簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年11月


    shutterstock_1176280837

    朝晩の寒さを感じる季節に入り、なんだか元気が出ない。そんな人は冬場に多い季節性のウツにかかっているのかもしれません。

    季節性ウツには、ちょっとの楽しみ

    【りんごを楽しんで、憂鬱対策】

    冬場に多い季節性ウツ。寒くてカラダとココロの活力が落ち込むときに、こんな症状がおこりやすい。体温が下がって、カラダの気力が落ち込むとき、甘く煮詰めたりんごを楽しもう。

    【りんごのコンポート】

    甘めのシロップで、食べやすい大きさにカットしたりんごを煮詰めます。甘さも固さもお好みで。ただ、気持ちが落ち込んでいるときほど、甘みがはっきりしていた方がよいだろうし、カラダの気力が落ち込んでいるときほど、柔らかい方が、美味しく感じます。

    ネット上には「りんごのコンポート」で、レシピがいろいろありますね。検索して、お気に入りの作り方を見つけてみましょう。

    【加熱したりんごは、ココロとカラダを温める】

    フレッシュなりんごでも、心身の気力を高めてくれるのですが、疲れている時、落ち込んでいるときには、やっぱり甘くて柔らかい「ホッとする食感と香り」を楽しんだらいいでしょうね。

    • 加熱したりんごは、フレッシュなものよりも、不安感の鎮静効果が高い
    • シナモンはちみつ、お酒やハーブなどで多彩に香りを演出できる
    • 加熱することで、消化吸収効率がたかくなる

    香り高く、食べやすくすることで、「凍てつくココロ」と「低調気味なカラダ」を、内側からホンワカ温めてくれるりんごのコンポート

    気持ちの疲れを感じるときに、おためしあれ。

     


    (出典 news.nicovideo.jp)




     ファミリーマートはフランス産クーベルチュールチョコレートを使用したチョコスイーツ4種を11月27日に発売します。

    「フォンダンショコラ」

    ・238円
    ※沖縄県を除く

     フランス産クーベルチュールチョコレートを使用したフォンダンショコラ。温冷どちらでも楽しめるとのこと。温めるとトロリとした食感。

    「エクレールショコラ」

    ・138円

     濃厚なチョコクリームに負けないしっかりとしたシュー生地の中に、フランス産クーベルチュールチョコレートと、北海道産生クリームを使用したコクのあるチョコクリームを入れたそう。

    「ザッハトルテ」

    ・298円
    ※沖縄県を除く

     フランス産クーベルチュールチョコレートを使用したチョコソースでコーティングしたザッハトルテ。メレンゲを使用したショコラ生地を焼き上げ、シロップ、あんずソースを合わせた仕立て。

    「クレームショコラ」

    ・198円
    ※沖縄県は12月11日発売

     フランス産クーベルチュールチョコレートを使用したカップスイーツ。香りとコクが感じられる、口溶けが良い贅沢仕立てだとか。アーモンドのトッピングが食感のアクセント。

     
    ファミマ 本格チョコスイーツ4種


    (出典 news.nicovideo.jp)




    「量ではなく、食事の質を見直せば『食べても食べても太らない』ということも可能です」
     
    「基本は低糖質・高タンパク質です。タンパク質には体温を上げてカロリーを燃やす働きがあるので、タンパク質を多くとる人は太りにくいのです」

     肉、魚、卵、牛乳、乳製品、大豆、大豆製品などがタンパク質を多く含む食品だ。現在の栄養学でいうと、脂肪やコレステロールが多すぎる「特選和牛」より「『輸入牛』『交雑種』『価格が安め』のものがいい」と言う。

     中年太り対策には、しょうが焼きがオススメ。

    「豚肉とタマネギは中年期特有の肥満を撃退してくれます。豚肉はカロリーを体温として発散し、タマネギは糖質の分解を助けて血液をサラサラにする効果があります。ポッコリお腹を凹ませたいなら、ワカメスープがオススメ。ワカメに含まれる『フコキサンチン』は脂肪を燃焼させます」

     あごのたるみが気になる人は、チンジャオロースーがいい。そして、これからの季節は「豚キムチ鍋」がオススメだとか。

    「豚肉のビタミンB1炭水化物を体に溜め込まず発散させ、カプサイシンは発汗作用や脂肪燃焼効果があり、ベストな鍋ですね」

     何を食べるかを意識すれば、量は気にしなくてもいいのだ。

    《更年期太りを防ぐ/しょうが焼き》
    …豚肉はカロリーを体温として発散し、タマネギは糖質の分解を助け血液をサラサラに。豚肉とタマネギの炒め物、しょうが焼きがオススメだ

    《顔のたるみをとる/チンジャオロースー》
    …牛肉は肌のうるおい成分に欠かせない亜鉛を多く含む。ピーマンは肌にハリを与えるビタミンA、Cが多く、シワ予防効果も高い

    《お腹を凹ませる/ワカメスープ
    ワカメは脂肪を燃焼させる成分を多く含み、お腹回りの脂肪をキレイに落とす。超低カロリーなので、食べれば食べるほど若返るダイエット食だ

    《脂肪、糖質を分解する/アーモンド
    …口さみしいときは、コンビニなどに売っているアーモンド入りのナッツがオススメ。アーモンドは脂肪を分解し、炭水化物の代謝を促す
     



    (出典 news.nicovideo.jp)




     ちょい足しワザを覚えよう!

    bizspa17-1

     寒くなり、鍋の恋しい季節になってまいりました。最近ではコンビニスーパーで「おひとり様専用鍋セット」が売っているので、レンジで温めるだけで気軽に楽しむことができます。でも、ちょっとの工夫で“もっとおいしく”なったら、嬉しいと思いませんか?

