簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年01月


     日本の農産物や食品の人気が海外で高まっている。

     農林水産省のまとめによると、2016年の農林水産物・食品の輸出額は7502億円となり、4年連続で増加した。12年は4497億円だったので、それから1.7倍になった。

     いったい、どんな農林水産物・食品が人気になっているのか。個別に探ってみた。今回は、まず日本の食卓に欠かせない「味噌」についての調査を報告する。

     経済産業省の工業統計(14年)によると、国内にはおよそ800の事業所があり、市場規模は出荷額ベースで1276億円。人口減少の影響もあって国内の出荷・消費はここ数年、微減か横ばいが続いている。一方で、それを補うかたちで輸出が伸び続けている。

     味噌の輸出実績の推移は40年前の1977年が1012トン。金額にして2億6000万円だった。それから22年後の99年になると輸出量は5175トン、金額は10億8000万円にまで伸びた。そして2010年に初めて輸出量が1万トンを超え、16年には1万4759トン、金額も30億6102万円と過去最高を記録した。

     その勢いは止まる気配がない。最新のデータである17年11月までの実績は前年同期を1049トン上回る1万4298トン。金額ベースでは同8.6%増の29億7590万円。12月分を加えれば、通年で数量、金額ともに5年連続過去最高となる見込みだ。

    ●背景に海外での和食人気

     国内消費が伸び悩むなか、なぜ輸出が伸び続けているのか。全国味噌工業協同組合連合会(全味工連)の担当者に聞いた。

    「ここ数年の海外での和食ブームで、日本食のレストランの数が増え続けています。それにつれて味噌の輸出が伸びました。この流れはまだ続くとみています」

     農林水産省の資料によると、海外の日本食レストランの数は06年に2万4000店だったが、13年には5万5000店、17年には11万8000店へと急増した。10年余りで5倍近くになっている。もっとも多いのがアジアで6万9300店、次いで北米が2万5300店、欧州が1万2200店などとなっている。

     これだけ日本食レストランが増えれば、醤油や味噌の輸出が増えるのも当然だろう。

    「和食ブームの背景には、健康志向の高まりとともに、13年に和食がユネスコ無形文化遺産に選ばれたことや、年間2600万人超のインバウンド(訪日外国人)の日本国内での和食体験が影響しているとみられます。またEU域内では、チーズやワインなど発酵食品になじみがあり、味噌を受け入れやすい土壌がある。こうした和食ブームに乗り、政府は農林水産物・食品の輸出額を19年に1兆円にする目標を掲げています」(経済ジャーナリスト)

     17年の味噌の輸出先は、北米とアジア地域が全体の7割を占め、次いでEUとなっている。1月から11月の累計で、輸出量がもっとも多いのは米国で3818トン。以下、韓国1385トン、タイ949トン、中国858トン、台湾801トンとなっている。EU域内では、フランス599トン、英国550トン、オランダ368トンなどが目立つ。意外なところではサウジアラビア、カタールなど中東諸国の名前も出てくる。味噌は今や世界各地に、その味を広めているのだ。

    ●しのぎを削る味噌メーカー…オーガニックやハラール認証商品も

     味噌メーカーは輸出商品の開発に余念がない。積極的な海外戦略を仕掛けるのは、売り上げで業界3位の「ひかり味噌」だ。同社は、長野県下諏訪町に本社を置き、1993年に米国で有機大豆の契約栽培を始め、2003年にロサンゼルスに営業所を開設。林善博社長自ら世界中を飛び回り、今では世界60カ国以上に輸出している。イスラム圏向けの輸出にも着目し12年、業界初のハラール認証を取得した。

    「海外で多くの支持を集めているのはオーガニック味噌です。赤、白、減塩、西京、だし、玄米、豆味噌とバラエティ豊かに揃え、パッケージは英語表記です、白・赤味噌は7カ国語のラベルがあります。アジアや欧米諸国でロングセラー商品となっており、ハラール認証を取得した無添加味噌や、わかめ入りの即席みそ汁も好調です」(広報担当者)

