簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2018年12月


     大晦日に欠かせないものといえば「年越しそば」ですよね。大晦日に蕎麦を食べる理由には諸説あるようですが、蕎麦が長く伸びることから、長寿への願いが込められているという説や、蕎麦は他の麺類と比べて切れやすいことから、新しい一年に向け、その年の厄災を断ち切る、という意味合いがあるとも言われます。

     家庭ごとに、こだわりの年越しそばがあると思いますが、ぜひ作って欲しいのが、鶏むね肉を使った「鶏天そば」。簡単でボリュームもあり、酒もすすむ温かい蕎麦です。

     鶏天といっても、何も難しいことはありません。鶏のむね肉を一口大サイズに切り、日本酒でさっと洗い、軽く塩をして片栗粉をまぶし、焼くように揚げるだけ。鶏肉をそぎ切りにすることで、短い時間でふっくらジューシーに焼き揚げることができます。ポイントは鶏むね肉の大きさがなるべく均等になるよう切ることと、片栗粉をつけたらすぐに油に入れること。

     慌ただしい師走の〆に、ぜひ作ってみてください。

    「年越し鶏天そば」のレシピ

    鶏天の年越しそば

    材料(2人分)

    ・鶏むね肉……約200g
    日本酒……大さじ1
    ・塩……少々
    ・片栗粉……適量
    ・油……適量
    ほうれん草……1/4わ
    ・三つ葉……少々
    七味唐辛子……お好み

    ・蕎麦つゆ(市販のもの)……約500cc
    ・蕎麦(乾麺)……140g

    作り方

    1.鶏むね肉を7cmほどのそぎ切りにし、日本酒をまわしがけ、全体になじませたら余分な日本酒を捨て、少々塩を振る

    2.ほうれん草を洗い、熱湯に塩を入れて茹で、水気を切ってから4cm長さに切る

    3.1.の鶏むね肉に片栗粉をまんべんなくまぶし、淡いきつね色になるまで焼くように揚げる

    4.鍋にたっぷりの湯を沸かし、蕎麦を入れ、最初は箸ですこしかき回し、蕎麦の茹で時間の少し前に1本取って食べ、芯がなければザルに上げ、冷水で洗ってぬめりを取り、熱湯でもう一度温めて丼に入れる

    5.温めた蕎麦つゆを丼にそそぎ、2.のほうれん草、3.の鶏天、三つ葉を添えたら出来上がり。お好みで七味唐辛子を添えてお召し上がりください

     アクセントとして、七味唐辛子のほか、冬の楽しみ黄色に色づいた柚子の皮を散らしても格別です。レシピは温かい蕎麦でご紹介しましたが、もりそばなどの冷たい蕎麦にも鶏天はよく合います。別の器に鶏天を盛りつけ、つけ汁に浸しながら、蕎麦と一緒にお楽しみください。

      


    (出典 news.nicovideo.jp)




    年末年始のお楽しみの1つに年越しそばがありますね! サクッと揚がったエビ天がぜいたくでおいしいです。でも家族分のエビ天スーパーなどで買うと結構高ついてしまうのが痛いところ…。それなら自分で手作りすれば安くできますよ。失敗したら…という心配は無用! サクッと真っすぐなかっこいいエビ天の作り方を丁寧に説明します。きっと家族からも「ママすご~い♪」の声があがるはず!

    エビが曲がっちゃう…サクッと衣が揚がらない!そんな心配を解消♪

    エビフライエビ天を作ると衣を付けたときは大丈夫でも、揚げるとくるんと曲がっちゃう…。という声も聞かれます。くるんと曲がったエビも可愛らしくておいしいのですが、今回は真っすぐなエビ天に挑戦してみませんか?

