簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年01月


    ”青の美しさを愉しむ”をテーマに作られた青い緑茶、プティポアンのブルーグリーンティーシリーズが、ヴィレヴァンオンラインにて発売されています。無農薬栽培されたハーブと厳選した緑茶と香りをブレンドした、淹れると青くでる緑茶です。

    美しい青を楽しむため、水出しで淹れることを推奨されており、水出し緑茶に含まれるテアニンは、まろやかで美味しいお茶にするだけではなく不眠症やストレス解消が、エピガロカテキンは、免疫細胞を活性化してくれるそう。青い緑茶は8種類のフレーバーがあるので、好みやシーンなどで使い分けて。価格は760円〜。

    あまりに長い時間だと渋みが出てしまうものの、濃さを変えれば様々な青色を楽しめます。

    ■ しおん(アールグレイの香り)

    天然由来成分が配合されたベルガモットの香料を使用した、爽やかな青い水色のアールグレイ緑茶。

    ■ 実桜(さくらんぼの香り)

    甘酸っぱいさくらんぼ「佐藤錦」が香る青い水色のフレーバー緑茶。山形県産のさくらんぼ「佐藤錦」もブレンドしています。

    ■ 香音(ラフランスの香り)

    芳醇な甘い香りのラフランスが香る青い水色のフレーバー緑茶。山形県産のラフランスもブレンドしています。

    ■ まりる(マスカットの香り)

    天然由来成分が配合された香料を使用した豊潤なマスカットが香る青い水色のフレーバー緑茶。

    ■ 和(ライチの香り)

    楊貴妃が愛してやまなかった果物「ライチ」が香る青い水色のフレーバー緑茶。

    ■ 織姫(ライチとローズの香り)

    クレオパトラが愛した「バラの花」楊貴妃が好んで食べた果物「ライチ」が香る青い水色のフレーバー緑茶。

    ■ 八重姫(ローズの香り)

    天然由来成分が配合された香料を使用した優雅なバラの花が香る青い水色のフレーバー緑茶。

    ■ 玉露

    渋みが少なく、テアニンがたっぷりの濃厚な旨みが特徴の青い水色の宇治玉露です。

    幻想的な見た目はもちろん、 ライチやマスカットなどフルーティーな香りも楽しめるお茶が勢ぞろい。女子力が上がりそうなフレーバーも魅力です。

    プティポアンの「ブルーグリーンティーシリーズ」


    (出典 news.nicovideo.jp)




     日々の食費をできる限り抑えたい消費者と、食品廃棄ロスを少しでも減らしたいレストランや小売店をマッチングする「Reduce GO」というサービスが話題になった。月額1980円で一日2回までレストランの余剰食品をテイクアウトできるというもの。申し込みが殺到し、現在は募集をやめている状況だという。

     廃棄食材を有効活用しようという取り組みはさまざまあり、毎週、野菜をプレゼントしている「タダヤサイドットコム」もその一つ。同サイトを活用する主婦の河合優実さん(仮名・42歳)に聞いた。

    「玉ねぎ10kgとか白菜4玉とか、当選したら野菜をもらえるんです。私も当たったことがあって、品質もよかったので買っています」

     同サイトでは、色や形が売り物の水準に達していない規格外の野菜をプレゼントする企画を毎週月曜にリリースしている。サイトを運営する高橋栄治さんは、「食品ロス問題は深刻。売り物にならない野菜をプレゼントすることで、契約している農家さんのところに購入希望が来ることを期待して始めました」と語る。

     食材のタダ取りはほかにも可能で、「来場者に食品詰め合わせをプレゼント!」などと書かれた新聞折り込みやツイッターの告知をしている業者が多数ある。実際に出向いた加藤翔真さん(仮名・32歳)がその内情を教えてくれた。

    「高齢者を集めて、布団や宝石などを販売している業者が多いんですよね。行くと、レトルトカレーとご飯を5袋もらえました。その後の営業が面倒でしたが(笑)」

     しつこい営業にも毅然とした態度で切り抜けられる人なら、もらい得である。

     東京、神奈川など対象地域が増えている料理配送サービス「UberEATS」のお得ワザが“紹介コードの夫婦間利用”だ。実際に使った野沢雅夫さん(仮名・38歳)に聞いた。

    「自分の紹介コードで妻が購入すると2回まで1000円引きになり、自分には2000円割引クーポンが届くので、計4000円引きになるんです。翌日は、妻の紹介コードを使えば、同じく4000円分の“タダ飯”が届きました」

     それぞれ配送料はかかるが、それでもかなりお得。対策される可能性はあるが、現段階では試してみる価値あり!

    ― 超簡単に得する裏ワザ ―

    毎週、契約農家の野菜をプレゼント!


