簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年01月


    ■ 【古賀SA上】「牛すきうどん膳」(1598円)

    牛肩ロース肉や豆腐など、にぎやかな具材を九州産醤油の甘めの割下で仕上げた“ツユだく”牛すきうどん。麺は福岡県産小麦「筑紫こがね」を使ったSA自家製で香り豊か。やや細めで伸びにくく、最後までしっかりシコシコッ!

    [古賀SA上]レストラン / 10:00~22:00


    ■ 【広川SA上】「山海チゲおこげ鍋定食」(1500円)

    鹿児島県黒豚やエビ、カキ、シメジ、久留米産ハクサイなど“山海”の幸を石鍋でグツグツ。鍋の底には、揚げおにぎりが2個入り、香ばしいお焦げとともに味わえるチゲ雑炊としての楽しみ方もある。奥深いピリ辛スープにハマる!具の「いなり餃子」も要注目。チゲダシをよく吸った揚げのなかに鶏、豚肉、ニラなどの餡が入る。

    [広川SA上]レストラン / 10:00~22:00


    ■ 【広川SA下】「みぞれ生姜鍋」(1280円)

    和風スープのなかにはショウガたっぷり。さらに、すりおろしショウガものるなど、鍋蓋を開けると湯気とともにショウガのいい香りがフワリ。オオバ入りの鶏つくね、焼き豆腐などホフホフッ&さっぱりの具も上品なダシとマッチ。カツオ節主体のスープにショウガを溶け込ませる。肉や野菜の旨味もジュワリ!

    [広川SA下]レストラン茶房 古蓮 / 10:00~20:00、土曜・日曜・祝日~21:00


    ■ 【北熊本SA上】「石臼焼きそばと5種の天ぷら御膳 たかなめし付」(1382円)

    夏も好評を博した香り豊かな石臼焼きそばを、上品な和風温ダシで味わう。阿蘇の郷土料理・たかなめしは、元祖的存在「あそ路」監修。ゴマ油で炒めた高菜の旨味たっぷりのご飯がそばツユとも合う。天ぷらはエビ、野菜など5種類。

    [北熊本SA上]レストラン / 11:00~20:00


    ■ 【北熊本SA下】「あか牛と献上豆腐の牛すき鍋」(1480円)

    さっぱり塩スープに、具の主役は銘柄牛“あか牛”と豆腐の老舗・田代食品の“献上豆腐”。豆腐は大豆の味が濃くシルキーな舌触り。鍋に最初に入れると少しずつ溶け出し豆乳鍋風に変化する。あか牛の豊潤な肉の旨味を豆乳が優しく包む。また、甘味のある「あか牛」バラ肉を約100g使用。とろ~り卵をまとうと旨いっ!

    [北熊本SA下]レストラン / 11:00~20:00


    ■ 【宮原SA上】「あか牛すき鍋定食」(1280円)

    あか牛たっぷりの贅沢すき鍋。赤身と脂身のバランスのいい牛肉を、甘めの割下でグツグツ。同じく熊本県産「肥後卵」をねっとりと絡ませ食べれば口福に満たされる。糸コンニャクではなく、よりライトな春雨を使っているのも料理長のこだわり。

    [宮原SA上]レストラン / 11:00~20:00


    ■ 【宮原SA下】「宮原肉うどん」(650円)

    登場以来リピーター続出の宮原SAの名物料理。一般的な肉うどんと異なり、ごろっとした角切り牛肉をオン!ショウガをたっぷりとのせているのもポイント。カツオ、昆布のうどんツユに、甘く濃厚な肉の旨味も染み出ている。

    [宮原SA下]フードコート おても庵 / 24時間

    【九州ウォーカー編集部】(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

    【古賀SA上】「牛すきうどん膳」(1598円)


    (出典 news.nicovideo.jp)




     お正月のおせち料理は総じて味付けが濃い。ごちそうを食べて口の中をさっぱりしたくなったら、抹茶を1杯いただいてみてはどうだろうか。中国メディア・今日頭条は12月28日、「おいしすぎて涙がほとばしる、京都の抹茶店神7」を紹介する記事を掲載した。

