簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2020年08月


    高知県アンテナショップ「まるごと高知」(運営=一般財団法人高知県地産外商公社)は、新型コロナウイルス感染症拡大の煽りを受けて行き場を失った高知県北川村産の青ゆずを救うため、青ゆず・青唐辛子・村のお母さんの特製レシピセットにした「手作りゆずこしょうセット」をECサイトにて、2020年7月22日(水)に数量限定で販売開始いたしました。こちらは送料無料となっております。

    「手作りゆずこしょうセット」

    手作りゆずこしょうセット

    「おうちでまるごと高知」

    https://www.marugotokochi.com/event/cash/

    日本一のゆずの産地・高知県の中でも有数のゆずの産地「北川村」では、例年7月から8月にかけて「青ゆず」の出荷が行われます。青ゆずは秋の黄ゆずよりも香りが強く、料理に香りを添える食材として、品質のいいものは1個200円300円の価格で販売され、例年首都圏の高級料亭を中心に引き合いがあります。

    しかし、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ニーズが激減。市場価格の下落が予想されます。

    そこで北川村観光協会では、「青ゆず」を家庭で大量に消費してもうため、自宅で簡単に作れる「手作りゆずこしょうセット」を考案。村民から作り方を教わり、レシピを作成しました。

    セットは、青ゆず15個と青唐辛子が入っており、同梱のレシピをもとに「ゆずこしょう」を作ることができます。

    高知県は、ゆずの生産量日本一

    その中でも“北川村”は、有数の産地として知られています。

    ・わずか1,200人の村民のおよそ半数は、ゆず関連の仕事をしています。

    ・北川村産のゆずは、「香りと酸味が強い」と高級レストランや老舗料亭のシェフの評価が高いです。

    ・北川村のゆずは日本で初めてEUに輸出されました。

    ・“KITAGAWA YUZU”として、美食の都・フランスをはじめ世界で高評価を得ています。

    ・ゆず畑が広がる絶景のロケーションが点在します。

    2017年北川村を含む高知県東部の5町村で申請した「森林鉄道から日本一のゆずロードへ」が日本遺産に認定されました。

    小さな「ゆずの村」の大きな挑戦がまさに始まりました!

    【商品概要】

    商品名  : 手作りゆずこしょうセット

    価格   : 2,450円(税・送料込み)

    内容   : 青ゆず(15玉前後)、青唐辛子(250g程度)、村のお母さんレシピ

           ※数量限定

    企画・製造: 北川村観光協会

    販売   : 高知県アンテナショップ「まるごと高知」

           https://www.marugotokochi.com/event/cash/

    ■一般財団法人高知県地産外商公社 団体概要

    所在地 : 東京都中央区銀座1-3-13 オーブプレミア 地下1階

    代表  : 今西 正和

    設立  : 2009年9月

    事業内容: (1)高知県内事業者等の販路開拓、

           販売拡大に向けた営業活動の支援

          (2)テストマーケティング等を通じた高知県内商品の

           価値向上の支援

          (3)アンテナショップの運営

           (ア)物販事業

           (イ)飲食事業

           (ウ)各種催事事業

          (4)観光情報、ふるさと情報、食文化等の情報の発信

          (5)前各号に掲げるもののほか、

           この法人の目的を達成するために必要な事業



    (出典 news.nicovideo.jp)




     新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に流行しています。感染を予防するために大切なことは、石けんによる手洗いアルコール消毒、そしてなにより健康管理です。健康管理の基本は、十分な栄養がとれる食事と睡眠をとること。

    今回は、ダイエット中でも免疫力をキープするポイントを解説します。


    免疫力とは?

    私たちのカラダにはもともと免疫機能が備わっています。免疫とはカラダを守る防御システムのことで、この機能によって、体内に入ってきたウイルスや細菌をやっつけています。

    栄養状態や心身の状態が悪いとこの免疫機能が低下し、風邪をはじめとする様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

    無理なダイエットをしていませんか?