    (出典 news.nicovideo.jp


    毎回、高視聴率を記録し、感動のラストで幕を閉じたドラマ『陸王』(TBS系)。その舞台となった埼玉県行田(ぎょうだ)市には、多くのファンが“聖地巡礼”で訪れたというが、劇中には地元の銘菓である「十万石まんじゅう」も登場、そのコラボまんじゅうも飛ぶように売れているとか。

    「うまい、うますぎる」のフレーズが印象的なCMはテレビ埼玉で何十年にもわたって放送されており、十万石まんじゅうは「埼玉県民なら知らぬ者はいない」と言われるほど親しまれている。

    そこで、埼玉出身の記者が行田本店を訪れ、その知られざる歴史について「十万石ふくさや」社長の横田康介氏を直撃!

    前編記事(『売れ過ぎて社長も悲鳴…うまい、うますぎる!「十万石まんじゅう」の謙虚な誤算』)に続き、後編では創業以来、守り抜いてきたこだわりを伺った――。

    ***

    ―十万石まんじゅうといえば、テレビ埼玉で流れているCMがとても有名ですが、あれはいつから放送されているんですか?

    横田 テレビ埼玉さんの場合は1979年の開局当時からお世話になっていますから、もう40年近くになるかと思います。

    ―CMに出てくる竹林と鹿威(ししおど)しは、どこにあるんですか?

    横田 私があのCMに直接関わったわけではないのですが、代理店さんから制作会社さんに頼んで作ったもので、川越か飯能(はんのう)辺りにあるお寺さんのようです。

    ―「風が語りかけます。うまい、うますぎる」というナレーションも印象に残ります。特に「うまい、うますぎる」はすごく秀逸なコピーで、十万石さんの代名詞になっていますね。

    横田 ともすれば、上からものを言っているように思われてしまうかもしれませんが、そういう意味ではないのです。あのコピーは世界的な版画家・棟方志功(むなかた・しこう)先生に書いていただいたものです。

    弊社は昭和27年に先代の横田信三が創業しました。その数年後、まだ「世界の棟方」になる前の先生が行田市にお出でになった時、先代社長が先生に十万石まんじゅうを召し上がっていただきました。すると、「うまい、行田名物にしておくには、うますぎる」と仰って絵筆をお取りになり、(行田市にある)忍城(おしじょう)のお姫様の絵を描き、その周りにこのコピーをお書きになったそうです。

    これだけうまいおまんじゅうなんだから、この行田という小さな街の中だけで食べられているのではもったいない、もっと全国の人たちに愛してもらえるように努力しなさい、という意味が込められているんですね。

    ―そういう意味だったんですね! 今年で創業65年になりますが、『陸王』のランニングシューズのように開発過程で多くの失敗を重ねた、という商品はありますか?

    横田 弊社は和菓子メーカーとしてはまだまだ歴史は浅いですし、そこまでユニークな商品は扱ってきませんでした。それよりも、安心・安全な素材で美味しいものをという思いで作っており、それをいかに維持するかという点に重きを置いてきました。

    例えば、春は美味しいけど、夏は美味しくないというのがあってはならないので、どの季節でも常に同じ味と品質を保つにはどうしたらいいのか。そういった当たり前のことを当たり前に続ける難しさを、よく先代から聞かされていましたね。


    ―当たり前のことを続ける難しさですか。

    横田 はい。行田からもっと広い範囲で販売していこうという時には苦労がありました。職人がひとつひとつ手で作っていたら当然、数が限られてしまいますから、どうすれば量産できるのか…。先代は機械が好きだったもので、機械屋さんと工夫しながら量産設備を整えていったのですが。苦労したことと思います。

    ―それは大変そうですね。

    横田 何度も失敗したことでしょう。こういう機械を考えたけど、うまくいかない…そういう失敗は数多く重ねてきたと思います。その失敗のおかげで現在、各店舗に毎日供給できているわけです。

    ―陸王シューズの素材であるシルクレイを作る機械のようなものを、十万石さんも模索されていたんですね。

    横田 うちの場合は、特別なものを作るのではなく、誰が携わっても同じ品質のおまんじゅうが製造できるシステム、ということですが。それともうひとつ大事なことは、お菓子の材料へのこだわりを保つことが必要です。

    ―どういうことですか?

