静岡の製茶問屋が運営する、お茶とお菓子カフェの店「雅正庵」にて、和と洋の味が一緒になったオリジナルスイーツ「お茶屋のフィナンシェ 茶蘇(ちゃそ)焦がし碾茶ほうじ」を11月15日(木)から販売スタート

焦げるギリギリまで焙煎したほうじ茶

新商品に使用された「焦がし碾茶ほうじ」とは、本来は抹茶の原料として使用される「碾茶(てんちゃ)」を黒く焦げるギリギリまで強く焙煎したほうじ茶のこと。一般的なほうじ茶に比べて、強く焙煎することによって、深みのある香ばしい香りや味わいの奥に、優しい甘さを感じるお茶に仕上がります。

お茶の風味を最大限に生かしたフィナンシェ



フィナンシェの素材に、自社内で超微粒子に粉砕した茶葉を練り込むことによって、ほうじ茶の味わい、風味を最大限に生かした、新たな味を存分に楽しめるフィナンシェに仕上がっています。あたたかいお茶とともに豊かな午後のひとときを。


「静岡のお茶スイーツの“祖”と呼ばれるお菓子を目指す」という思いが込められた商品名「茶蘇(ちゃそ)」。デザインに使用されているお堂は、清水区馬走北にある「聖一国師堂」をイメージしているとのこと。
 
お茶屋のフィナンシェ 茶蘇(ちゃそ)焦がし碾茶ほうじ
価 格:150(税込)
販売店舗:雅正庵 各店(千代田本店・宮竹店・焼津西小川店・ベイドリーム清水店・おやいづ製茶本店)  
 
雅正庵
http://www.oyaizu.co.jp/gashoan/

千代田本店
 
静岡県静岡市葵区千代田7丁目1-47
TEL   :054-267-3008
営業時間:10時19時
定休日 :無休(元旦/研修時のみ休み)  
 


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>