簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年06月


     赤城乳業株式会社(本社:埼玉県深谷市、社長:井上創太)と日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、盛夏に向け共同で、氷菓「ガリガリ君」と無糖強炭酸水「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」を組み合わせて楽しむ「ザ・タンサン&ガリガリ君 ソーダシャーベット」を、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの店頭を通じて提案します。
     「ガリガリ君」は、1981年から発売している、ガリガリとした食感が特徴のかき氷アイスバーです。
    「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」は、日本コカ・コーラ史上最高のガスボリューム*による強い刺激とキレのあるおいしさを両立させた、ゼロカロリー・無糖・ノンカフェインの炭酸飲料です。
     SNSなどを中心に、数年前より「ガリガリ君」と無糖炭酸水を組み合わせてシャーベットのようにして楽しむ方法がたびたび話題となっています。赤城乳業は、昨今の『強炭酸水ブーム』をうけ、あらためて『もっとも「ガリガリ君」ソーダ味にあう強炭酸水はどれか』を独自に調査。その結果、強いガスボリュームにもかかわらずpH値を水に近い中性よりに意識して開発され、独自のマルチバリアシステムにより水だけでなく炭酸ガスも濾過して作られた「ザ・タンサン・ストロング」が、ガリガリ君のサッパリとした味わいとの組み合わせにぴったり、という結論に達し、今回のコラボレーションが実現しました。
     2社は7月2日(月)より、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの店頭POPや、ウェブサイト、SNSなどを通じ「ザ・タンサン&ガリガリ君のソーダシャーベット」を提案。日本の夏の新たな風物詩として定着させることを目指します。
    (*日本コカ・コーラ 490ml PET製品の充填時ガスボリュームにおいて過去最高 2017年9月時点)

    <ガリガリ君ソーダ 製品概要>
    ■製品名   :ガリガリ君 ソーダ
    ■種類別   :氷菓
    ■原材料名  :異性化液糖、砂糖、りんご果汁、ぶどう糖、ライム果汁、水あめ、リキュール、
            食塩/香料、安定剤(ペクチン)、酸味料、着色料(スピルリナ青、クチナシ、紅花黄)
    ■栄養成分表示:110ml当たり
            エネルギー69kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物18.1g、食塩相当量0.04g
    ■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜): 110ml/70円
    ■販売地域   :全国

    ■製品名   :ガリガリ君 ソーダ(マルチパック)
    ■種類別   :氷菓
    ■原材料名  :異性化液糖、砂糖、りんご果汁、ぶどう糖、ライム果汁、水あめ、リキュール、
            食塩/香料、安定剤(ペクチン)、酸味料、着色料(スピルリナ青、クチナシ、紅花黄)
    ■栄養成分表示:63ml当たり
            エネルギー39kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物10.3g、食塩相当量0.02g
    ■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜): 63ml×7本/330円
    ■販売地域  :全国
          
      
      <カナダドライ ザ・タンサン・ストロング 製品概要>
    ■製品名   :カナダドライ ザ・タンサン・ストロング
    ■品名    :炭酸飲料
    ■原材料名  :炭酸、炭酸水素Na、クエン酸Na、リン酸K、リン酸Na
    ■栄養成分表示:100ml当たり
    エネルギー0kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、糖類0g、食塩相当量0.05g、カフェイン0mg
    ■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜): 490ml PETボトル/121円
    ■販売地域  :全国
     「カナダドライ」ブランドについて
     1904年にカナダで誕生し、110年以上の伝統を持つ「カナダドライ」ブランドは、強い刺激と上質な炭酸の気泡が特徴で、その飲みやすさから30~40代のこだわりある大人層の方々に高く支持されています。主力製品の「カナダドライ ジンジャーエール」は、甘さを抑えたドライな飲み口で「気軽に飲める」「日中のさまざまな場面に合う」「食事にも合う」と、大人の日常的な飲み物として定着しています。
      

    配信元企業:赤城乳業株式会社



    (出典 news.nicovideo.jp)




    世界で1260店のレストランを展開しているフランスの ルデュッフグループのベーカリーカフェ「 Brioche Dorée (ブリオッシュ ドーレ)、以下 BD」 (本社:フランス レンヌ / アジア代表取締役An-Jen Suen(アンジェン-スエン)は、 『クロワッサンブリュレ』シリーズから夏にぴったりのフルーツとして、マンゴーを使用した『クロワッサン ブリュレ マンゴー』を7月1日(月)から夏季限定で販売を開始いたします。

