簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年11月


    モンテールは、和菓子と洋菓子融合させた「わスイーツシリーズから、「ふわもちたい焼・桔梗信玄」を、2018年11月1日12月31日まで期間限定で発売する

    北海道産の大豆、沖縄産黒糖を使用

    山梨県を代表する銘菓「桔梗信玄」とのコラボレーション第2弾。桔梗信玄の味わいを、「きなこクリーム」と濃厚な「黒蜜ペースト」、ふんわりもちもちとした食感の生地で表現した。

    クリームに混ぜ込んでいるきなこには北海道産の大豆を使用し、自炊きカスタードブレンド。また、桔梗信玄黒蜜イメージして開発したという黒蜜ペーストには、沖縄糖を使用している。信玄の味わいを再現できるよう、きなこクリーム黒蜜ペーストのバランスにもこだわった。口に入れた間にきなこ味が広がり、濃厚でとろりとしたペーストと相まって、まるで桔梗信玄を食べているかのような味わいを楽しめるという。

    希望小売価格は150 円、沖縄のみ180 円(税抜)。<J-CASTトレンド>

    ふわもち生地と桔梗信玄餅がマリアージュ


    (出典 news.nicovideo.jp)





    セブン-イレブン各店では2018年10月30日から「濃厚スイーツフェア」が開催されています。

    大好評のスイーツがより濃厚になって登場

    本フェアでは、11月に迎えるチーズの日やボジョレーヌーヴォーの解禁などでお酒に注が集まることから、お酒と相性のいいチョコチーズをふんだんに使用した、大人向けの濃厚なスイーツ5品が販売されます。

    ラインアップは以下の通り。

    白いわらびレアチーズ(108円)


    やわらかいわらび餅クリームを包んだ「ふわっとろわらびシリーズから、初のわらび餅が登場。クリームチーズクリームを合わせたなめらかなレアチーズホイップクリームには、レモン果汁を加えることで、濃厚ながらもさっぱりと食べられるように仕立てているそう。口に入れた間からチーズの味わいが広がります。10月30日から順次発売。

    大人のティラミスもこ(140円)


    ふんわりもちっとした食感が特長のもこ生地は、ブラックココアを入れることでビターな仕上がりに。中には濃厚でなめらかなティラミスクリームが入っています。クリームは隠し味に洋を入れることで、よりマスカルポーネの香りを引き立てた仕立てになっているのだそう。11月1日から順次発売。

    濃厚生ちょこもち(108円)


    1月の発売時に大好評だった「生チョコもち」の生チョコが、さらに濃厚になって登場。生チョコは、カカ率を約10アップさせ、濃厚仕立てに。もちは一口サイズの食べやすい大きさで、3個入っています。11月6日から順次発売。

    濃厚チョコ&ショコラパフェ(297円)


    人気のチョコスイーツを盛り込んだ、チョコづくしのパフェ。とろけるような食感のショコラの層の上に専用工場で作った生チョコガトーショコラチョコムースを盛り合わせ、チョコを思う存分楽しむことができる一品に。11月13日から順次発売。

    濃厚チョコパンケーキどら(199円)


    特製のココアパンケーキで、濃厚なチョコクリームホイップ生チョコトリュフを挟んだ、チョコ尽くしのパンケーキココアパンケーキは、専用工場ので一枚ずつ丁寧に焼き上げることで、もっちり食感に仕立てているそう。チョコクリームホイップ生チョコトリュフを層にして盛りつけた、ボリューム感のある見たとなっています。11月20日から順次発売。

    その他詳細は公式サイトへ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


     

    ケンコーマヨネーズから発売中のOKAZU SALAD Dressing クリーミーたまねぎは、業務用の1Lサイズにもかかわらず、同社オンラインショップにおいてリピーターの多い人気ドレッシングだという。深みのある味わいが特徴で、サラダだけでなくおかずやメインディッシュにぴったりということでさっそく試してみた!


     

    “食卓の主役になるサラダ”のためのOKAZU SALAD Dressing

    クリーミーたまねぎ』は、ロースオニオンの濃厚で甘いテイストと、シャキシャキしたたまねぎごま&こしょうによる具材感を楽しめるクリーミータイプのドレッシング

    小皿にあけてみるとこんな感じ

    刻み玉ねぎすりごま、こしょうが絶妙に絡み合い、見るからに美味しそう。

    まず、ドレッシングだけをめてみると、かなり濃厚な味わいで、前菜のみならず、ブロッコリーカリフラワーをはじめとする温野菜のほか、メインディッシュの味付けとして活用するのにもってこい、というのがよくわかる。

     

    一般的に「たまねぎ」のドレッシングというと、さっぱりとした和風味であることが多い気がするのだが、「クリーミーたまねぎ」というネーミングだけあり、こちらは実にまろやかな口当たり。

     

    「おすすめレシピ」の中から『お手軽とんかつのおかずサラダ』に挑戦!

    今回はケンコーマヨネーズオンラインショップで紹介されている「おすすめレシピ」の中から、『お手軽とんかつのおかずサラダ』に挑戦してみることに。

    とんかつは、薄切りミルフィーユのように重ねて成形するため、火の通りがく手軽に作れた。包丁で切ると、サクッとジューシーな仕上がりで、サラダとの相性が良さそうだ!切りにした野菜ベビーリーフと一緒に盛り付けて、仕上げに『OKAZU SALAD Dressing クリーミーたまねぎを回しかけたら出来上がり!

