簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2020年02月


    白あんに、コンビニで売っているリーズナブルなバニラアイスを加えたら、なんともまろやかな優しい味わいの濃厚クリームになるんです!カットしたいちごと混ぜてスコーンに乗せれば、甘酸っぱさが癖になる、春らしいブランチが完成しますよ。もちろん、アフタヌーンティーにもおすすめです。「いちご大福は絶対に白あん派!」という方に、ぜひ味わっていただきたいスイーツです。

    ブランチにも、スイーツにも早変わり!

    【いちごスコーン】

    材料(2個分)
    スコーン 1個 ※横半分に切る。できれば軽く温める。

    <フィリング
    いちご 2個
    ・白あん(市販品) 大さじ2
    アイスクリーム(市販品) 大さじ1 ※少し柔らかくくする。
    ・塩 ほんの少々

    作り方

    1・いちごは1個分を細かく刻む(A)、1個分は縦に薄くスライスする(または、縦1/4に切る)。

    いちごは切るだけでOK。

    2・<フィリング>を作る。器に白あんとアイスクリーム、塩を入れてスプーンで混ぜる。さらに、(A)を加えて軽く混ぜる。


    白あん(左):バニラアイス(右)=2:1を基本に好みで調整を。
    白あんとバニラアイス、塩を混ぜてからイチゴを加える。

    3・スコーンに2を適量乗せ、上にスライスしたいちごを乗せる。


    <フィリング>はスコーンから垂れるくらいたっぷりと乗せる。
    甘党は仕上げのいちごを乗せた上に、さらに〈フィリング〉を乗せてもGOOD。
    <フィリング>を塩パンにサンドしても美味。


    卵と牛乳と砂糖が入ったバニラアイスを、材料のひとつとして使ったレシピです。バニラアイスは、オムレツカレーの隠し味になどにも役立ってくれるんですよ。ちょっとだけ余ってしまいがちなアイスクリームは、料理に活用してみてくださいね




    (出典 news.nicovideo.jp)





    ふわふわとろとろクリームの「くりーむパン」などで有名な老舗和菓子「八天堂」ローソンコラボした〝Uchi Cafe×八天堂"コラボスイーツに新作が登場しています。

    2020年2月25日からの発売ながら、早くも「美味しい」の声があがっています。

    モチモチ生地も人気

    「八天堂」は、広島みはら港町で創業した老舗和菓子屋です。ローソンは、2018年3月から、ロールケーキや大福など八天堂とのコラボスイーツを展開しており、販売個数は、累計400万個以上! ファンの多いヒットシリーズです。

    今回の新作では、2つの商品が登場。〝Uchi Cafe×八天堂"コラボスイーツとしては、初めてのあんこバターカスタードクリームという掛け合わせ。甘じょっぱさがクセになる味わいを実現しています。


    「Uchi Cafe×八天堂 あんバタかすたーどたい焼き180円)は、バターを使用した風味豊かなカスタードクリームと、北海道産小豆を使用したつぶあんを、香ばしいもっちりしたたい焼き生地でとじ込めたたい焼きコラボとしては初のたい焼きです。

    SNSでは、

    あんこバターの味がとてもいい! 皮もモチモチで美味しい」
    「食べた瞬間『あっ、美味しい!』と思いました!」
    「こんなん美味いに決まっとるやんけ...」

    など、好評。あんこバターに、八天堂のかすたーどクリームという組み合わせが絶妙なようです。


    もうひとつの「Uchi Cafe×八天堂 あんバタかすたーどロール」220円)も好評です。

    北海道バターを使用したバタークリームと、北海道産小豆を使用したつぶあんをのせたロールケーキです。

    「め、めっちゃ美味しいー3個くらい食べたいくらい美味い」
    「あんバターは少量ながら存在感あります」
    「買わずにはいられない衝動」

    など、たい焼きに負けず劣らずファンが多い様子。

    八天堂のくりーむパンは駅ナカなどでないとなかなか購入できませんが、あの味わいを楽しめるスイーツローソンで手軽に買えるのは嬉しいですよね。

    この機会にお店へ足を運んでみて。




    (出典 news.nicovideo.jp)




     紅茶は、日本人になじみのある緑茶と同じ茶葉から作られています。茶葉を蒸して乾燥させたものが緑茶、茶葉を完全に発酵させたものが紅茶です。

    紅茶は世界で最も生産されているお茶で、健康や美容への効果が様々研究されています。今回は紅茶の栄養と期待できる効果、おすすめの飲み方について解説します。


    ポリフェノール(タンニン)


