簡単爆食レシピまとめブログ

簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    簡単でおいしい料理のまとめブログです。

    2022年01月


     スリムになったじゃがりこの新商品「じゃがりこ 細いやつ(仮称)サラダ」(152円)が、全国のローソンローソンストア100を除く)で2月1日から期間限定で販売されます(3月上旬までの予定)。

     「細いやつ」はレギュラーサイズじゃがりこと比べると、直径が約25%小さいのが特徴。軽い食感で、心地よくスマートに食べ進められるとしています。一方、本数はレギュラーの1.5倍なので満足感も得られるとのこと。

     商品名が「仮称」で、白いパッケージには「テスト発売中」と記されていることからわかるように、今回はテスト販売。本発売に向け、「じゃがりこ」公式Twitterアカウントで、商品名の募集などのキャンペーンを実施します。

    2月1日発売の「じゃがりこ 細いやつ(仮称)サラダ」(152円)。レギュラーサイズと比較すると直径は75%、長さは同じ。本数は1.5倍


    (出典 news.nicovideo.jp)


     はちみつは採取する花の種類、産地によって異なるフレーバーが楽しめます。甘味料調味料として楽しめて、しかも美容と健康増進に効果的。いろいろな種類の中からお好みのものを見つけて、はちみつを美活に活用してみませんか。

    はちみつの栄養成分と効果


    鉄分
    鉄分は血液中で酸素を運ぶ「ヘモグロビン」を構成する材料になります。鉄分が不足すると、ヘモグロビンの濃度が低下し、カラダに酸素が十分に運ばれず、鉄欠乏症貧血を引き起こしてしまいます。 そば・しなのき・栗などから採れる濃色のはちみつには、鉄分が5.0mg/100g 含まれ、淡色はちみつの約6倍以上も豊富です。

    ビタミンB群
    ビタミンB群は食事で摂り入れた糖質・脂質・タンパク質を効率よくエネルギーに変える代謝を助けます。ビタミンB群の一種、ナイアシンアルコールの分解を助ける補酵素としての働きや、皮膚の健康を保つ作用があります。

    糖質(単純糖)
    はちみつの主成分は、果糖とブドウ糖の単糖類です。これ以上分解されない糖質のため、即エネルギーとして使われ、疲れた時や運動前後の栄養補給にぴったり。また、砂糖よりも甘味度が高く、砂糖の大さじ1杯とはちみつの小さじ1杯は同じ甘さを感じることができます。

    さらに、カロリーを比べてみると

    ・砂糖は384kcl/100g
    はちみつ294kcl/100g

    はちみつのほうが低いので、カロリーを控えているときのデザートや料理にフル活用してみてください。


    グルコン酸
    有機酸の1つ、グルコン酸はグルコースの酸化生成物です。アミノ酸の中でも唯一ビフィズス菌を増やす作用があり、腸内環境を整えて便秘改善に役立ちます。

    また、抗菌作用も強く、湿度が高まってくる6月頃から夏にかけては腐敗防止に調味料として使うのもおすすめ。


    はちみつのおいしい食べ方



    紅茶やヨーグルト、料理の甘味料として幅広く活用できます。ただし、はちみつは低温では甘みを感じやすいですが、高温では甘みを感じにくくなるため、温かい飲み物にいれる場合は量に注意をしましょう。

    また、はちみつを1歳未満の赤ちゃんに与えることは控えること。はちみつにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、これにより生後2週間から6か月の赤ちゃんに多い「乳児ボツリヌス症」を発症する可能性があります。

    おすすめレシピ

    ■たっぷりフルーツヨーグルト
    果物はビタミンミネラルの宝庫。特に旬のフルーツは栄養価が優れています。ヨーグルト乳酸菌フルーツビタミンミネラルのトリプルのパワーを利用して腸美人を目指しましょう。

    かぼちゃりんごヨーグルトサラダ
    電子レンジで簡単に作れるサラダです。かぼちゃに含まれるβ-カロテンには抗酸化作用があり、皮膚の健康を維持します。紫外線がきつくなる5月頃から夏の間には、日焼け対策としてしっかり補給しておきたい栄養素です。

    はちみつデザートや料理の甘味料に使われる他にも、殺菌作用を活かして、肌荒れや傷口の治療にも使われている多才な食材です。 それぞれの花の蜜のフレーバーを楽しんで、お気に入りのはちみつを見つけてみませんか。

    はちみつの栄養とおいしい食べ方


    (出典 news.nicovideo.jp)


     朝は何かと忙しく、朝ご飯はいつも簡単に済ませてしまっていませんか?朝ご飯をしっかり食べないと、何だか元気が出なかったり、お通じがスッキリしなかったり…なんてことも。今回は手軽に食べられる朝ご飯として、「冷凍トースト」のアイデアをご紹介します。簡単においしい朝ご飯が準備できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね

    朝ご飯にぴったり!「冷凍トースト」とは?