     ひかり味噌のオーガニック味噌の輸出量は、前期比20%増だという。17年10月、幕張メッセで開かれた「第1回日本の食品輸出EXPO」にも出展し、ドイツ、フランス、トルコ、セルビアなど海外のバイヤーの関心を集めた。

     業界最大手のマルコメの輸出先は、北米や東南アジアなど48カ国。米ロサンゼルスの工場で現地生産を行っている。

     そのほかのメーカーも、国産大豆を原料とした高級品の輸出に力を入れるなど、差別化を図る。“MISO”は着実に世界中の人々の味覚になりつつある。

    「次の課題は、海外の一般家庭の食卓に受け入れられること」(前出・全味工連担当者)

     味噌の世界進出はこれからが本番だ。  

    ひかり味噌の展示会


    (出典 news.nicovideo.jp)




    「ハイアットリージェンシー大阪」では、レッド×ブラウンを基調に、大人かわいいをテーマにしたいちごスイーツを展開。こちらのスイーツブッフェのアイコン「パリブレスト」や、フランスのショートケーキ「フレジエ」など、華やかで洗練されたものばかり。開放感あふれる空間でゆっくりといちごを堪能できる。開催は4月1日まで ※土日祝のみ<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

    ■ いちごにベリーを加えて変化を!“大人かわいい”インスタ映えスイーツ

    <ベスト1>「ストロベリー&クランベリーチーズパイ」。リップスティックをイメージしたパイ。生地の中にはチーズクリームとクランベリーのコンポートが。

    <ベスト2>「ストロベリーパリブレスト」。シュー生地にいちごを隙間なく並べた贅沢さ。鮮やかなソース、ラズベリーのクランブルで華やかに。

    <ベスト3>「クレープシュゼットストロベリーソース」。いちごと相性のよいオレンジを使って目の前で仕上げ。いちごの果肉たっぷりのソースをかけて。

    <ベスト4>「ストロベリーチョコレートブラウニー」(右)。ドライいちごを生地に練り込んで焼き上げたブラウニー。濃厚なガナッシュにいちごの風味が香る。

    <ベスト5>「フレジエ」。いちごといちごの間を埋めるように、濃厚なカスタードとバタークリームのムースリーヌがぎっしり。

    ■ 会場の様子を実況

    【12:00】いちごもスタンバイOK。新鮮ないちごがぎっしりのったトロリー。フランスのカトラリーメーカー、クリストフル社製の希少なもの。

    【12:10】ゆったりとスタート。開始時間は12時だが、16時まで席が利用できるため来店時間もバラバラ。込み合うこともなくゆったり開始。

    【12:15】オレンジのさわやかな香り。クレープシュゼットは、バターを加えたオレンジジュースに生地を浸してフランベ。さわやかな香りが漂う。

    【13:00】優雅にティータイム。ストロベリーティーなど紅茶が充実。16時までおしゃべりしながら、お茶とスイーツを楽しむ人が多い。

    ■ シェフに直撃!ベリー類がポイント

    「1つのメニューに対してストロベリーとチョコレートの2種を作るなどで、レッド×ブラウンというテーマを表現しています。いちごだけでなく、ラズベリーやブルーベリーなどのベリー類を使うことで味や色みに変化を付けました。いろんなスイーツを味わってください」と、ペストリーシェフの大内浩司さん。

    「合鴨のサンドイッチ」や「小麦のサラダ」など、フードにもいちごをふんだんに使用。温かいグラタンやスープもある。

    円を描くように配置された席の真ん中あたりにブッフェ台を設置。スイーツはカウンターにも美しく並んでいる。

    ■ 潜入調査を終えて

    (島田)「一つ一つのメニューがこっていて、見ただけでもテンションが上がる! さらに味を想像するとワクワクして…。毎年想像以上のいちごスイーツが出てきて、もちろん今回も!きっと、いちごブッフェをよく研究しているんだろうな…」

