簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2019年09月


    チーズ好き、デザート好きなら黙っていられない一品が新発売だ。「欲しいときに欲しい分だけ食べられる、罪悪感のない、女性の味方スイーツ」として人気の「チーズデザートシリーズから、季節限定の新フレーバーが発売された。チーズデザート 青森県産シャキシャキふじりんご6P』は、歯ごたえの良い青森県産ふじりんごの果汁・果肉を贅沢に使い、深い甘味とシャキシャキの歯ごたえが楽しめるチーズデザートだと言う。


     

    糖質を控えている方に朗報!チーズとりんごフレーバーのチーズデザート


    チーズデザート 青森県産シャキシャキふじりんご6P』(6P入り90g・税抜き希望小売価格300円・2019年9月1日2020年2月末日の季節限定で発売中)は、六甲バター株式会社兵庫県神戸市が季節限定で発売する「Q・B・Bブランドの「Q・B・Bチーズデザート6P」シリーズだ。

     

    季節限定で新発売

     

    「Q・B・B」と言えば、世界で最初のスティックチーズや日本で最初の個包装のスライスチーズを発売した老舗ブランドオーストラリアニュージーランド北海道等厳選された原料チーズを使用し、ベビーチーズはNO.1シェアを誇る。(2018年年間(1月~12月)インテージSCI調べ)

    「Q・B・Bチーズデザート6P」シリーズは、厳選されたクリームチーズベースに、ラムレーズンバニラナッツベリー等のスイーツに適した素材を配合し、専門店のスイーツに引けを取らない本格派スイーツを目指している。

     

     

    1ピース15gでなんと39kcal!ちょっと口さみしい時やデザートが欲しい時等、”欲しいときに欲しい分だけ”、”罪悪感の無い女性の味方”のスイーツとしてチーズ好き、スイーツ好きの人に支持されている。

     

    食べたいだけ出せる個別包装が嬉しい

     

    この秋(9月1日より)新発売された『チーズデザート 青森県産シャキシャキふじりんご6P』は、深い甘味と濃厚な香りが特徴の青森県産のふじりんごの果汁と果肉を贅沢に配合している。更に、角切りりんごを散りばめる事で歯ごたえの良さをプラスした、贅沢な味わいのチーズデザートだと言う。

    ふじりんごは、濃厚で爽やかな風味とみずみずしい歯ごたえが特徴で、人気の品種だ。これは期待が高まる。

     

     

    これはまるでりんごのレアチーズケーキ!『チーズデザート 青森県産シャキシャキふじりんご6P』

    さて、シャキシャキのふじリンゴの食感とチーズの相性はいかに!?

     

     

    開封してみると、フレッシュなりんごの香りがした。持ち上げてみると、通常の6Pチーズよりも柔らかい。見た目にも、りんごが入っている様子が確認出来る。

     

     

    食べてみると、りんごチーズの上品な酸味が爽やかに口に広がる。レアチーズケーキのように舌で潰せる柔らかさだ。そしてりんごは本当にシャキシャキとした歯ざわりで、フレッシュな香りが楽しめる。これはまさにデザート

     

    りんごの香りが紅茶に合う

     

    ケーキタルトは甘すぎるからちょっと…という人や、糖質は控えている人にもオススメだ。酸味が爽やかなので、食べ飽きずペロリといける。また、りんごの歯ごたえが、満足感にもなる。

     

    お皿に移してはちみつを少量垂らしてみたら、デザート感が増したので試してみて!

     

    何より1P39kcalと言うローカロリー! これは確かに本格デザート気分を味わえるのに、罪悪感の無いスイーツと言えるだろう。

     

    チーズデザート 青森県産シャキシャキふじりんご6P』は、全国のスーパー等取り扱い店舗にて販売している。詳しくは公式ページから!

    本格的なチーズのスイーツ!季節限定のフレーバー『Q・B・Bチーズデザート 青森県産シャキシャキふじりんご6P』が新発売!


