンチョビも、新鮮なイワシから丁寧につくられていて、シェフのこだわりを感じる。

    【2皿目】「北海道産 牡丹海老のアペタイザー」。牡丹海老は、その日に使うものだけを生のまま空輸で仕入れる。香り付けの大吟醸のフルーティーな香りと、新鮮な海老との相性は抜群だとか。ホワイトバルサミコの中に薔薇の花びらを閉じ込めたゼリーが、バレンタインらしさを演出している。

    【3皿目】温かい前菜の「ハマグリの薪焼き」。燻煙を中に閉じ込めたこの一品は香りを楽しめる一皿。ハマグリの出汁で炊いた筍と自家製の木の芽のペーストも、ハマグリの旨味を感じられる。

    【4皿目】あおり烏賊のタルタルとカカオバターに、華やかなピンク色の紅芯大根のスープを注いでいただく「あおり烏賊とカカオバター 紅芯大根のスープ」。香ばしく焼いたあおり烏賊の香りが食欲をそそる。野菜の水分だけで作った濃厚なスープは、野菜の自然な色でロマンチックなピンク色。

    【5皿目】魚のメイン料理は、「旬魚 自家製カラスミとビーツとともに」。その日の朝に市場で仕入れる旬魚を彩るのは、ロマンチックな真紅のビーツパウダーや、技術が光るビーツのクリスタルチップ、自家製カラスミなど。ビーツのパウダーによる甘酸っぱさが味のアクセントに。

    【6皿目】肉のメイン料理は、珍しいカカオ風味の肉料理「牛頬肉の煮込み カカオ風味」。ヴァローナ社のカカオとオレンジなどと一緒に煮込んだ牛肉は深いコクがあり、コラーゲンがたくさん詰まったトロトロなうま味を楽しめる。

    【7皿目】デザートの「チョコレートムース ソルベを添えて」は、ホテルメイドのチョコレートアイス。酸味が利いてスッキリとしたヴァローナ社のチョコレートやラズベリーのムースなど、贅沢な一皿になっている。こだわりを尽くしたコースの締めくくりにふさわしいデザートだ。

    「C:GRILL(シーグリル)」トップシェフの山田智樹シェフ。2016年4月、コンラッド大阪でホテル開業と同時にオープンしたシーフードグリルレストラン「C:GRILL」の料理長として就任。現在はホテルのスーシェフも兼務。ゲストの期待を超えたものを提供するという情熱のもと、産地や旬にこだわって厳選した食材、卓越した技術と繊細なセンス、そして創造性溢れるこだわりで、ゲストの感性を刺激する格別な“食体験”を提供する。

    シェフによるこだわりが詰め込まれた贅沢な7品。赤やピンクなど色鮮やかで華やか。そんな7皿が並ぶこのコースは、バレンタインという特別な1日を彩るのにぴったり。ぜひ特別な人と味わってほしい。

    ■「『バレンタイン・スウィート』ランチ&ディナーコース」 期間:2月1日(木)~2月14日(水) 開催時間:ランチ11:30~14:30、ディナー17:30~21:30 場所:コンラッド大阪40階レストラン「C:GRILL(シーグリル)」 料金:1人15000円(※別途、税金とサービス料15%が加算) 予約:HPもしくは、電話にて

    ■コンラッド大阪<電話:06-6222-0111(代表) 住所:大阪市北区中之島3-2-4 交通:地下鉄肥後橋駅・京阪渡辺橋駅直結、地下鉄・京阪淀屋橋駅より徒歩6分>

    「『バレンタイン・スウィート』ランチ&ディナーコース」/C:GRILL


    (出典 news.nicovideo.jp)






    仕事帰りにふらっと寄って、1杯だけ飲んで帰る。
    そんな「行きつけ」があったらと、誰しも一度は考えたことがあるでしょう。

    今、うなずいたあなたには英国風パブの『HUB』がおすすめ。
    しかも1月31日(水)までの期間限定で、お店に雑誌を持っていくとカクテルやワインなど通常390円の17品が、なんと180円に!



    でも、なんで?

    HUBってどんなお店?



    英国パブの文化を日本でも根付かせようと誕生したのが、このHUB。
    店内のいたるところに本場・英国のかほりがするインテリアが飾られています。









    この時計かわいい!