     そこで今回は、「おひとり様用のお鍋セットをぐーんとおいしくする“ちょい足し食材”」を7つ厳選してご紹介したいと思います。

    ちょい足し食材① にんにくの芽

    ⇒シャキシャキ食感と上品な香りが病みつきに。緑黄色野菜の栄養価も魅力的。

    bizspa17-2

    にんにくの芽」とは、私たちが日ごろ食べているニンニクの“茎”にあたる部分。言葉通りの“芽”とは違い、“茎ニンニク”とも呼ばれ、スーパーなどで1袋100円前後で売られています。

     鍋の具材として入れるだけで、ニンニクよりも控えめで品のある香りが広がり、シャキシャキとした食感がたまらぬおいしさを奏でてくれます。また、緑黄色野菜なので、風邪対策などにもバッチリ。3センチ長にカットして、水菜の代わりに加えてみましょう。

    ちょい足し食材② ゆでたけのこの千切り

    たけのこは、低糖質で食物繊維が豊富な野菜。ダイエット時にもたっぷり食べられる!

    bizspa17-3

     青椒肉絲チンジャオロース)のイメージが強い「千切りゆでたけのこ」は、旨味のある味わいと食べ応えで、鍋にもバツグンの相性を誇ります。

     また、意外にもたけのこは低糖質。食べ過ぎ・飲みすぎた翌日の調整やダイエット用にも活躍してくれる食材です。さっと水洗いして加えてみてください。

    ちょい足し食材③ きくらげ(乾燥)

    ⇒生きのこにはない“コリコリ感”が魅力。栄養的には、「ビタミンD」が豊富。

    bizspa17-4

     マンネリ味からの脱出には、「きくらげ」がオススメです。きくらげのコリコリとした食感は、いつもの鍋に新たな食感を与えてくれます。

     また、インドア派に不足しがちなビタミンD(骨の成長に関わる重要なビタミン)が豊富なので、心当たりのある人は意識して摂り入れてみてください。鍋に入れる前に水で戻しておくだけなので、ストック食材としても重宝するでしょう。

    ちょい足し食材④ とうふ麺

    ⇒小麦麺よりも低カロリー&低糖質&高たんぱく質筋トレダイエット時のシメに大活躍!

    bizspa17-5

     鍋の“シメ”をヘルシーに楽しみたい方には、「とうふ麺」がオススメ。筋トレによる体作りの際はもちろん、ダイエット中のたんぱく質摂取にも嬉しいアイテムです。

     しかも、麺類やごはんの代わりにすれば、糖質オフに。各社からさまざまな商品が登場していますから、気になる人はチェックしてみてくださいね

    ちょい足し食材⑤「おだしがしみたきざみあげ」(相模屋)

    ⇒じゅわ~っと味がしみた便利な油揚げ。加えるだけでコク旨に。常温でストック可能が嬉しい。

    bizspa17-6

     鍋の具材がなんとなく味気ない、と感じる人には、この「味付けタイプ油揚げ」を試していただきたい! イメージとしては、赤いきつねの“ジューシーな甘辛感”。

     あの世界がスープや口の中に広がり、一瞬にして幸せを味わうことができます。もちろん鍋以外での使い勝手も良いので、うどんやそばなどにもご活用ください。スーパーの豆腐売り場などに行けば、200円弱で購入できます。

    ちょい足し食材⑥ 海鮮シュウマイ

    ⇒旨味を程よくアップしてくれる、餃子とは違う存在感。煮込んでトロける食感も魅力的。

    bizspa17-7

     鍋と言えば、「餃子」と思っている方、ぜひ「シュウマイ」をお試しください。

     ニンニクやニラを使っていないため、存在感を発揮しつつも、他の食材の魅力をつぶすことがありません。特に、シュウマイのなかでも“海鮮系”がオススメで、旨味を広げてくれる効果も期待できます。長く煮込んでとろけた感じも、個人的には乙な味です。

    ちょい足し食材⑦ 干しえび

    ⇒手軽に購入可能な中華材料。加えるだけでスープレベルアップ。肉鍋との相性もバッチリ!

    bizspa17-8

     最後は、スープをしっかりおいしくしてくれる実力派アイテムチャーハンや炒め物などの中華料理で使われる「干しエビ」は、干し貝柱よりもリーズナブルでありながら、いい仕事をしてくれる海鮮乾物です。

     最初から鍋の中に加えておけば、エビならではの華やかで濃厚な旨味がしっかりと広がります。気になる人は、スーパーの中華材料コーナーに置いてありますのでチェックしてみてくださいね

     



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>


     今や、料理がそれほど上手ではない人でもやっている「作り置き」。まだ挑戦したことがない、レパートリーが少ないという人に向けて、オシャレな作り置きをご紹介しましょう。

    ■タコミート

     タコライスのもとになる、肉そぼろの「タコミート」がオススメです。これさえあれば、ご飯の上にタコミート、チーズレタストマトをのせるだけで、いつでもすぐにタコライスが出来ちゃいますよ。

    ■レバーパテ

    「レバーパテ」は、レバーを細かく刻んでペーストやムース状に練り上げたフランス料理バゲットなどに塗って食べます。これを前もって作っておけば、すぐに欧米気分なオシャレ朝食が味わえます。鶏レバーや野菜などを買ってきて、ぜひチャレンジしてみましょう。

    ■デリサラダ

     デパ地下のお惣菜屋さんで売っているような、彩りのあるオシャレな「デリサラダ」を自分で作ります。材料をいつもより細かく刻む“チョップサラダ風”にすると、オシャレ感も増しますよ。

     いかがでしたか? 週末など時間のあるときに作っておくと、忙しい平日、料理の準備がラクになりますよ。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