    無理なダイエットをすると、体調を悪くしたり、免疫機能も低下しかねません。BMI(体格指数)が18.5以下の人や、1か月で5%の体重減少がある場合は注意が必要です。しっかりと栄養をとり、感染症に対しても対抗できる免疫機能を維持することが大切です。

    ダイエット中でも免疫機能をキープする健康管理のポイントは、次の4つです。

    免疫力をキープするポイント


    1. 目標摂取カロリーを満たす
    1日に必要なカロリーをしっかりとりましょう。1日に必要なエネルギーは、成人女性は約2000kcal、男性は約2600kcalです。ダイエット中の目標摂取カロリーはこれより少なくなる場合もありますが、減量体重と期間に合わせて、「基礎代謝」を下回らないカロリーに設定しましょう。

    エネルギーを生み出す栄養素はタンパク質・脂質・炭水化物の3つで、どれも大切です。肉は太るから食べない、ご飯は食べない、など極端な制限をすると、必要なエネルギーが不足してしまう可能性があるため気を付けましょう。

    2.栄養バランスの整った食事をとる
    ■一汁三菜を目指す
    栄養バランスの良い食事の例として、イメージしやすいのは一汁三菜の和定食スタイルです。ご飯・汁もの・肉・魚・豆製品を使ったメインの料理・野菜や海藻を使った小鉢2品の組み合わせなら、たんぱく質・脂質・炭水化物ビタミンミネラルといった栄養素がとれます。パスタうどん・そば、丼ものなどの単品メニューを選ぶときには、サラダスープなどの副菜を組み合わせるとバランスがよくなります。

    タンパク質が極度に不足する「タンパク質欠乏症」は、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなることがわかっています。 また鶏肉・レバー・マグロ・カレイ・納豆・牛乳等には、皮膚や粘膜を保護するビタミンB2・B6も含まれています。主菜などでしっかりとるようにしましょう。

    発酵食品にも様々な健康効果が期待されているため、味噌・しょうゆ・納豆・かつお節ヨーグルト・漬物・キムチなども、身近なものから食事にとり入れてみるのも良いでしょう。

    ■野菜・果物をとる
    野菜や果物は、タンパク質・脂質・炭水化物を効率よく代謝させるためのビタミンミネラル類の供給源になります。ビタミンミネラルは、細胞をつくり粘膜を保護したり、体の調子を整える栄養素です。体内で作ることができないものもあるため、食べ物からとり入れる必要があります。

    皮膚や粘膜を正常に保つ作用のあるビタミンAや、抗酸化作用を持つビタミンCなどは、免疫機能を正常に保つために大切な働きをすることが知られています。(※3)にんじんピーマンなどの緑黄色野菜や、キウイ・かんきつ類などの果物に含まれます。



    3.十分な睡眠をとる
    睡眠は、体の疲れをとるだけではなく、記憶力・気分のコントロール・免疫機能の増強など、心や体の機能に広く関連しているとされます。2015年アメリカカリフォルニア大学の研究では「睡眠不足の人が風邪をひく確率は、休息を十分にとっている人より4倍以上に上昇する」という研究結果が発表されています。

    同時に、睡眠不足ダイエットにも大敵です。健康な人でも一日10時間たっぷりと眠った日に比較して、寝不足(4時間睡眠)をたった二日間続けただけで食欲を抑えるホルモンであるレプチン分泌は減少し、逆に食欲を高めるホルモンであるグレリン分泌が増えるため、食欲が増大することが分かっています。個人差はありますが、6.5~7時間は確保して質の良い睡眠をとる工夫を心がけましょう。

    4.運動をする
    適度な運動はダイエット以外にも、生活習慣病の予防に有効であることは知られていますが、風邪やインフルエンザの予防に対しても効果が期待されています。米国で発表された研究で「1日45分のウォーキングを週5日続けることで、ウイルスや細菌を撃退するナチュラルキラー細胞の循環を高め、体の免疫システムを向上させる効果がある」としています。健康づくりのためにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

    2020年2月25日厚生労働省の基本方針では、日本は現在集団感染を防ぎ、感染が広がることを抑える時期に入ったと考えられることから、患者が増えるスピードゆっくりにし、患者数のピークを低くすることで社会的・経済的影響を最小限にとどめようとしています。(※)こまめな手洗いと手指の消毒などの対策を忘れずに、免疫力を下げない健康的なダイエットを目指しましょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)



    このページのトップヘ