簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2019年07月



    国内外のこだわりの食品が数多く揃うスーパー成城石井」。人気の商品は数多くありますが、その中でも「上半期にヒットした商品」というのは気になりますよね。

    今回東京バーゲンマニア編集部では、「上半期のヒット商品」トップ5に加え、各商品のポイントやおすすめの食べ方などもバイヤーさんに教えてもらいました

    お店に訪れた際にはチェックしてみて。

    まずは第5位~2位

    まずは第5位から第2位までを発表していきたいと思います。

    ■第5位 CHABAA 100%ジュース ウォータメロン 180ml(129円)


    昨今話題のスイカジュースが成城石井でもヒット中。タイ産のストレートスイカ果汁にレモン果汁を加え、飲みやすくさっぱりとした味わいに仕上がっています。香料・着色料は不使用で、スイカのみずみずしさが楽しめます。

    「これからの暑い時期に、しっかりと冷やして飲むのがお勧めです。(乳日配(※)/田中バイヤー)」

    (※)比較的賞味期限が短いものや冷蔵・冷凍を要するもの。牛乳・乳製品、チルド飲料、豆腐、納豆、漬物、練り物、生麺、卵など

    ■第4位 CH ラ ヴェリエール ルージュ 750ml(1390円)


    「CH ラ ヴェリエール ルージュ」は、凝縮感のある果実風味とほどよい渋味が絶妙なバランスでまとまった、まさにボルドワインの王道といえる味わいが魅力です。

    2019年1月「EPA発行」後の関税優遇により、より求め安い価格(300円の値下げ)での提供が可能となったことから、昨年同期比で909.4%と大幅に売れ数をグンと伸ばしました。日欧EPAが発効後2か月間(2月~3月)の実績では、約5万本販売しているそうです。

    「果実味と酸とのバランスが良いので、ついついグラスが進んでしまうワインです。お肉を使った家庭料理全般と相性◎(酒販/星野バイヤー)」

    ちなみに成城石井では7月からインポートフェアを開催。EPAやTPP発行後の関税優遇を受けられる商品を値下げ。より買い求めやすくなった商品が続々と登場します。

    ワインジュースオイルパスタソースチーズ生ハムクッキー、パンなどをお得に買うことができるので、これらも要チェックです。

    ■第3位 成城石井 2種のトリュフ香るミックスナッツ 90g (600円)



    今年1月に発売され、テレビでも紹介されて一時期品薄にもなった人気商品です。

    アーモンドクルミ、マカダミア、ピスタチオの4種類のナッツミックスイタリア産黒トリュフ入りゲランドの塩と、イタリア産白トリュフオイルを使用することで、2種類のトリュフの香りが重なり、風味豊かなミックスナッツに仕上がっています。中でもピスタチオトリュフの風味との相性が抜群で、4種類の中でも存在感は抜群です。

    ナッツの種類も厳選している為、トリュフの風味、ナッツの風味、両方をしっかり味わって頂ける商品です。(菓子/緑川バイヤー)」

    ■第2位 成城石井自家製 具だくさん海老パッタイ(599円)


    電子レンジで6分半チンするだけで仕上げ調理ができるシリーズの中のヒット商品。本格エスニック料理が楽しめるとSNSなどでも話題となり、毎日全店で1200個以上売れているのだそう。

    「パッタイ」とはタイ風の焼きそばでお米を使った麺の料理。具材はエビやいため卵、ニラ、厚揚げたくあんなど。仕上げのレモンも入っていて具だくさんで食べ応えもあります。

    味付けには甘すっぱいエスニックチリソースに加え、梅肉や純米酢も入っています。そのため、日本人の舌にも合うようなアレンジになっています。

    SNSでも、

    「こんなに美味しいタイ料理が気軽に食べれるのは嬉しい」「なかなか美味であった」「本当に具沢山で美味しい!」

    と好評です。

    「仕上げのレモンを絞ればさらに爽やかな酸味が広がる味の変化も楽しめます。(惣菜/渡邉バイヤー)」

    1位は最優秀賞受賞の実力派スイーツ

    ●第1位 成城石井自家製 くるみづくしのほうじ茶ムースの和パルフェ(399円)


