簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年05月


    夏野菜の代表、ナス。これからおいしい季節ですが、意外と使い道に困る人も多いのでは? 思い浮かぶ料理といえば、煮浸しや焼きナス、麻婆ナス……だけど他のレシピも知りたい! そんな皆さんにオススメの簡単ナスレシピをご紹介します。



    ■チンして塩に漬けるだけの「塩蒸しナス」



    <材料>
    ・ナス 1本
    ・水 200ml
    ・塩 小さじ1

    <作り方>




    1)ナスの皮をむき、ボウルに張った水にさらします(5分〜10分)。変色を防いだり、アクを抜いたりするのが目的です。

    2)耐熱皿に入れ、ラップをかけてレンジ600Wで3分加熱します。

    3)塩水(水200ml+塩小さじ1)にすぐ漬けて粗熱を取り、粗熱が取れたら手で割きます。そのまま冷蔵庫で冷やしてできあがり。




    食べる時には水気を軽く切ってお皿に盛り付けていただきます♪ お好みで鰹節をトッピング。たったこれだけなのにほんのりと付いた塩味がとってもおいしい小皿の完成です。

    塩水に漬けている時間によって味の染み込み具合が違うかもしれませんが、1時間ほど冷蔵庫に入れたナスは、ナスの素材の甘さと塩気がちょうど良いバランスでした。



    ■皮までおいしい「ナスのきんぴら」



    <材料>
    ・ナス 1本
    ・大葉 1枚
    ・醤油 大さじ1
    ・酒 大さじ1
    ・みりん 大さじ1
    ・砂糖 少々
    ・うま味調味料 少々

    <作り方>




    1)ナスは5cmほどの長さで細めの拍子切りにし、水にさらします。なお、冒頭で紹介した「塩蒸しナス」のナスの皮も一緒に使うと◎。




    2)フライパンにサラダ油を熱し、水気を切ったナスを中火で炒めます。

    3)ナスがしんなりしてきたところで酒を回し入れ、蒸し焼きにします。ナスが柔らかくなったら、醤油、みりん、砂糖、うま味調味料で味付けて完成です。




    器に盛って、大葉の千切りを乗せていただきます。

    食感は柔らかくても、たしかに味付けはきんぴら! 甘辛い味わいがごはんにもとっても合いそう。多めに作れば常備菜にもなります♪ すぐ食べる時には必要に応じて塩で味を調整してくださいね。すぐに食べない時には、時間が経つにつれて味が染み込むので薄味で作ってOKですよ。お好みで、七味唐辛子や白ごまを添えてもGOOD。



    ■さっぱりしていておいしい「ナスの中華マリネ」



    <材料>
    ・ナス 1本
    ・ミニトマト 8〜10個
    ・エリンギ 1本
    ・ごま油 大さじ2
    ・鶏がらスープの素 小さじ1/2
    ・レモン汁 適量
    ・砂糖 小さじ1
    ・醤油 小さじ2
    ・しょうが 適量(チューブでOK)
    ・いりごま白 適量
    ・青ネギ 適量

    <作り方>




    1)ナスは拍子切りか半月切りにして水にさらします。エリンギは拍子切り、ミニトマトはヘタを取って半分に。




    2)ボウルに鶏がらスープの素を入れ、小さじ1の熱湯を加えて溶きます。さらにレモン汁、砂糖、醤油、しょうがを加えて混ぜ合わせ、ミニトマトを和えます。




    3)フライパンを中火で熱し、ごま油で水気を切ったナスを炒めます。ナスが一度油を吸って、もう一度油が出て来るくらいが、火が通った合図。油を軽く切ってトマトのボウルに入れておきます。

    4)残った油でエリンギを炒め、同じようにボウルに加えて和えます。白ごまも一緒に和えてくださいね。




    冷蔵庫で半日〜1日ほど置くと味が馴染んでおいしくなりますよ。




    ネギを飾ればおしゃれな一品のできあがり。

    トマトとレモンのさっぱりとした味わいが、夏にぴったりの一品。ナスとエリンギの弾力のある食感も楽しい♪ レモンの量で酸味を自分好みに調整してみて。



    おいしくて、あっという間にナスが3本使い切れるレシピばかりでした! しかも簡単に作れるのがうれしい。みなさんもナスのレシピのレパートリーを増やしてみてはいかが?
     


    ナスアレンジヘッダー画像?


