簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年04月


    御用邸や富裕層の別荘地のイメージが強い葉山の店は、商品・サービス・空間などすべてにおいて高質な店舗が多い。そのため、一つのこだわりに特化し、その道を極める“ブレない”姿勢がこの地で成功する鍵となっている。オーナーの個性とこだわりが感じられるビーンズショップとピッツェリアを紹介しよう。


    ■ コーヒーへのこだわりがギュッとつまったビーンズショップ「inuit(イヌイット) coffee roaster」

    コーヒーを愛する店主・乾さんが「コーヒーで日々の日常にちょっとの贅沢を足してもらいたい」という思いから「inuit coffee roaster」をオープンしたのは2017年6月。葉山の中心地でもある森戸海岸そばという好立地に出合えたのは、乾さんが学生時代によく森戸の海を訪れていて土地勘があったことと、隣接のレストラン「The Gazebo」のオーナーと旧友であったことがきっかけ。勤めていた東京のIT企業を退職し、鎌倉に移住して思いきってはじめたこのビーンズショップで、昔から大好きだったコーヒーに囲まれて充実した日々を過ごしている。

    店の一番の特徴はウィンドウ越しにも観覧できる大きなロースター。週の半分はこれで豆の焙煎をおこなうところから朝がはじまる。外にも豆の香ばしい香りを漂わせながら、1kgずつ、3種の豆を焙煎してオリジナルのブレンドに仕上げる。「こうして自家焙煎をすることで、新鮮で高品質な豆を皆さんにリーズナブルに提供することができます」と言いながら、火力と時間に神経を注ぐ。

    店で取り扱う豆の種類はオリジナルブレンド3種を含めて常時約10種(200g 1,400円~)。店内奥のスペースでいれたてを飲むこともできる。コーヒーは注文があってから1杯ずつ、重さと時間を測りながらいれ、苦味や酸味などの好みがあれば、豆選びの相談にも丁寧にのってくれる。

    イートインできるスイーツも、とことんコーヒーに合うようにセレクトされた「ショコラテリーヌ」や「NYスタイルチーズケーキ」など濃厚なものばかり(各500円)。もちろん、カップもこだわって選びぬかれたものばかり。「飲みくちが薄くてカップの中が白いとコーヒーが際立ちます」という、乾さんのお気に入りはウェッジウッドのセット。

    店に流れるゆっくりとした時間は、コーヒー好きはもちろん、ちょっとひと息つきたい時にも重宝されている。昨夏、東京オリンピックに向けて葉山にキャンプインしていた英国のセーリングチームの関係者も滞在中にはよく訪れて、厳しいトレーニングの前後の休息にしていたそう。また、最近は「一人でも多くの方に家でも上質の豆のおいしいコーヒーを味わっていただきたい」と、ネットショップも開設。小さな町・葉山の小さなビーンズショップが発信するこだわりのコーヒーは今後もさらに広まっていきそうだ。

    ■ 欧州の海辺リゾート気分で本格ナポリピッツア味わえる「Pizzeria il Veliero(イル ベリエッロ) HAYAMA」

    相模湾の広い海を見ながら気持ちのよいドライブができる国道134号線。この国道添いには湘南・鎌倉エリアから有名店がいくつも立ち並び、デートレストランの激戦ゾーンだ。ここに「ぜいたくな海辺リゾートの空間を作りたかった」と、オーナーみずからが設計デザインも手がけたというこだわりのピッツェリア「Pizzeria il Veliero HAYAMA」がオープンしたのは17年12月。

    アパレルビジネスも手がけ、ナポリに詳しいオーナーが現地の職人を日本に呼び寄せて特注で作ってもらったという一点モノのピザ窯で焼くピザが自慢。「窯はピザの命だから」という言うオーナーみずからピザを焼くことも。

    そのほか、店の細部にまでちりばめられたナポリのこだわりは、タイルやインテリア、食器、テラスのパラソルに至るまで。良質なものに囲まれて海を見ながら食事ができるレストランとして観光がてらのデートはもちろん、舌の肥えた近隣住民からも好評判だ。