    タンニンの効果
    紅茶にはポリフェノールの一種であるタンニンが含まれます。ポリフェノールには抗酸化作用があり、動脈硬化・老化・免疫機能の低下などを引き起こす活性酸素を取り除く働きがあります。健康面だけでなく、風邪の流行する季節や、美容が気になる方にもうれしい効果が期待できます。

    タンニンの含有量
    タンニンの含有量は、お茶の中では玉露茶に続き、2番目に多い量です。ただし、玉露茶には紅茶の約5.3倍のカフェインが含まれるため、毎日飲むのであれば紅茶の方がおすすめできると言えます。

    茶葉によるタンニン量の違い
    紅茶の茶葉の種類による、タンニン含有量の違いを研究した報告があります。(※1)報告では、種類の区別は明記されていないものの、茶葉の種類によりタンニンの量が8.4~18.2%とばらつきがあることがわかります。タンニンは渋味成分のため、紅茶を飲んだ際の渋味の違いにより、タンニン量を想像してみても良いかもしれませんね。

    タンニンを摂るタイミング
    タンニンには非ヘム鉄の吸収を低下させてしまう働きがあるため、貧血が気になる方は食事前後に紅茶を飲むのは控えた方が良いでしょう。


    カフェイン



    カフェインの効果
    カフェインは、適量摂ることで中枢神経を刺激し、頭をすっきりさせ、眠気を覚ます効果が期待できます。頭をすっきりさせたい午前中や、午後の眠気を覚ましたい時にはぴったりの飲み物でしょう。

    過剰摂取に注意を
    カフェインの過剰摂取により、めまい、興奮、不眠、下痢、吐き気等の健康被害が起こることが知られています。(※2)紅茶浸出液100mlあたりのカフェイン含有量は30㎎で、コーヒーの約半分の量です。コーヒーを同じ杯数飲むよりはカフェインの量は抑えられますが、チョコレートや緑茶など、他の食品にもカフェインは含まれるため、紅茶の飲みすぎには注意が必要です。

    また、敏感な人は就寝前5~6時間はカフェインの摂取は控えた方が良いとされていますので(※3)、紅茶を飲むのは夕方頃までが良いでしょう。

    リラックス効果

    テアニンの効果
    紅茶や緑茶に含まれるテアニンという旨味成分には、リラックス効果があると言われており、その効果について様々な研究報告がなされています。ただし、テアニンは緑茶のうまみ成分のひとつであり、緑茶の方が含有量は多いとされています。場面によって飲み分けると良いでしょう。

    ほっと一息タイムにおすすめ
    仕事や勉強の合間やティータイムに、ゆったりとした気持ちで紅茶を飲むことで、ほっとするひと時になるでしょう。また、香りの良い紅茶は、それだけで癒しの効果が期待できそうですね。就寝前に飲みたいときは、カフェインの入っていない紅茶(デカフェ)を選びましょう。


    おすすめの紅茶の飲み方

    茶葉から淹れる紅茶はもちろん、手軽なティーパックタイプもあります。最近は、ペットボトルの紅茶飲料の種類が増えてきており、中でも無糖紅茶はお茶代わりに飲んでいるという方も増えているのではないでしょうか。

    紅茶は、そのままいただいて香りを楽しむのも良いですが、プラスの効果を得たい時は以下のものも試してみてくださいね

    生姜を入れる
    生姜には、カラダを温める作用や殺菌作用があるため、風邪の流行る時期や寒い時期にはおすすめです。すりおろしたものをそのまま紅茶へ入れ、生姜と紅茶の良い香りを楽しみながらカラダを温めましょう。

    はちみつを入れる
    はちみつにも殺菌・抗菌作用があると言われているため、こちらも生姜と同様、冬の時期には良いでしょう。ただし、たくさん使うと糖質の摂りすぎになるため、ティースプーン1杯程度にするなど、量は控えめにしておきましょう。

    レモンを入れる
    レモンにはビタミンCが豊富です。ビタミンCには免疫機能の維持や、コラーゲンの合成に必要な栄養素です。しかし、ビタミンCは熱で壊れやすい性質があるため、ホットティーよりは、アイスティーレモンライスレモン果汁を入れる方がおすすめできます。寒い時期は、生姜やはちみつの方が良さそうですね。

    紅茶は、茶葉の種類により味わいが全く異なるため、自分好みの茶葉を見つけるのも楽しいですよ。普段はコーヒー派の方も、今年の冬は紅茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。

    寒いときの味方!紅茶の効能について


    (出典 news.nicovideo.jp)