    (出典 news.nicovideo.jp)




    目前に迫る消費増税。10月1日に、消費税がいよいよ10%の大台に乗るわけだが、今回は飲食料品(酒税法に規定する酒類を除く)に対し、2%の軽減税率が導入される。この軽減税率は店内やフードコートでの飲食などの「外食」には適用されないが、テイクアウトなどのいわゆる「中食」には適用となるため、飲食店各社が対策に乗り出している。

    そうした中、和食チェーン大戸屋ごはん処」(以下、大戸屋)を展開する大戸屋ホールディングス9月18日、店内&持ち帰り商品の新メニュー発表会を開催し、10月からの方針を打ち出した。コスト高の影響を受け、2019年4月には値上げに踏み切った大戸屋だが、その後は客足が伸び悩み、苦戦を強いられている。今回の軽減税率対策は同社にとって、浮上のきっかけとなるのか。そんなことを思いながら発表会に参加してきた。

    ○あの人気ランチが早くもカムバック

    大戸屋が発表した新メニューは、定食9品、お弁当7品、惣菜6品の計22種類。新たに加わる定食メニューは税込み価格で800円台のメニューが5品と、比較的リーズナブルな価格帯が中心となった。そして、最大のサプライズとなったのが「大戸屋ランチ」の復活だ。

    大戸屋ランチは多くのファンから支持を集めていたかつての人気商品。今年4月のグランドメニュー改定で姿を消した際には、同社の客数減に直接的な影響を与えた。このランチのカムバックファンにとって朗報といえるだろう。販売価格の790円(以下、価格は全て税込み)も、消費増税後の価格であることを考えれば魅力的に映るはずだ。

    また、大戸屋の代名詞でもある焼き魚を使った定食のうち、4品については値下げを断行する。例えば、「鯵の炭火焼き定食」は1,000円から990円に変更する。「チキン味噌カツ煮定食」や「もろみチキンの炭火焼き定食」など、定番の4品目については増税後も値段を据え置くとのことだ。

    客数減で苦戦していた大戸屋だが、持ち帰りメニューはこのところ、好調に推移していたという。店舗によっては、売上高で前年比120%増を記録することもあったそうだ。軽減税率が適用となる持ち帰りメニューは消費増税後、さらなる需要の高まりが見込まれる。そういった事情を踏まえ、大戸屋では弁当と惣菜のメニューに13品を追加し、計33種類に拡充する。

    店内調理とできたての提供にこだわる大戸屋らしく、「炭火焼き鶏の親子丼弁当」と「四元豚のロースかつ丼弁当」に使用する容器は、汁がこぼれにくいものを新たに開発。持ち帰った後でも、できたての味を楽しめるような工夫を施した。

    これまでの値上げ路線から値下げ路線に転換し、勝負に出た印象の大戸屋。その意図について山本社長は、「(消費増税に伴う軽減税率の導入は)基本的に、チャンスではなくピンチ」であるとし、次のような考えを示した。

    「増税前から、お客様は価格に対してシビアになっていると感じています。増税後も、価値のあるものは購入していただけると思いますが、今後は、『使う時』と『抑える時』の幅の中で、選択されるようになるとおもいます」

    軽減税率が適用になるとはいえ、消費増税を前にした消費者は、外食に費やすコストに対してシビアな考え方を持ち始めている。これが山本社長の分析だ。

    そんな状況を踏まえ、大戸屋は「大戸屋ランチ」と「五穀のおこげと野菜の塩出汁ぞうすい」の2種類の700円台メニューを用意し、低価格帯商品を充実させた。さらには、単なる値下げで来客を促すだけではなく、提供する商品の価格帯を広げることで、ユーザーに多様な選択肢を提供する。大戸屋は、顧客によって異なるニーズに対応し、消費増税を乗り越えていく考えだ。

     



    (出典 news.nicovideo.jp)