    真っすぐなエビ天を作るには、しっかりエビの筋を切断することです。エビの筋を切断しないと揚げている間に縮んでしまい曲がってしまうからです。

    そのためにはエビの下ごしらえにひと工夫! 作り方でも説明しますが、ちぎれちゃうかも?くらいにグイグイエビを伸ばしちゃうことがポイントなんです。エビに切れ込みが入ってちょっとガタガタになっても衣を付けて揚げればふっくらするので大丈夫です♪

    【材料】(3人分)
    エビ 6匹
    天ぷら粉 60g
    酒 大さじ1
    揚げ油 適量

    【作り方】
    1.エビは殻を剥いて背ワタを爪楊枝で取る。(背ワタがあるとジャリっとした食感が残る)

    2.エビのしっぽは斜めに切る。とがっている角のような部分は切り取る。

    3.エビの内側に斜めに4本ほど切れ目を入れたら、エビを上下に引っ張って筋を切る。

    エビを上下に引っ張った時に「ボキボキッ」と音がして筋が切れたことを確認してください。エビがちぎれなければ大丈夫なので結構思い切ってやってもいいです。筋が切れるとこのようにエビがだらんとして長くなります。

    4.天ぷら粉に指定の水、酒を入れて混ぜる。(酒を入れるとサクッと仕上がる)

    5.揚げ油を熱したら、衣を付けたエビを入れて揚げる。

    子どもと一緒に作るときのポイント

    年末にのんびりと子どもと料理するのもいいものです。今回紹介したエビ天ですが、子どものお手伝いポイントはこちらです!

    <エビの下ごしらえ>
    エビの殻を剥いてもらいましょう。慣れてくるとツルンと剥けるようになりますよ。背ワタも取ってもらいましょう。

    切れ目を入れたエビを渡して上下に引っ張ってもらいましょう。その時に「ちぎれてしまわないようにゆっくり引っ張ろうね」と声をかけるといいですよ。

    <衣作り>
    天ぷら粉、水、酒を入れたボウルを箸で混ぜてもらいましょう。混ぜすぎるとサクッと仕上がらないのである程度混ざったら子どもからボウルを受けとりましょう。

    <衣が余ったら…>
    今回の衣ですがエビ6匹を揚げ終わっても少し残ります。(あまり少ない衣だとエビにつけにくいのでこのくらいの量にしています)

    残った衣を捨てるのはもったいないので、他の具材もつけて揚げましょう。じゃがいもスティック状に切って揚げるとカリッとフライドポテトになり子どもにも人気があります。他にもピーマンキノコさつまいもなど自由に衣をつけて揚げましょう♪

    冷めてしまったエビ天をおいしく食べるには?

    せっかくカリッとおいしく揚がったエビ天。でも時間が経つと冷めて固くなってしまいます。もう一度おいしく食べるには、トースターでカリッと焼くのがおすすめです。焦げやすいので時間を調節しておこなってください。

    おそばにカリカリのエビ天を乗せると、カリッとしたエビ天とおだしに沈んで柔らかくなったエビ天2種類の食感が味わえておいしいです♪

    衣の油もおだしに混ざっておそばに旨みがプラスされますよ。プリプリっとした柔らかいエビの食感もたまりません! こんなおいしい年越しそばを食べれば良い年が迎えられること間違いなしですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    先日、ウェスティン都ホテル京都が新春に向けて発売すするステキな「新春スイーツボックス」を紹介しましたが、銀座コージーコーナーからもお正月の恒例となっている「スイーツ初め」限定スイーツが登場です。

    コージーコーナーの「スイーツ初め」限定スイーツは全5品。特にピックアップしたいのがこちらの、見た目もみんなで楽しめる「ケーキおせち」です。

    うりぼうや鏡餅をモチーフにしたケーキ、獅子舞の飾りを乗せたイチゴケーキなど、家族、友達と分け合って食べる時にどれを選ぶかまよっちゃいそうな可愛らしさ。「ケーキおせち」という言葉がぴったりな新春の雰囲気があふれたスイーツになっています。

    ケーキおせち」は9個入で¥2,200(+税)、12個入で¥2,800(+税)です。

    そしてこちらも彩り豊かな「迎春 8つのアソート」。味わいはラズベリーマロンショートチョコストロベリー、渋栗のショートいちごミルク、抹茶、チョコレート、レアチーズ可愛い飾り付けにも注目。

    「迎春 8つのアソート」は¥3,100(+税)。

    その他、「亥年のケーキ」「おみくじジャンボシュークリーム」など、「スイーツ初め」限定スイーツが5品ラインナップ。お正月、和食中心になってちょっと変化がほしい時には、コージーコーナーのスイーツでもいかがでしょうか?