    (出典 news.nicovideo.jp)




     メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:尾﨑玲)は、和菓子業界でも希少とされている、北海道十勝産白あずき“きたほたる”を使用した、期間限定の新商品『北海道白あずきプリン』を6月4日(月)より新発売いたします。
     今回新発売となる『北海道白あずきプリン』は、こだわりの北海道十勝産の白あずき“きたほたる”を使用しています。白あずきは、平安時代に登場し日本の伝統素材ですが、寒さや水に弱く、栽培が非常に困難です。また、赤い小豆に対し面積当たりの収穫量が半分のため、栽培する生産者はごくわずかであり、作付けも減っているのが現状です。その為、白あんには“手亡(てぼ)豆”などの安価な白い豆が用いられる事が多く、老舗和菓子店でも白あずきは珍重されています。

     そんな白あずきを使用した『北海道白あずきプリン』には、「日本のよき伝統素材を残したい」、という生産者の想いも詰まったプリンとなっており、食べる事で産地が守られます。クリームのようななめらかな食感で、子供から大人まで楽しめるプリンです。

    【商品概要】
    商品名:北海道白あずきプリン
    種類別:洋生菓子
    内容量:105g
    保存温度:要冷蔵(10℃以下)
    カロリー:162kcal
    発売地域:全国
    希望小売価格:128円(税抜)
    発売日:2018年6月4日(月)

    【協同乳業 株式会社とは】
     協同乳業株式会社は、昭和28年12月に「食のトップランナー」として創業し、以来60年以上お客様の立場に立った商品開発と、進取の気風を持った確かな技術力で数々のロングセラー商品を生み出してきました。昭和30年3月にはデンマークから輸入した機械で日本初の「アイスクリームバー」を、同年8月に日本初の「カッテージチーズ」を発売開始。昭和31年12月には、スウェーデンからテトラパックマシンを輸入し、日本初の「テトラ牛乳」を生産開始。その他にも、生きた乳酸菌入りフローズンヨーグルト「銀世界」やホイップ済み冷凍クリーム、本格的な「カスタードプリン」の工業化、乳清飲料「ミルフル」、逆浸透圧原理(RO)を使った新タイプの牛乳、など様々な“日本初”のヒット商品を世の中に生み出してきました。また、平成8年3月には、日本最長時間(16時間)発酵の「じっくり熟成ヨーグルト」を発売し、平成23年8月には「ビフィズス菌LKM512」によるマウスの寿命伸長効果がプロバイオティクス※1として世界で初めて科学雑誌「プロスワン」に掲載されました。これからも、自然の恵みを大切にし、健康で豊かな食文化の創造につとめていきます。
    ※1…腸内フローラのバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物

    【会社概要】
    会社名:協同乳業株式会社
    代表取締役:尾﨑 玲
    本社所在地:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町17-2
    事業内容:1.牛乳、アイス、デザート、乳製品の製造、販売
         2.牛乳をもとにした素材事業など
    企業URL:http://www.meito.co.jp/

    ■商品に関するお客様お問い合わせ先 協同乳業株式会社  お客様相談室 0120-369817(ミルクハ イーナ)

    配信元企業:協同乳業株式会社



    (出典 news.nicovideo.jp)




    丸八製菓は、見た目も味も「すいか」な団子、夏季限定「チョコマントすいか味」(6本・税抜1500円)を5月30日(水)に、同社オンラインショップで発売する。

    チョコマントは、団子をチョコレートでコーティングしたパリパリとした食感が特徴のスイーツ。「チョコマントすいか味」は2015年の発売から毎年即日完売の人気商品だ。国産米粉でもっちりとした団子に、すいか果汁をふんだんにとりこみ、ゴマを練り込んですいかの種を表現。外側はショコラティエ監修の特製ブレンドチョコレートをコーティングしている。

    すいか独特のしましま模様は、発売当初から変わることなく一本一本手書きにこだわっている。味の表現が難しいすいかのお菓子だが、職人が試作を繰り返し「これ以上の果汁は取り込めない」という、試作当初のお団子に比べて、7倍のすいか果汁を取り込んだこだわりの商品だ。

    「若い方にもお団子や和菓子を食べて欲しい」「どうすれば夏場にもお客様に喜んでもらえるのか?」という悩みを解決するために、若手社員のアイデアから生まれたという本商品。2018年はショコラティエによってチョコレートが改良され、さらに美味しさが引き出された。

    思わずカメラを向けたくなる、職人こだわりの「チョコマントすいか味」を味わいたい方はお急ぎを!

    見た目も味も「すいか」な団子、夏季限定「チョコマントすいか味」が今年も登場!