    平日ランチはフリットまで付いたボリュームたっぷりのサラダに、ピザかパスタを各3種より選び、飲み物が付いて1,750円。シェフは鎌倉近辺の人気店でも経験を積んだベテランで、佐島のタコを使ったマリネなど地元食材も上手に取り入れている。

    湘南から三浦にかけての湾岸ドライブの際にはぜひとも立ち寄ってみたいピッツェリアだ。


    「平日ランチセット」(1,750円)の「マルゲリータ」(手前)と「ゼッポリーニと小魚のフリットのサラダ」(奥)、飲み物付き


    (出典 news.nicovideo.jp)




    サントリー食品インターナショナル(株)は、「GREEN DA・KA・RA」ブランドの自動販売機専用商品(「GREEN DA・KA・RA」、「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」、「GREEN DA・KA・RA すっきりしたトマト」)をリニューアルし、4月10日(火)から全国の自動販売機(以下、自販機)で発売します。


    サントリー食品インターナショナル(株)は、「GREEN DA・KA・RA」ブランドの自動販売機専用商品(「GREEN DA・KA・RA」、「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」、「GREEN DA・KA・RA すっきりしたトマト」)をリニューアルし、4月10日(火)から全国の自動販売機(以下、自販機)で発売します。
    「GREEN DA・KA・RA」ブランドは、日常生活で親しみのある素材を使い、子どもから大人まで幅広く、多くのお客様にご好評いただいています。
     今回、「GREEN DA・KA・RA」ブランドのうち、自販機専用商品に関して中味とパッケージをリニューアルするとともに、TV-CMをはじめとした積極的なマーケティング活動を展開し、さらなるユーザーを拡大していきます。

    ●「GREEN DA・KA・RA」リニューアルについて
    今回は、自販機用の500mlペットボトルをリニューアルします。
    2012年の発売以来、多くのお客様にご好評いただいている味わいをベースに、よりすっきりとした、夏に相応しい後味に進化しました。
    パッケージでは「やさしい水分補給」の文字を新たに加え、素材由来の、やさしい水分補給設計であることを訴求しています。「熱中症対策飲料」※1としても  おすすめの商品です。

    ●「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」リニューアルについて
    2月の2L、650mlペットボトルのリニューアルに続き、今回は、自販機用の435mlペットボトルをリニューアルします。
    中味は、すっきりやさしい味わいはそのままに、これまで以上に幅広いお客様に召し上がっていただけることを目指し、アレルギー特定原材料等27品目不使用の新設計を実現しました。日常の食卓でなじみのある素材(大麦・玄米・はと麦・海藻)で仕上げた、カフェインゼロのやさしい味わいの麦茶です。
    またパッケージでは、なじみのある素材のイラストはそのままに、「やさしい麦茶」の商品名を大きく配することで、ひと目でわかりやすいデザインに仕上げました。
    さらに、夏の暑い時の水分補給における“量の多さ”を求めるお客様の声にお応えするべく、サントリーの自販機史上で最大容量となる600mlへ増量します。

    ●「GREEN DA・KA・RA すっきりしたトマト」リニューアルについて
    昨年発売した「GREEN DA・KA・RA すっきりしたトマト」は、1本の中にまるごと1個分のトマト果汁※2を使用しており、トマト由来のリコピンを手軽にとることができる商品です。レモン果汁をひとしぼり加えることで、すっきりした飲み心地を実現しています。また、ナトリウムを含んでいるため夏場の「熱中症対策飲料」※1としてもおすすめの商品です。
    今回、従来のすっきりした飲み心地はそのままに、トマト果汁を増量し、トマト由来のリコピンを増量※3することで、「水分補給をしながら、手軽に栄養をとりたい」という声にお応えしていきます。
    パッケージにおいても、「リコピン増量」の文字を新たに加えました。

    ※1 食塩相当量0.1g/100ml(厚生労働省推奨値換算)
    ※2 トマト1個あたり150gとして1個分のトマト果汁を使用しています。
    ※3 2017年当社従来品中心値比。トマト果汁55%に増量。

    ●「子供の未来応援国民運動」支援について

    配信元企業:サントリー食品インターナショナル株式会社



    (出典 news.nicovideo.jp)




    4月です! 新しい環境で気分一新、新生活をスタートする人も多いですよね。そこで気をつけたいのが、体調不良による急な欠席。最近は体調管理をサポートしてくれる健康食品が豊富に揃っているので、ぜひ活用していきましょう。そこで今回は栄養満点の新発売ヨーグルト食品4選をご紹介。慣れない環境でも元気よく活動できるよう、新作のヨーグルト食品を摂取してみては?