    スイーツ初め」限定スイーツ12月31日2019年1月5日の期間で発売されます。

     

    銀座コージーコーナー



    (出典 news.nicovideo.jp)




     世の飲食店でシュウマイに出会うのは意外に困難であり、それが私の焼活(シュウカツ=シュウマイ活性化に向けた活動)の原点でありますが、いわゆる「中食」と呼ばれる調理済み惣菜や冷凍食品においては、シュウマイの存在は割とメジャーです。

     スーパーコンビニエンスストアに行くと、シュウマイがないことはほとんどありません。ただ、各社シュウマイに力を入れているかというと、餃子や小籠包春巻きなどの売り場の演出に比べれば、やはり見劣りする印象は否めません。中食、冷凍食品は家庭でのシュウマイ市場を広げる重要な役割を担うと私は考えています。

     その中食のなかで、一社だけシュウマイに対して別格の注力ぶりを発揮しているスーパーがあります。そのスーパーこそ、成城石井。数あるスーパーチェーンの中でも高品質志向の分類であり、海外食材なども豊富に扱うことでも知られていますが、自家製シュウマイに注力する姿勢が、顕著に見られます。

     まず、店内での存在感の大きさ。前出のとおり、売り場では餃子や春巻き小籠包などを中心に配置し、シュウマイは1商品ほどがひっそりと置いてあることがほとんどです。しかし、成城石井は惣菜コーナーの中でも、かなり注目度の高い場所に陳列しています。それこそ、ライバルである餃子や小籠包春巻きを見逃してしまうほどに。

     そして、種類の多様さ。成城石井の自家製シュウマイは、スタンダードである豚肉を使った「国産豚のジューシー焼売(小)」をはじめ、もうひとつのシュウマイの王道ともいえる「エビシュウマイ」にとどまらず、「長ネギタマネギの黒コショウシュウマイ」「鳥の甘辛味噌シュウマイ」、さらには「トマトバジルシュウマイ」(!)と、シュウマイ界全体を見回しても個性的と言える創作シュウマイが、毎日店頭に並んでいます(2018年11月、新宿店での確認)。これだけ種類があると、店内での存在感も更に増します。

    「国産豚のジューシー焼売(小)」599円
    「国産豚のジューシー焼売(小)」599円

     まさに多様性溢れるシュウマイを展開できるのも、基本のシュウマイがしっかりとしているからこそできるのだと、味わってみると改めてわかります

     同社が自家製シュウマイを手がけたのは、同社内にも明確な資料がないほど古く、同社広報曰く、30年以上前から取り扱っているとのことです。そして10年前、今に続く基本のシュウマイスタイルが確立したそうです。

     その基本といえる「国産豚のジューシー焼売(小)」は、豚肉中心に玉ねぎの入った、極めてオーソドックスな具材。肉感はみっちりしており、かみごたえも十分、豚肉をはじめとするさまざまな旨味がじわりと入り混じり、それでいてしつこくない絶妙なバランス。まさに万人がおいしいと感じる、満足感溢れる王道的なシュウマイを完成させているといえます。

     具材を詳しく見ると、フレッシュな生の国産豚を使用。化学調味料を使わず、干し貝柱や干し椎茸に加え、干しエビも入っています。玉ねぎに関しては、淡路島産を使用。結果、原価率は高くなるものの、10年を経てなお販売し続け、今では年間60万パック(1パックに12個入り)、同社オリジナル商品の中で常にベスト五の売り上げを達成しています。同社のシュウマイの愛は、着実にお客に伝わっている証です。