    横田 材料にしても、継続して同じものを使い続けられるかどうか、という点です。近年、これだけ異常気象が増えますと、いつも使っている素材を確保できなくなる可能性が出てきてしまう。もちろん不作だと材料の値段も高くなりますが、値段の問題ではなく、欲しいと思っても調達できないことがある。

    ―それは大問題ですね。

    横田 「阿闍梨餅(あじゃりもち)」という京都銘菓がありますよね。今年、春先を越えた辺りに「生産調整をする」というニュースが流れたんです。理由は、ここ数年の天候不順のため材料である小豆の確保が難しくなったということでした。その小豆は丹波大納言という種類で、ものすごく希少価値のある小豆なんです。昔からその小豆が美味しいので使い続けていたわけですが、不作のため必要量が確保できなくなったと。

    ならば、他の小豆を使えばいいと思われるでしょうけど、そうすると見た目は同じであっても、どうしても味が変わってしまいます。それを避けるのが、お菓子屋にとっては大事なことなんです。そして、そのニュースを見た時に「じゃあ、うちはどうなるんだ?」と思ったわけです。


    ―十万石さんも丹波大納言を使っているということですか?

    横田 そうです。うちも多様な材料のひとつに丹波大納言を使っています。調べてみたら、どうやら阿闍梨餅さんはうちと同じ問屋さんから仕入れていたことがわかりました。弊社にはそんな話は入ってきていませんでしたから、すぐに連絡を入れて確認したかったんですけど、怖くて電話ができなくて(苦笑)。

    2、3ヵ月じっと待っていたんですけど、それでも連絡がなかったからこちらから電話しました。「足りまへんか?」って聞かれたので、「いや、足りないんじゃないですか?」って逆に聞いてみたんです。

    ―そしたら、どう答えたんですか?

    横田 「なんとかしますわ」って言うから、「なんとかなるんですか? 阿闍梨餅さんは生産調整をするって言われていますけど」と問い質したら、「いやあ、なんとかしますわ」という返答しかなくて。結果的になんとかなったからよかったんですが。

    おそらく阿闍梨餅さんもそうだと思いますけれど、うちも何十年もそことお付き合いをさせていただいています。そこを外して他を使うことはしてこなかったし、それをしないで品質を保つというのが信用なのだと思うのです。

    だから「信用」をどう作るか。うちは創業100年、200年の老舗ではないですけれど、もし企業秘密があるとしたら、その信用をどう守り続けるかです。先代社長は常々そのことを言い続けておりました。

    ―その苦労を知った上で十万石まんじゅうを食べれば、味わいも深まるでしょうね。

    横田 いや、そんなことは考えずに楽しんでいただければそれでいいのです。うちとして、この思いをどう続けていけるのか、ということですから。

    ―現在、埼玉県と群馬県の一部に合計39店舗を構えているわけですけど、今後、東京を含めた全国展開といった野望などはありますか?

    横田 お菓子屋に限った話ではないでしょうが、東京というより銀座に店を構えたいという夢を持つ方は多いでしょう。うちの創業者もそのひとりでした。私としては、行田の十万石であることをもっと多くの方に知っていただくことに頑張っていければ…。今のところ、そこまでで手一杯です。

    どこに行っても、その土地の銘菓があるわけですし、お客様は遠方に行かれる際に「わが街の」ということで地元のお菓子を持っていかれるわけですから。うちは埼玉県の十万石でいいのかなと思っていますね。                                     

    『陸王』とのコラボが入手困難!? 埼玉県民なら皆知っている「十万石まんじゅう」の創業以来守り続ける“信用”とは


    (出典 news.nicovideo.jp)




    「年越しそば」ならぬ「年明けうどん」を食べられる香川県のキャンペーンが、1月4日(木)から1月15日(月)まで、香川・愛媛せとうち旬彩館のレストラン「かおりひめ」で行われる。

    太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきたうどん。年明けうどんは、純白で清楚なうどんに紅い具材を添えた紅白のおめでたいうどんで、元旦から1月15日の年の初めに食べることで、その年の幸せを願うというもの。うどんが代名詞の一つである香川県は、この年明けうどんを同県発の新たな食文化としてPRしている。

    キャンペーンの期間中は、紅いあん餅入りの「さぬきの年明けうどん」(720円)を提供。こちらは本場さぬきうどん協同組合が新たに開発した年明けうどんで、いりこ出汁とあん餅の相性が絶品。白みそとあん餅を使った香川独特の「あん餅雑煮」のようにぜいたくなメニューだ。

    また、同レストランで食事をした各日先着60名に年明けうどんの製品がプレゼント。「さぬきの年明けうどん」を注文した先着100名に、期間中、「年明けうどんすごろくランチョンマット」がプレゼントされる。

    年明けうどんの紅いトッピングは何でもOKで、家庭でも手軽に新年のお祝いができる。香川県は、同県産のミニトマトやオリーブ牛、小エビなどを推している。ちなみに、同県のPR役を務める要潤さんこと要うどん県副知事は、紅い具材としてハートと矢の形に型抜きした金時にんじん(同県が生産量全国1位)をのせた、「要のヘルシー年明けうどん」を考案。同県産のしらすと自然薯も使っており、自然薯とよく絡むように、あつあつのぶっかけ出汁。自然薯のとろみとしらすの塩味が食欲をそそるヘルシーな逸品となっている。