    『クロワッサンブリュレ』は、サクッ、もちっとしたマフィン型のクロワッサン生地の中にクリームを入れ、外側はカリッと香ばしくキャラメリゼし、クロワッサン×クレームブリュレを掛け合わせたハイブリットスイーツです。

    『クロワッサンブリュレ マンゴー』は、カスタードミルクがコーティングされた口どけの良いしっとりふわふわのクロワッサンマフィン表面にカソナードをかけてバーナーでブリュレしました。中にはとろ~り甘酸っぱい濃厚なマンゴクリームを、外はジューシーで爽やかなアップルマンゴーの果肉をゼリーでコーティングしました。冷やして美味しい、まるでスイーツのような一品となっております。

    見た目にも可愛い、気分が上がる『クロワッサンブリュレ マンゴー』は、自家用はもちろん、女子会を盛り上げるパーティーフード、手土産としても最適です。

    今後も「ブリオッシュ ドーレ」は、お客様にお楽しみいただける商品を開発してまいります。

    配信元企業:株式会社プロントコーポレーション



    (出典 news.nicovideo.jp)




    丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営するアントワークスは、7月1日より、夏でも思わずがっつきたくなる丼ぶりをコンセプトに開発した「すたみなジャンカル丼」(税込880円)を全国の店舗(一部店舗を除く)にて期間限定で販売する。

    同商品は、『夏の暑さで食欲がなくなる時期でもガッツリ食べて欲しい』という想いで、夏でも思わずがっつきたくなる丼ぶりをコンセプトに開発。『特製すたみな焼肉ダレ』に漬け込んだ、白米に合う濃い味付けの牛バラ肉を、茶碗約3杯分のご飯の上にのせ、『旨辛シラチャーマヨソース』をかけた「THE ジャンキー」な丼ぶりとなっている。

    疲労回復や滋養強壮効果のあるニンニクと、ニンニクにはない食物繊維をたっぷりと含んだニンニクの芽を使用しているので、夏バテした身体にぴったりの一品。夏バテで元気が出ないときは、ランチに「すたみなジャンカル丼」を食べて仕事を頑張りたい。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    スイーツは最高のご褒美。食べてガッカリしたくないですよね。ハズレを引かないためには一体どうすればいいのでしょうか?それは、なるべく誰かが購入後に「おいしかった!」と絶賛している商品か、「買ってよかった!」と満足している商品を選ぶこと。

    絶品スイーツは、TwitterなどのSNSでよく話題になっています。ただ、それが本当に満足できる味なのかどうかが気になるところですよね。そこで、#カルディで見つけた評価の高いスイーツを徹底検証。その結果、「確かにいい!」となったものを以下から10個ご紹介します。

    実際に評判通りで買ってよかったカルディのスイーツ10選

    1:「カカオニブダックワーズ」99kcal

    「カカオニブダックワーズ」

    まずは、ネットで話題の新作スイーツから。ハマった人から、「ふかふか食感に洋酒とビターチョコが合わさってオトナうまいやつ!」「程よい甘さでおいしかったです」などと絶賛されています。確かにふかふか!中のカカオニブとチョコレートのクリームが、いい仕事をしています。名前とパッケージから渋い感じなのかと思ったので、食べてみてビックリ。全く苦味はありません。洋酒の香りが心地いい、大人なおやつです。

    2:「パンダ杏仁豆腐」100gあたり150kcal

    「パンダ杏仁豆腐」

    カルディの人気スイーツと言えば、これ。おいしすぎて、売り切れが続出したこともあるほどの大ヒット商品です。パッケージの「ぷるぷる とろりん なめらか あんにん」は本当です。よくある杏仁豆腐と違って、超絶なめらか!味も奥深いです。

    グラスに入れるとこんな感じ。

    甘さの中に旨味もあるというのでしょうか。「もはや悪魔的」「もしも高級中華料理店で出てきても何らおかしくないレベル」などの感想が拡散されているのも納得です。見た目のかわいらしさとは裏腹に高級感があり、脳がしびれるおいしさ。ひと口食べた瞬間から、また買いたくなってしまうこと間違いなしです。