     まさにシュウマイの「土台」といえる基本がしっかりしていれば、それをベースにのせる具材を変えてバリエーションを増やす……と考えがちですが、「国産豚のジューシーシュウマイ」以外を味わうと、それぞれ使用する肉、野菜、調味料もかなり異なります。ひとつひとつのシュウマイごとに中身から研究し、個性的なシュウマイの味わいを作り上げている姿勢が伝わってきます。

    「国産鶏とねぎの甘辛味噌焼売」499円
    「国産鶏とねぎの甘辛味噌焼売」499

     そのシンボルといえるのが、「国産鶏とねぎの甘辛味噌焼売」と「トマトとモッツァレラチーズの鶏焼売」です。まさにオンリーワンといえる圧倒的な個性を誇るこの2種ですが、特筆すべきは、個性に負けない味わいの完成度の高さ。「国産鶏とねぎの甘辛味噌焼売」は、シュウマイひき肉と甘辛味噌の絶妙なコントラストを口の中で感じさせ、ピリリと効いた辛さが、従来のシュウマイにないインパクトを残します。

    「トマトとモッツァレラチーズの鶏焼売」499円
    トマトとモッツァレラチーズの鶏焼売」499

    トマトとモッツァレラチーズの鶏焼売」は、ちょっとシュウマイとしては合わないのでは……と訝りながら口に運ぶと、見事にトマトバジルチーズ、そしてシュウマイの土台が見事にマッチシュウマイそのものが個性を主張すぎない分、個性あるトマトバジルチーズの味わいを引き立て、それでいてシュウマイらしい食べ応えと余韻をしっかりと残ります。開発の方の努力に敬意を表するしかありません。

    「葱づくし深川葱と淡路島玉葱の黒胡椒焼売」499円
    「葱づくし深川葱と淡路島玉葱の黒胡椒焼売」499

     他の「葱づくし深川葱と淡路島玉葱の黒胡椒焼売」も、ネギと胡椒が和の風味をしっかりと打ち出しながら、シュウマイとしての満足感も残します。「国産鳥とねぎの甘辛味噌焼売」は、あっさりとした印象の強いシュウマイとは一線を画す、味噌のどっしりとした塩気が感じられる一品。和シュウマイの新たな可能性を感じさせます。

     基本も押さえつつ、これだけバラエティーに富んでいれば、老若男女何かしらのシュウマイが気に入り、手に取ってしまうことは十分に考えられます。白いご飯のお供もいいですが、「坦々」「トマトバジル」あたりをはじめ、お酒のお供としてもシュウマイは力を発揮しそうです。

    「国産豚」は、王道シュウマイらしくビールでいきたいところです。特に貝柱や干しエビの旨味もあるので、ビールの中でも香りのあるクラフドビールなどにも合いそう。「エビ」はわさび醤油とともに焼酎水割りなんかもいいのでは。「トマトバジル」もその名の通り、イタリアンな赤ワインなどいいのではないでしょうか。

     家庭の日常食に、家飲みの差し入れに、幅広く重宝しそうな成城石井のシュウマイたち。是非成城石井を訪れる際は、シュウマイ選択肢に入れておいてください。

    DATA

    成城石井

    店舗数:東北、関東、関西に165店舗(2018年12月時点)
    TEL:0120-141-565(お客様相談室)
    営:各店舗に準ずる
    休:各店舗に準ずる
    http://www.seijoishii.co.jp/
    12月30日1月2日の間「国産鶏の甘辛味噌焼売」、「葱づくし深谷葱淡路島玉葱の黒胡椒焼売」は販売を休止

      


    (出典 news.nicovideo.jp)




