とにかく一刻も早く食べたい。冷凍食品よりも、インスタントラーメンよりも早く出来そうな超簡単料理の秒速ぶりを検証。どっちが早くてうまくて安いかを調査してみた件。



みんな大好き『肉まん』と『ベビースターラーメン』を使った、秒速アレンジレシピは本当に誰でも簡単にできて旨いのかを勝手に検証!さあ、より早くできて旨いのはどっちだ!?



カップラーメンの3分でさえ待てない

今すぐ食べたいのです。待てないのです。冷凍食品の5分はもちろんカップラーメンの3分でさえ待てないのです。ましてコンビニ弁当を買いに行く時間なんてもってのほか。

つまり自宅にある食材だけでなんとかするしかありません。制限時間はカップラーメンを待つ3分以内である。

そんなことってよくありますよね?

いや。ないか。皆さんはないかもしれませんが、私はとにかくせっかちなのであります

というわけで、自宅にある食材を使って、制限時間3分以内でそれらしい料理ができるかを検証してみました。

肉まんvsベビースターラーメン



一つ目の食材は、冷蔵庫に片隅に眠っていた、こちら4個入り肉まんの余り。



そして二つ目は、ベビースターラーメン(大きいタイプのやつ)。私は大のベビースターラーメン好きでストックを切らせたことはありません。



肉まんは、確か去年あたりですかね。これを使った簡単レシピがTwitterで話題になっていました。

ベビースターについては、せんべろ系の居酒屋でよく見かけるメニューです。

本当は、最近Twitterで話題になっていた、ツナ缶にチーズを乗せてトースターで焼くだけの悪魔メシにも挑戦したかったのですが、ツナ缶が無かったので諦めます。チーズはあったのに残念。

記事を書くためにわざわざ買い出しに行ったりはしません。本当に待てないのです。なんならこの記事を書くために写真を撮ったりする時間さえもったいないと感じています。

焼き肉まんレシピ

では早速、まずは肉まんを使った秒速レシピからいきます。

肉まんフライパンで焼くだけでできる『焼き肉まん』であります



まずは、フライパンごま油を軽く。



そこに肉まんを置いて、フライパン返しで軽く押さえます。



焦げ目がついたら、反対側も。



うん。いい感じに焼き色がついてきました。



さらにフライパン返しで、ぎゅっぎゅっ!とやって、さあ、できあがり。



果たして、タイムは!?



なんと1分27秒!!

素晴らしいタイムです。体感的にはもっと早い印象でしたが、焼き色がつくのに思ったより時間がかかったようです。



さて。味の方は、ごま油の風味が効いて香ばしくジューシー余り物肉まんが見事に生まれ変わりました。

キャベスターレシピ

そして二つ目のベビースターラーメンを使ったレシピは、千切りしたキャベツの上にベビースターふりかけるだけ。

題して『キャベスターであります



今回は、サラダ用にあらかじめ千切りされたキャベツのパックが冷蔵庫にあったのでそれを使用します。



まず、キャベツをお皿に盛ったらベビースターふりかけていきます。



その上にお好みのドレッシングを!



ただし、和風の方がマッチすると思います。今回は青じそドレッシングを使用!



さらにその上からマヨネーズくねくねと格子状に垂らし、はい。出来上がり!



さあ。気になるタイムはいかに!?

じゃじゃん!



なんと驚異の45秒!

仮にキャベツを千切りしていたとしても1分ほどで完成したのではないでしょうか?



お味も抜群。こちらは以前、いくつかの居酒屋で食べたことがあるので分かっていたのですが、やはりうまい。

ツマミとしてもサラダとしても最強。キャベツベビースターって本当によく合います。

果たして気になる結果はいかに!?



さあ。それでは結果発表!!



まず、焼き肉まんは材料費が格安。肉まんの材料費のみなので約70円(4個入280円)ほどとコスパ最強。

所要時間も1分27秒と3分を大幅に下回りました。



一方、キャベスターの材料費は、ベビースターの大サイズでお値段106円に、キャベツ140円だったので計250円ほど。

所要時間は、驚異の45秒と秒速レシピと呼ぶに申し分なし。

で、これに味を加味した結果、私の判断では、『キャベスター』に軍配を上げたいと思います。



もちろん『焼き肉まん』も旨かったのですが、なんとなく想像を超えないというか、香ばしくなったとはいえ、やはり肉まんの延長線上にあります。

逆に『キャベスター』は、キャベツとドレッシングが加わることでちょっと別物の食べ物に。

さっぱりした味わいもプラス要因です。あとなにより早い。これが決め手になりました。



というわけで、二つ作っても3分以内で出来上がる超秒速レシピ。お薦めなので是非みなさんもおうちで試してみてください!
 



(出典 news.nicovideo.jp)