    チョコレートファウンテンは、いちごチョコにラズベリーのパウダーを合わせることで酸味をプラス。色にも深みが。

    (松浦)「インスタ映えするスイーツがたくさんありましたね。特大カクテルのプレゼントとか、撮影用のレッドソファーとか、女子が盛り上がる要素を押さえているのもさすが!」

    (島田)「チーズパイはビジュアルも完璧。チーズの酸味がクセになる。クレープシュゼットも熱いうちに絶対食べてほしい!」

    (松浦)「私はパリブレストがかわいくて感激。中はほとんどいちごなので甘さも控えめで食べやすかったです。自分で最中を作るのも楽しかったし、サラダやマリネもおいしかった!」

    白あん、粒あん、練乳、小粒のいちごなどを組み合わせて、最中や大福が作れるコーナー。和菓子好きのシェフならでは。

    (島田)「サイドメニューにいたるまで手抜きなし。私はかわいいポットで紅茶の飲み比べができるのも高評価のポイントになりました。時間制限なし&ブッフェ&ドリンクのクオリティの高さを考えるとコスパはいいかと。ただ無理を承知で言うなら、税・サ込で5000円を切ってくれたらもっとお得感はある!」

    (松浦)「女子同士で昼間に4時間ゆっくり食べてしゃべれるところってなかなかない。そういう意味でもかなり価値のある場所だと思います!」

    ■ブッフェDATA/ストロベリーマニア~kiss to berry~ 料金:4900円(税・サ別) 実施時間:12:00~16:00 制限時間:なし 予約:要(電話、WEB) いちごメニュー:フード約3種、スイーツ約17種、ドリンク1種(+800円でストロベリーカクテルあり) いちごの品種:日により異なる いちご食べ放題:あまおう・紅ほっぺ・さぬきひめなど日替りで1種

    ■ハイアットリージェンシー 大阪<住所:大阪市住之江区南港北1-13-11 1F 電話:06-6612-1234 時間:11:00~17:00、土日祝9:00~17:00 休み:なし 席数:120席 タバコ:禁煙 交通:ニュートラム中ふ頭駅より徒歩3分 ※JR大阪駅より無料シャトルバスあり>

    ストロベリー&クランベリーチーズパイ/ハイアットリージェンシー 大阪


    (出典 news.nicovideo.jp)




    ラーメンはもちろん、唐揚げや餃子などの一品料理も充実しており、居酒屋として利用する人も多い「博多屋台 幸龍(こうりゅう)」(福岡市中央区大名)。酒の種類もビールからテキーラまで豊富にそろう。

    ラーメンは、純豚骨のラーメン「白」を基本に、唐辛子ベースの“赤ダレ”を加えた「赤」、自家製辛子高菜のペースト“黒ダレ”を加えた「黒」、カレースパイスを加えた「金」の4つのラーメンが定番。客の要望によりメニュー化した長浜系の「屋台ラーメン」は締めにピッタリの1杯だ。

    ほかにも自家製のニンニク醤油に漬け込んだ鶏もも肉を網焼きした「かしわ焼き」も人気メニュー。またオーナーや店長の佐藤さんが中津出身ということで、つまみメニューに「中津からあげ」(590円)も提供している。

    店内は店員と客の距離が近く、屋台のような雰囲気。朝まで営業しているので、ちょっと帰りが遅くなったときや飲み会の締めにもどうぞ。

    【おすすめの一杯!】赤ラーメン(740円)。数種の唐辛子と醤油ダレを混ぜた“赤ダレ”をのせ、旨味と辛味を加えた一杯。マヨ&紅生姜で食べるかしわ焼き(590円)や、マッコリ(400円~)とともに楽しみたい。

    【ラーメンデータ】<麺> 細 / 角 / ストレート(100g) <スープ> タレ / 醤油:仕上げ油 / なし:種類 / 豚骨

    [ 博多屋台 幸龍 ] 福岡県福岡市中央区大名1-9-18 大名Fビル1F / 092-712-1119 / 21:00~翌6:00(LO5:00)、金曜、土曜、日曜19:00~ / 不定休 / 30席(カウンター10、テーブル20)