     今回はわらびについて書いていきます。

    わらびの栄養・効果


    ビタミンB2
    わらびには、ビタミンB2が含まれています。

    ビタミンB2は体内で炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素の代謝を促進する効果があります。栄養がエネルギーに変わるときに、補酵素として活躍します。

    特に脂質の分解に特化しているので、ダイエット効果を期待する人におすすめです。過酸化脂質を除去する効果もあるので、動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善といった効能があることも、見逃せません。

    また、発育のビタミンとも呼ばれ、子供の成長気にも欠かせない栄養です。

    わらびはB2以外にも、貧血対策に役立つ葉酸や、二日酔い予防に働くナイアシンといったビタミンB群も含んでいます。これらは水溶性ビタミンのためアク抜きをすると流れ出てしまいますが、茹でても多少はわらびに残ります。

    食物繊維
    わらび食物繊維にも注目です。中でも不溶性食物繊維が多く含まれています。

    食物繊維は体内で糖の吸収を抑える効果があり、その働きは血糖値の急激な上昇を防いでくれるので、糖尿病の予防につながります。


    また、水分を含むことで便のかさを増やし、腸の蠕動運動を促すので便秘解消の効果にも期待ができます。

    わらびを食べる場合は、水溶性食物繊維を含む海藻などの食品も合わせて摂ると効果があります。わらび(茹で)の不溶性食物繊維は水溶性よりも5倍もの量にもなります。

    お腹が張ることもあるので、水分を保持してくれる水溶性食物繊維もしっかりと摂りましょう!



    ビタミンE
    ビタミンEわらびには含まれています。

    ビタミンEは抗酸化作用が強いことが大きな特徴で、老化を防止する効果が期待できる栄養です。そのため若返りビタミンとも呼ばれています。

    また、末梢血管を開いて全身の血行促進効果があるため、肩こりや腰痛の緩和にも期待できます。そして血行を良くすることで女性には特にうれしい効果のひとつ、肌の血色を良くする作用もあります。

    さらに、血液中のLDLコレステロールを減らす効能もあるので、脳梗塞心筋梗塞リスクも低くなります。

    ・β-カロテン
    わらびを食べると、別名プロビタミンAとも呼ばれるβ-カロテンも摂ることもできます。

    わらびに含まれるβ-カロテンは、体内の活性酸素を強力に抑える働きがあるので、アンチエイジング効果が期待できる栄養です。そして、免疫力を高める働きも同時に実感できます。

    また、一部が体内でビタミンAに変換されるので、視力アップや夜盲症、ドライアイなどを改善する効果や効能も持ち合わせています。

    B-カロテンは皮膚や粘膜を正常に保つ効果があります。それに加えビタミンB群やE、食物繊維の働きで、より肌や粘膜の健康を保つことが期待できます!


    わらびの驚くべき効果効能


    (出典 news.nicovideo.jp)





    スターバックスコーヒーチルドカップシリーズスターバックス カフェラテ」、「同 ドッピオ エスプレッソ」、「同 抹茶ラテマキアート」2020年3月3日リニューアル発売されます。

    キャンペーンも実施

    スターバックスチルドカップシリーズは、2005年9月の発売から今年で15周年を迎えます。

    今回、定番フレーバーともいえる「カフェラテ」、「エスプレッソ」、「抹茶ラテ」がよりパワーアップし、全国のコンビニエンスストアスーパーマーケット(一部店舗を除く)に登場します。

    ・「スターバックス カフェラテ


    エスプレッソの深みある香りとミルクのコクが互いに引き立て合う贅沢な1杯。今回のリニューアルでは、深煎りコーヒー豆の味わいはそのままに、よりフレッシュなミルクとのおいしさを楽しめるように。内容量は200ml。

    ・「スターバックス ドッピオ エスプレッソ


    ドッピオとは、イタリア語で「ダブル」を意味します。スタバ厳選のコーヒー豆でコクと深みを力強く表現、ほのかな甘みとミルクがより味わいを引き立てます。今回は、さらにエスプレッソの香りが豊かに。内容量は200ml。

    ・「スターバックス 抹茶ラテマキアート」


    「抹茶ラテ」が「抹茶ラテマキアート」としてリニューアル。濃厚な宇治抹茶の味わいとクリーミーなミルクが混ざり合う中、薫り高いエスプレッソの香ばしさが合わさった、おいしさが豊かに広がる1杯です。内容量は180ml。

    希望小売価格は200円(税別)

    また、tarbucks eGiftプレゼントされる抽選企画など、リニューアルに関連したキャンペーンが3つ実施されます。詳細は公式サイトから各キャンペーンページにて確認してください(情報公開日は3月3日から)。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