    3:「レモングラスこんにゃくゼリー」1個あたり17kcal

    「レモングラスこんにゃくゼリー」

    これも最近登場して話題になっている商品のひとつで、「食後のお口直しにぴったりでとっても爽やか~!」「これは大衆受けしやすい優秀な商品」などのツイートが盛り上がっていたスイーツ。すでに数々のメディアで取り上げられています。口の中がリフレッシュされるので、確かに食後にピッタリ!レモングラスと書かれているので酸っぱいのかと思いきや、酸味はあまり感じられません。甘すぎないので、バクバクいける味です。甘いものが食べたいけどカロリーが気になる人に、ちょうどいいおやつではないでしょうか。飴やガムを食べるくらいなら、断然このゼリーがオススメです。

    4:「マサマ キリマンジャロ コーヒーゼリー」コーヒーゼリー210gあたり159kcal、コーヒーフレッシュ4.5mlあたり10kcal、コーヒーシュガー5gあたり19.4kcal

    「マサマ キリマンジャロ コーヒーゼリー」

    こちらもカルディの人気商品のひとつ。この「マサマ キリマンジャロ コーヒーゼリー」は、「香り高い上質デザートとして広くおすすめしたい」「コーヒー好きに激推ししたい逸品」と話題になっているスイーツです。

    中身はこんな感じ。

    そもそもカルディはコーヒーと輸入商品のショップ。コーヒーは得意ジャンルなので、コーヒーゼリーもレベルが高いです。キリッとコクのある味に仕上がっています。コーヒーフレッシュもコーヒーシュガーも、ほんの少しでいいくらい。苦味はありますが控えめなので、そのままで十分おいしいです。

    5:「ポロショコラ」100gあたり455kcal

    「ポロショコラ」

    続いては、しっとりチョコケーキ。こちらもロングセラー商品のひとつです。「しっとりどっしりとして濃厚なチョコレートの味でおいしい」「レンチンすると極楽の味がする」など絶賛ツイートや記事が拡散されています。実際、ものすごく濃厚です。高級チョコレートが凝縮された味とでもいうのでしょうか。ギュッと詰まっているのに、外側はふんわり、中はしっとり。冷蔵庫で冷やすと、しっとり感がパワーアップ!また、電子レンジで20秒温めると、フォンダンショコラのような味わいになります。ネット上では、バニラアイスを添えて食べる人が多いです。アイスとのコラボは、贅沢な気分にさせてくれます。

    おやつといえばプリンでしょう!

    6:「おいしい牛乳プリン」1個あたり26kcal

    「おいしい牛乳プリン」

    人気があるのは、ロングセラー商品だけではありません。「おいしい牛乳プリン」は、「優しい甘みでほっこりおいしい!」「濃厚な甘さに加えてすっきりとした後味が、夏の暑さを吹き飛ばしてくれそう!」と話題の新商品。ツルンとしていて、ミルクのコクがたまらない味です。ひとくちサイズなので、罪悪感ゼロ!プリンは特別感のあるデザートなので、少量を手軽に食べられるのはありがたいです。「ちょっと甘いものがほしい」というときにピッタリ。冷やしたり凍らせたりしてから食べると、よりおいしくなります。

    7:「豆乳サンドビスケット」1枚あたり71kcal

    「豆乳サンドビスケット」

    続いては、ハマる人が続出したことがネット上で話題になったビスケット。「口の中で広がる優しい甘みに心が穏やかで幸せになれる」「おいしくてここ三日間、毎日一袋開けてしまってヤバイ」などのツイートが拡散されています。期間限定の新作が出ると、すぐに売り切れる店舗もあるほどの人気っぷり。ビスケットそのものにも豆乳が練りこまれているのですが、中のまろやかな豆乳クリームが虜になってしまうほどのおいしさなのです!例えるなら、ビスコがグレードアップしたような感じでしょうか。豆乳の優しい香りにも癒されます。個包装で10個入っているので、食べすぎ注意です。

    8:「抹茶ぷりん あずき入り」カロリーの記載なし

    「抹茶ぷりん あずき入り」

    今ブームの抹茶スイーツをカルディで買うなら、イチオシはプリン。なめらかプリンに小豆が混ざっていて、ねっとり濃厚!何となく、豆かんを食べているような感覚です。隠し味に練乳が使われているので、申し分ない甘さ。抹茶の香りと小豆のつぶつぶを一度に堪能できるので、和菓子屋にいるような気分になります。とろとろプリン好きな人は確実にハマるはず。ご馳走感があるので、来客時に出すと見た目でも楽しんでもらえます。

