簡単に作れて、かつ柔らかい生姜焼きレシピを紹介していきます。たった2つの事前準備をしておけば、フライパンで焼くだけで完成するので忙しいママには特におすすめです。子供も大人も喜ぶ、今夜の夕食にも、お弁当にも活躍する簡単レシピです。

簡単生姜焼きの事前準備をしよう

忙しいママにとって重要なことは、事前準備をしっかりとしておくということです。お仕事でのイレギュラーな残業や子供の体調不良、旦那さんの急な出張など、ママの日常にはさまざまなトラブルがつきまとうものです。おそらく当初の予定通りの1日を送れる日の方が少ないことでしょう。

しかし備えあれば憂いなしという言葉の通り、事前準備さえしっかりとしておけば焦ることなく簡単に家族に美味しいごはんやお弁当を食べてもらうことができますので、ぜひ取り入れてみてください。

生姜焼きの事前準備は、以下の2点となります。しっかりと前もって準備した分だけ、簡単に作ることができます。きっと後から「準備しておいてよかった」と感じることでしょう。

A.豚肉を食べやすい大きさにカットして、小麦粉をまぶしておきましょう

豚肉をお好みの大きさにカットしてから、バットやお皿などに広げて小麦粉をまぶしておきます。その後にラップなどをかけて、冷蔵庫に入れておきましょう。この作業が柔らかい生姜焼きを作る上でとても重要になります。

小麦粉をまぶすことによって厚みが増して食べごたえがでると同時に、肉の水分と旨みを閉じ込めてくれるのでパサつきを防止して柔らかい食感を保つことができます。

少し手間がかかってしまうかもしれませんが冷蔵保存ができるので、賞味期限を確認しながら時間がある時に行ってください。夕食に備えて朝に準備しておく、翌日のお弁当に備えて前夜に準備しておくといった流れがよいでしょう。

B.タレを混ぜ合わせておきましょう

タレに使う調味料をあらかじめ混ぜ合わせておくと、とてもスムーズに調理することができます。ここではタレの作り方を紹介していきます。

<タレの材料(3~4人分)>
酒 大さじ2
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
しょうがチューブ 小さじ1
ハチミツ 小さじ1/2

これらを混ぜ合わせておきます。ポイントハチミツが加わることでコクと旨みが増し、美味しい生姜焼きのタレができあがります。

事前準備は2点とお伝えしましたが、さらに準備の時間があれば、玉ねぎを薄切りにしておくことをおすすめします。そうすることで、いざ調理をするときに包丁とまな板を使うことなく作れるので、時短効果がアップします。

簡単生姜焼きレシピを紹介

上記の事前準備2点を行っておくことで、焼くだけで簡単に生姜焼きを作ることができます。

<作り方>

  1. フライパンに油をひかずに、Aの豚肉の両面を焼いていきます。
  2. 薄切りにした玉ねぎを加えて、炒めていきます。
  3. Bのタレを加えて、味が染みて少しトロミが出てきたら完成です。

フライパン1つで焼くだけなので、10分程度で完成します。忙しい時に特におすすめしたい、簡単でお手軽なメインメニューです。とても柔らかい生姜焼きに仕上がるので、冷めても美味しく召し上がれてお弁当メニューとしても適しています。

まとめ

生姜焼きレシピの紹介は、いかがでしたか?ちょっとしたひと手間で抜群に柔らかい生姜焼きが完成するので、ぜひ試してみてください。

事前準備をしておくことで、家族により美味しい食事を食べてもらうことができるので、ちょっとした空き時間を有効活用してみてください。



(出典 news.nicovideo.jp)