    年越しそばの次は年明けうどん。気になったらぜひ食べてみて。(東京ウォーカー(全国版)・セキノユリカ)

    要潤さんもイチオシの「年明けうどん」を食べられる香川県のキャンペーン開催


    (出典 news.nicovideo.jp)




    朝のお弁当作り、仕事を終えてバタバタと子どもをお迎えに行った夜、さっとテーブルに出してあげたい休日ランチ……。働くママは忙しく、やはりどうしてもバタバタしてしまいがち。なるべく効率よく、ストレスフリーに過ごしたい!と思う方は、料理のパートナー「フライパン」を見直してみてはいかがでしょうか?

    料理がラクに?時短で探すフライパンの基準

    627023648

    Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

    フッ素・ダイヤモンド……進化しているフライパン加工

    今、最も一般家庭に普及していると言われているのはフッ素加工のフライパン。フッ素樹脂をコーディングすることで、フライパンの表面の滑りが良くなり、調理中に食材がくっついてしまうことを防いでくれるため、後片付けがラクにできるのがメリットです。しかしそんな便利なフッ素加工のフライパンですが、「熱」「摩擦」に弱く、耐久性が低かったのが難点でした。それをカバーできるようアップデートされたのが、フッ素樹脂に混ぜてコーディングし、弱点をカバーするダイヤモンドコーティングやマーブルコートなどの比較的新しいフライパン加工。最近人気のダイヤモンドコーディングは、フッ素加工樹脂に硬い粒子の人口ダイヤモンドを混ぜたものですが、耐久性が優れていて、食材がくっつきにくくお手入れがラク! と愛用するママが増えています。

    お弁当づくりが楽しくなる進化型フライパン

    食材がくっついてはがれたり、焦げ付いて後片付けに時間がかかったりと、そんなストレスを和らげてくれるダイヤモンドコーディングのフライパンですが、それとはまた別のベクトルで大助かりなのがなんと仕切りつきのフライパン! テレビや雑誌でも何度か取り上げられたことがあるので、見たことがあるママも多いのではないでしょうか?

    フライパンの中に仕切りがついていて、ひとつのフライパンで同時に複数の調理をすることが可能な商品で、特に、ひとつひとつのおかずの量が少ないお弁当作りや朝ごはんづくりなどに大助かりです! 卵焼きを作りながら同時にウインナーを炒める……なんてことも簡単にできるので、朝の調理タイムが一気に楽しく、快適になりますよ。

    アーネスト センターエッグトリプルパン

    縦にふたつの仕切りが入ったタイプ。真ん中でちょうどいい大きさの卵焼きも簡単に作れます。

    とりぷるぱん キッズパーティ

    朝ごはんの定番・目玉焼きも綺麗に作れる仕分けフライパン。細かい作業が多い朝ごはんづくりも、このフライパン一個で完結します。

    時間がない夜はフライパンをうまく活用して時短!

    801005846

    Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

    ワンパン料理ならインスタ映えも◎

    仕事とお迎えを終えて、バタバタと家に帰ってきたけれど、「今日に限って作り置きおかずもない!」そんな日は、フライパンひとつでさくっと作れる「ワンパン料理」がおすすめ。別茹でが必要そうなパスタだってふたつに折ってしまえばフライパンひとつで作れますし、深めのフライパンなら煮物もOK! また取っ手が取り外せるタイプのフライパンだと、そのまま食卓に出してしまっても良いですね。熱々をキープできるし、さらにスキレットタイプのフライパンならフォトジェニックな食卓に早変わりします。

    アルミホイルを活用して焦げつき防止

    「なるべく洗い物の負担を減らしたい」という方には、アルミホイルを使った調理テクを試してみてはいかがでしょう?市販のフライパンでも利用可能なアルミホイルをフライパンに敷き、肉や魚を焼いて、焼けたらホイルをポイッと捨てるだけ。面倒な魚のグリルも簡単に作れて、フライパンを水洗いするだけでOKなのが嬉しいですね。

    まとめ

    今回紹介したもの以外にも、オムライスが綺麗に作れる専用フライパンなどがあり、かゆいところに手が届く感覚で、フライパンの世界はどんどん進化しています。毎日使うものだからこそ、快適に使えるアイテムを揃えたいですよね。フライパン料理はパンやスイーツも作れて奥が深いので、ぜひ試してみてくださいね!

    ※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

    忙しいワーママの味方!時短フライパンで朝食やお弁当づくりをもっと楽しく。


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