    クリーミーたまねぎ』の濃厚な味がとんかつにもマッチするので、サラダというよりもボリュームたっぷりのおかずとしての満足感が味わえる。味が少ないので、今回のとんかつだけでなくロースチキン唐揚げなどの肉料理や温野菜を使ったボリューム感たっぷりの「OKAZU SALAD」とも良く合いそう!こしょうも効いていて、なんともクセになる味わいなのだ。

     

    オンラインショップでは、『お手軽とんかつのおかずサラダ』のほかにも『チキンほうれん草のソテー』といった美味しそうなレシピも紹介されているので、気になった人はぜひともチェックしてみて欲しい。

    OKAZU SALAD Dressing』は、『クリーミーたまねぎ』のほかにも『ナッツ』がラインナップされている。いずれもケンコーマヨネーズオンラインショップで発売中。1Lの業務用で、『クリーミーたまねぎ』は税込869円、『ナッツ』は税込900円。野菜はもちろん、野菜以外のメインディッシュにも幅広くつかうことができ、まさにリピーターが多いのも納得の逸品だ。

     

    サラダがおかずに!?たまねぎの甘みと食感が楽しめる『OKAZU SALAD Dressing クリーミーたまねぎ』


    (出典 news.nicovideo.jp)



     朝食食パンを食べている人は多いと思います。『時間.jp』のアンケート調によると、よく食べる朝ごはんメニュー1位が「食パン」で54となっていました。それにべると34と、朝食食パンが際立つ結果となっていますね。食パンにはいろいろな食べ方があると思いますが、毎美味しく食べるための方法の一つとして、いつもとは違う焼き方を試してみることをオススメします。

     シェフ牛尾則明さんの著書「庭で焼けるシェフの味 セントル ザ・ベーカリーの食パンサンドイッチ」(マイナビ出版刊)によると、トースターで焼く、直火で焼く、フライパンで焼く、それぞれの焼き方によって、焼き上がりが変わるのだとか。例えば、トースターオーブンの違い。ふっくらとした焼き上がりにするには、オーブントースターよりも1枚ずつ入れて焼くトースターのほうが、分が失われにくいそうですよ。

     また、コンロの火で温めた焼き網にのせる直火焼きは、網のちょっと焦げたところも美味しさのポイントですが、片面30香ばしいトーストに。フライパンで焼く方法では、温めたフライパンに油はひかずに食パンをのせ、肌から少量のを注いで蓋をして30待ち、裏返して反対側も同様に焼けば、厚切りのトーストなども中までふっくら焼き上がるそうですよ。

     料理研究である鈴木理恵子さんの著書「フライパンでできる ホットサンドフレンチトースト100レシピ」(文堂新社刊)には、まるでホットサンドメーカーを使ったかのように、ホットサンドフライパンで焼くことができると書かれています。バターチーズを挟んだ食パン2つをフライパンにのせ、蓋で何度か押し付けながら両面を焼くとよいのだそうです。

     毎食パン。いろんなバリエーションを考えてみて、焼き方を試してみてはいかがでしょうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    イートアン株式会社東京ヘッドオフィス東京都品川区 代表取締役社長仲田 浩康)は、山崎製パン株式会社より2018年11月1日(木)に全で発売される人気惣菜パン「ふんわり包シリーズ」の新商品「ふんわり包(チーズ餃子味)大阪王将監修」を監修いたしました。本商品は、全スーパー等のヤマザキ製品お取り扱い店で販売されます。

    2018年9月に発売した山崎製パン株式会社とのコラボレーション商品第1弾「ふんわり包(餃子味)大阪王将監修」は、これまでに約110万個※出荷し、多くのお客様にご好評いただきました。
    今回は大阪王将シリーズの冷凍食品で人気の「大阪王将 羽根つきチーズ餃子」をイメージした商品です。
    「ふんわり包(チーズ餃子味)大阪王将監修」は、山崎製パン独自の発酵技術によって熟成させた生地で、『大阪王将』監修の餃子の具とチーズを包み、ふんわりと蒸し上げました。豚肉玉ねぎキャベツを使用し、しょうゆベースニンニクを利かせた濃厚でコクのある餃子の具にチーズを加えることでまろやかな味わいに仕上げました。袋を開けて、すぐにそのままおいしくお召し上がりいただけます。また、電子レンジで温める食べ方もおすすめです。
    9月1日10月30日の累計個数

    ふんわり包(チーズ餃子味)大阪王将監修

    ■製品概要
    ・商品名:「ふんわり包(チーズ餃子味)大阪王将監修
    ・内容量:1個
    ・発売地域:全
    ・発売日:2018年11月1日(木)
      
      ■イートアンドの食品事業について
    イートアンドでは、お店のおいしさをご庭で味わっていただくため、冷凍食品および常温調味料を展開しております。厳選された原材料を徹底した管理体制の下で製造された商品は、お子様からご高齢の方まで安心してお召し上がりいただけます。毎日の食事をり豊かにプロデュース。イートアンドはご家族の温かな間、溢れる笑顔を応援します。
    (イートアンド 食品事業 商品紹介ページhttps://www.eat-and.jp/products/

    大阪王将について
    1969年大阪京橋で創業。現在日本国内で351店舗(2018年9月末時点)を展開する餃子専門店。
    2017年には「感動商品開発」をコンセプトに、フカヒレを使った高付加価値メニューの開発に注するなど、お客様の胃袋を掴む商品開発にを入れる。都市部ではモダンな店内装の店舗を展開し、男性はもちろん、女性にも受け入れられる店舗作り、時代の変化やお客様のニーズに対応すべく様々な取組みを行っています。
    大阪王将ホームページhttps://www.osaka-ohsho.com/

    イートアンドは今後も、Our Missionである「夢と楽しさと命のき」を大切にし、「食文化の創造」を通して生活文化の向上に貢献するとともに、お客様に「食:EAT」+「&」を提案してまいります。

    配信元企業:イートアン株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    このページのトップヘ