    9:「瀬戸内ネーブルパイ」1個あたり131kcal

    「瀬戸内ネーブルパイ」

    パイ生地のお菓子に外れナシ。大体何を包んでいてもおいしいものですが、マーマレードは最強です!この「瀬戸内ネーブルパイ」は、5月に発売されてすぐ「ネーブルのジャムが甘いだけではなく酸味もあり抜群なバランス~」「中のジャムの酸味が強くて甘すぎず爽やかで超絶おいしい」などと高評価を得ているスイーツ。パイ生地もしっとりおいしいし、ジャムも爽やかでおいしいし、とにかくおいしい尽くめなのです!瀬戸内産ネーブルオレンジしか使っていないところがポイント。トースターで少し焼くと、香ばしさアップ。外側がカリッとして、ごちそう感たっぷりのおやつになります。

    最後にご紹介するのは、定番スイーツ

    10:「レアチーズケーキ いちごミルク」1個あたり139kcal

    「レアチーズケーキ いちごミルク」

    最後はカルディの定番スイーツ「レアチーズケーキ」。いちごミルクだけでなく、プレーンタイプや日向夏、瀬戸内レモン味もあります。ケーキ屋さんにあるレアチーズケーキが手軽に食べられることから、「はじめてカルディに行く人はこれを買ってほしい」「このレアチーズケーキのシリーズにドはまりしているので新作が出る度にうれしい」などと評判です。ねっとりしているので少し見た目はプリンっぽいですが、食べるとしっかりチーズ!味は、レアチーズケーキにいちごジャムが加わったような感じです。ひと口食べると、いちごの甘みが口の中いっぱいに広がります。冷やしてそのまま食べるのもいいですが、トーストとの相性が抜群!ビスケットに挟むのも美味。組み合わせでより楽しめるデザートです。

    ☆☆☆

    ネットで話題になっているカルディのスイーツは、どれも評判通り。一度食べると、やみつきになるものばかりでした。

    上記の中では、「パンダ杏仁豆腐」に一番衝撃を受けました。これが、今まで食べた杏仁豆腐の中で一番だったのです。味に深みとコクがあって、めちゃくちゃおいしい!原材料を見ても特別なものが入っていないのに、なぜここまで濃厚なのか不思議なくらい絶妙なのです。ひとくちを食べた瞬間、「うまっ」と目が覚めるほど。一瞬でやみつきになりました。手が止まらなくなるくらい夢中になるおいしさです!

    このほかにも、カルディはスイーツが豊富。今回は個人的に「さすがだ!」と思ったものだけ取り上げましたが、ミレービスケット レモン風味やスティッククッキー ミルククリームも話題になっています。自分へのご褒美に、あらかじめ買っておくと「これがあってよかった!」となりやすいです。備えあれば憂いなし。早めに揃えて、おやつライフを充実させましょう!

    【取材協力】
    ※カルディコーヒーファーム  https://www.kaldi.co.jp/



    (出典 news.nicovideo.jp)




     エンドウ豆の若菜である「豆苗(とうみょう)」は、シャキシャキとした食感で食べやすく、今やどこのスーパーでも見かけるようになりました。美味しいだけでなく美容成分が多く含まれていることから、女性を中心に人気が高まりつつあるようです。

     豆苗には紫外線からのダメージを防ぐ抗酸化ビタミンが多く含まれており、肌にハリとツヤを与えてターンオーバーを促進させるだけでなく、シミやそばかすも防ぎます。また、食物繊維も多く含むことから、便秘の改善にも効果的。他に、葉酸も摂取できるので、妊娠中・授乳中の方からも愛されているようです。

     可食部を一度切り取っても、根の部分を水に浸しておけば一週間前後で再収穫できますし、脇芽の部分を残して収穫すれば2~3回収穫できるといわれています。見た目も可愛らしいので、観葉植物のような感覚でキッチンで育てる人も。

     豆苗は炒め物、おひたし、サラダ、汁物、鍋などに適していて、火を通してもそのままでも美味しく召し上がれます。スーパーフードにも引けを取らない栄養価の高い豆苗、今後さらなるブームが到来するのではないでしょうか。




    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