こんにちは!偏食児持ち食育インストクターひなた葵です。今回は唐揚げリメイクアイディアとして、親子丼風・酢豚風・唐揚げカレーのレシピを紹介していきます!
年齢を問わず唐揚げって人気のあるおかずですよね。お弁当のおかずとしても定番で、我が家でも大人気の唐揚げです。でも、揚げ物は面倒なのでどうせなら1度にたくさん作ってしまいたいのが本音だと思います。

【親子丼】調理時間がぐっと短縮

では、作り過ぎてしまった唐揚げの味を変化すべく、親子丼へのリメイクのレシピを紹介します!

普段、鶏肉で作るところを唐揚げに置き換えるだけなのでとても手軽ですよ。すでにお肉に火が入っているので時短にもつながります。

【材料】(2人分)

唐揚げ 3個
玉ねぎ 半個
卵 2個
水 200cc
醤油 大さじ1杯
みりん 大さじ1杯
砂糖 大さじ1杯
出汁 小さじ2分の1杯

まずは、このように普通に唐揚げを作っちゃいます。初日は揚げたて熱々を食べるのが1番ですよね。余った唐揚げラップに包んで冷蔵庫に入れておきましょう。

【作り方】

  1. 唐揚げを食べやすいサイズに切る。
  2. 玉ねぎを薄切りにする。
  3. 鍋やフライパンに水と調味料を入れ玉ねぎを煮る。
  4. 玉ねぎがしんなりしてきたら唐揚げも入れ、最後に溶いた卵を回し入れる。
  5. 卵が固まってきたら火を止め、好みの加減になったらご飯の上に乗せる。

最後の卵をとじるときに、三つ葉があれば入れてみるとより風味がよくなるのでおススメです!

普通の親子丼と比べて、お肉に火を通す手間が省けるので調理時間もぐっと短縮できます。
揚げてある分、食べ応えのある仕上がりになります。

唐揚げの衣の部分が出汁やたまごでふんわりとして、味が染みておいしいですよ。残った唐揚げリメイクとして、違和感なく活用してもらえるはずです!

【酢豚風】ジューシーで風味豊かに

続いて、唐揚げを酢豚風にリメイクするレシピも紹介していきます!

唐揚げが酢豚?!と思うかもしれませんが、鶏の唐揚げか豚の唐揚げかの違いとなるだけなので、案外違和感はないんです。むしろ、ジューシーな分、鶏バージョンにハマってしまうかも♪

【材料】(2人分)

唐揚げ 5個
玉ねぎ 半個
人参 2分の1本
ピーマン 2個

ケチャップ 大さじ1杯
酢 大さじ1杯
砂糖 大さじ1杯
水 大さじ2杯
中華だし 小さじ1杯
片栗粉 少々

【作り方】

  1. 玉ねぎ、人参、ピーマンを油で炒める。
  2. 野菜に火が通ったら食べやすいサイズに切った唐揚げを加えて炒める。
  3. 唐揚げにも油が回ったら、調味料を合わせたものを加えて絡ませる。
  4. 最後に水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

作り方は基本的には、普通の酢豚と同じです。ですが、調理済みの唐揚げを使用することによって調理時間が大幅に短縮されます。

さらに調理時間を短縮したい場合は火の通りにくい人参を少しレンジで加熱してから炒めるのがおススメです。

味は普通の酢豚と同じように仕上がりますが、鶏肉の方が柔らかいですし、衣の部分に餡がよく絡んで風味も豊かになりますよ。

【カレー】煮込んだ唐揚げはより柔らかく

最後に唐揚げカレーとしてリメイクするレシピを紹介します。

カレーのトッピングとして唐揚げを使うこともありますよね? 今回も唐揚げカレーの上にトッピングしていますが、ルーに使っているお肉も唐揚げリメイクして作っているんですよ!

材料は普段通りの野菜に、唐揚げ3個ほどを使用します。

【作り方】

  1. 唐揚げを2~3等分にする。
  2. カレーに入れる野菜を切って炒める。
  3. カレールウの箱に書かれている分量の水を入れて煮る。
  4. ルウを加えて混ぜ、ルウが完全に解けたら切った唐揚げも入れて10分煮込む。

これだけで完成です♪

唐揚げっぽさを全く感じないチキンカレーとして仕上がります。煮込んだ唐揚げはより柔らかくなり、お口の中でほろっと崩れてとってもおいしいんですよ!

さらに、トッピングとして上に唐揚げも載せれば食べ応えも出てバッチリです。いつもより豪勢なカレーになりますよ。

是非、唐揚げリメイクしたレシピを参考に、余った唐揚げもおいしく食べてみてください♪



(出典 news.nicovideo.jp)