    ご飯を炊く前にちょっとひと手間加えることでとってもお手軽につくることができてしまう「炊き込みご飯」。具だくさんにすれば栄養満点でおかず要らずのごはんにもなる優れもの!
    また、具材や調味料アレンジすれば、和洋中とバリエーションも豊富でこれからの季節のおもてなしメニューにもバッチリ。缶詰や冷凍野菜などを利用すれば時短にもなり忙しい時にはとても助かる献立です。今回は、一品で家族みんなのお腹が大満足になる炊き込みご飯レシピをご紹介します。

    定番の五目炊き込みご飯をしっかりおさらい

    五目とは一般的にごぼうにんじんこんにゃく・干し椎茸・油揚げといわれています。ただし料理では、肉・魚・野菜などいろいろなものを複数取り合わせているものを表現するときに使われることが多いです。

    調味料の黄金比は水10:しょうゆ1 :酒1」

    米1合:だし汁150cc:しょうゆ 大さじ1:酒 大さじ1
    米2合:だし汁300cc:しょうゆ 大さじ2:酒 大さじ2
    米3合:だし汁450cc:しょうゆ 大さじ3:酒 大さじ3

    この割合を基本に、具材や好みによって配合やだし汁の味を調整しましょう。

    お米の準備・洗い米のすすめ

    米は研いだ後、30分以上吸水させます。冬場は1時間~2時間。この工程を省くと、米が出汁を十分に吸わず芯が残った状態で炊きあがり食感が悪くなります。お米は収穫後に保存がきくように乾燥させたものなので、研いだ後に十分に水を吸わせてから炊飯することで、ふっくら炊き上がります。

    吸水した米の水気をしっかりと切り保存袋に入れたら、冷蔵庫で2~3日の保存が可能です。時間がないときは水切りのざるのままラップをかけて冷蔵庫での保存もOK。忙しいときにはお米を研ぐ手間も省ける上に、ふっくらとおいしいごはんが炊けるので「洗い米」がおすすめです。

    鶏五目ごはんの作り方

    <材料>
    米 3合(研いで30分程度浸水させ水をしっかり切る)
    鶏肉 200g(さいの目にカット
    ごぼう 1/2本(ささがき)
    にんじん 1/3本(5mm角切り または 2cmせん切り)
    干し椎茸 3~4枚程度(水150ccで戻し2cm長さのせん切り)
    こんにゃく 1/2枚(5mm幅の短冊切り)
    油揚げ 1/2枚(5mm角切りまたは 2cmせん切り)
    ★顆粒だし 小さじ2
    しょうゆ 大さじ3
    ★酒 大さじ3
    ★干し椎茸の戻し汁 全て

    <作り方>

    1. 鶏肉はざるに入れ熱湯を回しかけ余分な脂と臭みを取り除く。
    2. 炊飯器に米を入れ、★印をすべて加えたら3合の目盛まで水を注ぎ軽くかき混ぜる。
    3. 鶏肉、野菜などすべての材料を米の上に広げ炊飯。(この時、材料と米は混ぜないこと)
    4. 炊き上がったらさっくりと混ぜ合わせて完成。

    おもてなしにも使えるごちそう炊き込みご飯レシピ

    タコと長芋ごはん

    <材料>
    米 2合(研いで30分程度浸水させ水をしっかり切る)
    蒸しタコ 250g(1cm幅に切る)
    長芋 150g(皮をむき厚さ5mmのいちょう切り)
    カットわかめ 乾燥の状態で大さじ1(水でもどしておく)
    ショウガ 2片(せん切り)
    青ネギ 適量(小口切り)
    ★顆粒だし 大さじ1/2
    しょうゆ 大さじ2
    みりん 大さじ1/2
    ★酒 大さじ2

    <作り方>

    1. 炊飯器に米と★印の調味料を入れたら2合の目盛まで水を加えさっと混ぜる。
    2. しょうが、蒸しタコ、長芋を米の上に広げ炊飯。
    3. 炊き上がったら、水で戻したカットわかめを加え混ぜ合わせたら完成。
    4. 好みで青ネギを散らす。