    創業者の中内功さんは、「週刊誌を買うように気軽にお越しいただきたい」という願いを込めて、当時の雑誌1冊の価格であった180円をHUBのメニューの基本価格に設定したそう。
    時は流れ、現在の基本価格は390円となりましたが、株式会社ハブの東証一部上場を記念して期間限定で創業時の雑誌価格が実現したというわけです。

    そもそもパブとは?

    本場・英国のパブは今でいう「サードプレイス」のような場所。
    仕事帰りにふらっと立ち寄って、気分をリセットしたり、名前も知らない人と談笑したり。
    そしてサクッと飲んだら、帰宅して夕食をとるのが主流なので、あまりヘビーな食事は提供されないのが通常です。

    つまり、伝統的に「おひとり様歓迎」のお店なんですね。

    では、さっそく行ってみましょう

    というわけで、今回TABIZINEはHUB秋葉原店で取材を敢行!平日の夕方でしたが、店内には早くもお客さんの姿がちらほら・・・

    ちなみに、自分でカウンターまで行って注文するスタイルですのでご注意を。
    おもむろに雑誌を差し出すと、笑顔で受け取ってくださいました!



    持参する雑誌は何でもokということでした。
    でも、さすがに少年マンガは・・・



    こちらも問題なし!先ほど以上に素敵な笑顔で受け取ってくださいました。さすがはマンガ&アニメの聖地、秋葉原です!(※実際にはどのお店でもマンガokですよ)

    HUBのおすすめメニュー

    ここまで読んで、HUBに行ってみたくなりましたか?
    最後に、絶対おすすめのドリンク&フードメニューをご紹介します!



    (写真右から)

    ①ジントニック(390円 → 期間限定180円)
    不動の人気No.1!HUBが監修をしたトニックは、甘みを抑えてスッキリとした味わい。

    ②サクラハイボール(390円 → 期間限定180円)
    本格スコッチデュワーズを使用。桜エキスがほんのり香る、女性に人気のカクテルです。

    ③エスパス・オブ・リマリ(390円 → 期間限定180円)
    この価格で別格の飲み口を実現!辛口で爽やかなスパークリング。



    ④ザ・フィッシュ&チップス(レギュラー 630円)
    本場のレシピに基づいて作られた定番中の定番。個人的にはタルタルの食感をぜひ味わっていただきたい。



    ⑤アンチョビキャベツ(400円)
    絶妙なキャベツのほろほろ感と、アンチョビ&ガーリックのスパイスは正にやみつき。



    いかがでしたか?
    今こそパブ・デビューのチャンスです。雑誌を持って、HUBに出かけましょう!


    <キャンペーン詳細>
    ●株式会社ハブ東証一部上場記念感謝セール 第三弾!!
     2018年1月14日(日)~31日(水)
     週刊誌(フリーペーパーおよび電子書籍を除く)と引き換えに
     創業当時の週刊誌価格でご提供!!(390円→180円)
     ※対象のメニューはお店でご確認ください。

    <今回行ったお店>
    ●HUB秋葉原店
     http://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/42
     住所:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル1F
       (秋葉原駅 中央改札口 徒歩2分)
     TEL:03-3526-6882
     営業時間:[月~木・日] 11:30~翌0:30
          [金] 11:30~翌2:00
          [土] 11:30~翌1:00
    ひとりでも入りやすい、行きつけパブ『HUB』。雑誌持参で、本格カクテルetcが今だけ価格?【1月31日まで】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    2017年春から新屋台が次々と登場し、福岡観光で欠かせない屋台が改めて注目を集めている。老舗から新店まで約20店が入り交じる屋台密集地帯・中洲エリアもそのひとつ。この地の新たな顔として人気なのが「わっぜか」(福岡市博多区)だ。

    店を切り盛りするのは、弱冠27歳(※2018年現在)の若き大将・上赤鴻志郎さん。中洲の人気屋台「やまちゃん」で6年間修行を積んで学んだ屋台料理や接客のノウハウを生かし、地元民や観光客を迎える。

    ■ 定番から屋台では珍しいステーキまで勢ぞろい!