    1位は、一般社団法人全国スーパーマーケット協会主催の「お弁当・お惣菜大賞2019」において、全国各社5万3285件におよぶエントリーの中から、見事スイーツ部門の最優秀賞を受賞した実力派スイーツです。

    「惣菜大賞受賞」報道後は、約340%(2018年10月12月の3か月間の対比)と大幅に売上を伸ばしました。お弁当・お惣菜大賞2019のスイーツ部門で最優秀賞を受賞した後の2019年1月~3月の実績で約16万個販売した大ヒット商品です。

    「なめらかなほうじ茶ムースの上にくるみ羽二重餅、つぶ餡、くるみ、黒豆をトッピングした名前のとおり"くるみづくし"の逸品です。 くるみ羽二重餅は、くるみの風味を存分にお楽しみいただけるようにと、約1時間かけて練り上げた自家製の羽二重餅に、くるみウダーを練りこんだ餡を包んでいます。さらに、上からくるみウダーきな粉を混ぜ合わせたオリジナルくるみきな粉ウダーを振りかけることで、通常のきな粉よりも香ばしい仕上がりになっています(惣菜/渡邉バイヤー)」

    いかがでしたか? まだ食べたことがないという人は、この機会に手に取ってみて。

    ※表示価格は全て税別



    (出典 news.nicovideo.jp)




    本格的なお店の味を楽しめる“テイクアウト”。料理の支度をする手間が省けて、時間のない現代人にとっては大助かりです。また近ごろはさまざまなお店で「お持ち帰りシステムが導入されたため、幅広いテイストの料理が自宅で味わえることに。この記事では続々と増え続けるテイクアウト商品をターゲットにして、皆さまにご紹介していきます。

     

    【関連記事】
    ダブチ好きに朗報!「やきにくソースがグッとくるベーコンダブチ(ヤグチ)」がマクドナルドに登場

     

    【テイクアウトめし】「ツナチェダーチーズ」(ドトール)

    直火焙煎にこだわったコーヒーを楽しめる「ドトール」は、フードメニューにも様々なバリエーションがあります。そこで今回は、340円で販売されている「ツナチェダーチーズ」をテイクアウト。ツナがチーズのコクを引き立てているホットサンドです。

     

     

    手に持ってみると、ずっしりとした重みがある同商品。ホットサンドは、食べやすいように半分にカットされています。サンドの断面から顔をのぞかせているのは、ぎっしりとつまったツナ。早速ひと口味見してみましょう。

     

    チェダーチーズと絡み合ったツナはまろやかな舌ざわり。塩気の強いチーズとツナはパンとの相性もよく、お惣菜のような食べごたえでした。ボリュームもしっかりあるホットサンドなので、ランチチョイスしてもお腹の満足感は十分。

     

     

    ツナとチーズの組み合わせは人気を集めており、「噛むたびにツナの旨味が染み出して最高」「まろやかなチーズの口当たりはあつあつのパンにピッタリ」といった声が続出。ドトールに立ち寄った際は、濃厚な味わいが楽しめる「ツナチェダーチーズ」をテイクアウトしてみては?


    ツナ×チェダーチーズの濃厚な味が大人気! ドトール「ツナチェダーチーズ」


    (出典 news.nicovideo.jp)





    今年も「日焼け止め」が活躍する季節がやってきました。

    東京バーゲンマニア編集部でも新作の日焼け止めをチェックしていたところ、ひとつ気になる情報が......。

    それがチョコレートなどに含まれるカカオポリフェノールが紫外線対策にもいい」というもの。

    カカオポリフェノールといえば美肌効果は有名でしたが、紫外線対策にも有効となるとこれは【朗報】です。

    そこで、美容皮膚科医の先生にコトの真相を聞いてきました。

    インナーケア何を摂ればいい?

    今回教えてくれたのは、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生です。

    最初に「より効果的な紫外線対策には、アウターケアとインナーケアの2本立て」と、先生は話します。

    「アウターケアでもっとも重要なことは、太陽光から肌を守るために日焼け止めを塗ることです。でも、日焼け止めだけで十分な紫外線対策効果を出すことは、実は簡単ではないんです。日焼け止めをサッと塗っただけでは、製品に表示される防御効果は得られないので、日焼け止めは2度塗りが基本
    たとえばメイクをする人なら、日焼け止めを塗ったうえで化粧をし、ミルフィーユのように重ね塗りましょう。また、汗をかく場合や、外にいる時間が長い時は、2~3時間ごとに日焼け止めを塗り直すことが必要です。さらに日焼け止めだけでは防ぎきれない近赤外線は、帽子や日傘での対策を忘れずにしてください」


    塗りなおしが大切なのはよく聞きますよね。もうひとつのインナーケアとは何でしょうか?