     記事は、「京都といえば抹茶、と考えている人も多いのではないだろうか。京都人は美食を愛することで知られており、最も本式の抹茶を味わいたいのであれば、これから紹介する店を訪れれば間違いない」として、以下に挙げる7つの抹茶・抹茶スイーツ店を紹介している。

     1.茶寮 都路里(つじり)・・創業150年を超える歴史を持つ祇園辻利の茶寮。抹茶ゼリー、抹茶ケーキ、抹茶アイス、抹茶かき氷など、純正なる宇治抹茶と現代スイーツの完美なる融合は、普段抹茶を飲まない人でも存分にその魅力を楽しむことができる。

     2.中村藤吉・・本家は宇治市に位置するが、地理に疎い観光客向けに京都市内にも店舗を構えている。看板メニューは生茶ゼリイで、濃厚ながらも決してくどくなく、抹茶アイスとのコンビネーションはたまらない。茶の味が強いので、抹茶を本当に好きな人におすすめ。

     3.ジュヴァンセル・・八坂神社前にある、人気の創作スイーツ店。目玉はふくよかな香りの抹茶チョコレートを新鮮な果物や団子などに絡ませる抹茶フォンデュ。

     4.茶寮 宝泉・・京都の有名な和菓子店による茶寮。店内は静謐かつ優雅であり、趣向が凝らされた設計の日本庭園を眺めながら、苦味のきいた抹茶と爽やかな甘さの和菓子を楽しめる。

     5.伊藤久右衛門・・宇治抹茶を試したいが苦味が苦手という中国人観光客におすすめ。イチゴなどの新鮮な果物や乳製品とコラボレーションした抹茶スイーツの数々には、職人による美への飽くなき挑戦がうかがえる。

     6.祇園辻利・・茶寮都路里の本家。ここでは職人が挽いた抹茶を購入することができるが、その種類は20あまりに及ぶ。さっぱりからこってりまで、きっと自分にあった味を見つけられるはずだ。

     7.よーじやカフェ・・よーじやは化粧品で有名だが、カフェの抹茶も素晴らしい。買い物を終えてカフェに立ち寄り、窓の美しい庭園を眺めながら一服すれば、旅の疲れも一気に吹き飛ぶこと請け合いだ。

     抹茶は中国が起源だ、といった議論を中国のネット上で見かけることがある。しかし、グルメを愛する多くの中国人観光客にとってはどこが起源だろうが大した問題ではない。彼らの最大の関心事は言うまでもなく、おいしいかどうかなのだ。
    おいしさに涙がほとばしる・・・中国メディアが紹介する、京都の抹茶・抹茶スイーツ店「神7」


    (出典 news.nicovideo.jp)




    ■ 【古賀SA上】「牛すきうどん膳」(1598円)

    牛肩ロース肉や豆腐など、にぎやかな具材を九州産醤油の甘めの割下で仕上げた“ツユだく”牛すきうどん。麺は福岡県産小麦「筑紫こがね」を使ったSA自家製で香り豊か。やや細めで伸びにくく、最後までしっかりシコシコッ!

    [古賀SA上]レストラン / 10:00~22:00


    ■ 【広川SA上】「山海チゲおこげ鍋定食」(1500円)

    鹿児島県黒豚やエビ、カキ、シメジ、久留米産ハクサイなど“山海”の幸を石鍋でグツグツ。鍋の底には、揚げおにぎりが2個入り、香ばしいお焦げとともに味わえるチゲ雑炊としての楽しみ方もある。奥深いピリ辛スープにハマる!具の「いなり餃子」も要注目。チゲダシをよく吸った揚げのなかに鶏、豚肉、ニラなどの餡が入る。

    [広川SA上]レストラン / 10:00~22:00


    ■ 【広川SA下】「みぞれ生姜鍋」(1280円)

    和風スープのなかにはショウガたっぷり。さらに、すりおろしショウガものるなど、鍋蓋を開けると湯気とともにショウガのいい香りがフワリ。オオバ入りの鶏つくね、焼き豆腐などホフホフッ&さっぱりの具も上品なダシとマッチ。カツオ節主体のスープにショウガを溶け込ませる。肉や野菜の旨味もジュワリ!