    定番の「焼きラーメン」(950円)は、細麺やキャベツ、モヤシなどがたっぷり入ったボリューム満点のメニュー。豚骨スープを加えるのもポイントで、まろやかな味わいで食べやすく、女性人気も高い。

    また、野菜のシャキシャキ食感が堪らない「巻きもん(アスパラ、万能ネギ、えのきの3本セット)」(900円)をはじめ、屋台では珍しい「中落ちカルビ」(1200円)や「牛タン」(1500円)といった4種類の部位がそろう牛ステーキも用意する。

    食事はもちろん、肩肘張らない気軽な雰囲気で、初対面の客同士でも和気あいあいと楽しめるのが屋台の醍醐味。店主はもちろん、地元の人々や観光客との触れ合いを楽しもう。

    雨や風が強い日は休みになることがあるので、事前に電話で問い合わせるのがおすすめだ。

    [わっぜか]福岡県福岡市博多区中洲1 清流公園内 / 080-5218-7236 / 18:00~翌2:00 / 無休

    「焼ラーメン」(950円)。野菜もたっぷりでボリューミー


    (出典 news.nicovideo.jp)




    フォレストキッチン ウィズ アウトドア リビングは、「杜の都 仙台」と「東北六感」がコンセプトの「ホテルメトロポリタン仙台イースト」メインダイニングにふさわしく、杜の美しさとモダンさが調和した空間です。自然光と木目調による温もりが際立つ心地よい開放感、インテリア性に優れた躍動感溢れるオープンキッチン、広い中庭を思わせる鮮やかな緑の植栽が、いずれもラグジュアリーでありながらナチュラルな雰囲気をデザインしています。
    店舗名:FOREST KITCHEN with Outdoor Living(フォレストキッチン ウィズ アウトドア リビング)
    住所:仙台市青葉区中央1-1-1
       ホテルメトロポリタン仙台イースト3階
    TEL:022-794-8232
    煙草:禁煙
    席数:室内137席 テラス44席 ガーデン73席 個室×2部屋:8席・12席
     
      定休日:なし
    ※営業時間:2月1日から下記に変更になります
    朝食 6:30~10:00(LO 9:45)
    ランチ 11:30~15:00(LO 14:30)
    ディナー/バー [月~木] 17:00~22:30(LO/F21:30、D22:00)[金・土・祝前日]17:00~23:00(LO/F22:00、D22:30)
    [日・祝日]17:00~22:00(LO/F21:00、D21:30)
    本リリースPDF
    • 新ディナーメニューについて  ※価格額:税込統一
    新しいディナーメニューは、東北特産の食材を中心に提供することで地産地消を目指し、現代のテイストを融合させたモダンイタリアンです。東北に深く根付く感性や感覚を重視し、時代や環境のに応じた多様性を持ちながらも共通する「美味しさ」を追求しました。季節を感じる雅な食材で土地の風土を感じ、その美味しさに微笑みや和みを生み出す大切な食事のひととき。食材の宝庫「東北」の文化が次世代に引き継がれていく中で、良い部分を残しながら工夫に磨きをかけ、新しい文化として定着する過程をメニューで表現しています。

    馬肉のカルパッチョ プーリア風(1,500円)
    馬肉をブラックペッパーでアクセントをつけ、南東イタリア郷土料理風に仕上げました。イタリア半島のかかと部分のプーリア地方は、オリーブオイルの産地としても知られオリーブオイル主流ですが、ゴマ油を使用することで馬肉の特性を活かしています。

    白なほろ苦いサラダ ゴルゴンゾーラのクリームとトリュフのドレッシング(1,500円)
    ほんのり苦味を感じるカステルフランコに東北の季節野菜を加えたサラダ。イカの食感を楽しむ事ができ、ゴルゴンゾーラチーズとトリュフドレッシングが大人の味に仕上げています。


    リヴォルノ風ズッパディペッシェ(2,600円)
    新鮮な白身魚を赤エビやムール貝のコクあるスープで煮込み、ナポリの猟師発祥のズッパディペッシェで豪快に仕上げました。トマトスープとオリーブが魚介本来の旨みを引き立たせ、さっぱりとしながらも深い味わいを楽しめます。

    日高見牛リブロース肉のグリル バルサミコソース(4,200円)
    柔らかい口どけであっさりとした黒毛和牛「日高見牛」をシンプルに楽しむ一品。芳香なバルサミコソースが、さらりとした脂身とジューシーな肉質を引き立たせています。天然酵母のパンとの相性も良く、フォレストキッチンのモダンイタリアンを深く感じられるメニューです。