    2019年9月29日は天秤座の新月

    新たな時代の風が吹く極めて象徴的な新月がまもなくやってきます。

    2019年の春に、天秤座満月が2度起こるというレアな出来事が起こったのを覚えていらっしゃいますか。そして、今回の新月は今年3度目の天秤座イベントになります。

    キーワードは「恋愛・人間関係・ファッション・社交・美容・パートナーシップ・結婚・エレガンス。他者とのご縁の中から生まれるトキメキ&ワクワク感と結びついているのが天秤座の特徴なのです。そのパワーを活かして、恋愛力を磨いたり、豊かで華やかな人間関係を築くことを意識してみて下さい。パートナーシップ、人間関係、美容やファッションに関する願い事はこのタイミングで書き出すのをおすすめします。

    天秤座パワーフードは「ハチミツ

    天秤座の時期にぴったりな食材はハチミツです。甘い蜜には栄養成分がどっさり含まれていて、疲労回復に効果を発揮します。また、傷の回復を早める作用もあり、アンチエイジングに役立ちます。季節の変わり目で疲れがとれない、お肌がボロボロ、そんなときはハチミツパワーで華麗なる復活を図っていきましょう。ハチミツの栄養は熱に弱いので、必ず火を止めてから、ソースを絡めるのがポイントです。

    疲労回復!ハニーマスタードチキンのレシピ

    <材料2人分>
    鶏もも肉2枚
    こしょう 適量
    オリーブオイル 大さじ1

    A粒マスタード大さじ1
    Aハチミツ小さじ2
    A醤油小さじ2
    Aレモン汁小さじ1

    作り方

    1.鶏もも肉は大きめの一口大に切り、塩こしょうをふる。

    2.Aをあわせておく。フライパンオリーブオイルを熱し、1を皮目から焼く。こんがり焼き目がつくまで焼いてから裏返して弱火にし、フタをし火が通るまで焼く。

    3.火が通ったら、キッチンペーパーでフライパンの脂をふき取る。火を止めてすぐにAを加えて、予熱で絡めたら出来上がり。

    天秤座新月のパワーあやかって、アファメーションと今回のハチミツを使ったハニーマスタードチキン作り、ぜひ実行してみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)




    キャンプ朝ごはん缶詰レシピです。確かに缶詰を使えば時短になるし、手間も掛からず便利。でも食べ終わったら空き缶が残ります。持ち帰るのが面倒じゃないですか?

    いえいえ、どうせビール空き缶とかワイン空き瓶とか出るし。一緒に持ち帰ればいいんです」と博士。えーと、例えがすべてお酒ですよ?

    「缶に残った汁もパンに吸わせて食べればきれいになります。切り口でケガをしないよう、箸やフォークを使ってくださいね」とのご注意もいただきました。

    ○珍しい料理も缶詰なら缶た~ん!

    缶詰を使ったキャンプだから“缶プ”。大事な言葉なので今週も言わせていただきました。
    缶プのいいところは珍しい料理も食べられること。例えば、イタリアはフィレンツェの名物料理・トリッパのサンドイッチなんかも食べられるのだ。

    トリッパは牛の胃(ハチノス)をトマトソースで煮込んだもの。フィレンツェの街角では、熱々のトリッパをパンに挟んで売っている。そんな珍しメニューも、明治屋の「おいしい缶詰・牛トリッパとオリーブトマト煮込み」があれば缶た~ん!

    ○お湯は再利用

    まずはトリッパ缶を湯せんで温める。あらかじめ缶をきれいに拭っておけば、お湯はあとでコーヒーや紅茶に使える。あるいは洗いものに使ってもいい。キャンプでお湯は貴重であります

    ○1缶で2人分

    トリッパ缶が温まるまでのあいだに、パンに切り目を入れておく。うまいこと切れなくて真っ二つになっても問題なし。

    小さめのパンを使えば、1缶で2人分が作れますぞ。

    ○モツ臭は極小

    そうこうするうちにトリッパ缶が温まったので開缶。熱湯に5分も浸けておけばOKだ。トマトの甘酸っぱい匂いとオリーブの実の匂い、そしてほんのりモツ臭。このモツ臭はかなり薄く、モツ好きからすれば物足りないかもしれない。それほど肉の下処理を丁寧にしているわけだ。