    冷凍トーストとは、食パンの上に具材を載せた状態で冷凍したものです。例えば具材は、玉ねぎピーマンなどの野菜、ウインナーベーコンチーズなど。時間があるときにまとめて作って冷凍しておけば、朝は焼くだけでOKな手軽な朝ご飯になります。この1品で野菜とタンパク質の食材がとれて、お腹も満たされるので、忙しい朝におすすめです。

    そもそも朝ご飯はどうして必要?


    朝ご飯には、元気な1日を過ごすのに欠かせない役割 があります。

    体温を上げ、脳のエネルギー源を補給してくれ、カラダに目覚めのスイッチを入れてくれます。また朝ご飯を食べることで、体内時計を整えてくれる働きがあることもわかっています。

    朝ご飯に冷凍トーストを取り入れれば、体温を上げてくれるのを助けるタンパク質 や、不足しがちな食物繊維も補うことができますよ。簡単に食べられるものでよいので、しっかり食べて1日をスタートさせましょう。



    冷凍トーストを作ろう!

    まずはピザ風のトーストを作る手順を紹介します。まとめて作っておき、朝の時短に役立てましょう。

    冷凍トーストピザトースト)の作り方
    食パンケチャップを塗る。玉ねぎピーマンコーンベーコンなど、好きな具材を載せる。

    ②スライスチーズを載せ、ラップに包んで冷凍する。



    食べるときは、ラップを外してそのままトースターなどで焼きます。具材が多い場合、火が通る前に焦げてしまうことがあるため、先に電子レンジで30~40秒ほど温めてからトースターで焼くといいですよ。

    冷凍トーストのおすすめトッピング
    冷凍トーストは好きな具材でOKですが、以下のようなトッピングもおすすめです。

    ・ツナ缶+玉ねぎコーンマヨネーズ
    トマトライスしらすチーズ
    ・ピザソース+さば缶(水煮)+玉ねぎブロッコリーマヨネーズチーズ
    ・余ったカレーミートソースブロッコリーチーズ
    きんぴらごぼうひじき煮などの惣菜+チーズ

    さまざまなアレンジがあるため、自分好みのものを見つけてみてくださいね

    冷凍トーストと組み合わせて、スープ、牛乳やヨーグルト、果物などを組み合わせれば、さらにバランスのよい朝ご飯に近づきます。忙しくても実践しやすい、自分ならではの方法を見つけてみてくださいね

    簡単朝ご飯のアイデア!朝は焼くだけ「冷凍トースト」


    (出典 news.nicovideo.jp)


     秋から冬にかけて旬を迎える春菊は鍋料理に大活躍します。春菊には冬の乾燥からお肌を守るβ-カロテンやビタミンCが豊富に含まれ、美肌効果に役立つ食材。独特な香りや味があり、苦手な方もいますが、調理法を工夫して春菊の効能を楽しんでみませんか。


    春菊の栄養成分と効果


    β-カロテン
    体内でビタミンAに変わり、髪や視力の健康を保ったり、皮膚や粘膜を守って肌荒れや乾燥肌の予防に役立ちます。
    春菊(葉・ゆで)100g中にはβ-カロテンが5300μg含まれています。他の緑黄色野菜に含まれているβ-カロテンと比較すると、小松菜(葉・ゆで)100g中で2800μg、水菜(葉・ゆで)100g中で2100μgなので、β-カロテンの含有量が多いことは歴然です。春菊100gで、成人が1日に必要なビタミンA所要量をとり入れることができます。

