簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年08月


    イートアン株式会社東京ヘッドオフィス東京都品川区 代表取締役社長仲田 浩康)は、山崎製パン株式会社人気惣菜パン「ふんわり包シリーズ」の新商品「ふんわり包(餃子味)大阪王将監修」を監修し、2018年9月1日(土)から全で新発売します。
     「ふんわり包(餃子味)大阪王将監修」は、山崎製パン独自の発酵技術によって熟成させた生地で、『大阪王将』監修の餃子の具をたっぷりと包み、ふんわりと蒸し上げました。餃子の具は、豚肉玉ねぎキャベツを使用し、シャキシャキとした食感に仕上げるとともに、しょうゆベースニンニクを利かせた濃厚でコクのある味わいが特徴です。袋を開けて、すぐにそのままおいしくいお召し上がりいただけます。また、電子レンジで温める食べ方もおすすめしたい楽しみ方です。
     「デイリーヤマザキ」、「ヤマザキショップ」をはじめ、全スーパー等のヤマザキ製品のお取り扱い店で販売されます。

    ふんわり包(餃子味)大阪王将監修
    ■製品概要
    ・商品名:「ふんわり包(餃子味)大阪王将監修」
    ・内容量:1個
    ・発売地域:全
    ・発売日:2018年9月1日(土)

    ◎「山崎製パン株式会社ニュースリリース
    URLhttp://www.yamazakipan.co.jp/company/news/20180827.html

    ■イートアンドの食品事業について
    イートアンドでは、お店のおいしさをご庭で味わっていただくため、冷凍食品および常温調味料を展開しております。厳選された原材料を徹底した管理体制の下で製造された商品は、お子様からご高齢の方まで安心してお召し上がりいただけます。毎日の食事をり豊かにプロデュース。イートアンドはご家族の温かな間、溢れる笑顔を応援します。
    (イートアンド 食品事業 商品紹介ページhttps://www.eat-and.jp/products/

    大阪王将について
    1969年大阪京橋で創業。現在日本国内で353店舗(2018年6月末時点)を展開する餃子専門店。
    2017年には「感動商品開発」をコンセプトに、フカヒレを使った高付加価値メニューの開発に注するなど、お客様の袋を掴む商品開発にを入れる。都市部ではモダンな店内装の店舗を展開し、男性はもちろん、女性にも受け入れられる店舗作り、時代の変化やお客様のニーズに対応すべく様々な取組みを行っています。
    大阪王将ホームページhttp://www.osaka-ohsho.com/

    イートアンドは今後も、Our Missionである「夢と楽しさと命のき」を大切にし、「食文化の創造」を通して生活文化の向上に貢献するとともに、お客様に「食:EAT」+「&」を提案してまいります。

    配信元企業:イートアン株式会社



    (出典 news.nicovideo.jp)



    昨年、大幅にリニューアルを行ったファミリーマート中華まん記者もそのおいしさに感し、の近所に他社のコンビニはあるのだが、昨年のは少し歩いてでも買いに行っていた。

    【写真を見る】面白いほどチーズがよく伸びる!「チーズたっぷり熟成生地のピザまん」(130円)

    そんなファミリーマート中華まんが、今年はさらに進化8月21日より、2018年度版の商品が店頭に並び始めた。

    昨年のリニューアルで何がそんなに大きく変わったのかと言うと、一番は生地のおいしさだ。専門店と同じ2段熟成発酵の生地を実現し、手包みに近い食感にもこだわった。

    今年は一部の商品の生地に、ファミリーマート専用の小麦粉を使用。発酵工程も見直し、より一層ふっくらと仕上げたという。

    具材も良を加えた。例えば「熟成生地の本格肉まん」(130円)は、カットサイズを昨年よりも大きくし、ダイス状にカットした豚肉へ変更することで、食べごたえをアップ

    ゴーダとモッツァレラ、2種類のチーズを使った「チーズたっぷり熟成生地のピザまん」(130円)は、昨年にも増してチーズ伸びるようになった。

    また、トマトのフレッシュな味が生きたソースに、今年はローストしたベーコンのエキスを新たに加え、味わいに深みを持たせたそうだ。

    これらの定番商品も専門店に引けを取らない満足度の高さだが、プレミアムシリーズはより本格的な味わいを楽しめる。

    とりわけ9月25日(火)に発売される「ファミマプレミアムチャーシューまん」(235円)は、コンビニの商品とは思えないほど高クオリティ

    試食会で一足く試してみたところ、北海道産小麦100%使用の生地は、顔を近づけただけでほんのり甘い小麦の香りが感じられ、ゴロゴロと入ったチャーシューも香ばしく絶品だった。税込235円という価格も納得だ。

    また、新機軸の「焼きパオズ(包子)」シリーズも見逃せない。同商品は、熟成発酵生地を焼き上げた、いわば“焼き中華まん”だ。

    10月2日(火)から180万食限定で発売される第一弾の商品「焼きパオズ(包子) クワトロチーズ」(130円)は、全粒粉とライ麦粉を配合した、パンのようなもっちりした生地に、4種類の濃厚なチーズマッチする。お酒好きの人であれば、ワインが欲しくなるかもしれない。

    新たな可性を感じさせる新商品も仲間入りし、より魅を増したファミリーマート中華まん。こだわりがたっぷり詰まったそのおいしさを、ぜひ自分の舌で確かめてみてほしい。

    見た目はパンそっくり!10月2日(火)に発売される注目の新商品「焼きパオズ(包子) クワトロチーズ」(130円)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    9月前になり、コンビニ各社からはの味覚を使用した商品が数多く発売され始めています。セブン-イレブンでも、きのこを使った弁当サラダかぼちゃを使ったプリンなどがラインナップされていて、今回新たにスイーツが登場しました。

    セブンから「イタリアモンブラン」のどら焼きバージョンが発売に!?