    土鍋でカキごはん

    <材料>
    米 2合(研いで30分程度浸水させ水をしっかり切る)
    カキ 150g(塩水で振り洗いして汚れをとる)
    三つ葉 適量(ざく切り)
    だし昆布 5cm
    水 400ml
    ★塩 小さじ1
    しょうゆ 大さじ1
    ★ナンプラー 小さじ1
    ★酒 1/2カップ

    <作り方>

    1. 水にだし昆布を入れ火にかける。沸騰直前で昆布を取り出し冷ましておく。
    2. 小さめの鍋に★印の調味料を入れ煮立てたらカキを加え、カキがぷっくりと膨らんだら火を止め器に上げる。
    3. 火からおろしたカキの煮汁に(1)の昆布だしを加え、400mlになるように計量する。
    4. 土鍋に米と煮汁を合わせただし汁を入れ、蓋をして火にかける。
    5. 強火で沸騰させた後、弱火で11分、最後に数秒強火にして火を止める。
    6. 10分蒸らしたら、カキを手早く加え再び4分蒸らし、最後に三つ葉を散らして1分蒸らしたら完成。

    丸ごとトマトごはん

    <材料>
    米 2合(研いで30分程度浸水させ水をしっかり切る)
    トマト 大きめ1個(ヘタをくり抜く)
    ベーコン 2枚(1cm幅に切る)
    オリーブオイル 小さじ1
    塩 小さじ1と1/2
    こしょう 少々
    コンソメ顆粒 小さじ1と1/2
    ★パルメザンチーズ 少々
    ★パセリ 少々

    <作り方>

    1. 炊飯器に研いだ米を入れ1.5合のラインまで水を入れる。
    2. (1)にトマトと★以外の材料をすべて入れ軽くかき混ぜる。
    3. 炊飯器の真ん中にトマトを置き炊飯。
    4. 炊き上がったらしゃもじトマトを崩しながらよく混ぜ完成。
    5. 好みでパルメザンチーズやパセリをかける。

    家にある缶詰を使った超時短レシピ

    ツナ缶と塩昆布で味付け不要の炊き込みご飯

    <材料>
    米 2合(研いで30分程度浸水させ水をしっかり切る)
    ツナ缶 1缶(油をきっておく)
    塩昆布 大さじ2
    にんじん 1/2本(2cmのせん切り)
    しめじ 1/2パック(石づきを落として小房に分ける)

    <作り方>

    1. 炊飯器に米を入れ、2合の目盛まで水を加える。
    2. 全ての材料を(1)に加え炊飯。
    3. 炊き上がったらよく混ぜ完成。

    ※味が薄いと感じたら、炊き上がったごはんにしょうゆや塩を加え混ぜ合わせる。

    サンマ蒲焼缶とショウガで甘辛炊き込みご飯

    <材料>
    米 2合(研いで30分程度浸水させ水をしっかり切る)
    サンマ蒲焼缶 1缶
    ショウガ 2片(せん切り)
    しょうゆ 小さじ1
    ★酒 大さじ1

    <作り方>

    1. 炊飯器に米とサンマ蒲焼缶の汁を入れ、2合の目盛まで水を加える。
    2. 缶詰の中身とショウガを米の上に広げ炊飯。
    3. 炊き上がったらよく混ぜ完成。

    サバ水煮缶とカレー粉でカレーピラフ風

    <材料>
    米 2合(研いで30分程度浸水させ水をしっかり切る)
    サバ水煮缶 1缶(水気をしっかり切っておく)
    たまねぎ 1/2個(みじん切り)
    人参 4/1本(みじん切り)
    青ネギ 適量(小口切り)
    ケチャップ 大さじ1
    ソース 大さじ1
    しょうゆ 大さじ1
    ★酒 大さじ2
    カレー粉 大さじ1

    <作り方>

    1. 炊飯器に米を入れ★印の調味料を入れたら2合の目盛まで水を加える。
    2. 青ネギ以外の材料を米の上に広げ炊飯。
    3. 炊き上がったらよく混ぜ合わせて完成。
    4. お好みで青ネギを散らす。


    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