串カツ田中ホールディングスは12月5日2月28日、冬の新メニューとして「ブリ」「リンゴ」の串カツと「かすカレーうどん」「お子様うどん」「ガリ〆鯖」の一品料理を全国の串カツ田中店舗で販売する。

串カツの「ブリ」(162円)は、旬の魚である天然ブリの切り身を串カツにしたもの。健康食宅配サービスを展開するファンデリーの提案商品であるとのこと。「リンゴ」(129円)は、冬の果物のリンゴを使用したデザート串カツ。そのままか、塩をかけて食べるとよいという。

一品料理の「かすカレーうどん」(745円)は、同店の人気商品「かすうどん」の新しい味。寒い時期の〆としておすすめしている。

「お子様うどん」(313円)は、通常よりも麺を少なくした子ども用のうどん。あえて具は乗せず、子どもでも食べやすくしたという。「ガリ〆鯖」(421円)は、シメサバとガリの相性がよく、さっぱりと食べられる一品。これまでごく一部店舗で販売していた人気商品だという。

なお、串カツの「ブリ」「リンゴ」は、一部店舗で販売価格が異なる。

※価格はすべて税込



(出典 news.nicovideo.jp)