【格安食べ放題】絶品&ヘルシー“馬肉の焼肉”を食べまくれ! コスパ最強な名店はカレーも最高 | ニコニコニュース



屋号が気になっていた店がある。「全員集合」のフレーズも好きだし、「それゆけ」も威勢がよくていい。駆け出したくなる気持ちを抑えつつ、西新宿7丁目にある「馬焼肉酒場 全員集合それゆけ馬太郎」へ向かった。

馬肉を食べると力がつきそうだが、意外にも馬肉は低カロリー。牛肉の3分の1で、豚肉の2分の1しかない。実は馬肉は低脂肪、高タンパクで、鉄分が豊富なのだ。

手元にある資料によれば、馬肉を食べると身体が温まり、冷え性の女性に薬効があるという。身体にいいことずくめで、その上旨くて、安いのが馬肉の特徴であり、魅力でもある。

しかもそれゆけ馬太郎は馬肉の焼肉食べ放題。男性は1,999円。女性は1,799円で食べ放題。食べ放題の「わんこ焼肉」をオーダーすると、この皿が登場する。

ロース、バラ(共に100グラム)、手前左からハツ、ハツモト(共に30グラム)。

焼肉に馬肉を提供する店はほかにもあるが、この店ではジンギスカン鍋で焼くスタイル。それゆけ馬太郎を経営する会社の社長が北海道かどこかでジンギスカンを味わった際、「これだ!」とひらめき、ジンギスカン鍋を選んだのだそうな。

ちなみに、屋号の考案者も社長らしい。ドリフターズ世代なのかも。

この会社は馬肉の卸が本業だ。カナダなどから空輸や船便で馬肉が届く。それを馬肉専門店に卸していたことから、それゆけ馬太郎をオープンした。

卸が生業なので、鮮度がいい馬肉を廉価に提供できるというわけだ。しかもいろいろな部位を扱っている。今回紹介するのは焼肉だが、馬肉の刺身も食べさせてくれる。

さて。テーブルに馬肉が届いたら、ジンギスカンを食べる要領で脂を鍋に載せる。脂はもちろん馬の脂身。

絶品焼肉&必食のマル秘カレーも!

火加減は中火から弱火がベスト。キャベツも付いているので、一緒に焼いてもいい。脂が溶けたら、肉を焼く。薄くスライスしてあるので、さっと焼くのが一番旨い。専用のダレが4種類あるので、好みのものを選ぶ。

ただし、ハツモトはよく焼こう。一瞬シナチクかと思ったが、馬の大動脈だ。この部位は、ある程度しっかり焼いた方がコリコリとした食感が楽しめる。姿が似ているだけに、シナチクと同じような食感だった。

低脂肪が売りとはいえ、流石にバラ肉は脂を含んでいる。ジンギスカン鍋で焼くとほどよく脂が落ち、さっぱりと賞味できる。ダイエット中の女性でも馬肉なら、気兼ねなく食べられそうだ。

「ジンギスカン風に食べるなら、玉ねぎがほしいよなあ」と思った貴方、ご安心あれ。玉ねぎが入った野菜盛りの単品もある。野菜盛りとビールを頼めば、ススキノで味わったジンギスカン風にいただけるはずだ。

白飯も付いているが、カレーも一緒に頼みたい。肉はもちろん馬肉。肉をカットした際に出るすじ肉を店の厨房で2時間ほど煮込み、カレーを仕込んでいるそうだ。

牛すじは煮込むとトロトロになるが、馬のすじにはその食感がないような気がした。馬肉はすじにも脂が少ないのかもしれない。

秋冬限定で「わんこしゃぶしゃぶ食べ放題」もスタートした。脂が少ない馬肉をしゃぶしゃぶにすればよりヘルシーに味わえそうだ。

西新宿7丁目店は、ランチも営業しており、馬焼肉定食(800円)の他、ハンバーグ定食(550円)もある。ハンバーグも、もちろん馬肉100%。1個200グラム。ハンバーグが2個付くセット(850円)もある。

牛肉や豚肉のハンバーグならとても2個は食べられそうにないが、馬肉はあっさりしているのでWハンバーグを頼む人も多いそうだ。

ダイエット中のあの子もこの子も、ダイエットなんか気にしていない貴殿も、馬太郎に全員集合!

馬焼肉酒場 全員集合それゆけ馬太郎西新宿7丁目店
東京都新宿区西新宿7-10-12 ダイハンビルデンス 3F
電話/03-5332-6613
営業/11時半~15時、17時~23時半(LO23時)
定休日/無休
同店の他、浦安店、祐天寺店、門前仲町店、代々木店もある。ただし、夜しか営業していない店もあるので要確認



(出典 news.nicovideo.jp)