    ○缶汁も忘れずに

    トリッパをパンに乗せる。具を乗せ終わったら、美味しい缶汁もぬかりなく掛けてやること。そのせいでパンがぐしょぐしょになってもよし。フィレンツェでもそんな風にして売っております。

    トマト味が染みてる

    かくのごとし。野外とは思えないほど本格的な料理感が出ております。冷めないうちにかぶりつくと、香ばしいパンの奥からトリッパのうま汁がじゅっと湧き出てくる。トリッパの歯応えはさくさく&ムニムニで、簡単に噛みきれるのは缶詰ならでは。

    トマト味が中まで染みてて、思わず朝から「ウマー!」と叫びそうになる。イタリアかぶれの人なら迷わず「ブォーノ!」と叫びましょう。

    缶詰情報
    明治屋/おいしい缶詰・牛トリッパとオリーブ 90g
    価格500円(税別)
    明治屋ストアーやオンラインショップなどで購入可



    (出典 news.nicovideo.jp)




    大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:樋口達夫)は、まるごと大豆の栄養を手軽においしく摂取できる大豆バーSOYJOYソイジョイブランドから、新シリーズとして「SOYJOY スコーンバー プレーン」を10月7日より全国で発売します。

    SOYJOYは、小麦粉を使わないまるごと大豆の生地に、フルーツナッツなどの素材の食感や味わいを楽しめるアイテムを展開してきました。「SOYJOY スコーンバー プレーン」は、英国で古くからティータイムに食されてきたスコーンヒントに開発。大豆のおいしさと栄養をシンプルに追及した高タンパクな低GI食品です。粗びき大豆をアクセントに、プレースコーン風のしっとりとした食感を実現しており、ほんのりした甘さと芳醇な味わいを楽しめます。ブレイクタイムのお供や、食事までのつなぎいった日常の間食として、健康を気づかう方々の多様な喫食シーンサポートします。

    当社はかねてより植物性タンパク質など豊富な栄養を含む“大豆”に着目し、これまでにない新しい形でその健康価値を提供してきました。近年、健康志向の高まりから大豆食品への注目は高まっているものの、食生活の変化などにより、大豆の摂取量は1日100g以上という豆類の摂取目標値*1を大幅に下回っているのが現状です。また、夕食時間が遅くなる傾向にあるビジネスパーソンの間では、夕食の食べ過ぎを抑えたり、仕事の効率アップにもつながる間食のメリットが認識されています。当社は、食感やフレーバーなどバリエーション豊かなアイテム展開で選ぶ楽しさが広がったSOYJOYを通じて、大豆を手軽に摂る機会を提供するとともに、適切な間食習慣による健康的な食生活を提案してまいります。

    *1 厚生労働省 国民健康づくり運動「健康日本21」 https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/t2a.html

    SOYJOYについて】
    タンパク質や大豆イソフラボンなど素材由来の栄養素を美味しく、いつでもどこでも手軽に食べられる大豆バーとして2006年に誕生。1本当たり約35粒のまるごと大豆と素材の味わいを大切にした低GI食品としてラインアップを拡充してきました。2016年発売の大豆パフを加えることにより、サクサクとした食感と美味しさを実現した「SOYJOY クリスピー」シリーズに続き、このたび「SOYJOY スコーンバー」が新シリーズとして加わりました。


    【低GI食品とは】
    GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略。食品に含まれる糖質の吸収度合を示す値です。GI値が低いほど、糖質の吸収がおだやかで太りにくいと言われています。GI値が55以下の食品は「低GI食品」と呼ばれており、SOYJOYは全アイテムが「低GI食品」であることを確認しています。

    【製品概要】 公式ブランドサイト https://www.otsuka.co.jp/soy/

    配信元企業:大塚製薬株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