    骨付きいわい鶏もも肉のマレンゴ風(1,800円)
    岩手県磐井地方限定岩手の銘柄鶏「奥州いわいどり」を骨付きで楽しむ一品。天使エビとフレッシュトマトをにんにく、白ワインで煮込んだソースが、肉質が締っていて歯ざわりが良く、コクと旨味がある「奥州いわいどり」を一層引き立たせています。

    イベリコ豚のラグー 白いミートソースとライム(1,600円)
    イベリコ豚肩ロースでイタリアン独特の風味を豊かにした一品。平たいパスタの中で最も細いタリオリーニをクリーム風に仕上げたパスタで、きのこ類との相性が抜群。新鮮な生クリームとライムでクリームパスタながらもさっぱりと仕上がっています。
    • リニューアル記念プラン
    メニューリニューアルしたフォレストキッチンの魅力を詰め込んだ飲み放題プランを用意しました。通常5,000円⇒3,800円で楽しめる破格な金額で提供します。お試しでも本気でも間違いなく満足いただけるラインナップになっています。
    リニューアル記念プラン 2月1日(木)~4月30日(月)
    【メニュー】
    宮城厳選野菜の自家製ピクルス盛り合わせ/本日のアンティパスト/フォレストキッチン特製東北野菜のインサラータヴェルデ/ボリートミスト サルサヴェルデ風 マスタード添え/本日のパスタ/パティシエデザート盛り合わせ
    【ドリンク】
    ビール/ワイン赤・白/カクテル各種/ソフトドリンク各種
      ===========================================================
    【運営会社概要】
    ■社名:株式会社ポジティブドリームパーソンズ
    ■設立:1997年7月1日
    ■代表取締役社長:杉元 崇将
    ■本社所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-15-1 A-PLACE恵比寿南ビル4F
    ■従業員数:930名(2017年5月現在)
    ■事業内容:ホテル、レストラン、ウェディング、宴会施設、フラワーショップの運営・企画およびコンサルティング事業
     

    配信元企業:株式会社ポジティブドリームパーソンズ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    冬の味覚べんとうイメージ
     
      
       横浜ベイホテル東急(横浜市西区みなとみらい・総支配人 陣内一彦)1階、日本料理「大志満」では、2018年2月1日(木)~28日(水)の期間限定で「冬の味覚べんとう」をご提供いたします。
     
    「治部椀」イメージ
     今回ご提供をする「冬の味覚べんとう」は、四季を大切にする日本料理らしく、白子あんこうなどを厳選し、冬に美味しい食材を多数盛り込んだ二段弁当です。このほか、大志満でしか味わうことのできない加賀料理の真髄「治部椀」など先付からデザートまでコース仕立てでお楽しみいただけます。“和”の空間でごゆっくり、冬の味覚をご堪能ください。
    ■「冬の味覚べんとう」概要
    【期間】2018年2月1日(木)~28日(水)
    【時間】ランチタイム限定 11:30~14:30(LO)
    【料金】4,500円(税金・サービス料込)
    「大志満」内観イメージ
    【メニュー】<先付>白子豆腐、<造り>盛り合わせ、<煮物>治部椀、<弁当>一の重:出汁巻玉子・鮭の南天焼・合鴨の燻製・酢取り野菜・竹の子・キャベツ包み・里芋・青菜のひたし・真蒸(しんじょ)・昆布巻、二の重:大根寿し・鮴(ごり)の艶煮、白和え、石もずく酢・金柑蜜煮・茶巾包み・あんこうの唐揚げ、<お食事>蟹のちらし寿し・吸物、<お食後>白玉ぜんざい
    ※メニューは入荷などの状況により、変更になる場合があります
    • 期間限定「冬日和」

      冬日和イメージ
      親しいお仲間・ご友人と、よりお気軽にお楽しみいただける三段弁当「冬日和」(先付・デザート付き)もご用意いたします。
      【期間】2018年2月1日(木)~28日(水)
      【時間】ランチタイム限定 11:30~14:30(LO)
      【料金】3,300円(税金・サービス料込)
    日本料理「大志満」イメージ

    【お客様からのお問い合わせ先】
    レストラン予約
    電話:045-682-2255(直通)



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