    [広川SA下]レストラン茶房 古蓮 / 10:00~20:00、土曜・日曜・祝日~21:00


    ■ 【北熊本SA上】「石臼焼きそばと5種の天ぷら御膳 たかなめし付」(1382円)

    夏も好評を博した香り豊かな石臼焼きそばを、上品な和風温ダシで味わう。阿蘇の郷土料理・たかなめしは、元祖的存在「あそ路」監修。ゴマ油で炒めた高菜の旨味たっぷりのご飯がそばツユとも合う。天ぷらはエビ、野菜など5種類。

    [北熊本SA上]レストラン / 11:00~20:00


    ■ 【北熊本SA下】「あか牛と献上豆腐の牛すき鍋」(1480円)

    さっぱり塩スープに、具の主役は銘柄牛“あか牛”と豆腐の老舗・田代食品の“献上豆腐”。豆腐は大豆の味が濃くシルキーな舌触り。鍋に最初に入れると少しずつ溶け出し豆乳鍋風に変化する。あか牛の豊潤な肉の旨味を豆乳が優しく包む。また、甘味のある「あか牛」バラ肉を約100g使用。とろ~り卵をまとうと旨いっ!

    [北熊本SA下]レストラン / 11:00~20:00


    ■ 【宮原SA上】「あか牛すき鍋定食」(1280円)

    あか牛たっぷりの贅沢すき鍋。赤身と脂身のバランスのいい牛肉を、甘めの割下でグツグツ。同じく熊本県産「肥後卵」をねっとりと絡ませ食べれば口福に満たされる。糸コンニャクではなく、よりライトな春雨を使っているのも料理長のこだわり。

    [宮原SA上]レストラン / 11:00~20:00


    ■ 【宮原SA下】「宮原肉うどん」(650円)

    登場以来リピーター続出の宮原SAの名物料理。一般的な肉うどんと異なり、ごろっとした角切り牛肉をオン!ショウガをたっぷりとのせているのもポイント。カツオ、昆布のうどんツユに、甘く濃厚な肉の旨味も染み出ている。

    [宮原SA下]フードコート おても庵 / 24時間

    【九州ウォーカー編集部】(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

    【古賀SA上】「牛すきうどん膳」(1598円)


    (出典 news.nicovideo.jp)



     野菜に続き、本稿は「果物」の持つがん予防効果について考えてみます。

     果物ががん予防に効果があることは、ある程度明らかになっています。2007年に世界がん研究基金と米国がん研究協会が行った判定によると、口腔、咽頭、喉頭、食道、胃、肺のがんに対して、「果物はリスクを下げる可能性が大である」としています。

     同様に日本人のエビデンスに基づく評価でも、果物は野菜と同じように、食道がんのリスクを下げることは「ほぼ確実」、胃がんと肺がんも「可能性あり」との判定が下りています。

     こうした「果物とがん予防」の関連については、人を対象とした複数の疫学研究(コホート研究や患者対照研究)で、「予防的な関連」が示されており、やはり果物は、がん予防のために食べておくべき食材といえるでしょう。

     ではなぜ果物ががん予防に効果を発揮するのでしょう。色々な要因が考えられますが、何といっても大きいのは柿やイチゴ、柑橘類などに特に多く含まれるビタミンCの存在です。みかんなど柑橘系の果物に多く含まれるこの栄養成分は、「抗酸化ビタミン」の筆頭格。体内で発生する活性酸素やフリーラジカルといったがんを作り出す物質を攻撃して消し去ることを「抗酸化」といいますが、この「抗酸化作用」を持つビタミンの中でも、ビタミンCは代表的存在なのです。

     しかも、ビタミンCは単に酸化を防ぐだけではなく、免疫力を高める働きを併せ持っていることも知られており、総合的にがん予防に寄与する可能性が高いと言えそうです。

     中でも注目したいのが、ビタミンCが持つ「胃の粘膜の萎縮抑制作用」です。胃がん発生率の多い地域でわれわれが行った無作為比較試験によると、萎縮性胃炎の人を投与量(毎日50ミリグラムか500ミリグラム)でグループ分けしてビタミンCを摂取してもらったところ、ビタミンC摂取量の多いグループで胃粘膜の萎縮の進展が遅かった――という結果が得られました。

     特に、胃がんの温床ともいわれる「ピロリ菌」の保菌者の場合、ピロリ菌によって引き起こされる胃炎を抑えるために血中のビタミンCが消費されやすくなります。ピロリ菌を持っている人、あるいは胃炎の人は、より積極的に摂取する必要があるかもしれません。