    赤ラーメン(740円)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    毎回、スイーツファンから絶賛されている「セント レジス ホテル 大阪」のいちごブッフェ。今回のテーマは「ピンクと黒」。新鮮ないちごはもちろんピンク色のクリームやマシュマロと“活性炭”の黒を組み合わせたスタイリッシュなスイーツは、フォトジェニックさNo.1!そんな「セント レジス ホテル 大阪」のいちごブッフェに編集部が潜入調査。ホンネで採点したベストメニューを発表! ※実施は2017年12月29日(金)~2018年5月13日(日)まで<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

    ■ 海外セレブも注目の“活性炭”が旬のいちごとおしゃれにコラボ!

    <ベスト1>「イチゴショートケーキ」。イチゴシロップを合わせた甘酸っぱい生クリーム。炭色の黒いスポンジは思った以上に口溶けがよい。

    <ベスト2>「イチゴムース」。表面に活性炭をスプレーした濃厚な甘酸っぱさのムース。見た目と味のギャップにびっくり!

    <ベスト3>「ブリオッシュサンド」。活性炭を練り込んだ生地がインパクト大。イチゴシロップで味を付けた風味豊かな生クリームをサンド。

    <ベスト4>「デコレーションパフェ」。自分で作るパフェ。コーナーにはクッキーやチョコスプレーなどのほか、タピオカなどの変わり種も並ぶ。

    <ベスト5>「ワッフル」。活性炭といちご果汁を練り込んだ2種。いちご味は表面に乾燥いちごをあしらい、酸味でパンチをプラス。

    ■ ブッフェ会場の様子を実況

    【15:10】ミートローフに人だかり。早々に列が。シェフが切り分ける特別感は格別。ピンクと黒で仕上げた2層のミートローフの美しさに歓声。

    【15:30】こまめにスイーツを補充。スイーツなどがなくなると、素早く新しいものが補充される。スタッフの目配りと動きが小気味よい。

    【16:00】パフェコーナーも大人気。ひととおりスイーツを味わったころ、自分でアレンジするパフェコーナーに人が集中。真剣に材料を選ぶ人も。

    【16:30】最後はいちご食べ放題!ラストオーダーになるといちご食べ放題のコーナーが込む。最後は主役のいちごで締める人が多い印象。

    ■ 甘いもの=罪悪感を軽減!ブッフェのポイント

    「なにか新しく驚きのあるものをと、ハリウッドのセレブがダイエットや健康のために取り入れている“活性炭”に注目しました。活性炭は体内の不純物や毒素などを吸着する性質がありデトックス効果も。たくさん食べても罪悪感が軽減される、そんなスイーツを作りました」と、ペストリーシェフの伊藤慎二さん。

    パフェコーナーには15種類の材料が並ぶが、マカロンやショートケーキなどのいちごスイーツをのせるのもおすすめ。

    フードも大好評で遅めのランチを兼ねる人も多数。活性炭入りピラフやバーガーなど一品ごとに完成されたおいしさ。

    ■ 潜入調査を終えて

    トレンドやチャレンジが詰め込まれた構成に満足!

    淡い大人ピンクで飾られた、高い天井で広々としたラグジュアリーな空間。席もゆったりしているので時間を忘れる。

    (篠原)「席数が少なくてゆったりしているので、ホテルならではのプレミアム感がありますね」

    (松浦)「ピンクと黒のディスプレーがおしゃれ。スイーツも写真に撮りたくなるものが多くて、トレンドを押さえてましたね」

    (篠原)「デザインだけでなく、活性炭を使ったりとシェフのチャレンジ精神も感じました。イチゴムースのように、見た目と味のギャップもよかったです。ただ、食事系メニューがもっとあれば…。ピラフは、もう少し温かいとうれしかったかな」

