寒さが厳しい冬も少しずつ温かくなると、春野菜の美味しい季節がやってきますよ!

 春野菜といえば、まず思いつくのが、3月から5月に旬を迎える「春キャベツ」。冬キャベツは巻きがしっかりして硬くて厚いのですが、春キャベツの巻きは緩くて葉もやわらかいのが特徴。そして、瑞々しく甘いので、サラダなど生食にもぴったりです。

 また、通常の玉ねぎは収穫後1カ月ほど乾燥させて長期保存ができるようにして出荷をしますが、「新玉ねぎ」は秋に種を植えて春に早穫りしたものを、収穫後すぐに出荷します。そのため、新玉ねぎは皮が薄くて辛味が少ないのが特徴。春キャベツ同様、瑞々しさがあるので、スライスしてサラダにするのがオススメですよ。

「新じゃがいも」も、春に早穫りをして収穫後すぐに出荷をしたもの。皮が薄くて水分が多いため、よく洗って皮つきのまま煮物にしたり、皮ごと茹でてバターで食べたりするのが美味しいです。

 季節の変わり目は、寒暖差や花粉症などで体調を崩しやすいです。なので、野菜を積極的に食べて体調を整え、晴れやかな気分で春を迎えたいですね。



(出典 news.nicovideo.jp)