    (出典 news.nicovideo.jp)




    1ヶ月限定でオープンした「お茶漬けスタンド東京茶寮」は、おかげさまで連日たくさんのお客様にご来店いただき、地上波テレビでの放映などに繋がり、大好評のうちに無事終了いたしました。皆様ご来店、誠にありがとうございました。

    この度、「お茶漬けスタンド東京茶寮」にて、当店の茶葉をまるごといただくスタイルのお茶漬けをお召し上がりいただいたお客様の反響を受け、「お茶屋の本格茶漬け」を商品化し、オンラインストアでの販売を開始いたします。

    発売に先立ち、阪急うめだ本店9階にて行われたワールドティーフェスティバルでの先行販売を行ったところ、完売となるなど大好評を博し、正式に発売となりました。ぜひ、東京茶寮がご提案する「食べるお茶」である本格茶漬けを、ご家庭でもお楽しみください。

    <お茶屋の本格茶漬けとは>
    東京茶寮で期間限定で提供された、柔らかい茶葉をまるごといただく、極上のお茶漬けです。当店のお茶漬けは、たっぷりとふりかけられた茶葉をまるごと食べるスタイル。まさに「食べるお茶」。抹茶を石臼で碾く前の原料である碾茶に熱湯を注ぎ、芳しい香りとともに極上のお茶漬けをお召し上がりください。


    <茶葉・お出汁など、東京茶寮で提供されたお茶漬けレシピをご家庭で完全再現!>
    茶葉やお出汁、にこまる玄米など、東京茶寮でのレシピと同じものをご家庭でもすぐに楽しめるよう1人前パウチでご用意しました。
    東京茶寮監修「お茶屋の本格茶漬け 鰻(うなぎ)」
    東京茶寮監修「お茶屋の本格茶漬け 鮭(しゃけ)」
    東京茶寮監修「お茶屋の本格茶漬け 帆立(ほたて)」
     各700円(税込)

    <内容物>
    碾茶(福岡県八女産おくみどり)、具材(うなぎ/しゃけ/ほたて)、お出汁粉末(鹿児島県枕崎産かつお使用)、にこまる玄米(熊本県産)

    <お召し上がり方>
    1. ご飯(かために炊くのがおすすめ)に、お出汁の粉末をかけます。
    2. 茶葉(碾茶)をたっぷりとふりかけます。
    3. 具材をのせます。
    4. 香ばしさの源、にこまる玄米をふりかけます。
    5. 熱々のお湯を注いだら、完成!よくかき混ぜてお召し上がりください。
    茶葉を噛むとお茶の渋味が出てきて、しっかりと深い味わいのお茶屋の本格お茶漬けが味わえます。最後、お湯ではなく煎茶をかけて作るとさらなるお茶の深い味の層が楽しめます。
    東京茶寮のお茶漬けスタンド営業期間中に足を運べなかった方、一度食べたけれどまた食べたいという方、極上のお茶漬けを贈答にしたいという方、商品化した「お茶屋の本格茶漬け」をどうぞお試しください。

    <green brewingオンラインストア>
    東京茶寮監修「お茶屋の本格茶漬け 鰻(うなぎ)」
    https://shop.greenbrewing.jp/items/11401158

    東京茶寮監修「お茶屋の本格茶漬け 鮭(しゃけ)」
    https://shop.greenbrewing.jp/items/11401276

    東京茶寮監修「お茶屋の本格茶漬け 帆立(ほたて)」
    https://shop.greenbrewing.jp/items/11401419

    <関連URL>
    green brewing
    https://greenbrewing.jp/

    LUCY ALTER DESIGN
    https://lucyalterdesign.com/

    <商品卸・プレスリリースに関するお問い合わせ>
    株式会社LUCY ALTER DESIGN
    担当:谷本
    MAIL:contact@lucyalterdesign.com

    配信元企業:株式会社LUCY ALTER DESIGN



    (出典 news.nicovideo.jp)




    抹茶とは異なる魅力を持つほうじ茶。香ばしさや飲みやすさでじわじわと人気に。ゼリーやアイスなど、各店が趣向をこらして作り上げたほうじ茶パフェをチェック!<※情報は関西ウォーカー(2018年5月8日発売号)より>

    ■ 完璧なバランスで最後まで香ばしさを

    「茶匠 清水一芳園 京都本店」は、日本茶の魅力を知ってもらいたいという茶問屋としての思いから、次々と新感覚のスイーツを生み出してきた。なかでも定番人気なのがこちらのパフェ。香り高い自家製ほうじ茶アイス、黒ゴマやコーヒーの風味、チョコクランチの食感など器の中に楽しさが満載。

    チョコクランチやミルクプリン、黒ゴマアイスなど11種類で構成。甘さのバランス、味の変化や食感が計算された内容。

    「食べるごとにいろんな味が組み合わさっておいしくなるように、それぞれの糖度は低めです。最後まで香ばしさを感じてほしいのでコーヒーのわらび餅を入れました」と、店主の清水ひらくさん。

    ナッツを加えることで食感も楽しく。

    かき氷に使用しているエスプーマを、抹茶と相性のいいバナナ、濃厚な抹茶アイスと一緒に。ほうじ茶もある。

    ■茶匠 清水一芳園 京都本店<住所:京都市東山区本瓦町665 電話:075-202-7964 時間:11:30~17:00(LO16:30) 休み:月曜 席数:33席 タバコ:禁煙 交通:京阪七条駅より徒歩9分>