    (松浦)「ハンバーガーやいちごを使ったカプレーゼがおいしくて、私は食事系もよかったです」

    (篠原)「ドリンクは種類が多いのもよかった。レッドベリーティーの、紅茶にベリーのシロップを入れる仕かけは初体験!ドリンクのサービスもこまめにしてくれて気遣いを感じました」

    (松浦)「ドリンクも飲み放題ですし、いちごもソースも3種類あるのでたくさん食べました」

    いちご食べ放題コーナーはソースにも注目。いちご練乳や活性炭入りブラックバニラクリーム、チョコソースがある。

    (篠原)「料金を考えると、もうひと押し!スイーツは申し分ないので、フードが充実すれば…。華やかさや特別感は頭一つ抜けている印象ですね」

    (松浦)「スイーツが全体的に甘めだからか、早めにギブアップ。ショートケーキやワッフルなどおいしかったのですが、私には少し重かったかも…。もう少しいろいろ食べられたらコスパはもっと高かったです!」

    ■ブッフェDATA/ストロベリーデザートブッフェPINK'n Black 料金:4800円(税・サ別) 実施時間:15:00~17:00 制限時間:120分 予約:要(電話、WEB) いちごメニュー:フード約10種、スイーツ約40種、ドリンク4種 いちごの品種:さちのか、ゆめのか、あまおうなど いちご食べ放題:国産ブランド3種

    ■セント レジス ホテル 大阪<住所:大阪市中央区本町3-6-12 1F 電話:06-6105-5659 時間:ランチ11:30~14:30、ティータイム15:00~17:00、ディナー17:30~22:00 休み:なし 席数:90席 タバコ:禁煙 交通:地下鉄本町駅よりすぐ>

    イチゴショートケーキ/セント レジス ホテル 大阪


    (出典 news.nicovideo.jp)




    野菜の高値が昨年末から続いて、つい食べるのを我慢していませんか?そういった時に役立ってくれるのが、安定価格の冷凍野菜。スーパーの冷食コーナーをチェックしてみたら、ブロッコリーやカリフラワー、インゲンなど緑黄色野菜が盛りだくさんの冷凍野菜ミックスがありました。これを冷凍うどんと組み合わせて、野菜たっぷりの温か晩ご飯に。野菜が多く食べ応えも噛み応えも十分なので、うどんの量は減らしてもOKです。

    バーニャカウダ風に食べても美味!

    【ぶっかけサラダうどん】

    材料(1人分)
    ・冷凍うどん 1玉 ※茹でうどんでも可。量は好みで減らしても。
    ・冷凍野菜(野菜ミックス) 好みの量

    <たれ>
    ・フレンチドレッシング 大さじ1
    ・白みそ 大さじ1/2
    ・しょう油 少々(2~3滴)

    作り方

    1・冷凍野菜を電子レンジにかけて解凍する。大きいようなら食べやすい大きさに切る。

    今回はブロッコリー、カリフラワー、インゲンがミックスされた冷凍野菜を使用。

    2・小さな器で<たれ>の材料を混ぜる。

    フレンチドレッシング:白みそ=2:1が基本。

    3・冷凍うどんを温め、皿に盛る。うどんの表面が乾いているようなら、湯(小さじ1)をかけて混ぜる。中心に1の野菜を盛り付け、2をかけて食べる。

    冷凍うどんなら手軽!

    うどん抜きなら〝バーニャカウダ風おつまみ″に!

    レンチンで解凍した温野菜を<たれ>にディップして召し上がれ!

    賢人のまとめ

    一般的に白みそは、ほかの味噌に比べて塩分が控えめで甘口、クセも少ないためドレッシングやソースなどにアレンジしやすいです。白みそに含まれるGABA(ギャバ)はストレス軽減やリラックス効果があるとされ、夜食べるといいそうです。今回の<たれ>のように生で使えば、加熱で失われやすい栄養素もそのまま摂取できますよ。

    プロフィール

    時短レシピの賢人 はまだふくこ

    料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

    フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