     

    出典画像:「ポッカサッポロフード&ビバレッジ」公式サイトより

     

    [その1]

    手軽に体調管理ができる「飲むヨーグルト」

    アサヒ飲料
    「守る働く乳酸菌」ゼリー口栓付パウチ 180g
    「『守る働く乳酸菌』ゼリー口栓付パウチ」は、“L-92乳酸菌”が入ったゼリー飲料です。乳酸菌を手軽にチャージしながら小腹を満たせるので、忙しい時の栄養補給に役立つはず。またテイストは「ヨーグルト味」なので、おいしく飲めるのも嬉しいポイントですね。

     

    <注目ポイント>
    ・「L-92乳酸菌」を配合
    ・手軽にチャージできるゼリー飲料
    ・おいしく飲める「ヨーグルト味」
    パッケージに新たなロゴとデザインを採用した「守る働く乳酸菌」は、「カルピス」を由来とする乳酸菌研究から生まれました。“L-92乳酸菌”を摂取すれば日々の体調を整えられるので、健康維持が欠かせないビジネスパーソンはぜひ活用してください。

     

    [その2]

    ギリシャ伝統の“水切り製法”で作られたヨーグルト

    森永乳業
    濃密ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン加糖
    3月27日に発売されたばかりの「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン加糖」。「パルテノ」シリーズはギリシャ伝統の“水切り製法”でヨーグルトを3倍に濃縮した、日本初のギリシャヨーグルトです。また同商品は初の加糖タイプなので、気になる人はこの機会に食べてみては?

     

    <注目ポイント>
    ・3倍に濃縮したクリーミーなヨーグルト
    ・ギリシャ伝統の“水切り製法”を採用
    ・シリーズ初の加糖タイプ
    「パルテノ プレーン加糖」は、スプーンですくった後にツノが立つほどクリーミーです。おいしさだけでなく、豊富なたんぱく質が含まれているのも魅力的。朝食や夜食のデザートなどさまざまなシーンに取り入れて、濃厚なヨーグルトをじっくりと堪能しましょう。

     

    [その3]

    乱れた生活習慣を改善する健康食品

    出典画像:プレスリリースより

    森永乳業
    トリプルアタック ヨーグルト
    「トリプルアタック ヨーグルト」は、塩・糖・脂を多く摂取している現代人に向けて開発された1品です。たんぱく質を栄養成分に分解してくれる「ペプチド(MKP)」や、食物繊維の「難消化性デキストリン」など健康的な素材を豊富に配合。生活習慣を改善するのにぴったりの健康食品なので、食生活が乱れがちな人はお見逃しなく!

     

    <注目ポイント>
    ・たんぱく質を栄養成分に分解してくれる「ペプチド」配合
    ・「低塩」「糖質40%オフ」「脂肪ゼロ」などヘルシーなポイントが満載
    ・飲むタイプの「ドリンクヨーグルト」も用意
    健康的な素材以外にも「低塩」「糖質40%オフ」「脂肪ゼロ」などセールスポイントが満載。甘さは控えめなので、毎日摂取するにはちょうどいい味わいです。飲むタイプの「ドリンクヨーグルト」もあるので、仕事の合間などに食べたい人にはおススメ。

     

    [その4]

    美容と健康に関心がある女性は必見

    出典画像:「ポッカサッポロフード&ビバレッジ」公式サイトより

    ポッカサッポロフード&ビバレッジ
    ソイビオ豆乳ヨーグルト プレーン加糖 100g紙カップ
    「ソイビオ豆乳ヨーグルト プレーン加糖」は、美容や健康に関心がある女性に向けて作られたヨーグルト。豆乳を4種類の生きた乳酸菌で発酵させて、体内に吸収しやすい「大豆イソフラボン」を発生させています。栄養が体に浸透しやすいので、毎日食べれば元気な体を実感できるかも。

     

