毎日食べている人も多い食品のひとつ、納豆。日本独特の食品である納豆を、今よりもさらに美味しく食べる方法はないだろうかと考えていた時、「納豆の食べ方」という質問を「教えて!goo」で発見した。質問者のMotoPGRさんは、みなさんが納豆をどのようにして食べているのか教えて欲しいと投げかけていた。

■納豆の磯辺揚げに冷やし納豆汁!

その問いかけに対し、寄せられた回答では「海苔で巻いて衣を付け、天ぷらというか、磯辺揚げにします」(multifaceさん)や、「納豆を刻み、梅干し青じそ、ごま、醤油を混ぜ、予め水で洗って粘りを取ったご飯の上に乗せ、程良く冷やした水をかけて、混ぜて頂きます。食欲のない時でも、するすると入ります」(ajisai107さん)などの回答が寄せられていた。

さらに調べてみると、混ぜるだけで簡単につくることができる納豆キムチドリアのレシピを発見した。

■刻んで混ぜて焼けば完成

用意するものは、納豆(1パック)、ごはん(1膳ぐらい)、キムチ(好きなだけ)、ウィンナー(適量)、ちくわ(適量)、ピザ用のチーズ(適量)、飾りのパセリ(少々)である。

まず、具材となるキムチウィンナーちくわを食べやすい大きさにカットする。ボウルにごはん、納豆、そして先ほどカットした具材を入れて混ぜる。耐熱皿に盛り付け、チーズをたっぷりのせて200℃で15分間、焦げ目が付くまで焼く。最後にパセリを振りかければ、納豆キムチドリアの完成だ。
 
■納豆×キムチ×チーズが夢の競演

納豆キムチドリアは、納豆の風味とキムチの酸味が絶妙なハーモニーを奏で、そこにチーズの旨みが加わり、大変美味である。さらに、ちくわウィンナーといった噛み応えのある食材もいいアクセントになっている。納豆好きにはもちろん、キムチ好きの方にもオススメしたい一品に仕上がった。気になる方はぜひ試してみて。


 

混ぜるだけで超簡単!納豆キムチドリア


(出典 news.nicovideo.jp)