     厚生労働省が2015年に出した「日本人の食事摂取基準」によると、1日当たりに推奨されるビタミンC摂取量は、成人で100ミリグラム、妊婦で110ミリグラム、授乳中の女性で145ミリグラムとされています。ちなみに「100ミリグラムのビタミンC」を摂取するには、みかんなら3~5個、柿なら1個程度が目安ですが、いろいろな野菜と果物から摂取することをお勧めします。

     さらに、がんとは別の話ですが、われわれが行っている多目的コホート研究では、果物の摂取量が多い人ほど循環器疾患のリスクが低いという結果が出ました。がんだけではなく心臓病予防にも、果物は効果を発揮してくれそうです(果物に多く含まれるカリウムが血圧を下げる効果があることも関係していそうです)。

     ただ、そんな果物にも注意点があります。ビタミンCは鉄分の吸収を高める働きも持っており、鉄分は肝がんのリスク要因でもあるのです。したがって、慢性肝炎や肝硬変など、肝がんのリスクを持っている人はビタミンCの摂り過ぎは控えたほうがいいでしょう。

    (津金 昌一郎)



    (出典 news.nicovideo.jp)




     お正月のおせち料理は総じて味付けが濃い。ごちそうを食べて口の中をさっぱりしたくなったら、抹茶を1杯いただいてみてはどうだろうか。中国メディア・今日頭条は12月28日、「おいしすぎて涙がほとばしる、京都の抹茶店神7」を紹介する記事を掲載した。

     記事は、「京都といえば抹茶、と考えている人も多いのではないだろうか。京都人は美食を愛することで知られており、最も本式の抹茶を味わいたいのであれば、これから紹介する店を訪れれば間違いない」として、以下に挙げる7つの抹茶・抹茶スイーツ店を紹介している。

     1.茶寮 都路里(つじり)・・創業150年を超える歴史を持つ祇園辻利の茶寮。抹茶ゼリー、抹茶ケーキ、抹茶アイス、抹茶かき氷など、純正なる宇治抹茶と現代スイーツの完美なる融合は、普段抹茶を飲まない人でも存分にその魅力を楽しむことができる。

     2.中村藤吉・・本家は宇治市に位置するが、地理に疎い観光客向けに京都市内にも店舗を構えている。看板メニューは生茶ゼリイで、濃厚ながらも決してくどくなく、抹茶アイスとのコンビネーションはたまらない。茶の味が強いので、抹茶を本当に好きな人におすすめ。

     3.ジュヴァンセル・・八坂神社前にある、人気の創作スイーツ店。目玉はふくよかな香りの抹茶チョコレートを新鮮な果物や団子などに絡ませる抹茶フォンデュ。

     4.茶寮 宝泉・・京都の有名な和菓子店による茶寮。店内は静謐かつ優雅であり、趣向が凝らされた設計の日本庭園を眺めながら、苦味のきいた抹茶と爽やかな甘さの和菓子を楽しめる。

     5.伊藤久右衛門・・宇治抹茶を試したいが苦味が苦手という中国人観光客におすすめ。イチゴなどの新鮮な果物や乳製品とコラボレーションした抹茶スイーツの数々には、職人による美への飽くなき挑戦がうかがえる。

     6.祇園辻利・・茶寮都路里の本家。ここでは職人が挽いた抹茶を購入することができるが、その種類は20あまりに及ぶ。さっぱりからこってりまで、きっと自分にあった味を見つけられるはずだ。

     7.よーじやカフェ・・よーじやは化粧品で有名だが、カフェの抹茶も素晴らしい。買い物を終えてカフェに立ち寄り、窓の美しい庭園を眺めながら一服すれば、旅の疲れも一気に吹き飛ぶこと請け合いだ。

     抹茶は中国が起源だ、といった議論を中国のネット上で見かけることがある。しかし、グルメを愛する多くの中国人観光客にとってはどこが起源だろうが大した問題ではない。彼らの最大の関心事は言うまでもなく、おいしいかどうかなのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
    おいしさに涙がほとばしる・・・中国メディアが紹介する、京都の抹茶・抹茶スイーツ店「神7」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    このページのトップヘ