    <注目ポイント>
    ・体内に吸収しやすい「大豆イソフラボン」
    ・「プレーン加糖」と「ストロベリー」の2種類を用意
    ・首都圏エリアで限定販売
    「プレーン加糖」以外にも「ストロベリー」味を用意。いちごの果肉ソースを加えて、甘酸っぱい味わいに仕上げています。食後のデザートやおやつなどに取り入れて、気軽に食べながら“健康美人”を目指しましょう。ちなみに同商品は全国発売ではなく、1都6県の首都圏エリア限定で販売されます。

    体調不良で休みたくない人はコレ! 栄養満点の新発売ヨーグルト食品4選キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)


    【体調不良で休みたくない人はコレ! 栄養満点の新発売ヨーグルト食品4選】の続きを読む


    サントリー食品インターナショナルは、イヌリン配合の機能性表示食品「おいしい腸活 流々茶」を2018年4月3日に発売する。

    軽やかな味わいの「軽発酵茶」

    イヌリンは、腸の動き(ぜん動運動)を活発にする成分で、「お通じの習慣を改善する」ことが報告されている。軽やかな味わいが特長の軽発酵茶(ウーロン茶)を使用し、ほどよいコクと爽やかな香りを楽しめるすっきりとした味わいに仕上げた。お腹の調子を整えたい人にお勧めだ。

    パッケージは白とピンクをベースカラーに「サントリー烏龍茶」ブランドロゴをレイアウト。「お通じの習慣を改善する」イメージを表現したデザインに仕上げた。

    内容量500ミリリットルペットボトル、価格は150円(税別)。

    お腹の調子を整えたい人に!腸活ウーロン茶登場!


    (出典 news.nicovideo.jp)




    たこやき

    全国的に名物と知られているものは観光客向けで、地元の人は食べないものも多い。大阪名物のたこ焼きも、同じことが当てはまるのだろうか。

    そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の地元が関西の男女287名に「名物について」の調査を実施。

    「たこ焼きが大好きだ」と答えた人は、全体で70.4%。多くの人が、たこ焼きを普段から食べているようだ。

    ■おやつにもおつまみにも

    年代別では、20代以外の年代で7割を超えている。

    たこ焼き大好き年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    年を重ねるほどに、地元への愛着が増すのかも。

    「粉もんは大阪の文化だけど、中でもたこ焼きは象徴的なものだと思う。おやつにもおつまみにもなるし。大阪では、食事でもたこ焼きを食べる家庭があるくらい」(40代・男性)

    ■たこ焼きに思い入れがない若い世代

    若い人の一部には、たこ焼きにそこまで思い入れがないとの意見もある。

    「たまに食べるけど、そこまで美味しいものではないと思う。いわゆるB級グルメなので、わざわざ観光に来た人が行列に並んでまで買う意味がわからない。

    味もお店によって、そこまで変わるものじゃない気がするし…」(20代・女性)

    好きだけど、あまりこだわりはないとの声も。

    「以前サービス業をしていたときにお客さんから、『地元の人だけがひっそりと集うようなたこ焼き屋』を教えて欲しいと言われて困ったことがある。

    そこまでこだわりを持ってたこ焼きを食べている人は、大阪にそれほどいないと思う。おばちゃんが近所の人を相手にしているところはあるけど、おすすめとは言い難いし…」(20代・男性)

    ■大阪が誇る文化

    大阪自体に思い入れの強い人は、やはりたこ焼きへの情熱は強い。

    「大阪のほとんどの家庭に、たこ焼き器があるのは本当。うちも休みの日に家族で、たこ焼きを作って食べることがある。大阪らしい休日の過ごし方だし、なにより家族が喜ぶ」(30代・男性)

    観光客が喜ぶ文化があるのも、大阪が誇れるところだ。

    「お笑いなど多くの文化がある上に、たこ焼きなど食も強い。最近ではすっかり外国人観光客が多くなったけど、世界に大阪の魅力が伝わるのは嬉しい」(30代・女性)

    大阪にいる若い人たちも、年を重ねるうちにたこ焼きにこだわりが出てくるのかも。

    大阪の人は本当にたこ焼きが好きなの? 関西出身者たちに聞いてみると…


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