    「インナーケアは、抗酸化作用のある食品を摂ることでカラダの内側から紫外線対策をしようというものです。アウターケアだけでは守りきれない紫外線の影響に対して、酸化ストレスを体内から消去し、カラダの内側から紫外線に対する防御力を高めます。肌を赤くなりにくくするだけでなく、シミ、シワ、たるみ、皮膚ガンなど、光老化を防ぐためにも大切です」

    具体的に何を食べればいいですか?

    「インナーケアにお勧めの食品は、抗酸化作用が高い成分を豊富に含んでいる食品です。ビタミンであれば、抗酸化ビタミンといわれているビタミンA・C・E(エース)が多く含まれた食材がいいでしょう。ビタミンAが豊富に含まれていて価格的にも手ごろな鶏や豚のレバービタミンE含有量の多いナッツや卵がおすすめです。
    また、ビタミンCはコラーゲンの合成に必須ですし、高い抗酸化作用をもつとされる成分としてポリフェノールも欠かせません。トマトパプリカブロッコリーブルーベリーブドウといったカラフルで色の濃い野菜や果物の色素、お茶高カカオチョコレートなどの苦み成分に多く含まれているので、積極的にとりたい食材です」

    ということは、インナーケアにカカオがいいというのは本当なんですね。

    「そうですね。根拠としては、高カカオポリフェノールの連続3か月摂取で、皮膚の弾力が高まり、6か月摂取によって『最小紅斑量』=「B波紫外線が照射されて微かな赤みが出現するまでの時間(分)」が長くなり、紫外線への防御力が高まるという報告があります。
    また、6か月後には皮膚のキメが整うという結果も出ているので、紫外線による皮膚中のコラーゲンの断裂や分解が抑制される可能性が示唆されます。
    別の研究では、12週間の摂取で、水分量・バリア機能、皮膚の厚み、血流量が改善し、紫外線防御効果が高まったという報告もあります。
    さらに、別の研究では、たった1回の摂取で皮膚の血流が上昇し、酸素飽和度が上昇しているという結果も出ていることから、クマやくすみの改善の可能性も示唆されます。
    以上のように複数の研究結果から、食べる紫外線対策効果や美肌効果が期待できると考えられます」

    具体的にどんなチョコレートをどう摂ればいいですか?


    「論文によると、カカオポリフェノールとして、320~460mg毎日摂取することで、紫外線防御効果が確認されました。70%以上の高カカオポリフェノール含有チョコレートを、1日25g程度。さらに高含有のものなら必要枚数は少し減ります。食品によるインナーケアの場合、効果は1~2日間しか持続しないので、基本的に毎日食べることが必要です」

    うれしい効果は多いと思いますが、やはり太りやすいとかニキビができやすいとか、気になることはあります。摂取にあたって気を付けるべきことはなんでしょうか?

    「高カカオポリフェノールをうたう商品の場合、糖質と脂質が少ないので、太りやすさに関してはあまり気にする必要はないと思います。高カカオポリフェノール含有チョコレートを1日25g を4週間続けて摂取しても、体重やBMIに変化はなかったという研究報告もあります。摂取カロリー5枚で140kcal程度ですので、普段のおやつを置き換えれば良いと思います。
    ニキビに関しては、もともと重症なニキビ肌の男性では悪化するという報告がありますが、女性に関してはあまり影響しないので、研究によるばらつきがあります。
    実際に2週間ほど食べた時にニキビが明らかに増える実感がある方以外では気にする必要がありません」

    先生、ありがとうございました

    美容やダイエットのために大好きなチョコは我慢しがちでしたが、ポリフェノールの多い高カカオチョコであれば紫外線対策効果が期待でき、かつ肌にも良いというのはうれしい情報でした。

    チョコ好きの皆さんは参考にしてみて。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