簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2019年09月


    どちらも「辛い」とか「ピリっとする」と表現されるかもしれませんが、その感覚が生まれる仕組みはそれぞれ異なります。この2つの辛さはどう違うのでしょうか?

    唐辛子とわさびは「辛味成分」が違う

    カプサイシンという名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。

    カプサイシンは、ハラペーニョやチリソース、チリパウダー、その他の唐辛子由来の食品や香辛料に含まれる、親油性の化学物質です。

    それに対して、わさびからしホースラディッシュ(西洋わさび)には、アリルイソチオシアネートと呼ばれる別の化学物質が含まれています。

    (ちなみにこれは、化学兵器のひとつマスタードガスに使われる化学物質とは無関係です。マスタードガスは、「マスタードからし)」という名前が使われていますが、からしの成分は入っていません。

    不純物を含む状態ではマスタードに似た臭いがするとされるところからついた名前です。)

    「痛み」に変換するアプローチも違う

    カプサイシンとアリルイソチオシアネートは、同じような方法で痛み(辛さ)の感覚を引き起こします。

    どちらも、口や鼻にある受容体に結合するのです。こうした受容体は、痛みを伴う刺激を受けた際、脳に警告を発するために存在しています。

    その結果、あなたの舌は実際には傷ついていませんが、傷ついているかのような信号を脳が受けとります。

    2つの化学物質が主に標的とする受容体はそれぞれ異なります。

    カプサイシンは、にも反応する受容体「TRPV1」を刺激します。それに対して、アリルイソチオシアネートが結合する受容体「TRPA1」は、ほかにもさまざまな化学性刺激物に反応します。

    つまり、両者は少し違った方法で脳をだましているというわけです。

    唐辛子は長く、わさびは一瞬

    2つの化学物質のもたらす感覚が異なる理由はほかにもあります。

    カプサイシンは、舌にとどまりやすい親油性分子であるため、唐辛子の辛さは長く舌に残りやすいのです。洗い流すには、ヨーグルトや牛乳といった脂肪分を含む食品が向いています。

    それに対して、アリルイソチオシアネートは揮発性が高く、口から鼻へツンと抜けやすいのです。

    これには良い点もあります。受容体を刺激したあとは、ふわりと消え去ってくれるので、わさびの辛さは後に残りません

                 


    (出典 news.nicovideo.jp)




     今回はふきのとうについて書いていきます。

      

    ふきのとうの栄養・効果


    ビタミンE
    ふきのとうには、ビタミンEが多く含まれています。ビタミンEには強い抗酸化作用があるため、細胞の老化防止に作用し、アンチエイジングに効果があります。また、血行を促進して冷え性を改善したり、血液中のLDLコレステロールを抑制したりするなど、その働きは実に多数。その他にも、ホルモンバランスを整えて更年期障害や自律神経失調症を予防する効能もあります。

    ビタミンK
    ふきのとうは、ビタミンKも豊富に含まれています。ビタミンKは、正常な止血を促すビタミンです。また、カルシウムが骨に沈着することを促すので、丈夫な骨作りや骨粗鬆症の予防にも効果的です。出産予定があったり、骨粗鬆症になりやすかったりする女性には必須の栄養なので積極的に摂取するようにしましょう。

    カリウム
    カリウムは、過剰なナトリウムを排出することで、細胞内外の水分量や浸透圧を調節することが大きな役割です。体内の余分な水分を排出する効果があるため、むくみの改善が期待できます。また、筋肉の収縮を正常化させる効能もあります。

    ・銅
    ふきのとうには、銅もたっぷり含まれています。銅は体内で約10種類の酵素の材料になり、栄養の代謝を促します。また、鉄分の利用をサポートすることでの造血作用による貧血予防や、骨や皮膚、血管壁の健康を維持する効能があります。

    食物繊維
    ふきのとうを食べることで、食物繊維もたくさん摂ることができます。食物繊維は、満腹感を得られることでダイエットに効果があります。さらに血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあるため、糖尿病の予防・改善などにも効果があります。腸のぜん動を促して便秘解消にも役立つなど、食物繊維にはさまざまな働きがあります。



     体にいい栄養成分がたくさん含まれているため、ふきのとうが好きな方は、これまで以上にたくさん食べようという気持ちになったかもしれません。ですが、ふきのとうは食べ方や食べる量を間違えると危険もあるので注意が必要です!