    セブン-イレブンの人気商品「イタリア栗のモンブラン」

    セブン-イレブンでは以前より、「イタリアモンブラン」というスイーツが何度か発売になっています。商品名の通り、イタリア(西洋)を使用したモンブランで、マロンクリームホイップクリームマロンペースト、スポンジを組み合わせものです。 ネット上でも「おいしい」といったが散見されるほどの人気ぶりでしたが、そんな同商品をどら焼きに仕立てたようなスイーツが登場しました。

    それが「イタリアのもんぶらん生どら」(税込199円)。2018年8月28日(火)から順次発売になっています。 商品情報ページによると、“生どら焼きモンブランを組み合わせた洋どら焼です。イタリアあん、ホイップクリームを組み合わせたモンブランあんを、どら焼き生地で挟みました”とのこと。

    栗の味をしっかりと感じられる一品

    モンブランどら焼きを組み合わせるとどうなるの? そんな疑問を抱いた筆者はさっそく食べてみることに。 まずは、モンブランあんの部分だけを食べてみたところ、味をしっかりと感じられてなかなか上品な味わいです。口あたりがなめらかなのもおいしさのポイントになっています。次に、大きくガブリとかじりついたら、ふわふわのどら焼き生地と、モンブランあん、ホイップクリームバランスがよくて◎。ほどよい甘さとクリーミーな味は、ややくせになってしまいそう。「イタリアモンブラン」が好みなら、ぜひ試していただきたい一品です。 本格的なはこれからですが、一足コンビニスイーツで、の味覚を楽しむのもアリですよね。気になる方はセブン-イレブンチェックしてみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)






    サーウィントンホテル愛知県名古屋市)にあるホテル内のカフェラウンジ「W Cafe」では、美や健康に良いと言われている“メープルシロップ”と“はちみつ”を使用した『メープルハニーアフタヌーンティー』を2018年9月1日(土)~11月11日(日)を期間中楽しめます。

    ビューティスイーツを堪できるアフタヌーンティー




    産のはちみつの中から、疲労回復効果が高いと言われている愛知県渥美半島はちみつを使ったボンボンショコラや、はちみつを甘くて香ばしいキャラリゼしたカップケーキ、一切の余分なもののない驚くほどすっきりとしたナチュラルな甘みで希少価値の高い最高級カナダ産「焚きメープルシロップ」など、まさに”はちみつ”と”メープルシロップ”づくし。

    女性にうれしい、ビューティアフタヌーンティーをぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。


    メープルハニー アフタヌーンティー
    販売期間:2018年9月1日(土)~11月11日(日)
    :3,300円 ※税サービス料12%







    サーウィントンホテル
    住所 愛知県名古屋市昭和区八事本町100-36
    1F/カフェラウンジ「W Cafe
        
    【営業時間】10:00~19:00(L.O. 18:30)
    電話番号】052-861-7901
    HPhttp://www.bestbridal.co.jp/hotel/yagoto/restaurant/wcafe/
     
    食べて美しくなりたい女性のための「メープル&ハニーアフタヌーンティー」


    (出典 news.nicovideo.jp)




    前菜を見下ろすように“ドン”とセッティング

    大阪新町にある「マンモスカフェ」のランチタイムは、女性客が8割。その人気をけん引するのが、メーン料理の前に登場する、前菜サラダプレートだ。こちらのランチは、ドリンク付きで900円または1000円(各税込み)。一般的なイメージでは、サラダも“申し訳程度”ではと想像するが、驚きのボリュームで提供されるのだ。

    オーナーの母の盛り付けがきっかけ

    プレートには、手前に日替わりの前菜3種、前菜を見下ろすように“山盛り”のグリーンサラダセット。「実は、これほどの量は想定外でした。ランチを手伝ってくれるが、『自分なら、これくらい食べたい』と、“ドン”と盛り付けたのがきっかけです」とオーナー屋もも絵さん。

    そのまま出したところ、迫ある量が話題になり、女性ファンが急増。「中途半端なサラダには魅を感じない」という女性のニーズに合致し、利用を促す原動になった。

    以来、期待に応えて提供を続けており、毎日7~10種類の野菜サラダに。葉物野菜が高騰する時季には、大根白菜などもミックスしてボリュームを維持している。

    ワンプレートで提供するのは、前菜サラダを混ぜ合わせながら、副菜感覚で楽しんでほしいという狙いもあるとか。飽きずに食べられ、満足感につながる盛り付けとなっている。

     


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