菜の花を買っても、一度に1わ、使い切れないのが悩みではありませんか? それな菜の花に適度に薄めた出汁をかけて、まとめてレンチン調理してしまいましょう。そのまま食べれば菜の花のおひたしに、余った分は水気を切って保存しておけば、出汁の染みたストック食材として翌日以降も便利に使えます。マヨネーズマスタードと和えればお弁当の副菜になりますよ。

ポテトサラダに加えれば、すぐに大人のおつまみが完成します。

【菜の花のレンチン出汁びたし】

材料(1人分)
菜の花 1わ

<出汁>
・白だし(なければ、だししょうゆでも可) 小さじ1
・水 大さじ2

作り方

1・耐熱の深皿(または、ボウル、丼など)に菜の花を並べて<出汁>の材料を回しかけ、電子レンジで2分加熱する。

火の通りやすい外側に茎の部分、真ん中に葉や花の部分を置く。

2・1を取り出して菜箸で全体を混ぜ、さらに電子レンジに30秒かける。【菜の花のレンチン出汁びたし】の完成。

3・皿にキッチンペーパーを乗せ、2の菜の花を取り出して水気を取る。保存容器に入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で保存する。


キッチンペーパーに乗せ、軽く包むようにして水気をオフ。
これがあると2~3日は副菜やおつまみに困りません。

★arrange! 

ほろ苦い大人のポテトサラダ

【作り方】

1・市販のポテトサラダ100g)に、細かく刻んだ【菜の花のレンチン出汁びたし】(大さじ2)を乗せ、オリーブオイル(小さじ1)をかける。全体を混ぜて食べる。

賢人のまとめ

今回は、菜の花をレンチンする際に白だしベースの<出汁>をかけましたが、濃い目に溶いたコンソメスープや鶏ガラスープで作っても美味しく作れます。まずは、おひたしとして食べる時に全体に味がなじみ水っぽくない仕上がりに。保存したものは出汁が効いた加熱済みの野菜と考えて、ちょい足しするのにも便利。パスタソースにもなじみやすいので、冷凍のクリームパスタに加えるのもオススメです。

 

(出典 news.nicovideo.jp)