    アク抜きが必須
    実は、ふきのとうにはペタシテニン(別名フキノトキシン)という肝毒性の強い成分が含まれています。そのため、食べる際にはアク抜きが必要です。

    大量に食べるのはNG
    少量なら問題ありませんが、大量に食べると肝癌を引き起こす可能性がある。

    大量の目安は1日約350g以上と言われている。1度に約350gもの山菜を食べるのはかなり大変であり、また季節ものであるため、体に大きな被害が出るほど食べることはないと思いますが、食べる際は量に注意しましょう。

    根っこはNG
    根っこは毒性が強いため、食べるのは控えましょう。

    山菜の品種間違い要注意
    ふきのとうと同時期に芽を出す山菜に、フクジュソウというものがありますが、この芽は有毒であるため、山菜を自分で取りに行く際は、間違って取らないように気をつけましょう。 

    ふきのとうの驚くべき効果効能


    (出典 news.nicovideo.jp)




    腸活食で腸の元気を取り戻す

    肌荒れ、肌のくすみ、便秘、肥満、免疫力の低下など、腸の不調はあらゆる体調不良の原因に。そのため、腸の健康を維持する生活を心がけることはとても大切です。

    腸の環境を良好に保つための基本は、腸内の「善玉菌」を増やすことです。腸がその機能を100%発揮するには、腸内環境を整える役割をもつ善玉菌の存在が不可欠だからです。実際、腸の不調に悩む人のほぼ全員が善玉菌よりも悪玉菌の比率が高い傾向にあるということは医学的データでもあきらかになっているのです。

    また、善玉菌が少ない人の腸は、ちょっと無理をしたり、ストレスを感じると、下痢や便秘になりやすいこともわかっています。

    日頃から腸の不調に悩む人におすすめなのは、腸活食品。とくに、善玉菌を腸に直接届けることができる発酵食品はマストフードです。それにプラスして、食物繊維や、オリゴ糖、オレイン酸をとれば完璧!これで、善玉菌は増え、腸の元気をキープできますよ♪

    腸の不調を感じたらこれを食べて!

    レイン
    【一押し食品】
    アボカドアーモンド

    便を柔らかくする働きをもちます。ナッツ類に多く含まれる。アボカドアーモンド食物繊維も同時に摂れる優れものです。

    オリゴ糖
    【一押し食品】
    大豆製品、バナナ、玉ネギ、ネギ、ゴボウアスパラガスヤーコンハチミツ

    善玉菌のエサとなる糖。善玉菌を増やし、活性化してくれます。とくに、バナナにはオリゴ糖がたっぷり含まれているのでおすすめ。

    食物繊維
    【一押し食品】
    野菜、果物、豆、イモ、海藻、雑穀

    便の量を増やし、水分を含んで膨らむことで腸壁を刺激して便秘の改善をサポート。善玉菌のエサにもなる腸内環境整備には必須の栄養成分です。

    発酵食品
    【一押し食品】
    納豆ぬか漬けキムチヨーグルト

    善玉菌を腸に直接届けることで腸内環境を整える。腸活の基本となる食品です。毎食食べる習慣をつければ、腸内環境は比較的短期間でも改善されます。


     
    その肌荒れ、くすみの原因は腸内環境の乱れかも…


    (出典 news.nicovideo.jp)




    ダイエットといえば、糖質制限ダイエットに取り組む人も多いのではないでしょうか。ご飯やパン、麺類など糖質を多く含む食材を減らすことで、ダイエットする方法です。さつまいもなどのイモ類も糖質を含むため、食べることを制限しがちですが、食物繊維ビタミンCも豊富で、ダイエットや美容に役立つ食材です。

    炭水化物は適度にとる

    低糖質ダイエットが注目され、ご飯やイモ類などを控えて食事を取る人も多くなっています。しかし、炭水化物食物繊維が含まれています。食物繊維は、便秘や生活習慣病の予防にも役立ち、健康な体づくりには、欠かせない栄養素です。しかし、日本人食物繊維の摂取量が少ないといわれており、それはお米、麦、イモ類などの炭水化物の摂取量が減っていることで、食物繊維の摂取量が減っているのではないかと関連があると考えられています。