    ビタミンC
    細菌やウィルスの抵抗力を高め、風邪やアレルギーの予防に働きます。ビタミンAとともに皮膚や粘膜の健康を維持し、シミ・しわを予防します。

    カリウム
    体内のナトリウム(塩分)を排泄し、むくみの改善・高血圧の予防に効果があります。

    ミネラル
    鉄・カルシウムマグネシウム・リンなどのミネラル成分を豊富に含み、骨の形成に役立ちます。


    春菊の効果

    美肌効果
    ビタミンAは皮膚の健康や粘膜を守る作用があり、肌荒れの改善、乾燥肌の予防に効果を発揮してくれます。

    免疫力アップ
    豊富に含まれるビタミンCは体内に侵入した病原菌やウィルスを退治する作用があり、免疫力を高めてくれます。

    胃腸の健康
    春菊に含まれる独特の香り成分は胃もたれを和らげたり、消化不良を改善したりする作用があります。

    春菊のおいしい食べ方



    春菊は加熱料理だけでなく、新鮮で柔らかいものは生のままサラダとしていただくのもおすすめです。

    おすすめレシピ
    しめじと春菊のゆず風味あえ
    腸内環境を整えるきのこ食物繊維と、春菊に含まれるビタミンAダブル効果で美肌度アップ

    油揚げと春菊のサラダ
    春菊をサラダとして生でとり入れると、水溶性ビタミンCの損失が減らせます。免疫力アップに効果的です。

    おからのすきやき風煮
    β-カロテンは油との相性◎。油と一緒にとることで吸収量がアップします。

    ■春菊の白和え
    豆腐に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの役割を助け、美肌効果が期待できますよ。

    ■春菊のパスタ
    オリーブオイルで炒めた春菊・きのこ・魚介類とパスタをあえるだけ。オリーブオイルに含まれる脂肪酸のオレイン酸は血中のコレステロール値を下げ、動脈硬化高血圧などの生活習慣病の予防に役立ちます。

    独特の味と香りのある野菜ですが、免疫力を高める栄養素が詰まっています。調理法を工夫して春菊の栄養をとり入れましょう。

    春菊の驚くべき効果効能


    (出典 news.nicovideo.jp)


    スーパーフードのゴジベリーで美髪になろう!おすすめの食べ方や効果とは
    スーパーフードのゴジベリーで美髪になろう!おすすめの食べ方や効果とは

    ゴジベリーとは?

    ゴジベリーといわれてもあまりピンとこないかもしれませんが、杏仁豆腐などに入っている赤い実といえば分かる方も多いのではないでしょうか。

    日本では、クコの実とよばれておりスーパーなどでも手に入ります。

    ゴジベリーの効果とは

    ゴジベリーベータカロチンやビタミンなどを多く含むため、美しい髪や肌の維持、眼精疲労改善、滋養強壮などの効果があるスーパーフードといわれています。

    世界三大美女といわれている楊貴妃も、美貌を保つために1日3粒を欠かさなかったそうです。

    最近では海外のセレブも、ゴジベリーを美容目的で摂っていることが知られています。

    ゴジベリーには、ベータカロチンやビタミンCビタミンB1・B2、ニコチン酸、ベタイン、ルチン、マグネシウムなどが含まれ、コラーゲン生成促進効果やアンチエイジング効果、血流改善効果、免疫調整効果なども期待されています。

    ただし、ベタインという成分は妊婦さんや授乳中の方にはよくないことがあるので、大量に摂取するのは避けましょう。

    ゴジベリーのおすすめの食べ方

    では実際にどのようにゴジベリーを摂ればいいのでしょうか。

    ゴジベリースーパーなどにも売っていますが、添加物や砂糖が入っていないものがよいです。

    ゴジベリーの栄養素は熱に弱いので、加熱してあるものも効果を期待できない可能性があります。

    ゴジベリーはそのまま食べてもよいのですが、少し酸味と苦みがあります。ヨーグルトグラノーラなどに混ぜて食べる方法がおススメです。

    他にはお湯を注いでクコ茶として飲んだり、お酒に漬けてクコ酒にする昔ながらの方法もあります。

    ゴジベリーを酢とハチミツに漬けて、約2日間置くとクコ酢漬けができます。

    疲れ目や老眼の予防効果もあるので、目が疲れていると感じた時にはクコ酢漬けを摂るようにするとよいかもしれません。

    1日に摂取すべき量ですが、20粒程度が適当といわれています。

    炭水化物タンパク質も多く含まれているので高カロリーであり、時に胃腸が弱い方は下痢を起こすこともあるので、最初は少量から食べてみるようにしてみてください。

    美しい髪にも肌にもよいといわれているゴジベリーは、女性の強い味方です。

    うまく取り入れて、美容と健康を手に入れましょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    このページのトップヘ