    ■ 宇治茶が香る自家製!食べるほうじ茶メニュー

    「茶寮 都路里 祇園本店」は、創業から150年、宇治茶ひと筋の「祇園辻利」が手がける茶寮。宇治茶の多彩な味わいを伝えるため、飲むだけでなく食べられるメニューとして、パフェやあんみつ、軽食などに宇治茶をふんだんに使用している。アクセスがいいので、観光の休憩にもぴったり。

    茶と緑の対比も楽しい、香り高いほうじ茶の旨さが生きたパフェ。白玉は当日使い切るので硬くならずにモチモチ食感。イートインのみ。

    「独自の製法で作ったほうじ茶アイスをたっぷり使っているのがポイントです。ほうじ茶ゼリーや抹茶ホイップクリームのほか、自家製のあんや黒みつとのハーモニーを感じて」と、店長の望月康二さん。

    宇治の煎茶を炒り赤茶色になるまでほうじた、香ばしさが特徴のほうじ茶を贅沢に使っている。

    寒天や2種の白玉、抹茶アイスなどさまざまな味と食感を一度に楽しめる定番メニュー。フルーツものって大満足間違いなし!

    ■茶寮 都路里 祇園本店<住所:京都市東山区四条通祇園町南側573-3 祇園辻利本店2・3F 電話:075-561-2257 時間:10:00~22:00(LO21:00、土日祝20:30) 休み:なし 席数:72席 タバコ:禁煙 交通:京阪祇園四条駅より徒歩5分>

    ■ 老舗茶舗で愛される看板ほうじ茶を贅沢に

    1869年に京都の山城で創業した老舗茶舗「宇治園 喫茶去」では、本格的な和スイーツが楽しめる。えりすぐりのほうじ茶や抹茶の風味を生かしたパフェをはじめ、ロールケーキ、かき氷などお茶屋さんならではの個性あふれる逸品が勢ぞろい。四季折々の限定スイーツも注目!

    ほうじ茶を贅沢に混ぜ込んだソフトクリームやケーキ、ゼリーを重ねたパフェ。上品な味わいながらボリューム満点。イートインのみ。

    「ほうじ茶の香り豊かなパフェは老若男女に人気です。ゼリーや白玉もすべて手作りで、あっさりとした味に仕上げているのでこれからの季節にもぴったりですよ」と、店長の伊藤和子さん。

    遠赤外線を使い、弱火でじっくり焙煎した看板ほうじ茶「火男(ひょっとこ)」をふんだんに使用。

    抹茶の濃い風味と濃厚クリームのハーモニー。

    店頭ではソフトクリームのテイクアウトも。

    ■宇治園 喫茶去<住所:大阪市中央区心斎橋筋1-4-20 1・2F 電話:06-6252-7800 時間:1F14:00~18:00(LO17:45) ※土日祝のみ営業、2F10:00~20:00(LO19:45) 休み:なし 席数:1F31席、2F50席 タバコ:禁煙 交通:地下鉄心斎橋駅よりすぐ>

    ■ 宇治茶が香る自家製食べるほうじ茶メニュー

    「茶寮 都路里 祇園本店」は、創業から150年、宇治茶ひと筋の「祇園辻利」が手がける茶寮。宇治茶の多彩な味わいを伝えるため、飲むだけでなく食べられるメニューとして、パフェやあんみつ、軽食などに宇治茶をふんだんに使用している。アクセスがいいので、観光の休憩にもぴったり。

    茶と緑の対比も楽しい、香り高いほうじ茶の旨さが生きたパフェ。白玉は当日使い切るので硬くならずにモチモチ食感。イートインのみ。

    「独自の製法で作ったほうじ茶アイスをたっぷり使っているのがポイントです。ほうじ茶ゼリーや抹茶ホイップクリームのほか、自家製のあんや黒みつとのハーモニーを感じて」と、店長の望月康二さん。

    宇治の煎茶を炒り赤茶色になるまでほうじた、香ばしさが特徴のほうじ茶を贅沢に使っている。

    寒天や2種の白玉、抹茶アイスなどさまざまな味と食感を一度に楽しめる定番メニュー。フルーツものって大満足間違いなし!

    ■茶寮 都路里 祇園本店<住所:京都市東山区四条通祇園町南側573-3 祇園辻利本店2・3F 電話:075-561-2257 時間:10:00~22:00(LO21:00、土日祝20:30) 休み:なし 席数:72席 タバコ:禁煙 交通:京阪祇園四条駅より徒歩5分>

    「清水ほうじパフェ」(1296円)/茶匠 清水一芳園 京都本店


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