    食物繊維が不足すると、腸内環境が悪化してしまいます。悪玉菌と呼ばれる、体に悪影響を与えるとされる菌が増え、体脂肪が増えることで、脂肪肝、糖尿病高血圧などの生活習慣病にもつながってしまいます。ダイエットにもよくありません。適度に炭水化物を摂り、食物繊維を摂ることが健康的なダイエットへの近道になります。
    さつまいもに含まれるレジスタントスター

    炭水化物に含まれる食物繊維だけではなく、糖質の中には食物繊維と同じ働きをする成分の「レジスタントスターチ」があることがわかっています。レジスタントスターチとは、でんぷんであるのに消化されずに、食物繊維と同じ働きをする糖質のことです。

    さつまいもを食べると、胃を通って小腸へ送られ、糖質やその他の栄養分は吸収されていきます。消化されずに残ったレジスタントスターチと食物繊維は、大腸に送られて、少しずつ食べかすなどを巻き込んで便を作り、体の外に排出されます。

    そのため、血糖値の上昇を抑える働きや、便通の改善が期待できます。食物繊維と同じように、ほとんど消化されずに腸内を移動していくため、消化が緩やかになり、血糖値の急上昇を予防してくれるのです。また、便通を整え、便秘解消効果も期待できます。そのほか、レジスタントスターチを含む食品には、肥満を防止し、内臓脂肪の増加を抑制する効果も期待できるといわれています。ダイエットしたい人にとってもおすすめの食材なのです。

    蒸したさつま芋100gには30gの糖質が含まれていますが、この糖質のおよそ10%がレジスタントスターチといわれています。その他、インゲン豆、トウモロコシ、大麦、白米、全粒紛、パスタじゃがいもなどの食材にも含まれています。レジスタントスターチの働きは、不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の両方の特徴を持っているといわれ、便通の改善に役立ちます。
    レジスタントスターチを効率よく食べるには

    レジスタントスターチは加熱すると大きく減り、冷めると増える性質があります。レジスタントスターチを含む食材を冷たい状態で食べると、腸内細菌のエサとなり、効果が期待できるのです。今回は、冷たくてもおいしい簡単さつまいもスイーツをご紹介してみましょう。

    自然な甘さのスイートポテト
    <材料>2人分
    さつまいも     300g
    砂糖        15g
    バター       10g
    牛乳        80ml
    卵黄        1個分

    <作り方>
    1:さつまいもは皮をむき、1.5cm幅に切り、水にさらす。
    2:1を鍋にいれ、水を入れて茹で、火が通ったら水気をきり、温かいうちに裏ごしする。
    3:鍋に2を戻して、砂糖、バター、牛乳を加えて火にかけ、混ぜながら水分をとばし、火からおろす。半量の卵黄を加え、混ぜる。
    4:3を8等分して、楕円形にしてのせ、卵黄を塗り、グリルトースターで焼き色がつくまで焼いたらできあがり。

    ポイント
    さつまいもがもつ甘さがあるため、砂糖はなるべく減らして作ります。冷やしてもおいしく食べられるスイーツです。甘いものが食べたくなったら、食物繊維が摂れ、レジスタントスターチを含むサツマイモを取り入れて、おいしく、続けられるダイエットをしましょう。
     
              



    (出典 news.nicovideo.jp)





    ファミリーマートの大人気スイーツスフレプリン」、食べたことありますか?

    2018年11月の発売以降、大好評となり、2019年7月にはシリーズ全体で累計販売個数1000万個を突破した大人気商品です。

    その「スフレプリンシリーズに、ついに新作が登場しました!

    「無意識に食べ切っていた」

    (画像は公式サイトより)

    その商品が、9月17日発売の「スフレプリン ティラミスカフェ」。

    マスカルポーネチーズを使ったスフレが珈琲プリンの上にまるごと1個のっています。

    SNSでも既に話題になっていて、

    ファミマスフレプリンティラミスとても美味しい!」
    ティラミスのは結構いけた」
    「無意識に買ってしまい無意識に食べ切っていた」

    など、好評の声が集まっています。

    ただこの商品、関西以西のファミリーマート限定発売とのことで、買える人は限られてきそうですが、西日本在住の人はもちろん、旅行や出張先で見かけたら試してみて。

    価格は、278円。

    ※9月時点の税込価格。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